変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)

変態王子と笑わない猫。2 (MF文庫J)
280ページ
2563登録

変態王子と笑わない猫。2はこんな本です

変態王子と笑わない猫。2の感想・レビュー(2149)

とにかく小豆梓がかわいい。以上。で済ませたいけれどそれではあと225文字がもったいないので続き。女性の異様なまでの描写に目が生きがちだけれどオスカーワイルドの話などが出てくる時点でさがら先生は相当海外文学を読まれてきたのかなと思う。3巻を読み始めたら村上春樹さんの話などがあり相当に文学の素養があられる方なのだなと思った。だからこそ本編の内容は割とありがちではあるのだけれどかなり踏み込んで読むことができたように思える。そしてどのキャラクターも魅力的だからこそ人気作になれるんだろうなと納得した。
★2 - コメント(0) - 2016年7月12日

再読。 月子はずっと横寺と一緒にいたかった、というお話。 0話と5巻が前提にあるからどうしてもまともな青春ラブコメにはならないよね。でも猫神にしてはまだまともな叶え方の部類。
★2 - コメント(1) - 2016年7月11日

月子ー!
★3 - コメント(0) - 2016年6月12日

再読。内容は夏休みが終わる間際の八月三十日、月子と別れた帰り道、陽人が目にしたのは、消滅した自宅だった!雷雨の中、ひとり地べたに寝転がって一夜を明かさざるを得ない状況を、月子からの、P39「ですから__今夜はわたしの家に泊まるですか」という提案に乗っかって回避した陽人は、めくるめく変態イベントを次々こなしつつ、自宅が消えた謎、『笑わない猫』ではない猫像、そして筒隠姉妹の家族を想う気持ちの、残酷なまでのすれ違いの真実を知ることになる…。P184「__中途半端に近づいたぶんだけ、辛くなることもあるですよ」→
★50 - コメント(2) - 2016年3月1日

まさかの家がなくなった(笑) そして、筒隠家で泊まることに。鋼鉄さんと変態王子(笑)の仲がまさかの急展開になった。最後にまさかほっぺにキスとは…。でもそれをみてしまった小豆はどうするのか?続きがめっちゃ気になります!
★2 - コメント(0) - 2015年8月20日

月子ちゃんがひたすら可愛かった。一巻を読み終わってからだいぶ間が空いてしまったが、楽しめた。横寺が真顔で全裸で走ってくる挿絵はさすがに笑ってしまうwツンツンしてる月子ちゃんマジ可愛い。お姉さんが相変わらず天然だったw無機質に横寺のコレクション放っていく月子ちゃんマジゴッド。三章あたりの梓の挿絵がかなり卑猥だ‼えっちだ‼きゃー‼月子ちゃんが夕食作りながら歌ってた鼻歌は二章で横寺が月子ちゃんを褒めてたセリフ混じってましたね可愛い。
★3 - コメント(0) - 2015年8月4日

おや、今巻も月子ちゃんの全裸シーンが…これはアレかな毎回あるパターンなのかなw それにしても梓が不憫すぎる…あれだけわかりやすすぎるアプローチをしているのに好意に全く気付かないのは鈍感という枠を越えてもうなんか呪いでも受けてんじゃないかってレベル。梓さんはもう押し倒して行為に及んだとしてもなんだかんだ許してくれるチョロさがある。つくしは存在がネタなのでデレられてもヒロインとしてはノーサンキューです。
★9 - コメント(0) - 2015年6月9日

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️
★2 - コメント(0) - 2015年4月29日

月子と梓が可愛すぎる!(第一感想)三人と一人(部長)は、一緒にいないといけない状態に陥り、色々な面を見せることとなる。部長株地味に上がった。猫神像怖すぎでしょう?
★6 - コメント(0) - 2015年4月21日

1巻と変わらないクオリティを保つ2巻。小気味よい文章がテンポよく読ませる。主人公がニブ系を装って、ポニーテールのはね具合などヒロインの細かい仕草をちゃんと見ているところがいい。
★6 - コメント(0) - 2015年3月21日

ギャグ分と変態分とシリアス分がちょうどいいバランスで読みやすい。ギャグ分と変態分の意味は一緒だから、ほとんど変態分といってもいい。読めば読むほど、小豆梓ちゃんかわいい。
★3 - コメント(0) - 2015年2月28日

再読。なるほど、地の文(横寺)を疑って読むとまた違う発見がありますね。ギャグに紛れているけれど横寺はおかしい。他の人や出来事の不可解さに紛れているからずっと横寺を基準にしていたけれど、その基準がおかしかった。今回は月子の願いで横寺が本来の家に帰れなくなる話。世界から孤立する話。後輩でも妹でもなく、対等に恋人?として見て欲しかったのに見てくれない横寺に諦めて、兄妹で妥協しようとした広い家にたった2人で暮らしてきた月子の願いの話。でも寂しいから横寺にずっといてほしい、は違う。ちゃんと外に出なければ。
★4 - コメント(0) - 2015年2月18日

各キャラの可愛さが全面的に押し出された2巻。小豆梓のペット発言が可愛かった。ラブコメ要素も良かったし文章も読みやすくスラスラ読めた。次巻も楽しみだ。
★4 - コメント(0) - 2015年2月13日

散文の形をした詩。文章の端々に人間への愛がある。この作者と同じ時代に生まれた幸せを感じる。
★9 - コメント(0) - 2015年2月5日

梓さんがデレ始める巻であった
★3 - コメント(0) - 2015年1月20日

十六歳のたった一度きりの夏が終わる。ぼくは何をして過ごしたのだろう? 大いに焦る横寺陽人は、今日も空回り。月子に振ら れ、小豆に振られ、ポン太に振られ――自宅までも消滅した!なんで?雷雨のなかにひとり、なにもかも喪って、どこに行くあ てすらもない。「それなら先輩。今夜は、わたしの家に泊まるですか」……夏の終わりの台風日和。最高のホームランイベン トが待っていた! 風呂場の裸。縛られる布団。落ちる手錠。破られる衣服。そ して――土蔵に潜む猫?爽やか系変態青春ラブコメ第二弾!バイバイ、ぼくの初めて――
★1 - コメント(0) - 2014年10月23日

不覚にも泣いた。作者頭よすぎだろ
★4 - コメント(0) - 2014年9月23日

 前巻に比べて、各キャラの可愛さを前面に出しておられる印象でした。とくに王様は秀逸でした。わりかし緩やかなストーリー展開ですが、前巻同様地の文の言い回しはユニークですし、梓の動物を交えた台詞も楽しかったです。  ただ、たまに彼女の不遇に悲しくなったり、主人公のちょっと都合のいい鈍感さがピキッときました。  あと一番重要なのが、これ、どう考えても表紙お姉さんでしょ!
★3 - コメント(0) - 2014年8月29日

鋼鉄の王さんの接近ぶりとその決着は、ラブコメ作品ではよくあることですね。フリのつもりが結構本気になってしまうという。そして、この作品も王道のハーレム路線を突っ走っております。とりあえず、笑わない猫像がどのように関わってくるのか、ラブコメではない部分も期待して次巻も読んでいきましょう。
★6 - コメント(0) - 2014年7月10日

各キャラの心理がよく描けている。ちょっとミステリーが入っていてハラハラしながらも楽しめた。月子が悩んでいることはわかるような気がする。
★1 - コメント(0) - 2014年6月15日

★2。うーん、自分には合わないタイプのラノベでした。ラブコメ、ラッキースケベが楽しみどころなのだと思いますが、ギャグもキャラもテンプレ気味、ここまでに
★4 - コメント(0) - 2014年5月20日

変態さん(横寺)のセリフ一部抜粋。『…ここだけの話なんだけど、女の子に裸を見られるのって、羞恥心がなくなったおかげで解放感だけを覚える。』お巡りさん。ここです。犯罪者がここにいるです(´・ω・)ノシ
★15 - コメント(0) - 2014年5月12日

C+ 主人公がイケメン化している…?一本筋な恋愛モノには成らなそうな予感。副部長×鋼鉄 がみたいです(ゲス顔
★9 - コメント(0) - 2014年5月8日

いや、もう鋼鉄の王様はワザとだろう、絶対と最後まで笑わせてもらいました。おそらくここらへんで作者は細かい設定を考えたのかなぁ、と筒隠家の家庭背景も明らかになる2巻。でもやっぱり表紙のぺch(ry)さんが前編に渡ってかわいすぎて、もちろん月子さんもかわいくて、読んでいるだけで幸せでしたよ?
★10 - コメント(0) - 2014年5月3日

つつかくしさん好きだ!
★2 - コメント(0) - 2014年4月13日

月子ちゃんのつっぱりフォーメーションを全力で受け止めたい・・・そんな2巻(違う)。月子、つくしの掘り下げ巻です。会話も地の文も全力でネタが詰め込まれているので笑いが止まりません。女の子も魅力的で凄い面白いけど、横寺の鈍感っぷりだけはちょっと不満ですね。小豆梓かわいそうやで・・・。
★9 - コメント(0) - 2014年3月19日

いつの間にか横寺くんのハーレムが出来上がってるのだけど……鋼鉄の王まで落ちるなんて。月子ちゃんの本音は隠れているんだろうか。でも、表情がないからこそ雰囲気が感じられる。エプロンがわりにTシャツ着てる月子ちゃんとか可愛い。梓、地味に好きなのだけど可哀想です…
★1 - コメント(0) - 2014年2月16日

面白くなってきた2巻目。ちょいちょい入るギャグネタが面白い。王子が鈍感なところはいかにもラノベ主人公。最後の終わり方で続きがすごく気になる。
★2 - コメント(0) - 2014年2月7日

1巻と比べたら随分読みやすい。
★2 - コメント(0) - 2013年12月27日

1巻は良かったけど2巻は微妙。ありきたりな中身のないラブコメラノベになった気がする。主人公が変態なのはいいけど、頭の悪いKYすぎてヒロインが彼のどこが好きなのかわからないレベル。ストーリーも盛り上がりがなくて平坦な印象だったし、ここでリタイアします。ただ女キャラはかわいい。(4点)
★1 - コメント(0) - 2013年12月19日

王様がいかにもラノベキャラって感じがする。月子ちゃんは感情、本音を失ったと言っておきながら、なんだかんだ文章を読む限りでは一番素直に感情を出せているなと思ってる。主人公は変態なのはいいとして、前衛的なくせに肝心なところが鈍感主人公なところは度が過ぎると辟易してくるので、これからどうなるか。次作に期待。
★3 - コメント(0) - 2013年12月11日

KTR
落ちないのかと思っていたキングが墜ちた?のがびっくりした。しかし、お馬鹿天然キングの座は揺るがない。笑う猫が前巻に比べて直接的で分かりやすい願いの叶え方をしていたので、普通のラノベになっていました。いや嘘です変態でした。兄弟の統合が如何にして行われるかが気になるポイント。
★2 - コメント(0) - 2013年12月4日

いやもう…変態とか鈍感とかじゃなくて、馬鹿でしょ主人公。相手の好意に気づいちゃったら話が滞るんだろうけど、押し倒してもOKくらいなサイン出てるのに曲解するとか…モヤモヤさせやがってコンニャロウ。ともかく、相変わらずのノリと言葉遊びは凄く楽しめた。月子の、手をガジガジ噛むとこが好き。
★4 - コメント(1) - 2013年11月20日

小豆梓の声が石原夏織ボイスで脳内再生される。動物に比喩する癖がいいんだよねえ。
★2 - コメント(0) - 2013年11月15日

小豆梓のビキニ可愛いよ。この小説・・裸になる率高い。
★3 - コメント(0) - 2013年11月3日

鋼鉄の王・筒隠つくしの意外な一面や生真面目なおバカぶり、小豆梓の水着などが良かったです。月子の本心も次第に見えてきて、シャツをエプロン代わりにしている姿が可愛かったです。
★6 - コメント(1) - 2013年10月30日

変態王子と笑わない猫。2の 評価:30 感想・レビュー:515
ログイン新規登録(無料)