僕は友達が少ない 2 (MF文庫J)

僕は友達が少ない 2 (MF文庫J)
あらすじ・内容
美少女×残念=超残念
隣人部――それは残念な連中が日夜友達作りのためにギャルゲーや演劇などどこか空回りな活動をしたり、ダベったりしている残念な部。残念系美少女の三日月夜空や柏崎星奈、美少女メイド(ただし男子)の楠幸村に加え、幼女シスターで顧問のマリア先生やいろんな意味で常識を超えた天才少女の志熊理科も加わり、ますます騒がしくて取り返しのつかない状況になってしまった隣人部。その中でただ一人の常識人(ただし友達は少ないというか、いない?)羽瀬川小鷹はいったいどうなる!? 大人気の残念系青春ラブコメ第二弾、友達を募集しつつスタート!

あらすじ・内容をもっと見る
263ページ
5904登録

僕は友達が少ない 2巻はこんな本です

僕は友達が少ない 2巻の感想・レビュー(5412)

理科が加わり、マリアと小鳩が本格的に参戦。なんかもう安定してるな。お察しな台詞を大文字で書くのは電車内とかで困るんだが…キャラ性が固定された。友達作るどころかハーレム作ってるぞ、主人公
★5 - コメント(0) - 3月18日

理科やマリアが出てきて、アニメの登場人物が揃いました。アニメは短編のつなぎ方や終わり方が違うので、小説を後で読んでも新鮮な気持ちで読めました。短編が続くので、通勤途中でもけっこう読みやすいので、是非是非読んでみて欲しいです。ロマンシング佐賀が面白かったです。
★3 - コメント(0) - 2016年10月3日

最高に面白かった!リレー小説やロマンシング佐賀で何ど腹筋が崩壊させられた事か・・・・・・。マリアチョロ可愛い。
★30 - コメント(0) - 2016年9月23日

小鳩が可愛かった。 読みやすくて1日で読み終わった。
★3 - コメント(0) - 2016年9月6日

再読。アニメでも見てるなこのあたりは。『ロマンシング佐賀』のおバカさ加減が、全然まともに企画屋が機能していないゲームプロジェクトっぽくて「あるある」と思ってしまったけど…「あるある」じゃねえよ。表紙は大好きな星奈で、この巻でも幾度となく、夜空に酷い目に遭わされ泣きながら部室を飛び出すハメに陥るのが…とてもかあいい。「ゲームの中に入れたらいいのに…」に、心動かされない奴は、たぶん俺とは別の時空の存在なのだろう。星奈を嫁に下さい。あと小鳩とマリアは妹に欲しいです。友達いなくても生けていけるやろ、この布陣なら。
- コメント(0) - 2016年8月24日

今回もおもしろかったのですが理科と言うキャラが出てきたのですが真面目な人かと思いきややはり中身は残念でしたね。全然見た目はいいのですが中身が残念な人が多いですね今のところ小鷹の妹の小鳩が好みですね。
★11 - コメント(0) - 2016年6月3日

理科ちゃんのキャラは意外でしたねー、というかみんなレベル高いなあ……
★2 - コメント(0) - 2016年5月13日

理科のキャラが何だかすごく楽しかったです!ビックリしました(笑)
★6 - コメント(0) - 2016年5月3日

【購入】相変わらずのメンツだな。こういう感じのラノベって良くあるけど、結構好きな作風。理科ちゃんが意外なキャラでビビりました。知的キャラだと思ってたのに!今回もドタバタで面白かったです。
★20 - コメント(2) - 2016年5月2日

この作品をどうやってアニメ化したのか、別の意味で興味深い・・・。
★26 - コメント(0) - 2016年4月21日

★★★★1/2 「……この文章、なにが書いてあるかは大体わかるんだよ。でもそれを頭の中で映像化しようとすると俺の脳の処理能力では追いつかないというか常時モザイクがかかってたまに爆発が起きてるみたいな……」(p.217)
★2 - コメント(0) - 2016年2月6日

前巻に引き続き残念さ全開。素になったときの小鳩が可愛い。
★9 - コメント(0) - 2016年1月11日

キャラが濃過ぎる残念美少女たちが友達を作るために頑張る話。だった気がする。小鳩ちゃんマジ小鳩ちゃん。小鳩ちゃん可愛いよハァハァくんかくんかペロペロおっといけねぇ。新たに三人加わって賑やかな部活になりました。幼女組さいきょう。幼女さいこう。理科とは仲良くなれそう。幸村はいいお嫁さんになれる気がする。それにしても小鳩ちゃん可愛いな。小鳩ちゃんマジ小鳩ちゃん。ハァハァ。
★5 - コメント(0) - 2015年12月22日

あにきってひらがな呼びするのが可愛いなぁ。カラオケ6時間は4人でも辛いよな。あと、メカ物のBL小説最高でした!こんな世界があるなんて!
★4 - コメント(0) - 2015年12月9日

面白かったです!あと、理科が超可愛かった!!!
★5 - コメント(2) - 2015年10月23日

また夜に一気読みしてしまった。終始楽しいなあ……夜空がどこまでも星奈に厳しいのが面白いw そして本巻から登場の理科ちゃん最高です!! 理科ちゃんと一緒に生命の神秘について学びた(文章はここでとぎれている)
★8 - コメント(0) - 2015年10月1日

めっちゃ笑ってしまった。全員キャラがぶっ飛びまくってますね。普通にアウトだと思う発言が大量にあるんですがアニメとか大丈夫なんでしょうか。星奈がわりと打たれ弱いとこがかわいいです。夜空も星奈もほんの少しだけ小鷹を意識してるようで、次から夏休みだし、いろいろとどうなってくのか楽しみです。
★6 - コメント(0) - 2015年9月27日

追加ヒロイン登場です!これで揃ったのかな?アニメ見てないから内容知らないんで、すごい面白いです!一通り読んだらアニメも見ようと思います
★5 - コメント(0) - 2015年8月24日

☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2015年8月4日

これで登場キャラが出揃ったか。しかしカラオケに行って、結局個室で歌うって……どうなのこいつら。しかも気付いてないし。
★4 - コメント(0) - 2015年6月17日

この夜空という少女は精神を病んでいるのか?
★8 - コメント(0) - 2015年5月15日

★★★☆☆
- コメント(0) - 2015年5月5日

新キャラ、理科。あまりにマッドなBLで理解不能に。そして妹の小鳩も部活に加入。リレー小説の各人(主に女子)の暴走っぷりが半端ない。
★5 - コメント(0) - 2015年5月1日

夜空の星奈に対する口の悪さが上級者向けになってきた感じです。リレー小説はそれぞれの願望が丸出しでカオスになってておもろかったです
★3 - コメント(0) - 2015年4月25日

【美少女×残念=超残念隣人部。大人気、残念系青春ラブコメ、スタ-ト!!メンバ-フル参戦。友達欲しいと思ってたら女友達出来ましたマル】 キャラが勢揃いして、錯綜としてきたが、一人一人の個性が際立って面白い化学反応を起こしてる。破壊力抜群の面白さは今回も健在。そして、もし作者が意図的に行ったならば「お見事」と唸ってしまうニクい構成が今回見られる。くだらなくみえて計算されてる。まずは前巻でチラ見せだったキャラ達が正式に入部した訳だが、いわゆる残念なダメ人間という同じ系統
★6 - コメント(0) - 2015年4月23日

1巻冒頭の登場人物がやっと全員揃った。機動戦士同士の絡み、理解が全く出来ない。BLに素養があると分かるようになんのこれ?一生分からなくていいや。マリア、父性や保護欲よりも不安になる素直っぷりだな。まだ10歳なんだから もう少し手加減してやれよ夜空。リレー小説ひでぇな。というか1巻からレイプって書き過ぎだけど、アニメの方はこれで通ったのか気になる。文章上でレイプされている星奈を助ける小鷹、そしてポッとなる星奈が残念可愛い。小鷹を家に招待して親に顔見せとか…外堀埋めに来てんな。いいぞ、もっとやれ。
★5 - コメント(0) - 2015年3月4日

確率二十分の一でものすごいギャグがつぼにはまるので、残り19回分はスルーすることができている。この一発重視のギャグって感じ、好き。 ちょっと気になったのが、隣人部でみんな集合しているのに、それぞれとの「対話」で話が進んでいくところ。星奈ちゃんとか、もっと首突っ込みたがると思うんだけどなあ。キャラクターのかき分けはできているので、あえてみんなでワイワイ話をするという展開をあまり書かないのは、意図的なものなのだろう。その効果のほどを僕は感じ取ることができなかったが。とりあえず肉が不憫かわいいので三巻へ。
★16 - コメント(0) - 2015年3月3日

ああー、面白すぎてヤバい!でも今回、夜空の影、薄いような。薄いというか強烈なキャラなはずなのに、他のメンバーがさらに強烈すぎて~。まぁ、全員かわいいよ。永遠とこいつらのバカ騒ぎを見ていたいな。まだ2巻目だけど、もうこのメンツは全員、仲の良いほどといえる友達だろ、もう、たくさんいるだろ。だけど、友達が一人もいないって言い張るんだよな。全員それぞれ孤独だったゆえによくわからなくて鈍感なのかな。そういえば、幸村だけ紹介の絵がないのは、なぜ?紹介楽しみなのに。幸村が大好きなのに。
★5 - コメント(0) - 2015年2月23日

諸般の事情。新キャラクターの紹介巻であると同時に、1巻の様に「運動部の部室の会話をかわいい造形でやりました!」という感じであろう。そしてさらにこの巻では踏み込んで、「互いにバカにしあう」面白さを表現できていたような気がする。 異性でも同性でも、バカができるのは大変素晴らしいし、バカをバカにする面白さはなかなか現実で出来ないので、こういうファンタジー作品でそれを公開すれば、需要もあるだろうし、人気も出るだろうと思った。本のアオリ文は「青春ラブコメ」だが、ラブもないコメディで人気をもぎ取っている印象を受けた。
★4 - コメント(0) - 2015年2月5日

3/5やっと人物紹介のメンバーはそろったのかな? 理科ちゃんのストレートさが可愛い。カラオケ料金に納得いかない気持ちはわかる……が、さすがに店員さんが不憫(笑)
- コメント(0) - 2015年2月1日

小鳩ちゃんマジ天使。レイシス様だけど。カラオケ料金は確かに(笑)。びいえる描写ネタにこんなに力入っているラノベははじめてかもしれない……。
★11 - コメント(0) - 2015年1月19日

新キャラ登場でますますカオスになった隣人部。だらだらとした日常生活が楽しめます。パロディのロマンシング佐賀が現実にイベントになってしまったので笑ってしまいました。
★3 - コメント(0) - 2015年1月3日

ちょっと内容がアレなようだった気がする(笑)でも、楽しく読めて良かった。これは、全巻読んだらアニメ見て、再読しようと思う。面白くて、笑えた(笑)BLの説明要らないよ(笑)うん。カラオケシーンはめちゃくちゃ面白かった。
★17 - コメント(0) - 2014年12月24日

毒舌っぷりがよく思い付くもんだと。でも読みやすさはあっても内容には欠けるかという印象。妹とマリアのちっちゃいコンビはちょっとかなりかわいい。
- コメント(0) - 2014年12月6日

引き続き個性的な面々の楽しい突っ込み。なーんも考えずに楽しめました。こうした時間が貴重だよね。まさにリア充(^_-)-☆
★4 - コメント(0) - 2014年10月31日

僕は友達が少ない 2巻の 評価:34 感想・レビュー:962
ログイン新規登録(無料)