アンジェリク 完全版 1 天使たちの侯爵夫人

アンジェリク 完全版 1 天使たちの侯爵夫人の感想・レビュー(22)

2016年9月10日:みい
2016年7月8日:かりんと
2016年6月10日:Gabriella Masayo Saito
2016年4月7日:半殻肝
2015年11月30日:kara
講談社文庫版で、全巻読んでいるが、著者曰く、かつての原稿に加筆されたりカットされていたとして、新たに修正、復刻版としたモノ。フランスの片田舎で生まれ育ったアンジェリク。自由で、強く、聡明、かつ輝く美貌の持ち主。彼女を待つ、波乱万丈の壮大なドラマをまた楽しみたい。
★3 - コメント(0) - 2015年4月14日

称号はあるが資産は乏しい田舎の男爵家に生まれたアンジェリク。自由奔放で突飛なことをして周囲を驚かせるような少女だった彼女が、初恋や人との別れを経験し、賢く美しい女性へと成長しながらも、自分の生き方を模索していく。自分に課された義務、運命を受け入れ、足が悪く醜い伯爵との政略結婚を承諾するところまででこの巻は終了。大河浪漫として名高い作品と言われるだけあって、17世紀フランス社会の世界観が作りこまれていて読み応えたっぷり。謎めいた伯爵との結婚生活はどうなるの?初恋のあの人との関係は?次の巻が楽しみ!
★7 - コメント(0) - 2014年8月18日

あまりにもだらだらと長いので、飛ばし読み。2巻の方が面白そう。
- コメント(0) - 2014年7月11日

2014年5月26日:とことこ
昔の講談社文庫版の記憶と比べつつ。以前はアンジェリクほか登場人物の行方を中心に筋ばかり追ってしまったが、改めて読むと当時の生活、風習、宗教etc.がかなり書き込まれているのも面白い。
- コメント(0) - 2014年4月1日

長編小説が読みたくて挑戦。昔のヨーロッパは私の好きな世界だが、世界史が大の苦手だったので歴史の話は難しく感じた。すごく面白くて止まらなくなる小説と絶賛されているが、2巻以降に期待。これは復刊ドットコムから出た新装版だが、もしかしたら講談社版のが面白いのかもと思い、そちらも図書館で予約した。
- コメント(0) - 2014年3月27日

- コメント(0) - 2013年10月20日

以前の訳本,漫画や映画は未見だが単純な少女冒険譚と思っていたが,歴史成分が多い。まるで「乙嫁語」のように当時の習俗文化、普通の人々の暮らしを執拗に描写している。冒頭、アンジェリクの家族の紹介が終わるやいなや棄民と脱走兵からなる盗賊団による略奪暴行の非常に具体的な描写が始まる。総じて華やかな部分より、内乱、宗教対立、ペスト、貴族の没落などの暗い事柄が中心。まるで鬱展開。ところが暗い印象は受けない。当時にあってはそれが普通とスンナリと腑に落ちる。ムスリム占領がまるでタタールの軛みたいに語られる世界観が新鮮.
- コメント(0) - 2013年6月1日

2013年5月26日:kirara6031
2013年4月5日:イザベラ
2013年1月6日:いつき
2012年11月11日:のぶりんこ
先に2が来て、読み終わって、1が来て、頭の中であとから組み合わせた。やれやれ。 やはり 完全版は、違う!これから楽しみ。
- コメント(0) - 2012年10月4日

2012年9月1日:りあ
2012年5月5日:masia
復刊万歳
- コメント(0) - 2012年4月4日

--/--:uzu

今読んでいるみんな最新5件(1)

03/10:Avis

積読中のみんな最新5件(3)

03/05:バンビ
03/18:momokazura
12/16:若黎

読みたいと思ったみんな最新5件(19)

05/25:あすか
05/12:鏡也
05/02:どんぐり
09/01:300
アンジェリク 完全版 1 天使たちの侯爵夫人の 評価:82 感想・レビュー:9
ログイン新規登録(無料)