豚は飛んでもただの豚? (MF文庫J)

豚は飛んでもただの豚? (MF文庫J)
262ページ
710登録

豚は飛んでもただの豚?はこんな本です

豚は飛んでもただの豚?の感想・レビュー(525)

★★★☆☆ 年末恋愛小説(ラノベ)強化再読キャンペーン。豚は豚(とん)でもただの豚。豚が『飛べない』のは自然の摂理。だから『飛ばない』豚はただの豚。じゃあ、ただの豚じゃない豚はどんな豚なのかって、そりゃ、豚に付随するネガティブなイメージをまるっと覆すような豚に決まってる。たとえば、ディフェンス(パワー)タイプじゃない、スピードタイプの豚とか。世の中には動けるデブ(ブタ)もいて、動けるブタは、それ相応の努力をしてるってこと。それこそボクシングに熟達した一匹狼と一対一の殴り合いで互角以上に渡り合えるくらいに。
★6 - コメント(0) - 2016年12月14日

タイトル詐欺www豚君が主人公かと思ったら違うんかい。まあ次巻から豚君に乗っ取られるんかもしれんが(NTR歓迎)。それはさておき、衝動買いしたがなかなかよかった。安定の白身魚さんの絵の素晴らしさに飲まれてしまうかと思ったが、その絵を活かし、物語もしっかり楽しめた。あと白身魚さんの絵も相まってか庵田定夏のココロコネクトを想起した。こころこ好きなら絶対気に入る作品だと思う。綾も好きだがやっぱり瑞姫が好きすぐる。時間もあるようなのですぐに購入するがこころこのようにだんだん駄作になっていくのだけは避けてほしい。
- コメント(0) - 2016年3月19日

なかなか良かった。3人姉妹が可愛い+風太郎のキャラが面白い+主人公の不器用さが良い。受賞作なのに1冊で完結してないというか、テーマがイマイチわからないところはちょっと残念だが、感情描写やキャラクターの不器用な交流がとても楽しめた。続きも読まねば。
★4 - コメント(0) - 2015年12月3日

★★★☆☆ ライトノベル新人賞の最優秀賞受賞作。青春ノスタルジーが大好物の自分からして大当たり。最優秀賞を受賞したとはいえ、まだまだ新人特有の粗さが気になるところではあるけれど、パステルカラーの淡いブルーからなる青春の描き方にぐいぐいと惹きつけられた。といっても、個人的に本作、近年のMFのファンタジー色からは外れていて、ガガガ文庫かファミ通文庫で出すべきじゃないか、なんて…。作風としては、森橋ビンゴや庵田定夏のそれに似ているように思う。…その半面で、MFの清水マリコの作風も踏襲されているのかしら。
★10 - コメント(0) - 2015年8月27日

タイトルで損をしているものの読んでみれば相応しいタイトルなのが色々惜しい。不良であったことを苦い思い出にしており、本気で打ち込んでいるボクシングも暴力の延長と自虐する主人公が三姉妹と飛べる豚をきっかけに変わっていく青春物。実際にあったこと、実際に思ったこと等、よくも悪くも馬鹿正直なことしか言わないのはこの主人公の場合良くしていこう、良く見せたいという先や周りを意識していないからですね。それが好きな人ができることによって自分の中で自分をどうしたいのかに繋がっていくのは地味ながらも分かりやすくて良かった。
★6 - コメント(1) - 2015年3月10日

タイトルからすれば神指風太郎が主人公の方がよかったのでは。
★3 - コメント(0) - 2014年9月18日

ちょっと遅い初恋に戸惑う高校生の真宮逢人と藤室3姉妹の織り成す王道青春物語。 真宮の苦悩や戸惑い、瑞姫や風太郎との関わりの中で人間的な成長が丁寧に描かれていた印象です。 とはいえ、現実は初恋相手の綾との関係は進展のないまま1巻が終了。 今のところ次女の雲雀の存在意義が希薄過ぎてなんともですねぇ。 次女以上に風太郎の存在が光りますね。 なんだかんだで、このキャラが意外にもいいことを言いますからねぇ。
★4 - コメント(0) - 2014年9月8日

素朴でいい感じ。挿絵との相性も良い。このレーベルには珍しい。豚がもっと絡んでくるのかと思ったらそうではなかったのは勿体無い気がしましたが。いや、次巻以降何かある?
★1 - コメント(0) - 2014年8月7日

王道青春路線は予想外。タイトルが悪いよタイトルが。読みやすいし、心理描写も結構丁寧だったかな、と。恋を通して少しずつ変わっていく真宮の今後が楽しみ。発動しそうで発動しない三角関係がもどかしいのですが、二巻ではどうなることやら。次女も絡んでくるのかな。
★1 - コメント(0) - 2014年7月20日

すがすがしいまでに何も進展しない。まあ、実際そんなもんだよね。わたしもなにもなかったもの(遠い目)
- コメント(0) - 2014年3月24日

良いか悪いか分からないけどとにかく自然で普通な物語。露出だコスプレだという要素が全くないという意味合いでレーベル間違ってはいないかw。個人的には本当に貴重なお話だと思うのでこの路線で行ってほしい。
★2 - コメント(0) - 2014年2月18日

人物が好みじゃないからなのかもしれないが、単調かつ普通過ぎてイマイチ
★1 - コメント(0) - 2014年2月3日

一匹狼な主人公がひとつの出会いを境に変わっていく話。この手の作品ではめずらしい一巻で一区切りをつけずに進むタイプでまだなんとも言えないけれど、この手の恋愛ものらしいグサッとくる話になりそうなので、これからがとても楽しみですね。 
★5 - コメント(0) - 2014年1月22日

3巻が発売するということで再読。新しい出会いの春。ケンカとボクシング一筋で生きてきた逢人は初めて恋をする。そんな彼の中では何かが変わり始める。よくある協力ものの恋愛もの。豚がいいキャラしてるb。2巻も読んでいこう。
★6 - コメント(0) - 2014年1月17日

Mu
続編前提のようで、なんとも中途半端なところで終わった。なので物語としての評価はちょっとつけづらいかな。恋愛初体験な高校生男子の等身大な初恋模様をしっかり描いているのはいい。ただラブコメといえるほどコメディ的でもないのでそういう面白さはないし、エピソードも常識的でインパクトには欠ける。いっそ告白イベントでもあれば盛り上がったのに。それにこの展開は姉ではなく妹とくっつくラストしか予想できないよね。そこまでの恋の紆余曲折がうまく描かれればいいんだけど、続編に期待かな。
★2 - コメント(0) - 2014年1月15日

元不良男子高校生が恋をきっかけに人と関わりを持っていく物語。小さな波で進むので何やら気付いたら終わってた…どうなんですしょう…次巻読んで決めたいところ
★4 - コメント(0) - 2013年12月23日

ずっと読みたかったのをやっと手を出して読了。皆さんのレビューにあるように実に良い。なんというか、いかにも書くのが難しそうな性格の主人公を、軸がぶれないようにしながらよくここまで動かせるなと感動しました。シンプルさの極み、というのが正しい表現かわかりませんが主題は恋愛相談からの入り乱れというありきたりなものなのに引き込まれた自分に驚きです。思い返すと大したことやってないんですが、やはり苦なく読ませる文章力が強いでしょうかね。
★1 - コメント(0) - 2013年12月16日

プロローグ的な1巻。中々上質な青春物で王道。三人称だからか少し説明的に感じたくらい。瑞姫が可愛いな。この感じの話は大好き。
★11 - コメント(0) - 2013年12月7日

読了し、表紙を見て、この作品がMF文庫Jであることを思い出して、ちょっとびっくり。いつのまにかガガガ文庫に脳内ですり替わっていたもので(笑) タイトルから、「ドタバタコメディ+シリアス」か「ひたすらシリアス」のいずれかを想像していたけれど、結果は後者でした。抑えられた筆致で、主人公や三姉妹(特に瑞姫)の心情が丁寧に語られ、まるで登場人物の内側から物語を読んでいるかのよう。まだ序章というような内容で、この後どう物語が進んでいくのか、非常に興味深いです。絵のクオリティはもちろん文句なし。
★10 - コメント(0) - 2013年11月6日

C ボクシングしかしていなかった少年の初恋の物語。鈍感というわけではなく、本当に理解していないから好感が持てる(それはそれでどうかと思うが…)。ああ、自分の初恋が何だったのか知りたくなってしまった。題名は某作品のパロディみたいなものですが、中身はすっごくまじめです。豚は飛んでも豚かもしれないけれど、少なくとも飛ぼうとした時点でもうただの豚ではない。飛ぼうとする努力をしたなら、その時の着地地点は少し前にあるのだから。
★8 - コメント(0) - 2013年10月26日

青春モノ。面白い!2巻発売おめでとう!こっちもすごく嬉しいよ!白身魚が絵師をすると、作品の内容まで似通ってしまう気がしてしまう。狙ってる年齢層はそのままだが、ラノベっぽくない純粋に近い青春の雰囲気があった…と記憶している。文章さえ書ければ、MWでもいいって思うくらいだよ! ココロコと境界の彼方の日常パートに近いものがある。好きな人にはオヌヌメ!
★8 - コメント(0) - 2013年8月3日

まず一言。 実に良い。 内容で不満はほとんどありません。とらドラみたいな感じで凄く好きですこうゆうラノベ。 イラストも相まって場面を想像しやすかった。 ただ題名と内容があまり噛み合ってないか?とは思ったがそれは次巻に期待ということで!!
- コメント(0) - 2013年6月25日

間宮君は純粋で良いなぁー。素直だし。見かけによらずw俺もこんな高校生活してみたい。自分に自信を持つことや、体を動かすこと、ありがとうという言葉の大切さを教えてくれた本。そういうテーマというわけでも、ないだろうけど。個人的には、結局特に恋路が進展したわけでもないのに綺麗に纏まっているのが好き。しかし、なんでタイトルこれにしたんだ…そこだけは失敗だと思う笑白身魚さんは相変わらず素晴らしい。「多分他人に関わんねえから興味もてないんだと思うよ。順序が逆。」
★2 - コメント(2) - 2013年2月21日

次巻からが気になる終わり方ですね。 誤解が解けてどのように展開していくんでしょうか。 次からは雲雀もどんどんかかわってきてほしいですね。
★1 - コメント(0) - 2013年2月11日

{★★★★☆} 一巻自体はゆったりと物語が展開していき、次巻あたりからもっと青春ぽくなるのかな? 言い回しが口説いことがあるが、言葉遊びが好きな人にはいい作品かもしれない。 まぁ、言い回しが口説いといっても、三つ子の女の子が可愛いので自分的にはそれだけでも充分買うに値するかな・・・ 簡単に疲れることなく一気に読めたので次巻にも期待!
★1 - コメント(0) - 2013年2月2日

一巻全体がプロローグ。ストーリーは特に目新しいというわけではないが面白そう。くどいとまでは行かないが台詞や地の文が説明的なので読みづらいと感じる人は少なくないかも。あと台詞は少し読みづらい。口語だからかな。多分慣れの問題だから続きも読みたい。
- コメント(0) - 2013年1月31日

ここまで投げっぱなしの1巻がデビュー作とは…。自分としても文章が口語体の域を超えていて逆に読みにくかった。三姉妹がもっと動き始めると面白いと思われ。
- コメント(0) - 2013年1月28日

正統派な青春ラブコメもの。恋について、普通の主人公のなん十倍も悩むところが、人によって合う合わないがありそう。所々「このエピソード、要るぅ!?」って場面があるけど、1巻目だからしかたないのかなぁ。馬鹿正直な主人公、が好きな人にはお勧め
- コメント(0) - 2013年1月1日

1巻だから?全体がプロローグって印象。もちっと三つ子達同士の絡みあればいいなぁ。主人公のキャラもあるかもしれんがちょっと文章くどい気がする。
★3 - コメント(0) - 2012年11月7日

主人公のキャラもいいし、ヒロイン三姉妹もちゃんと描き分けられている。次女の雲雀の出番が少ないのは今後に期待ってことでいいのかな? あと、風太郎も見かけによらず(?)いい奴なのが面白かった。
★1 - コメント(0) - 2012年10月8日

新たな環境での三姉妹との出会い。以前から気になっていて今回機会があったので購入。イラスト効果もあり主人公含めどのキャラも魅力的でした。続巻も購入済みなので、すぐに読みたいです
- コメント(0) - 2012年10月3日

どこかで読んだことあるような話だったけどおもしろそうな雰囲気だった。ただもう少し早い展開かオリジナリティがほしい気がした。ギャルゲーでやっとOPが流れ出した感じ。
★3 - コメント(0) - 2012年9月26日

某掲示板でオススメされていたので。主人公補正はかかってたけど、鬱陶しいラッキースケベ描写も少なくて読みやすかった。長女の口調はもっと女らしくても良かったけど、かわいいからいいや(笑)最終的に三女とくっつきそうだけど、長女とくっついてほしいなー。
★1 - コメント(0) - 2012年9月25日

イラスト白身魚と聞いて表紙買い。瑞姫かわいい。
- コメント(0) - 2012年9月20日

この本を買った理由は。まず、タイトルのインパクトと最優秀賞作品だったからで。あらすじを読むぶんには、結構面白いんじゃないかと期待をしていました。実際読んでみると予想以上で久しぶりに良作に出会えました! 三つ子も可愛く、特にぶーくんとの格闘は胸が熱くなりました。あと、ミヅキは主人公のことをどう思ってるのか描写が少なくて、いまいちはっきりしなかったし。主人公の真剣な目にミヅキが折れるシーンも、ミヅキがどうしてその目をみて何を感じたのかがわかりづらかったです。個人的な評価はとてもいいので次の刊が楽しみです。^^
★19 - コメント(0) - 2012年9月19日

言いたいことはわかるけど言い回し変えただけで何回もおんなじような言葉があってちょっとくどいwこれ二巻かわなあかんやつやん
★3 - コメント(0) - 2012年8月28日

不器用だけど実直な人の話は読んでてむずがゆくなることもあるけど、地味に面白い。 続きを読んでみたい。
★1 - コメント(0) - 2012年8月24日

これは面白かった!元不良の肉食系主人公が初めての恋に戸惑い苦悩する様とかヒロインの妹との間に生まれる友情とか上手く描けてる青春物だと思う。安易に全てのヒロインにフラグが立ってないのも良い。じっくり続いて欲しいなあ。
★1 - コメント(0) - 2012年8月20日

豚は飛んでもただの豚?の 評価:58 感想・レビュー:197
ログイン新規登録(無料)