ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメ (幽ブックス)

ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメはこんな本です

ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメを読んだ人はこんな本も読んでいます


ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメの感想・レビュー(79)

ホラー映画についての「和み」リレーエッセイ。イラストがかわいい。 本書で使われている「どよーん」という言葉いいなあ。「興ざめ / 萎え」のポイントを表すような単語として使われています。 映画は観たい観たいと思いつつ、全然観ていないんですよね。自分の好きなホラー映画は「エクソシスト」ですが、そもそも本数を観ていない。 堅苦しい映画評ではないので、私のような人でも楽しく読めてしまいます。 あと巻末のショートショートが良いですよ。「ホはホラー映画のホ」――タイトルがSFっぽくてホラーを題材にしたミステリーです。
★7 - コメント(1) - 2月28日

★★★★綾辻氏がどんな映画が好きなのか知りたかったので読んでみた。沢山のホラー映画があって楽しめた。やはり謎の解明ホラーと犯人探しホラーが自分は好きかな。昆虫パラダイス系も外せませんが。最後のショートショートが2作とも質が高い。
★1 - コメント(0) - 2015年11月27日

この手のエッセイを読むと当然ホラー映画が見たくなるわけで、今まで見た事のある作品も含めて色々見漁ってみたい。「テキサス田舎ホラーのどよーん系」のくだりは納得してしまった。その感じ、分かるなあ。 脚注のコメントが短いながらなかなか面白いのが、細部までホラー愛が溢れているのを感じられた。あとはとにかく、カットイラストがめちゃめちゃ可愛い(笑)
- コメント(0) - 2015年7月4日

年を重ねるにつれ、ホラー映画はほとんど見なくなった。むしろ苦手。それでも本書は楽しく読める。綾辻さんと年齢が近いために映画体験が重なるのもその理由のひとつだが、牧野さんとのキャッチボールが実に肩肘張らない、なごむものであるのが一番の理由だろう。ちなみにホラー映画で好きな映画を思いつくだけ書いてみる。『ゾンビ』『ハロウィン』『遊星からの物体X』『死霊のはらわた2』『ザフライ』『シャイニング』『ドーンオブザデッド』。また思いついたら追加します〜^_^
★1 - コメント(0) - 2014年11月29日

二人が絶賛の「スケルトン・キー」を見た。自分の中でハードルが上がりすぎて、拍子抜け。好きなタイプの話なので、予備知識なしに見てたら、もっと楽しめた筈。この本を読まなければ存在すら知らなかった映画なので、紹介する文章は難しいね。大好きな綾辻先生ですが、共感できないところもあった自分が、少しさみしいような不思議な感覚があった。私は牧野先生の感覚に近いようだ。
★1 - コメント(0) - 2014年7月8日

最近、すっかり読書から遠ざかってたのでリハビリのつもりで軽い?ものを。綾辻さんも牧野さんも本業は読んだことがないのですが溢れるホラー映画愛にタイトル通り和みます。怖い話好きだけどそこまでホラー映画は見てないのでとりあえずこの本で紹介されたものから見てみようと思いました
★2 - コメント(1) - 2014年6月17日

★★★★★ホラーへの愛が溢れる往復書簡形式のホラー映画入門書。ああ、何か自分、ホラー映画好きかも、と意外な自分に気づき始めたホラー映画ファンの卵たちにこそ手にとってほしい。ホラー映画でナゴむというのは極めて正しい鑑賞態度。間違いではないんだよ。
★1 - コメント(0) - 2013年9月30日

“ジェイソン=チェーンソー”という間違った知識程度しか持ち得ていなかった私が、スラッシャー映画について知りたくて読んでみました。もし公共の場でこんな会話したらまず引かれるだろうなという内容でも、好きだから楽しいし和むんだというのがひしひしと伝わってくる対談です。挙げられる作品のほぼ全てに興味が湧きました。ジェイソンは、なんとなく若者を血祭りに上げるのか〜
- コメント(0) - 2013年3月12日

いやー、本当に二人ともホラー映画が好きなんだなー。いくつか気になる映画がありました。特に「プレステージ」はすぐレンタルしたいと思います。私はゾンビ系が和みますねぇ。何となく「サイレン」の屍人とか。私のお勧め・・・というかトラウマ映画は何と言っても「スイートホーム」なんだけど、二人の感想はどんななのか気になります。
★2 - コメント(0) - 2012年12月14日

好きなことを熱く語る人たちの話は面白い。 上から目線の評論家気取りではなく、ただただ好き。 その目線が好き。 古い映画は見てるんだけどね、最近のホラーはわからない。
★1 - コメント(0) - 2012年5月21日

「メタホラー映画好き」を自称することも多い私ですが、「ホラー映画が好きな人がホラー映画について語っている」コンテンツが好きなのだなぁ、と改めて認識した一冊。
- コメント(1) - 2012年5月7日

綾辻先生、どうやったらホラーで和めるのですか!? ホラーは苦手で、絶対に暗い部屋で一人でなんて見られない。ことにスプラッタものは無理。痛いのはいやでございます。それなのに、先生方は和んでおられる。怖いと和むがイコールになるんですね。でも、この本は、ホラー愛で埋め尽くされたこの本は、とても楽しかった。時々読み返していたりも。
- コメント(0) - 2012年1月12日

何回読んでも新しい発見があって本当に面白い。やっぱり自分で一度観てると他人のレビューは良くも悪くも楽しめる!それが自分の中でジワジワと増えていくのは良い(^^)また何回でも読みたい。
★1 - コメント(0) - 2011年12月11日

確かにこんな見方が出来ればホラー映画は和めると思いますが、そこまで辿り着けません(;;)でも見れる映画はありそうなので、そこから修行(ぇ)してみようかと。ホラー映画の括りでも色々あるので、ゾンビやらスプラッタやらばかりがホラーとは限らないのです。とりあえず参考資料に欲しいかと。最後の小説は必見だと思います。
- コメント(0) - 2011年8月8日

ホラー作家が熱弁する、ホラー映画ガイド。あんたらどんだけ好きなんだよっと、ツッコミいれたくなるほど、愛に満ちあふれてます。偏愛かもしれないけど。
★2 - コメント(0) - 2011年7月22日

参考にさせていただきます。
★1 - コメント(0) - 2011年4月12日

asa
ホラー映画が得意って訳ではないのだけれど、この本を読んでいると見てみたくなってしまうほど、この2人はホラー映画に対する愛情が凄い!まぁ知ってる映画はヒットした作品とかしかなかったけれどそれでも良いや~ネットで調べればいいしね♪みんなもホラーで和むポイント探しませんか?
★7 - コメント(2) - 2010年8月9日

今頃読んだ。連載も大体読んでたんだけど、まとめて読むとさらに和む-。わたしは明らかに牧野さん側だな(笑)いつか牧野さんにクローネンバーグへの愛を書き倒してほしい!そしてイラストが可愛すぎてきゅんきゅんする。フレディ、右手でジャンケンしちゃダメよ・・・!
- コメント(0) - 2010年7月24日

作家ふたりがホラー映画について書くリレーエッセイ。こういう本こそ編集者の注釈にがんばってほしい。未見の映画も観たくなるような注釈が付いていればいいのに。ほぼ置いてけぼりでした。
★2 - コメント(0) - 2010年5月21日

ホラー映画への愛にあふれております。お二人の文章を読んでいると、文字通り「ナゴ」んでホラーを見ることができそうに思えるのが不思議。見たい映画がまた増えた。因みに私のベスト怖かった作品はタイの『シスターズ』です。
- コメント(0) - 2010年5月7日

最後のショートショートが面白かった。
- コメント(0) - 2009年12月13日

結構ホラーが好きなので参考になった。ミステリの要素があるホラーで見たことのないものは早速借りました。
- コメント(0) - 2009年10月5日

楽しかった。痛いホラーが嫌いな私も、見たい映画をメモをとりながら読んでしまいました。ただ、注釈がもっと詳しいといいのに、と残念。「ナゴムポイント」というコメントがある映画とない映画があって、ないのはちょっと不親切だなと思いました。
★1 - コメント(0) - 2009年9月26日

軽く楽しい語り口が良くて、ホラー・スプラッタ映画は見られない私でも楽しめました。ノベライズがあったら読んでみたい話もいくつか。
★2 - コメント(0) - 2009年9月22日

ホラー好きの作家さん2人の往復書簡的なエッセイ。楽しげにホラーについて語っていていろいろ観たくなりました。ときおり対談もあり。巻末には短編も。
★2 - コメント(0) - 2009年9月17日

サスペリア・テルザを見るついでに、ダリオ・アルジェント作品を観なおしてもいいかなーっと思っていた矢先この本が発売され、ついつい読んでしまった。思った以上に面白い。というかナゴんだ(笑) ホラー映画では、知ったかぶりの上から目線ブログばかり目に付くので、好きなものを好き好きと大の大人が楽しく語り合っているこれはとても気持ち良く感じた。
- コメント(0) - 2009年9月7日

スプラッタ映画を見ない私がこれを読むのが間違いって気もしますが。ただ、ホラーと言っても微妙にSF映画もミステリ映画も混ざっているので、そこは面白く読みました。そして綾辻さんとその部分とても相性がいいと勝手に思ったり。ミスト、アイデンティティー、バンズラビリンス、プレステージ、どれも私も大好きだから。ところで索引は必要かなあ。ちょっと本の作り自体が緩いよね。中身は緩くていいんだけど、作りはしっかりして欲しい希望。
★7 - コメント(0) - 2009年7月29日

カタカナで「ナゴム」と書かれると"ケラ"を思い出しちゃうのは私だけか? たくさんの愛すべきホラー映画が紹介されてるが、意外と観てるのも多くてそんな自分にちょっとびっくり。で、世の中に「リング」を知らないと言うか観てない人が多いことにもびっくり。私的には貞子の恐怖より松嶋菜々子と真田広之の微妙な身長差のが見所の映画だ。ラストのショートショートは2人ともそれなりの出来で○。あぁ深夜テレ東あたりで「スケルトン・キー」やらないかなー
★2 - コメント(0) - 2009年7月17日

好きな作品の紹介程度に終わっているところが残念。定価ほどの価値はない。
- コメント(0) - 2009年7月17日

映画ガイドとしてツカおうと思います。
- コメント(0) - 2009年7月16日

★★☆☆☆ ::: 綾辻行人と牧野修によるホラー映画に関する対談エッセイ集。70年代から現在に至る、A級からC級までのホラー映画を挙げつらね、解説兼ナゴミどころを紹介。ホラーでほっこりなごめるかどうかははなはだ疑問ですが。。。(笑)コアファン向けなので、ガイドブックや資料価値には期待できない。
★1 - コメント(0) - 2009年7月12日

綾辻行人と牧野修によるリレー形式のホラー映画エッセイ。ホラー映画を上から目線で批評するのではなく、ファンとして純粋に楽しもうというスタンスが素敵。
★1 - コメント(0) - 2009年6月23日

ひたすら和やかに好きなホラー映画を対談形式で語る本。二人で絶賛されてて期待して見たら自分には合わなくてアレレ?な事もありますが、こういう映画が好きなんだという理由はわかるので納得してます。愛がある1冊。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(4)

02/27:船越
12/20:潮深
07/10:realmofkult
07/06:7nao_nao7

積読中のみんな最新5件(4)

09/17:末讀玉
12/24:spring-ring
09/27:椎野夏子
06/26:7nao_nao7

読みたいと思ったみんな最新5件(29)

04/17:ohs_sho
02/11:けんご氏
03/20:ちぇ。
ナゴム、ホラーライフ 怖い映画のススメの 評価:86 感想・レビュー:34
ログイン新規登録(無料)