銃姫〈6〉The Lady Canary (MF文庫J)

銃姫〈6〉The Lady Canary (MF文庫J)
293ページ
190登録

銃姫〈6〉The Lady Canaryはこんな本です

銃姫〈6〉The Lady Canaryの感想・レビュー(167)

再読
- コメント(0) - 2015年12月27日

セドリックとアンのやりとりにドキドキしつつ物語はハードな方向へ…。裏で蠢く陰謀が気になりますミトのキャラクターが面白いだけにつらい…。
★1 - コメント(0) - 2014年2月2日

アンとの別離と、善のミトとの出会い。
★1 - コメント(0) - 2013年11月24日

【再読】ギャランヌ&ジェス参入、灰海編開始。エオンとかエイメンタリアとか、懐かしい単語もチラホラ。大きな宝石ほど魔力が留まる=精霊が宿りやすい、ってことかな?暁将達は皆自由すぎてツッコミが追いつかない。他人の恋は占えても自分の恋路はままならないルルマイヤー先生ファイトです。ミトのキャラが可笑しすぎてなんだか悔しい。だって正体アレなのに。
- コメント(0) - 2013年8月24日

ようやく心が通じ合ったセドリックとアン。しかしそれもつかの間、別離がやってくる。そして・・・。ハードなところで終わっている巻なので、続きが気になります。7巻へ。
★10 - コメント(0) - 2013年7月8日

「ただ 君のおいでを待つばかり わたしの心を 金の鎖につないだ 君のおいでを待つばかり―」お互いの想いを伝えあったセドリックとアン。それぞれの道を進む二人。エルの運命。竜王の思惑。流星軍の存在。またまた気になる展開に。誰もが自分の待ち人を見つけることができるのだろうか。
★2 - コメント(0) - 2013年6月30日

物わかりのいいエルが逆に不気味だ、精神的に飛び越えちゃってるような気もするし。チャンドラースの人を見る目は信用できても、相手の後ろにいる人までは(セドリックを動かしているグイリバルトとか)見えないだろうに、そんなに信用しちゃっても大丈夫なんだろうか、と非常に心配です。スパイの正体もこのあたりが絡んでいるんじゃないかと思うのですが、どうでしょ?
- コメント(0) - 2013年6月16日

セドリックとアン。なんだかアンハッピーエンディングをにおわせてドキドキ。ミトさんもでてきてここからクライマックスと思われ。
- コメント(0) - 2013年3月3日

メンカリナンは組織ぐるみでエルを利用しようとしているんだろうか、それならなぜエルはセドリックと一緒に旅に出てるんだろう?自分たちの手元で管理したほうが遥かにやりやすいだろうに。エルはどうしても行くと強く言える立場なのか。アンもエルもセドリックの足枷になりたくないって気持ちは分かるなあ。灰海で出会った生涯の敵は確かに敵なんだけれど、セドリックはどうするんだろう。
★1 - コメント(0) - 2012年10月19日

ミトが想像よりはちゃけた性格で驚いた。こうなると一方の人はどんな冷酷非道な性格してるのか気になる。
★1 - コメント(0) - 2011年7月6日

暁帝国軍人たち、ワルノリしすぎwww
- コメント(0) - 2011年2月22日

オリヴァント性格変わってないか…?そしてまさかの生涯の敵。意外すぎて唖然。
★1 - コメント(0) - 2011年2月1日

【★★★★☆】生涯の敵=自分自身だと思ったらまさかの・・・。あれ?キャラ違うくない?とか思いつつ読み進めていくと中々いいキャラしてて好感持ちました。しかしセドリックは当初とキャラ違ってませんか?ただ力に振り回されてるだけですか?
★1 - コメント(0) - 2011年1月3日

暁帝国の人たちが、みんな個性的すぎる。しかし、「生涯の敵」さんは厄介な人(体質?)だな~。
★1 - コメント(0) - 2010年11月21日

追記。 
- コメント(0) - 2010年10月14日

これまで見られなかったアンの弱音を聞き、ようやく思いを告げることが出来たのに……精霊王の力を持つ者に、おいそれと平穏は訪れないのか。エルを見捨てるわけにいかないのはわかっていたけれど、まさかエルのために「心臓石」を探し求めて、対スラファトの勢力「流星軍」で、宿命の敵と出会うとは思いませんでした。婚約者の名前のときに気づくべきだった……。敵であり味方である彼はこれからどうなるんだろう。
★1 - コメント(0) - 2010年8月15日

再読。
- コメント(0) - 2009年12月27日

完結を控えての再読。一行は灰海へ。
- コメント(0) - 2009年12月13日

いろいろ過酷な運命があるみたいだけど、なんかヌルいなー、この主人公たち。
- コメント(0) - 2009年8月19日

でてくるキャラがみんなチームぎりぎり。これぞラノベの醍醐味!
- コメント(0) - 2008年12月13日

予想以上にコメディ進行ですね
- コメント(0) - 2006年1月25日

★★★★☆
- コメント(0) - 2006年1月24日

今読んでいるみんな最新5件(1)

06/23:なおしま

積読中のみんな最新5件(17)

01/21:ろまこ
03/26:番茶
07/23:kairu

読みたいと思ったみんな最新5件(5)

01/07:あい
03/29:suicdio
銃姫〈6〉The Lady Canaryの 評価:42 感想・レビュー:23
ログイン新規登録(無料)