僕は友達が少ない 公式アンソロジーコミック  (MFコミックス アライブシリーズ)

僕は友達が少ない 公式アンソロジーコミック はこんな本です

僕は友達が少ない 公式アンソロジーコミック の感想・レビュー(173)

再読。 この本で最高だったのは小鳩ちゃんのきすだろ最高だろ!!!!!!
- コメント(0) - 2013年10月3日

あんそろでこんなに絵のクオリティ高い作家が集まってるの初めて見た/しかし山田孝太郎さんは流石キッチリブリキ絵に合わせてくるな
★1 - コメント(0) - 2013年3月9日

飛行士と最後のがよかった。
★1 - コメント(0) - 2013年3月8日

原作読み進めてないからちょっとわからないキャラ多いかな!ただ話は構わず面白かった
- コメント(0) - 2012年5月9日

うーん、1作1作が小ネタの連発で短い。絵柄は特に気になりませんでした
- コメント(0) - 2012年3月14日

はがないのアンソロだからね、自由だね。
- コメント(0) - 2012年1月23日

たくさんの話が見られて楽しかったけど、それゆえに一つ一つの話が短かったのが残念
- コメント(0) - 2012年1月10日

「+」に続いて選んだのがアンソロ。別に原作を読む気がないわけではないのだが、この手のはやはり読みやすいので。内容はまあ、こんなもんかという印象。ファンならアリだと思う。個人的には牙突ペロ式がツボに入った。こんなので笑うなんて……くやしい……でもビクンビクン、みたいな。
- コメント(0) - 2012年1月4日

面白かったww
- コメント(0) - 2011年12月3日

ラストはブリキ先生か~とか思ってたら山田先生だった。上手すぎってレベルじゃねーぞw
- コメント(0) - 2011年11月29日

パロディの範疇がはがないの範囲を超えてるんですがw これもはがないならではということでしょうか。どれも原作の持ち味を生かしているし、キャラの配分も丁度良く、面白かったです。良作多し。 
- コメント(0) - 2011年11月28日

短編コミックの集合だけど。やはり、絵にバラツキがあるから、ちょっとしんどい。公式コミックより雰囲気を出しているものもあれば、そうでもないものもるし。 お話としては、どれもよくできているので、短編集特有のy見やすさがあって、おもしろかった。
- コメント(0) - 2011年11月26日

執筆陣が豪華というか、絵がうまくて内容がよくわかっているなあ。キャラの配分も均等で十二分に楽しめた。
- コメント(0) - 2011年11月15日

「はがない」のアンソロジー本。公式なだけあって、アライブの作家さんが多めなので質は高いかと。「とある飛行士の追憶」「小鳩16歳」「美容院へ行こう」など、作家さんが自分の色を出しつつ「はがない」してるのは流石。
- コメント(0) - 2011年11月14日

しかし執筆陣が豪華やなぁ。色んな人が色んな事を描いてるけど、やっぱり表紙の溝口ケージさん最高やな。11月には文庫で似たようなのがでるし、そちらも楽しみだ。
- コメント(0) - 2011年11月5日

原作が自由な為か、みんな自由に書いてるなあ(褒め言葉)。幸村絡みのエピソードをもっと読んでみたい。
- コメント(0) - 2011年11月1日

魔法少女こばと☆マギカを是非とも読んでみたい。魔法少女なこばとちゃんのサポートを全力でしたいなって!
- コメント(0) - 2011年10月31日

描いてる人間がかなり豪華。これぐらいどこも気合入れてアンソロジーを作って欲しい。
- コメント(0) - 2011年10月30日

原作とはまた違う面白さ。ハズレもほとんどないし、満足いく内容だった。特に好きなのは「とある飛行士の追憶」「美容院へ行こう」快くなれたり、笑えたりと凄く質の良いアンソロだったと思う。
- コメント(0) - 2011年10月29日

肉や小鳩への愛が際立つ一本多し。ですが夜空はもちろん理科ネタも思ったより多くて、幸村やマリアにもしっかりスポットが当たっています。絵のクオリティも高く、キャラクターもきちんと研究されているものがほとんどで、バランスの良い一冊でした。
- コメント(0) - 2011年10月27日

巻頭のカラーページの肉がなかなかよかった。 自分は、原作ライトノベル→+→この本と読んできたが、はがないのキャラクターが好きな諸氏は、是非読むべき一冊だと思う。 とある飛行士の追憶笑った。ただ、夜空と小鷹の友情はすごいと思った。高校生になっても自分たちが小学生のときのことを鮮明に覚えている。それは素晴らしいことだと改めて思った。
- コメント(0) - 2011年10月27日

豪華な作家陣のイラスト&コミックで、ストーリーも面白いけど世界観から離れず原作に基づいたもので楽しめた。小鳩と肉がイイ
- コメント(0) - 2011年10月27日

見開きの所でタイトル挿入しないせいでどこから始まるのかわかりづらいっていうか1ページの1発ネタかましたり割と自由な感じだったんですかね。肉多めかとおもいきや他キャラメインもちゃんとあって案外満足いくのではないかと
- コメント(0) - 2011年10月26日

もともと原作の自由度が高いので参加マンガ家さんたちも自由にやれたせいか作品が粒よりですね。このぶんだと次に出るノベルアンソロも期待できそうです。
- コメント(0) - 2011年10月26日

MF系の作家中心に豪華な顔ぶれのアンソロジー。イラストから肉率高かったりと、重点の当たる人物が偏ってたらアレかな?とも思ったが、割とそうでもなく。読者によって評価が分かれがちなのがアンソロだけれど、個人的には総じて出来は良かった印象。
- コメント(0) - 2011年10月26日

文倉十さんの漫画を初めて読めたのでよかった。他、どれもなかなかの粒ぞろいで質の高いアンソロジーだった。特にラストのコミカライズ版「聖剣の刀鍛冶」コンビのクオリティは異常。
- コメント(0) - 2011年10月25日

個人的には、meet neet.さんの幸村と星奈の絡みが、原作では中々見れないので面白かった。
- コメント(0) - 2011年10月25日

アンソロジーとしてはかなり豪華な顔ぶれじゃないでしょうか。内容的には作者ごとにムラはあるもののどれも十分楽しめました。好きな漫画家がいらっしゃる方は買って損はないかと。
- コメント(0) - 2011年10月24日

アンソロに参加している作家陣は知らない人が多かったが、クオリティはそこそこあり、特に、戸流ケイの「薔薇色の青春?」はお気に入り。しかし、幸村って男子トイレに入れたのかーーー!!
- コメント(0) - 2011年10月24日

当たり外れが激しい。タケイオーキの小鳩ものがベスト。一番期待してた文倉十と春野友矢作品も良かった。
- コメント(0) - 2011年10月24日

山田先生が、こんなところでも本気だしてるなーw すごい。
- コメント(0) - 2011年10月24日

アンソロジーとしては外れ少なく面白かった。
- コメント(0) - 2011年10月24日

小鳩とマリアは可愛い。
- コメント(0) - 2011年10月23日

いたちと春野友矢が読みたかっただけ。ハルトモが通常運行すぎて凄かった、酷かった、コメントまでリスペクトとは恐れ入った。山田孝太郎は器用。薄い本映えはするのに、アンソロ映えはしない不思議。
★1 - コメント(0) - 2011年10月23日

ark
面子が割と豪華なアンソロジー。全体を通して出来はよかったと思う。特に山田孝太郎×三浦勇雄ブラスミコンビの完成度の高さは異常。ブラスタ繋がりなのは分かるけど、早くブラスミの続きを…。
- コメント(0) - 2011年10月22日

多少のキャラ崩壊(特に幸村w)に目をつぶれば面白かった。肉山ミィトwww
- コメント(0) - 2011年10月22日

この本の注目すべきところは隣人部メンバーではなく、じいさんの昔話だろう。友達に関する名言に注目!
★1 - コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(2)

積読中のみんな最新5件(8)

02/14:sezmar
11/20:kakao

読みたいと思ったみんな最新5件(11)

12/23:Ritsu★
11/22:おきしぃ
僕は友達が少ない 公式アンソロジーコミック の 評価:40 感想・レビュー:38
ログイン新規登録(無料)