スパイの歩き方 (まんがタイムコミックス)

スパイの歩き方の感想・レビュー(173)

世界各国、そしてついには地球外や時間も越えて繰り広げられるスパイ活劇…実際のところ、お色気もあるし、人だって死ぬし。それでもあっけらかんとしているのはいつもの螺旋人節というかんじ。ここでも突然出てくるウォーゲームネタ。ディレクターちゃんもリモンナヤちゃんも可愛いけど、一番好きなのはレッドフック・ライ姐さんです。みんなの名前の元ネタは何かありそうなんだけど、分からぬ…
★1 - コメント(0) - 3月24日

毎回ラストの地口オチはともかく、あくまでマイペースな主人公キャラが面白い。現地調査員のアーニャがたくましすぎるっす。
- コメント(0) - 2015年12月23日

リモンナヤを主人公にしてみてはどうかな
- コメント(0) - 2015年12月21日

作者の作品は好きだけど、本作のダジャレオチは辛かった^-^;)
- コメント(0) - 2015年11月3日

大砲とスタンプから。うん。この作品でやりきれなかったことを大砲とスタンプでやってるんだろうなぁ・・・
- コメント(0) - 2015年7月29日

小火器とか兵器とかは、意外なほど描写がしっかりしているんだけど、そのせいか登場人物たちと展開がよりグダグダな感じに…。独特の味わいなんだけど、ダメな人にはダメだろうなぁ…。
- コメント(0) - 2015年4月9日

クセのある漫画家さんだなって思った。そのうちじっくり読み直したいけど、ハマったらやみつきになりそう。
- コメント(0) - 2015年4月4日

4コマ漫画であるが故にコマ割りが小さく、これでは速水螺旋人の画法を十分には堪能できないのが残念なところ……
★1 - コメント(0) - 2015年3月26日

ベタな繰り返しギャグと突拍子もない展開のスパイアクションの融合。それとペルツォフカの「ストライクゾーン」の広さには驚きw イェンジンとマオタイの中国スパイコンビも面白いキャラやね。あと外伝のイェンジンとマオタイのエピソードで「核心的利益」という言葉が出てきた時には思わずニヤリとさせられた。
★3 - コメント(1) - 2015年2月24日

『大砲とスタンプ』が面白いので手にしてみました。気軽にさくっと読める四コマでした。
- コメント(0) - 2015年2月16日

螺旋人さんお得意の与太話をダジャレとテンドンで。古めのスパイ物がお好きならマスト面白いので読みましょう読みましょう。(多分)CIAの(多分)バツイチママエージェントのレッドフック・ライと部下コンビがお気に入り。ちょい役ながら元老の老夫婦も良い感じ
★2 - コメント(0) - 2015年2月14日

IMY
ひたすらパターン化したギャグでたまにそれを茶化すという構造。確かに夢幻紳士 活劇編に近い。
- コメント(0) - 2015年2月13日

四ン文字!
- コメント(0) - 2015年2月10日

ギャグの4コマ。この作者さんは雑記やコラムなんかの雑学の方が好きなんだけど今回はなくて残念。まあ、4コマだし当然なんですが。スパイが謎の「渦巻く幻燈」を調べ手に入れようとする話。毎回のオチ「渦巻く幻燈」が最後にいくにつれて苦しくなっていく所は速水さんの苦労を(勝手に)感じて逆に面白かった。
★2 - コメント(0) - 2015年2月10日

ミリタリー法螺漫画の紡ぎ手が放つゆるゆるスパイ4コマ。ベタと天丼で構成されてるのでお約束と楽しめる人じゃないと肩透かしを食らうかな。まあ、これはこれで(無難な逃げ方)
- コメント(0) - 2015年2月7日

ゆるいフォーマットにいくつかのお約束をパックして連載するという速水螺旋人さんが4コマ漫画のエクササイズをしたような作品だったな。ベタなギャグはひたすら繰り返すに限るわけで、そういう意味で楽しかったよ。
- コメント(0) - 2015年2月6日

ギャグ漫画だけどどこか淡々と進んでいく。パターン化させてのギャグ。
★2 - コメント(0) - 2015年2月6日

世界の歩き方、の、マイペースなスパイさんVer.でも、本当にマイペースなのは、現地調査員のような気もするなぁ。その無駄な眼力というか、どうやってベッドに持ち込んだよ、な無茶さが天丼ジョークなのですね、ええ。
★3 - コメント(0) - 2015年1月31日

bbb
◯。4コマはあまり読まないのだけど、これはちゃんと面白かった。パターンとパターン崩し。
- コメント(0) - 2015年1月29日

サラッと洋梨とか出てきた怖い…。三コマ目暗転させないでみせてください!頼む!この通りだ!振り回されてる主人公も可愛かった。 で、結局どっちなんです?
- コメント(0) - 2015年1月27日

わざわざ探してまで読むようなもんじゃなかったなあ。なんか夢幻紳士の少年探偵編思い出したけど比べるのも勿体無い。
★2 - コメント(0) - 2015年1月25日

うーん…つまらなかった。
- コメント(0) - 2015年1月24日

ちょっと想像してたのと違った。アーニャ可愛い。タイトルのひねり方は好き。
- コメント(0) - 2015年1月21日

言い方悪いけど、あんまり4コマは思ったより面白くない。オチがお約束なことには問題はなく、この漫画家さんらしい軍とかストーリーがなくって残念。ごちゃごちゃ感とお約束が好きな人にはお勧めかな。
- コメント(0) - 2015年1月20日

絵が上手
- コメント(0) - 2015年1月20日

作者の他の作品みたいに軍人だの諜報員だのならでは、みたいなネタも特になくよくある4コマ漫画って感じだった。
- コメント(0) - 2015年1月20日

う~ん… なんか つまらない… どこかで 読んだ事があるような雰囲気だと思ったら… 高橋葉介氏の「夢幻紳士」を劣化させた感じだった…(´・ω・`)
★1 - コメント(0) - 2015年1月18日

強引な共産オチに笑ってしまう
★1 - コメント(0) - 2015年1月18日

あんまりおもしろくない? きっと毎週ちょっとずつ読むから面白いタイプの漫画なんだろうな。 四コマだし。
- コメント(0) - 2015年1月17日

引用の網目で出来ている。外伝のほうがするりと読めたのは事実。
- コメント(0) - 2015年1月17日

まさか基本駄洒落で落として来るとは思いませんでした。しかし風土病にかかると水がワインに、ってほんとにペルツォフカさん何者だ(笑)。
- コメント(0) - 2015年1月16日

どんどん「渦巻く幻燈」が苦しくなってくのがおもしろい。つか一応4コマなのに判型変えんなよ探しづれえよ。まあ外部からのメジャーどころ誘導だから予想はしてたけど。
★1 - コメント(0) - 2015年1月15日

しっかり四コマ漫画。ちょっと(いや相当?)ノリが古い気もするが、それはそれで。ちなみに最初「四ン文字」の意味がわかりませんでした。暫く考えて何だあれか、と気づいた次第。肩の力を抜いて適当にだらりと読むのが良いと思うのです。
- コメント(0) - 2015年1月14日

速水螺旋人先生は4コマには向かないなあと、しみじみ思わせる本。キャラに綿密な設定を作って、また、緻密な世界観を構成する作家だからね。
★2 - コメント(0) - 2015年1月14日

感じとしては、唐沢なをきの漫画っぽい。 毎回ダジャレで落ちをつけたりするところがそれっぽいな。
- コメント(0) - 2015年1月13日

寒い国から来た性別不詳のスパイの、世界を股に駆けた活躍を描く四コママンガ集。四コマを連続させてストーリー漫画にしている。ちゃんとしたストーリー漫画にした方が面白そうなネタを、あえて四コマにしたところが味噌なのか。個々の四コマ自体はそのタイトル込みの作品としても面白いが、外伝の方がちゃんと短編漫画になっていて読み易い。情報量が多いので、小さいコマだと勿体ない気も。
★1 - コメント(0) - 2015年1月13日

ロシア系のスパイのペルツォフカさんの、キャラがくずれたりくずれなかったりするのがいい塩梅。謎である。という事の魅力をキチンと理解してる感じするなぁ。
- コメント(0) - 2015年1月12日

速水螺旋人さんの初の4コマ連載マンガだったとか。いかにも速水さんらし、ゆる~いギャグマンガ。パターン化されたギャグも、面白かった。 で、結局、ペルツォフカの性別って、男なのか女なのか、どっちなんでしょうね?
- コメント(0) - 2015年1月12日

性別不詳スパイさんと世界各国のスパイさんと現地協力員さんのお約束コンボ4コマ。螺旋人氏らしいゴテゴテメカや随所に差し込まれた小ネタは4コマになっても生きている。ところでペルツォフカさんの身体を自由にしたのは外伝編の天才美少女スパイさんだけだったけど結局男か女かどっちだったんでしょうね?
- コメント(0) - 2015年1月12日

抱腹絶倒と言うほどには至らず、つまらないと言い切るには笑いが止まらず。ページをめくる手だけは止まらないという困ったちゃんでした。
- コメント(0) - 2015年1月11日

スパイの歩き方の 評価:60 感想・レビュー:54
ログイン新規登録(無料)