ギャルゴ!!!!!―地方都市伝説大全 (MF文庫J)

ギャルゴ!!!!!―地方都市伝説大全 (MF文庫J)
279ページ
320登録

ギャルゴ!!!!!―地方都市伝説大全はこんな本です

ギャルゴ!!!!!―地方都市伝説大全の感想・レビュー(274)

都市伝説コメディラノベ。すげえ面白い!とはならなかったんだけど、独特の文章センスと作品の雰囲気が妙に気に入った。主人公が中学生というのも関係しているのかもしれない。
- コメント(0) - 2016年3月14日

比嘉さんのデビュー作は人外少女にモテモテな主人公が街で起きる怪異絡みのトラブルを解決していく話。それなりに面白かったです。設定、キャラクター共に作者さんらしくて良かったのですが、文章に問題があるのか勢いに乗る事が出来ないまま読み終わってしまいました。勢いよく進めていこうとしているのは分かるんですが、実力が追い付いてない感じがしますね。デビュー作だとこんなもんなのかな。あだ名のセンスやわけわからんおバカなノリは楽しかったので、次巻以降に期待しましょう。
★28 - コメント(0) - 2015年9月3日

語りの勢いで読める。「人以外のものに愛される」という設定をラブコメに持ち込むのが上手い。有効に機能している。
★2 - コメント(0) - 2015年8月21日

楽しめた。エリアスいい子だなぁ。タイトルがほとんど意味なかったのが気になった。かま子がとてもおりこうさん。
★2 - コメント(0) - 2015年8月18日

あとで読む。
- コメント(0) - 2014年5月18日

比嘉さんのデビュー作ということで読んでみたが、思った以上に楽しめた。 主人公の能力が人外に好かれる、武器が物干し竿、仲間がセクシー人形とドーベルマン(メス)という荒唐無稽のバーゲンセールになっていて、バカラノベ好きにはたまらなかった。 ヒロインのコトリちゃんの天然ボケっぷりが非常にかわいらしく、天然美少女が好きな人には全力でおすすめできると思う。
★2 - コメント(0) - 2014年5月11日

小説の世界では、ヒロインが当然のように主人公に惚れる。何に惚れるのか、と考えてみたとき、容姿や性格、はたまた能力といったものに惹かれるかもしれない。では、主人公からその好意の素を取り除くとどうなってしまうのだろう。愛情は一気に冷めてしまうのか。人は、誰かの「何か」に惹かれ恋をするのなら、その「何か」を持つ人ならば誰でもよいのか。それは淋しいような気がする。人外に無条件で好かれる主人公。人には決して好かれない主人公。好きや嫌いが、特定の条件や要素で変わるほど瑣末なことならば、人はそれで悩んだりしないよな。
★3 - コメント(0) - 2013年12月4日

人外にモテる運命にあるギャルゲーゴッドこと田中春男。仲間は犬に動く人形で、武器は物干し竿。地方都市にて巻き起こる都市伝説に挑みます。…なんか書いててすごいバカバカしい設定ですね。この時点では可も不可もないといったところ。ヒロインとのもどかしい関係は素敵ですが。『神明解ろーどぐらす』の作者なので、どんでん返しで評価を改めさせられることを期待します。
★2 - コメント(0) - 2013年10月11日

これは掘り出し物だわ。アニメ映えしそう。メインヒロインが可愛い。変に癖はなく、超ドストレート。アホ可愛い・天然・無邪気で明るい・天使の笑顔・一途という属性を持ち、何か傷ついて泣いてるところを見ると無性に守ってあげたくなる・・・みたいなヒロイン。何だろう・・俺、最近、主人公にストレートに好意をぶつけてくるヒロインに弱いな・・・。口癖の「でもでもね」も可愛い。恋愛描写が意外と重い。コトリの主人公を一途に想う気持ちに胸が苦しくなった。あと最後に一言。200ページ3行目・・お前が言うな!
★3 - コメント(0) - 2013年5月1日

わりとバカバカしい設定と情景なのに切なくて燃える。面白い。女の子もかわいい。
★2 - コメント(0) - 2012年11月8日

★★:『神明解ろーどぐらす』と共にどんでん返しがあると聞いてLet's 読書。正直あんまり面白くなかったかな。ダルマの、さらわれている途中は動けるとか、後付けっぽい設定が気になってしまった。ただ、まあ、まだ序盤の肩慣らしなのでしょう。個人的に、愛すべきイケメン馬鹿の桑島くんが好き。田中奈々子の破壊活動は、今後なにか関わってくるのかなと、ちょっと期待。あとはばあちゃんが復活したりしないかな、ってのも期待。この話で、何をどうどんでん返しするのか、とても期待。
★3 - コメント(0) - 2012年11月5日

KEN
人外の女の子に好かれる(恋愛ゲームも例外ではない)という特異な体質の少年が、ちょっと変わった仲間たちと共に町で起こる異変を解決するお話。まぁまぁ面白かったです。特に読みづらいということもなく割りとすらすら読めました。ヒロインのコトリさんが可愛い。彼女の口癖である「でもでもね」が妙に頭に残りました。2巻も買ってあるので読まねば。
★2 - コメント(0) - 2012年8月16日

『神明解ろーどぐらす』作者の比嘉先生デビュー作。比嘉先生の作品の特徴といえば『男キャラが格好いい!』というところにあると思いますが,本作では今のところそれを感じることが出来ず。ヒロインにも魅力を感じない。犬のかま子が結構お気に入り。犬だけど。『コメディ』と書いてあるんだけど,淡々とした語り口なのでコメディらしさを全く感じませんでした。また改行をあまり使っていないので読みにくい。デビュー作らしい荒さが多く見られる作品。正直あまり面白くなかったかな…。一応6巻まで読みますけどね。今後の熱い展開に期待。
★1 - コメント(0) - 2012年7月8日

ギャルゲーがほとんど関係ない
★1 - コメント(0) - 2012年3月18日

AR
ラブコメかと思いきや、後半は普通にシリアスなバトルしてた。てか、切ねぇ……。
★2 - コメント(0) - 2011年10月30日

さあこれから!ってとこで終わる。デビュー作のようだが、投稿時はどういう終わり方だったのやら。ギャグは結構楽しい。
★2 - コメント(0) - 2011年10月6日

地方都市伝説と戦う定めとなった主人公と、彼を慕うエロなフィギュアのエリアスやドーベルマンかま子の話。主人公の一人称で話は進んでいくのだが、周辺の人外との掛け合いなど、基本的なノリがまったりしていて、独特のテンポがある。ただ、それだけにメインヒロインのコトリさんとの関係はもどかしい。主人公の気持ちもわかるけど、ね。
★3 - コメント(0) - 2011年9月14日

LX
軽妙な語り口とヘンテコな設定が形作る世界観こそが目玉。主人公はフルフェイスヘルメットとライダースーツと物干し竿で戦うギャルゲー通のヒーローだったり、仲間は喋るエロフィギュアとメスのドーベルマンだったり、敵はダルマだったりマッチョだったり、なんともアホっぽい。けどところどころエグい。このエグさは巻を追うごとにエクスカレートしていく予感がするなぁ……。気に入ったキャラはかま子。「ワン」しか喋らない犬なのに、他のヒロインを差し置いて大活躍すぎる。エロ本買うのも許さないとかやきもちかわいいじゃない。
★2 - コメント(0) - 2011年6月26日

切ねぇよ・・・コトリさん
- コメント(0) - 2011年3月7日

再読 題材は面白いしライトノベル度高いキャラクタも合っているが 出来上がってみると微妙 『戦う司書』シリーズも同じような感じで 作者の実力向上とか同じ題材で違うひとに書いてもらいたいとか願うところである
★1 - コメント(0) - 2011年2月17日

語り口が面白い。最後の急展開はいらないと思う。
★2 - コメント(0) - 2011年2月14日

524
☆8 ギャルゴと呼ばれる主人公が物干し竿1本で地元の怪奇現象を解決してゆく作品。最近のこの手の作品にはない独特のテンポを持っている。欲を言えば絵師がよければさらによかった
★2 - コメント(0) - 2010年12月31日

コギャルが囲碁で勝負するお話。新興囲碁部が県大会を勝ち抜いて全国大会へ出場するという伝説を……というのは嘘です。献身的なヒロインを「かま子」と呼ぶ主人公は酷い。「いたちさん」と呼ぶべき……じゃないですね、はい。
★2 - コメント(0) - 2010年12月24日

主人公がすこぶるアスペルガーで話も1巻でオチないという普段ならボロクソ言っててもおかしくない作品だけど、話と文章から伝わるねじくれたおもしろさがそれを帳消しにしてくれる。
★2 - コメント(0) - 2010年12月15日

面白かったし、最後はなんか切ないし。よかった。
★1 - コメント(0) - 2010年12月15日

再読。取り巻き女を指して「こいつら、性格悪過ぎ」と言い放てる主人公が大好きです。このように屑を屑ときちんと批判してくれる作品は少ないので貴重です。そして、コトリが可愛い!とても和みます。ところで、気になったのは、祖母の予言「人外の女性にモテる」を、主人公が「人外の女性にしかモテない」「人外の女性だから自分を好きになる」と解釈している事。論理としておかしい。予言と解釈がイコールじゃないんだけど、これはワザとかな?あと、コトリと一二を争うクラス1の美少女。そこまで書くなら、ちゃんと絡めてこいよー?くるよね?
★3 - コメント(0) - 2010年11月21日

最初に読んでいたときは作品の設定になんじゃこりゃと思いながら読んでいました。ですが、一風変わった仲間達と共に事件を解決していくのは読んでいて面白かったです。また、やさしさのある内容で良かった。
★3 - コメント(0) - 2010年10月16日

最近新人賞受賞作色々読んでるけどこれはずば抜けて面白かった。続き買おう。
★2 - コメント(0) - 2010年8月27日

ラブコメ的にはかなり難しい設定にしたような気がします。エリアスが可愛らしすぎて、でも、本命にはしにくい設定で、今後どうするのか楽しみです。やや読みづらいところもあるけれど、伏線も意外性があってよかった。続きが楽しみです。
★3 - コメント(0) - 2010年8月26日

再読。1巻の頃からギャルゴさんはギャルゴさんだった。数あるライトノベルの中で一番好きな主人公かも。
★3 - コメント(0) - 2010年8月13日

ryu
らじおさんにお薦めいただいた本。設定が奇抜ながら話の進め方はいたって王道という、一見微妙なバランス感覚が面白い一冊。テンション低い主人公の語り口が個人的には好きでした。次も読む。
★2 - コメント(0) - 2010年7月26日

ろーどぐらす2巻が発売されたので、久しぶりに読んでみたくなって再読。久しぶりでも面白かったです。
★2 - コメント(0) - 2010年7月22日

話が面白いわけでも設定が面白いわけでもないのに面白いのはどうしてだろう?非リアの苦しみが感じられるからなんだろうな…。いやまぁ、ひきこもって何もせずにPCゲームやったりアニメ見たりラノベ読んでリア充になる努力なんて全くしていないのに非リアの苦しみとか僻みでしかないんだけど。でもそれでも誰かにわかってもらいたいみたいな。だってギャルゲ―やってるだけで女の敵とはならんでしょ普通wその辺の描写に卑屈さみたいなのを感じて泣けてくるんだよね…。どうしようもねぇんだよ!どうすりゃいいんだよ!って感じ。ということでこれ
★3 - コメント(0) - 2010年7月2日

なんとなく手にとって読んでみたら面白かった。微妙な感じの雰囲気が好き。
★1 - コメント(0) - 2010年5月24日

ほんわかする感じの作品に感じました。こういう雰囲気は好き。ゆるりと読める。エリアスもかま子もええ娘(?)ですな。
★3 - コメント(0) - 2010年5月21日

あれ? すっごい面白い。いい意味で中学生らしい主人公の語り口調と、やさしさを前提として成り立つ事件の解決。どちらかといえば児童文学の範疇に入るんじゃないかな。すげえ好き。続き物は一巻だけ読んで終わりにすることの多いぼくだけど、これに関しては続巻を買おうと思う。いいよこれ。
★5 - コメント(0) - 2010年5月21日

特別ストーリーが面白いわけでも、文章が凄く綺麗だというわけでも無いのだが、個人的には大好きだ。ライトノベルらしい雰囲気が、とても良い。一人称視点ならではの主人公のモノローグが、読みやすくて面白い。随所に伏線や遊び心が含まれており、非常に読んでいて楽しい作品だった。
★6 - コメント(0) - 2009年10月24日

_
最近のラノベのなかじゃあ文章量は多いほうで、それだけで結構満足。ありきたりな設定を少し捻る、という設定自体がありきたりだけど、全体的に雰囲気が良い。
★4 - コメント(0) - 2009年8月17日

ギャルゴ!!!!!―地方都市伝説大全の 評価:40 感想・レビュー:57
ログイン新規登録(無料)