「3人で5人分」の仕事を無理なくまわす! ― 「欠員補充ゼロ」の職場術

「3人で5人分」の仕事を無理なくまわす! ― 「欠員補充ゼロ」の職場術
205ページ
182登録

「3人で5人分」の仕事を無理なくまわす! ― 「欠員補充ゼロ」の職場術はこんな本です

「3人で5人分」の仕事を無理なくまわす! ― 「欠員補充ゼロ」の職場術はこんな本です

「3人で5人分」の仕事を無理なくまわす! ― 「欠員補充ゼロ」の職場術の感想・レビュー(142)

もう、一人でやるしかないのかと思い読んで見たけど、多分、これじゃない。
- コメント(0) - 1月12日

労働時間革命に続いて読了。CAの人事担当者との対談が面白い。ワークイズライフな会社というイメージだけど、生産性向上という点では著者と共通している。けど、やっぱりWLBは前提じゃなくて結果なんだろうな。【メモ】・ほめ9:ダメ1・月に1回書類の大掃除・仕事は段取り八分・ミーティングタイマー・社内応募は落選者のフォローが次につながる・回り道でも「人を育てる」が勝ち!・単能職から多能職へ・背骨グラフ・ななめメンター
- コメント(0) - 2016年11月14日

言いたいことはよくわかる。自分から意識を変えなければいけないというのも納得。でも会社に行くと、忙しさに忙殺されて、残業したほうが精神的に楽になってしまったりもする。負の連鎖が難しい。
★11 - コメント(0) - 2016年11月8日

購入したのは数年前のことで、当時の仕事での悩みにはまったタイトル、そしてジャケットで全て決めたような本でした。 今また似たような状況になりつつあるので、久しぶりに読んでみました。奥付見てみたら、もう5年前の本でしたが、今でも通じるところはあって、人を育てるという点が悩みの種です。 この本の内容を会社全体に広げていけたら、と思いながら、まずはコツコツと自分のプロジェクトから動き出そうとしているところです。 『仕事は「渡す」か「捨てる」かしないと減らない』 まさにその通りでした。
★19 - コメント(0) - 2016年9月5日

6時に終わるチーム術が気に入りすぎて、追加で読んだもう一冊。 ほんっと、時間あたりの生産性を上げることが何よりも大切だと思います。 …といっても、わたしは個人事業で一人でやってるので。個人事業からチーム仕事に転職して四苦八苦している夫に情報提供しました。
★5 - コメント(0) - 2016年8月29日

◆◆◆著者本、乱読中の1冊. ※147不都合の中にビジネスチャンスがある。職場以外の社会に積極的に関わる事で、「不便」「不都合」「不具合」「不満」「不快」など「不のつくコト(不コト)」が見えてくる・・それが新企画の礎になったり、顧客のニーズであたりするのに気づく・・・。※仕事は「渡す」か「捨てる」かしないと減らない。
★3 - コメント(0) - 2016年2月16日

働き方を真剣に見直そうと借りて読んでみた。まずまずの内容。
- コメント(0) - 2015年10月24日

明日、ご本人の講演会があるので読んでみました。効率化を目指す努力は必要ですね。朝メール、夜メールはつづけれるかな?
- コメント(0) - 2015年5月27日

中学や高校の教員の場合は、放課後の部活動指導や会議などで残業ゼロは難しい。しかし、仕事のマニュアル化・共有化、仕事の優先順位の明確化等は学校でもすぐ使えそう。
- コメント(0) - 2015年5月10日

残業を減らすのは、私生活の充実。 タスク管理は朝と夜に行う。
- コメント(0) - 2015年1月11日

ミニドミノ人事をうちの職場にも取り入れていきたい。
★1 - コメント(0) - 2014年12月18日

6時に帰るチーム術、を読んだ方が良い。
- コメント(0) - 2014年12月1日

事務処理仕事(ちなみに自分は教員です)があまりにも多いので、読んでみた。やはり学校の仕事にはなかなか応用ができない部分も多い。部活の顧問になると、生徒と過ごす時間の量が全てになってしまうのは否めない。いくらでも時間を校務に投入できる教員には制約のある教員は後ろめたさを感じる。本書にもあったように「時間あたりの生産性」を評価してもらえるとモチベーションも上がるのだが。しかし、教材研究などは自分一人でできる仕事。それから家庭の家事にもチームで仕事という発想は生かせるかも。
★1 - コメント(0) - 2014年9月13日

自分にしかできない仕事は思ったよりも少ない
★1 - コメント(0) - 2014年9月8日

団塊世代の介護や保育所の待機児童の問題などを考えると、時間に制約のある働き手が増える。欠員が出るという前提で業務を見直しマニュアル化することは、必要不可欠。回り道でも「人を育てる」が勝ち。
★1 - コメント(0) - 2014年7月15日

まさに今、5人でやってた仕事を3人でやらないといけない状況なので手にとった。参考になる事例もあったが、部署の人間となんとか工夫して今を変えていこうという気持ちを共有できるまでが難しいんだよ〜と思う。上司が長時間残業で仕事をこなしてるタイプだと、仕事の取捨選択や優先順位もちがうし、そこの板挟みにもなるのも悩ましい。
- コメント(0) - 2014年6月20日

これを職場に浸透させるには、どうしたら良いものか。この本読んでもらったほうが早いのかな?みんなどうやってるのかな?説得するのかな?
- コメント(0) - 2014年6月19日

感覚的に動機付けになるものがなかったが理屈はわかる。評価するなら並中の並。共感したのは職場を支えるのは「長距離を無理なく、無駄なく、ムラなく走りきる人」「情緒が安定して、確実に一定の業績をあげている人」
★10 - コメント(0) - 2014年5月29日

やってはいけないことを結構自分でやっていた。良かれと思ってやっている残業もダメだと改めて実感。今後は時間あたりの生産性UPを目指したいと思う。
★1 - コメント(0) - 2014年1月27日

ざざっと再読。要約すると、中長期目標の明確化と短期(日々)の目標への落とし込み、マニュアル化と万能工化と権限移譲といったところ。仕事の報酬は(より高いレベルの)仕事。あと、無理にでも定時で退社して会社の外で過ごすことで新たな発想を得るとか。
- コメント(0) - 2013年11月14日

これが可能なのは無能ばかりが揃っている場合。
- コメント(0) - 2013年11月2日

東京大学 島津明人准教授によると「起床後、15時間を過ぎた脳は、酒酔い運転と同じくらいの集中力しか保てない!」大変ユニークな問題提起。本書にはワークライフバランス実現に向けた具体的な施策(他社事例)が紹介されています。朝メール、報告(夜)メールを習慣化し、仕事の時間と優先順位を明確にし、自己を振り返るPDCAサイクルを廻すことで自立的な改善が促せるものと感じました。
★1 - コメント(0) - 2013年10月26日

【図】"バカでも~"の後に読んだので、随分と真面目な本に思えました(笑)。書いてあることは理解できても、実行することは難しいですな。業界にもよるし、職種にもよるし・・・。少々ムカつきながら読んだかな(苦笑)。ま、できることからやろうかと。マトリックス手帳、朝メール・夜メール、時間に仕事を入れる、優先仕事を見える化。
- コメント(0) - 2013年5月4日

「やり残した仕事を残業時間で片付ける」こんなことを当たり前にしている人は確かに生産性が低いかもしれない。日本のホワイトカラーの生産性は世界的に見て低いという事実もあるし、生産性を上げてかつ定時に帰るためには仕事のやり方考え方自体を見直す必要があるということですね。書いてあること自体は特別なことではなくシンプルでした。あとは意識をもって自分に吸収できるかかな。
- コメント(0) - 2013年3月18日

再読。「仕事が多くて人手が足りない」のに「今の仕事は自分しかできない」と主張することの論理矛盾、のくだりが面白い。全体効率を上げるには、短期的には「(不要不急な)仕事を捨てる」、中期的には「部下を育てる」、かな。
- コメント(0) - 2013年2月6日

【早速やってみる】「ミニドミノ人事」(10年目のメンバーの仕事を5年目に引き継ぎ、5年目の仕事を2年目に引き継ぐ・・)のように先輩の仕事に期間限定で(例:産休中など)挑戦してみる。 無理して部下を定時に帰してみる。等。
- コメント(0) - 2012年9月14日

日本の会社では、夜遅くまで働けば、より多くの仕事ができ結果を出す習慣が多くなっているが、この本では、退社時間の定時までに、限られた時間内に、仕事を終わらせるようにすることを勧めている。 時間内に仕事が終わることによって、仕事の生産性が上がり、会社の売り上げが上がったことも書かれている。
- コメント(0) - 2012年8月30日

特に引っかかったのは「自分にしかできない仕事」という思い込みを捨て、他のメンバや部下に仕事を譲れるように、情報共有・マニュアル化せよ、という指摘。技術系の仕事だと専門性が高いので属人的になって当たり前と思いがちだが、実際には異動や個人的な事情、あるいは事故や病気などで、担当者がいなくなる可能性もあるわけで、知識(ロジック、検証結果、ノウハウ、プロセス、失敗事例等を含む)の共有を進めるのは業務効率の面だけでなくリスクヘッジの面でも重要。
- コメント(0) - 2012年7月28日

これオススメ。 残業続きの業務を、どのようにして仕事の質を下げずに定時で帰らせることが出来るか。について書いてある本です。 説明はわかりやすく、とてもおもしろかった。 1日に終わらない仕事は残業で消化するとゴリ押しに逃げず、IT化、マニュアル化などをして解消する方法について書いてあります。 日本の企業の悪いところについて言及していて、考え方を改めさせてくれる本だとおもいます。
- コメント(0) - 2012年7月22日

個人としてのスキルアップではなく、チームとしての生産性にフォーカスした本です。 個人としては活かしにくい事項が多いですが、せめて自分のチームだけでも生産性が上げられるようにしていきたいです。 まずは「捨てる仕事」をあぶり出すところから。
- コメント(0) - 2012年7月4日

チームみんなができるようにするという考え方は分かる。(分からなかったけれど、いろいろな人・本に触れ、だんだん分かるようになってきた)。企業だと形が定着すればすごい効果を生むんだろうなぁと思ったり。また、この現場だと違うよなーとか。一定の異動は大事だけれどねぇ。組織作りは難しいです。
- コメント(0) - 2012年7月1日

これまでの仕事を見直して、無駄をなくすことで、残業しなくても欠員補充が無くても仕事を進めることが出来る。すでにここに書かれている内容程度であれば、当たり前の話になっている。きっと発売された時は普通じゃなかったかもしれないが、今となっては・・・という感じ
★2 - コメント(0) - 2012年5月17日

内容としては一般的なものだが、具体的な他社の施策(「ミーティングタイマー」「背骨グラフ」等)が所々載っており、それは参考になる。まぁ結局、『「3人で5人分」の仕事』をするためには、仕事を捨てるしかないのだが、それは管理職にしかできないんだよねぇ。そうでない人にとっては、ちょっとつらいかもね。
- コメント(0) - 2012年4月27日

いかに属人化を防ぎ、チームで仕事をするか。残業せずに成果を出すには、など実践しているノウハウが詰まった本。『6時に帰るチーム術』と内容はほぼ重複するので、どちらかを読めばよいと思います。
- コメント(0) - 2012年4月8日

現在のように簡単に人員増ができない時代には、一人ひとりが能力を発揮しないと成果はあげられない。分かっているけど難しい。8割ほめて、2割注意は、なるほどなと思いました。
- コメント(0) - 2012年3月27日

6時に帰る チーム術と内容がかぶってる?ワークライフバランスを意識しているよそがどんな仕事の仕方をしているかというのが垣間みれて面白い。 どう自分のところに導入できるか…ではあるけれども。
- コメント(0) - 2012年1月28日

A Y
★★★☆☆☆
- コメント(0) - 2011年12月21日

もっとノウハウを図式化、例示してくれたら嬉しい。
- コメント(0) - 2011年12月9日

いかに少人数で仕事を短時間でこなし、仕事の取捨の必要性を再認識。昔ながらの残業推奨業務は時代遅れだと訴えてる
- コメント(0) - 2011年9月23日

- コメント(0) - 2011年6月16日

「3人で5人分」の仕事を無理なくまわす! ― 「欠員補充ゼロ」の職場術の 評価:80 感想・レビュー:56
ログイン新規登録(無料)