おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その6 (MF文庫J)

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その6 (MF文庫J)
288ページ
499登録

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その6はこんな本です

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その6の感想・レビュー(408)

ちょっと物足りなかった。
- コメント(0) - 2014年7月14日

前回にシリアスパートで引っ張って、そろそろ本格的にその本筋へ進んでいくのかって思ったけど、いつも通りのコスプレパーティ状態だった。でも、最後の方は話の引き継ぎもしているが、日常8:2シリアスといった感じになっていきそうだな...
- コメント(0) - 2014年6月29日

★☆☆☆☆ マンネリ化の傾向が見られ始めてきたかなぁ、と。シリアスシーンをより際立たせるために、日常シーンを重点的に描くってのが本シリーズの趣旨なのだと理解できてはいるのだけれど、もうそろそろ、いい加減、飽きてきた、というか…。本作の巻末でこれまで以上の「明確な変化」が見受けられはしたしたものの、たぶん、次巻の冒頭でも、茶番でお茶を濁させて、次巻の巻末でちょいとだけ進展、ってな流れなんだよなぁ…。この循環を、いい加減、どうにかして、切り崩して欲しいなぁ、と。
★12 - コメント(0) - 2013年12月2日

流石、の一言に尽きます。シリアス要素増えてきましたね……
★2 - コメント(0) - 2013年10月4日

異能の詳細を知るためだけに読んでる。あとリリスちゃん。「永遠」つて否定公式にいたような気がするけどそれとなにか関連あったりするのかな。…黒い風と白じゃあ対象的だけど
★4 - コメント(0) - 2013年9月5日

少し真面目なシーンは増えたけど、日常シーンは相変わらず微妙。やっぱりギャグのツボが合わないんだよなあ・・・ひたすら寒く感じてしまう。特典小説は、本編未読の人が読んだら逆に本編を読む気が失せそうな感じ・・・。
★6 - コメント(0) - 2013年9月1日

ようやく話が進んでシリアス展開きたー!と思いきや番外編にはいってしまいました・・・。ひっぱるね、これ。女王様一乃の挿絵にはドキリときましたが彼女の胸が一巻から徐々に小さくなってきてるように感じるのは気のせいだろうか?
★13 - コメント(0) - 2013年7月12日

日常パートはダイエットにスーパー銭湯に制服の取り換えっこにリリスとデートにフェルとクリスマスプレゼント選びにヒロイン達と年越しなど。シリアスパートでは一乃が日常継続ゲームを提案し行動するも煉獄はそれを許さず、リリスは無意識化に零白夜を倒す行動をとり第一世界との再びの統合に変化、キリカは最初の想いを知り変貌。煉獄動物たちのヒト化にさらなるヒロイン増加の予感が…。最後に特別短編が収録してあったけどペンギンはこの頃キャラ設定固まってなかったんだなぁ。
- コメント(0) - 2013年5月9日

この巻までは面白いんですけど、少しずつ退屈になってきました。
- コメント(0) - 2013年4月3日

前回のシリアスな引きから、少しだけシリアス展開。 二話以降はいつも通りの、いつもの展開。つまりは宗司いじり。 最初と最後をシリアスな展開で結ぶのが、この小説のテンプレートになってきた。 ペンギンの人間形態の登場が自分の中ではかなりのテンションアップ。この調子で他の煉獄アニマルズも人間形態登場しないかなぁ。ただ、7体も人間形態になると、登場人物がかなり多くなるなぁ。
★3 - コメント(0) - 2012年12月22日

{★★★★☆} 今回はクリスマスだけど、いつもどおりにそーじがいじられますww 徐々に見せてきたシリアス展開も進展し、次巻が気になります。
★2 - コメント(0) - 2012年11月6日

なぜかフェルがレシピ本を買ってもらうところで妙に心に来た。なんかこう、「けーきのほん」という字面が
★1 - コメント(0) - 2012年10月28日

何か、シリアス話の方はいよいよクライマックスなのだが まぁ、ひと通りのイベントもこなしたし、結着がついてのいいのかも
★5 - コメント(0) - 2012年10月21日

リリスがぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!(←すっかり黒髪から妹に転んでしまったヒトの叫び) 日誌十は萌えありコメディありお色気ありヴィジュアルあり、しかも小気味よく切れる感じで展開していく感じで、面白かったですね。こういうラブコメを読みたかったのですよ。★★★☆☆+
★3 - コメント(0) - 2012年9月11日

日常な日々編。がまんくらべしたり、温浴施設にいったり、クリスマスパーティーをしたりと平和な日常を過ごす。各キャラの誘惑も過激に、これも平和な日常ならでは。こんなのもいいなーと思っていると最後に急展開。零白夜の真実はいかに。
★3 - コメント(0) - 2012年8月23日

そろそろ終わりの気配がプンプン。でも今回もフェルが可愛すぎて堪らんからヨシ!(えー
★2 - コメント(0) - 2012年5月28日

毎回コスプレ祭りに加え、終始のシリアスと中盤でのラブコメの温度差は激しいですが、一乃さんの暴走っぷりが毎回楽しいです。展開的にはもう少しで終わりを迎えるのかな? 今回は働き者のペンギンと、タライに放り込まれてそばを食べるマンボウを想像して笑ってました。それとだめっ子フェルの巧妙な罠にはちょっと驚き。でも可愛いから許す!
★7 - コメント(0) - 2012年4月29日

★★★ そういえば登録してなかったよねこれ。ですの口調ツボだっつってんだろうがべらんめぇもっとやれ
★1 - コメント(0) - 2012年3月11日

ペンギンの正体にわらた
★2 - コメント(0) - 2012年2月19日

ここまで来ると,実は壮大なネタだった(演技だった),とかいうオチの方が幕引きも後味もいいんじゃないか,と思えてくる不思議.別に後味が悪い結末でもいいんだけれど.
★3 - コメント(0) - 2012年2月16日

例えるならば,大根役者が演じる映画を見ている気分。コメディは相変わらず面白いんだけど,それは『日常継続ゲーム』がなければの話。こんなのは日常を演じているだけで何の価値もない。主人公の行動全てに打算があるとしか思えないし。おまけに主人公関連で毎巻伏線を張るくせに全くそれを回収しない。もうこのとってつけたようなシリアスにはうんざり。コメディだけでやってた方が絶対に面白い。未だに異能の存在意義を見出せないし。一乃に敵宣言をしてたけど,最終的にガチバトルをするという展開は勘弁。そんな展開にならないことを望む。
★2 - コメント(0) - 2012年2月13日

毎回ながらコスプレが半端ないと思う
★2 - コメント(0) - 2012年2月13日

本編はいつものパターン。ヒロイン4+1人による相変わらずの甘々展開…特にスーパー銭湯の回がいちゃいちゃMAXでした。まあこの作品はそれが目的だからいいのでしょう。ついにペンギン2号も人化しましたが…お嬢メイドキャラですか。ラストでキリカが小さくなったりリリスが大きくなったりしてますが、次巻もたぶん同じような展開なんだろうなぁ。最後に番外編が2本ついてますが、これは完全におまけ。
★9 - コメント(0) - 2012年2月7日

王道のラブコメ展開全開ぶりが凄い。いいところはギャグの掛け合いが飽きないところかな。苦言を呈すれば、シナリオの進み方が悪いと思います。
★3 - コメント(0) - 2012年2月2日

いつもの通りラブコメ成分たっぷりのときどきシリアス話。リリスがかわいいのなんのって!
★1 - コメント(0) - 2012年2月1日

物語が少しずつ進んできたこともあり、いつもよりシリアス展開が挟まれるシーンが多め。しかし、一乃の健気さはカワイイなぁ。そろそろクライマックスでしょうか?
★3 - コメント(0) - 2012年1月31日

毎回同じ流れだが、可愛いからよしとする。
★2 - コメント(0) - 2012年1月25日

マンボウは相変わらず不憫でならない。
★2 - コメント(0) - 2012年1月23日

毎回、毎回、どこに向かってるのかさっぱりわからないのでとっととリリスはイケナイ妹になってほしい。
★1 - コメント(0) - 2012年1月13日

また何事もなかったように次が始まるのかな
★2 - コメント(0) - 2012年1月7日

そろそろマンネリ。シリアスを散りばめてはいるが、どうせ次も少しシリアス、他いつも通りなんだろと思っちゃう
★2 - コメント(0) - 2011年12月27日

積読発掘。前巻の最後があんなんだったのにいつも通りのラブコメ?と思ったけど微妙にそうでもないのかな。キリカにも敵宣言したみたいだしさらにシリアス度は高くなることを期待。ラブコメはラブコメで楽しいけどね。発売済みの次を買ってこよう。★★★★☆
★2 - コメント(0) - 2011年12月26日

前巻の引きが引きだっただけに6巻はシリアス路線か?と思いつつ、12P6行目を読んだらやっぱりいつもの変態一乃さんでした。本当に(ry 今回も安定のコスプレ満載ソージラブーなラブコメでしたが、下手にシリアスを増やすと天川さん化しそうなので一乃さんはこのくらいがちょうどいいと思います。……と思っていたら今回のラストは前巻以上に急展開。こうして読者はまた釣られるんですねわかります。あと4巻の天川さんらしき母親に続いて瑛子っぽい母親が登場したけど、やはり天川さんの世界と同一の世界なのかなー
★9 - コメント(0) - 2011年12月10日

んーそろそろ完結と踏んでいいのかしらん?
★1 - コメント(0) - 2011年12月1日

予想通り、前巻のラストを余り引っ張らずに継続される日常ラブコメ。が、「日常ゲーム」が背景にあると考えると、薄氷を踏む様な、また違った趣が感じられます。とりあえず、挿絵も含めてリリスがかわいいペーン。
★3 - コメント(0) - 2011年11月28日

前巻であんな引きだったくせに…というのはいつものことだから措いておいて。相変わらずのラブコメっぷりでした。…と言おうと思ったらラストで衝撃の展開が!?……ってあれ?これもいつものことか??7巻はまたいつも通りに戻るのか、何か新展開があるのか……個人的には一回でいいから半分以上シリアスでやってもらいたいところなんだけど。漫画化&ドラマCD化も決定ということで、今後の展開に期待してます。
★6 - コメント(0) - 2011年11月25日

リリスとリリスへの溺愛っぷりを楽しむ本。シリアスなんて飾りw
★1 - コメント(0) - 2011年11月24日

惰性買い、惰性読み。意外な展開を見せてくれるのではと思い続けて買ってきたけどここいらが限界か。……と新刊出るたびに考えてる。
★2 - コメント(0) - 2011年11月24日

面白いけど、もうエロよりのラブコメは次巻は無理な気がするねえ。一乃さん頑張っているけど、必死過ぎてかわいそうだよね
★4 - コメント(0) - 2011年11月23日

おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その6の 評価:30 感想・レビュー:100
ログイン新規登録(無料)