スクール・アーキテクト (1) (まんがタイムKRコミックス)

スクール・アーキテクト (1) (まんがタイムKRコミックス)
120ページ
188登録

スクール・アーキテクト 1巻はこんな本です

スクール・アーキテクト 1巻はこんな本です

スクール・アーキテクト 1巻の感想・レビュー(145)

キララ日常4コマが途中から、姉と妹の夢の世界へみんなが巻き込まれる展開に。コタちゃんの妹に対する執念とか悪くはないけど、そこまですごーい!とはならない。
★1 - コメント(0) - 2月25日

アキタランド・ゴシックから読みましょう。
- コメント(0) - 2016年11月2日

これはまあ……うん……微妙。なるほどこれがつまり初期案だったものか。やんなくてよかったね
- コメント(0) - 2016年8月2日

日常モノの皮を被ったキャラクター紹介は斬新だ
- コメント(0) - 2016年3月6日

超展開
- コメント(0) - 2016年2月7日

どこかで話題になっていたので購読。何か仕掛けがあるようには聞いていたので極力ネタバレを踏まないように気を付けていて正解でした。途中から一気に変わりましたね。これは好きなタイプの作品です。
- コメント(0) - 2016年1月20日

萌え4コマからストーリーマンガへの移行という冒険は面白いですが、どちらも中途半端な印象が。掲載が4コマ誌なので、連載時は面白さが出たのかも。
★1 - コメント(0) - 2015年8月28日

漫画サロントリガーにて角川とか日常ほのぼのとかの漫画で面白い漫画ってありますか?という質問に対してお薦めしてくださった作品。最初はほのぼの日常漫画かと思いきや、急な展開と共に異世界に少女達が迷い込んでしまう。4コマ漫画としても面白い漫画だが、ストーリーもしっかりしていて読みやすく。ラストシーンもとても良く、読後、満足感で満たされながら表紙を眺めていると、1の文字が!!これまだ続くんかい!!と心の中で突っ込んでしまいました。
- コメント(0) - 2015年8月8日

よくある日常4コマかと思いきやまさかの展開。キャラもかわいい。ヒルミちゃんかわいい。
- コメント(0) - 2015年7月31日

たぶんこれを読んだ誰もがコーラだとおもって飲んだらコーヒーだったときの顔をする作品。/目つきの悪い女の子が主人公の日常系が始まると思ったら1ページでおわって、ああなるほどと、女子高生日常系群像劇が始まると思ったら・・・?最後までは言うまい。/正直、好みの分かれる作品だと思う。コーラを切望している人には間違いなく受けないが、コーヒーもいける口なら意識を切り替えればこれはこれで楽しめるし、最初からコーヒーだと分かっていれば全然楽しめる作品だと思う。とても抽象的な感想になってしまった。
★5 - コメント(0) - 2015年6月26日

色々と予想外です。きららでこういう展開はいいのでしょうか。いいのです。たまには、よいではありませんか。
★2 - コメント(0) - 2015年6月25日

お~っと、まさかのファンタジックな展開に。作者の暴走?2巻に続く。
- コメント(0) - 2015年6月21日

素晴らしい。完全に油断してた。「スクール・アーキテクト」までのノリで続くのもアリ、というか普通はそうだと思うが、この場合は人物紹介と前振りに過ぎない。4コマゆえのテンポと切り替えが上手く機能している。
★1 - コメント(0) - 2015年6月10日

面白かった。中盤から展開が変わるのは読む前から知っていたけれど、構成の上手さや動き回るキャラの個性のおかげで違和感やあざとさを感じず読めた。最後、姉妹の立場が入れ替わった立ち絵が効果的で良かった。他のキャラの動きとかも含めて次巻以降が楽しみ
- コメント(0) - 2015年5月29日

こういった非現実的な設定は大好物。 作者買いだったけど、正解だった。
- コメント(0) - 2015年5月15日

前半は最近ありがちな少し変わった女子高生たちのちょい百合な日常風景が描かれているけれど、中盤以降の展開はそれらとは毛色が違い、非現実の世界に閉じ込められた少女たちが違和感に気付きながらも親しい友人たちと学園生活を送りつつ、その世界を抜け出す方法を探しだす非日常が幕を開ける。最初はあまりの温度の違いに付いていけなかったけど、もう一度読み返してみるとよく作られていて、4コマ漫画としても新しく面白かったです。
★3 - コメント(0) - 2015年5月9日

平和な日常は誰かの献身によって支えられた仮初めの夢であるかもしれない…というメッセージ性は多分ない。前情報なしに読めば素直に一冊として楽しめる。世界の謎は晒しつつ、舞台に上げたキャラクタたちは使い切っていないように見える。次巻以降で何を描くのかが楽しみ。
★1 - コメント(0) - 2015年5月3日

中盤以降の展開に驚かされるんだけど、前半がちゃんと前振りとして機能しているんだよなあ。単巻でもじゅうぶん名作と言える。
★1 - コメント(0) - 2015年4月26日

日常短編系かと思ってたら謎の超展開が。しかし前半の短編あればこその後半でもあるな。このシュールで不可思議な世界、普通ならもっと怖がったりパニクったりするだろうところ、このキャラ達ならこんな風に馴染んで暮らすのもありかも知れないと思えるのは/目次としての4コマとか一話目最初のページの「終わり」とかの演出がこれまた面白い。小技だけどこれらって既存漫画文法にはあまり見なかった手法な気がするな。
★2 - コメント(0) - 2015年4月20日

P42-43の見開き絵がやたらカッコいいなーと思ったらまさかの展開だよ久々に漫画でびっくりしたよ これ連載時どうだったんだろ
★1 - コメント(0) - 2015年4月14日

連載時は後半のぶっ飛び具合についていけなかったんだけど、まとめて読むと意外とハートフル展開だったんやね。いきなりなファンタジー展開はちょっと興が削がれたが。
★1 - コメント(0) - 2015年4月14日

スティルトに乗ったミキを下から見上げたい
- コメント(0) - 2015年4月11日

短編集の前半と中編の中盤以降で雰囲気がガラっと変わって4コマ漫画を読んでたつもりが4コマ漫画を読んでるのに4コマ漫画を読んでないような気分になってる。ちょっと不思議でドンヨリした空気感を楽しむ漫画。好き。
★1 - コメント(0) - 2015年4月6日

わりとよくある、ちょっと変わった女の子達の日常物かな?と思ったのも束の間、一転して暗く不思議な非日常系へ。知らない世界のダークな雰囲気にも負けずに協力して生きる少女達の頑張りがかわいい。次巻からも器械氏のやりたい放題描いて欲しい
★2 - コメント(0) - 2015年4月6日

読んで数ページ:はーアイタタな子がいっぱいの日常ものかー食傷気味なんだよねー 読了後:ごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさいごめんなさい
★2 - コメント(0) - 2015年4月3日

ちょっと変わった日常ものとみせかけた 自責系ファンタジーだった。そして とても素晴らしい漫画だった。前作のノリを更に昇華させていて、読み切りの日常パートから この本編へ繋げていくのは4コマとしては実験的で好き。このままやりたい放題してくだしあ
★3 - コメント(0) - 2015年4月3日

ミラクじゃなくてもこういう作品がまだ許容されてるってのが嬉しい。
★1 - コメント(0) - 2015年4月2日

「タカヤ!?!?」ってなる
- コメント(0) - 2015年4月2日

始まりは普通の学園物。あきためかない、いわゆる「普通」の萌え4コマを目指したのかな、と思ったら途中から急に毛色が…。相変わらずテンポよく4コマとして成立させつつ、上手く話を続けていくのがすごい。ただ、後半のストーリー展開は、長く続いてくれるならありだけど、ちょっと1冊に占める割合が大きいかなという気はする。もっとしっかりキャライメージが固まるまでは色々な題材で読みたい。竹馬の話が特にお気に入り。愛しの異形的シルエット…
★1 - コメント(0) - 2015年4月2日

キャラ配置や展開はある種テンプレなんだけど、具体的描写が毎回毎回すごく気持ちよく愉しくそこから外れていく良さ。いいなー、これ。過去作品『アキタランド・ゴシック』全二巻も買って読んでみよう。
★2 - コメント(0) - 2015年4月2日

後半はミラク作品みたいな展開に。個性的なキャラが多いので前半のノリでもっと読みたかった感もある。
- コメント(0) - 2015年4月1日

初期のギャグテイストも後期のダークでシリアスな雰囲気も良いし、何より読み終わってからタイトルの意味がズシンと来る仕掛けは素敵!
- コメント(0) - 2015年3月31日

個人的に当たり。定番ネタといえばそのとおりだけどこの表紙ではそこまでわからんってば。
- コメント(0) - 2015年3月30日

竹馬少女……キテる!
★2 - コメント(0) - 2015年3月30日

序盤の数話は回ごとにメインキャラが変わる一話完結型のお話で、その後に序盤で登場したキャラがみんな出てくる本編という形。一話完結型の方はすっきりと良い話でまとまってるのに、本編の方はだらだらと続いて面白くない。アキタランドの時はだらだら続く話も面白かったのになんでかなあ。
- コメント(0) - 2015年3月29日

前半と後半の温度差。
- コメント(0) - 2015年3月29日

序盤はキャラ紹介の4コマが続き、中盤から世界観がガラリと変わった本編のストーリーが始まるという4コマとしてはかなり冒険的な試み。SFとしてはわりと定番ネタだけあってか、ストーリー展開はかなり早め。百合的にはマイルドですが姉妹ふくめ複数カプいます。
★2 - コメント(0) - 2015年3月29日

妖しく儚げな世界。あきためく魔境とはまた違う不思議を堪能できそうで楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2015年3月28日

ST
女の子がにぎやかに過ごす系の、よくある感じだなーと思って少し落胆していたら四十五ページから様相が一変した。ディストピアちっくでとても良い雰囲気を放ち出す。これを待ってた! 読み終えて冒頭に戻ってみたら、カラーページの四コマが目次を兼ねていて、四十五ページからが『スクールアーキテクト』だってちゃんと書いてあった。わーお! 導入長い。お互いがお互いを思いやるが故の優しい嘘が世界を歪めて箱庭を閉じる。 →
★2 - コメント(1) - 2015年3月27日

スクール・アーキテクト 1巻の 評価:48 感想・レビュー:40
ログイン新規登録(無料)