迷いながら、強くなる (知的生きかた文庫)

迷いながら、強くなるの感想・レビュー(43)

自分自身を見つめて、一人の人生からこれだけの教訓を見出せるのはすごいと思った。文体からも、うまく消化して理解した上での表現のように感じる。読んでよかったなと思える本だった。
★3 - コメント(0) - 2月18日

サラッと読めた。羽生さんはこういう場合こう考えるのかと端的にまとまった本。当然ながらその世界で強い人は全く別のジャンルのことも深く研究され人間力が高いと改めて認識させられたので、この本を手に取ってよかったと思う。
★3 - コメント(0) - 2月12日

〈十代の頃は対局の前日に緊張をして眠れないということもありました〉12歳で入門したのだそうだ。当時の自分を振り返り、いま十代の後輩へ語り掛けているようだ。「進路」「迷い」といったテーマを振ってインタビューした内容を他人がまとめたように見える。羽生善治という人に触れた、という気にはなれないが、テーマに対し「Aとも言えるしBとも言える」という書き方は、あらゆる「手」を想定し検討する棋士の思考のあらわれなのかも知れない。〈自分の持っている知識は日々、劣化していく〉の一文が心に残った。知識は積むものではないのだ。
★28 - コメント(0) - 2月5日

偏見を捨てる。過去の失敗にも成功にもこだわらない。しっかり失敗の原因を分析反省したら、あとはすっぱり忘れて前に進む。本当の前向きさとは失敗をしっかり次に生かす態度のことなんだと思った。「前進のために反省をしても後悔はしない」ミスは次のステップのための大事な経験になる。将棋の話が多いが人生にも通じる。極めている人は本質は通じているんだと思う。
★52 - コメント(0) - 1月28日

一歩踏み出す勇気をもらった。
★2 - コメント(0) - 1月23日

サクサク読めた。広く浅くやね。もうちょっとテーマを絞ってやってくれた方が良かったんちゃうかなぁ。羽生さんは深める方が言葉がズシーっとくるんでね。
- コメント(0) - 1月4日

シンプルであり、シンプル。だけど羽生さんらしい理路整然として、説得力のある文章であった。将棋の戦いは無数の手を暗闇の中で探すようなものだからこそ、物の考え方はよりシンプルになって行くのだと思った。
★11 - コメント(0) - 2016年12月28日

とりたてて目新しいことや珍しいことが書いてある訳ではないが、彼の理論整然として地道に積み上げていく思考回路が好きで読んでいる。物事を一方からだけではなくあらゆる角度から捉え、はっきり結論付けないのも好感が持てる。
- コメント(0) - 2016年9月8日

一通り読んだら、枕元に置いて、目次を眺めながら一日を反省しつつ明日の活力を補充する。そんな使い方のできる本。
★1 - コメント(0) - 2016年8月14日

出張先の空港で購入。書き込みをしながら、約二時間で読了。羽生さんの本に興味があって、決断力が読みたかったけれども、なかったので本書にした。時折トラウマに悩まされながらも、自分自身に置き換えて読んだ、そして書き込んだ。熟読すると、不思議と見えてくるものがあって、箇所によっては作者の気持ちが見えてくることもあった。羽生名人ほどの人であっても、それほどでもないのだなぁと思えるところもあったな。だからといって、自分が優れているところもないのだけど。
★2 - コメント(1) - 2016年7月13日

内容が薄かった。 羽生さんの本を読むなら違うものが良いと感じた。
★1 - コメント(0) - 2016年7月8日

ざっくり進められる本。羽生さん、歳とったなと感じた。いい意味でも。恐れは発明の父っていいな。
★4 - コメント(0) - 2016年6月21日

ふと考えて込んでしまう時の捉え方参考になりました。各章とも今日から実践出来るものばかりで、特に論理的思考と直感的思考の割合をもう少し見返してみます!!
★12 - コメント(0) - 2016年6月19日

ミスや負けは今後の為に必要だった。恐れは発明の父。煮詰まった時はこだわりの外を見る。心を休ませたい時は身体を疲れさせる。人生の大局観に立つ著者の言葉は局面局面で真逆になることもあるので、頭を働かせないと混乱を来す。一期一会の社会における答えはそういうものか。毎回が新たな判断。先例や経験を踏まえて選択肢を狭めつつ、そこに縛られずに論理と直感のバランス。調子が悪い時にダメージを最小限に留める手法がハイライト。プラスを見つけられないならマイナスにならぬ一手で凌ぐ。何かと一途に戦っている人なら必ず腑に落ちる名著。
★44 - コメント(1) - 2016年6月16日

先日の名人戦で敗れてしまった羽生さんの本。「反省はするけれど、後悔はしない」の一文が印象に残りました。
★4 - コメント(0) - 2016年6月5日

ざっくりと読んでしまった。もう一度読み直そう(^^;
★1 - コメント(0) - 2016年6月3日

羽生さんならではの考え方とかを期待していたが割と普通のことしか書いていなかった。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(4)

08/20:remi
06/15:Y2K☮

積読中のみんな最新5件(2)

03/06:Shuei Ono
05/11:f/k/a 上海

読みたいと思ったみんな最新5件(25)

03/13:ギブソン
01/19:たいじ
12/10:tadanori
12/10:りょーつ
迷いながら、強くなるの 評価:79 感想・レビュー:17
ログイン新規登録(無料)