正捕手の篠原さん 2 (MF文庫J)

正捕手の篠原さん 2 (MF文庫J)
258ページ
259登録

正捕手の篠原さん 2巻はこんな本です

正捕手の篠原さん 2巻の感想・レビュー(213)

新キャラ(野球部ではない)が登場する2巻でした。誤字脱字が多めです。/プロローグで割と不穏な始まり方をしましたが、そのプロローグまで到達するのに200ページを必要になるのは驚きました。前置き的な部分が長い!/あまり練習をしない野球部ですが、三試合連続コールド勝ちや新人戦で優勝するなど、かなりの高スペックな部活ですね。/新キャラの愛理は口絵でいきなりパンもろしてくるのは笑いました。
★1 - コメント(0) - 2016年4月8日

猫耳ってなんのこと?って思った。誤字脱字はまったく気づいてなかった。うーん、あんまり感想が出てこない。面白かったと思うんだけど。
- コメント(0) - 2015年3月15日

相変わらず面白かったんですが、一巻に比べると少しコメディ要素が減ったかな~と 夜の眠い時間に読んだからか、後半の合宿の話のノリがイマイチに感じました。 後、深見ってこんなキャラだったっけ? この巻でコールドゲームの話が個人的には一番好きでした。 気合いでコールドゲームとか強すぎだわww 風見のためにホームランを売った守なんか、格好良すぎですね~ 守は色々凄い人ですが、完璧超人というわけではなく、少し抜けてるところがあるっていうのが良いですよね~ 最後の寝れない篠原さんにはww 10段階評価で7
★2 - コメント(0) - 2015年2月21日

力を抜いて読める、というより、短い時間に読めるのでこういう形式は好きです。普通の小説だと辞めどきを見失うんですよね……
★1 - コメント(0) - 2015年2月6日

B- 短編野球小説。ソフトボール部から特待生が来る話と無人島合宿が主な話→さくさくと読めるので、気軽に感じられるのがありがたい。その分、こうやって感想を書くときに困るわけですが…。→コールドゲームの話、こういうノリというか展開好きなんですけど、よくよく読めば確かにおかしいところが…。「グラウンドの塁はすべて埋まっていた。」→「ワンアウト三塁」って表記は野球知らない素人な自分でも、おかしいって分かる。…データが飛んだようなので仕方ないか。→片桐とかの他メンバーの挿し絵って無いのか…。おのれ八重樫!
★6 - コメント(0) - 2015年1月25日

ショートショート野球ラブコメ二巻目。もともと薄かったが野球要素よりはラブコメ要素が前に出始め、表紙通り深見さんがメインに。それほど強い設定ではないと思ったら三連続コールドできる地力はあるのね。読んでるときは気づかなかったが確かにデータクラッシュのせいか肝心のこの回が凄まじい校正破壊。文章以外のおまけページも含め、前巻ではよくわからなかった綾坂飛鳥のキャラがわかるのはよかった。不快になることはなく読んでいて楽しいが、四コマ風縛りがそろそろ枷になりつつも?次巻完結は賢明か
★2 - コメント(1) - 2014年3月31日

野球の練習はあんまりしてないのに、3試合連続コールド勝ちって、メンバーのポテンシャルが高過ぎるとおもう。
- コメント(0) - 2013年10月6日

初版だけかもしれないが、誤字脱字改行ミスその他があまりにも多すぎる。「コールドゲームと愛理さん」シリーズが格別問題。元々展開が無茶すぎる上に、塁が埋まっている→(直後)ワンアウト三塁との表記→ダブルプレー→次打者が打席に立つ…の描写は擁護できない。事情があったそうだし、一巻よりクオリティは大きく落ちたとはいえキャラのやりとりは素敵だけに惜しい。二年目ならぬ二巻目のジンクスか。
★1 - コメント(0) - 2013年10月6日

すごいいい!とは言えないし、他人に勧めようと思わないが。結構好きだ。キャラクターの魅力。わいわいと賑やかな様子、基本的に2pの形式もすらすらと読み進められる。すごい面白い!というような作品でなく、息抜きにページをめくるのに最適だ。イラストもいいし、小品ながらも、地味ながらも丁寧な仕事をしてる。
- コメント(0) - 2013年6月14日

だいたい前巻と同じ感じです。このほのぼのとしたグダグダ感が好きです。ただ盛り上がりにはかけ、マンネリ感があるのも確かです。1巻で確立したキャラの良さだけで成り立ってる感じですね
- コメント(0) - 2013年5月21日

毎回わずか見開き2ページで1話が完結する、ほのぼの野球ラノベ。内容としてはソフトボール部からやってきた愛理とのエピソードや、4校と練習試合をブッキングさせてしまったり、南の島での合宿をしたり。2ページ完結で簡単に終わってしまうからか、新キャラ愛理メインのエピソードが割合簡単に収束してしまい、新キャラとして投入する意味があまり感じられなかったかな……。夏のストーリーのためか、水着や浴衣などのエピソードも多め。どの女の子キャラクターも、柔らかそうでかぁいいなぁ〜!
★24 - コメント(1) - 2013年3月31日

ギャグで進んでいくのかと思いましたが、恋愛話が出てきましたね。 深見さんが可愛いですね。
★2 - コメント(0) - 2013年1月22日

誤字脱字が多かったけど編集部いいのかこれでwww初版だから…ってレベルじゃないけど、データ飛んだらしいししゃーなしかね。 内容は1巻に続いて面白かった。地味に恋愛的な流れ…?
★1 - コメント(0) - 2012年12月1日

誤字が目立つ
- コメント(0) - 2012年9月10日

愛理いいキャラしてるね!深見も何だかんだ可愛い
★1 - コメント(0) - 2012年8月25日

2ページ連作短篇集。まだ野球部部員の設定もよく見せてないのに新キャラ出して大丈夫?
★1 - コメント(0) - 2012年7月6日

ショートショートな部活コメディ2巻目。相変わらず実にゆるい野球部だ。無人島編とか清々しいくらいに野球を放棄していて笑った。そりゃお堅い特待生も感化されて柔らかくなるわ。しかし、そんなゆるさの割に4連続練習試合や新人戦の様子を見るとそれなりに強いから謎だ。ラブコメ的には割とはっきりしている真琴さんと、言葉には出さないが行動の端々に想いが見え隠れする深見さんが良い感じ。
★4 - コメント(0) - 2012年7月3日

「勇者ご一行さま」には、やられた(^^ゞ
★1 - コメント(0) - 2012年5月19日

綾坂くんの影響なのか朴念仁の篠原さんが幼馴染とか妹にも女を感じはじめて良い感じになってきましたね。深見さんのちょっかいのかけ方が小学生みたいでかわいい。杏ちゃんはブルマかわいい。 野球?やってますよ、5ページぐらい。
★1 - コメント(0) - 2012年5月12日

野球が好きなので2巻も購入。 深見さんがかなり可愛く、やや綾坂に押されかけだったヒロインの座を一気に取り戻した感じもあり、ラブコメとしても面白くなってきたと思います。 3巻が出ればもちろん買います。 野球とラブコメは大好きですから。
★1 - コメント(0) - 2012年4月29日

表紙ヒロインこと深見さまが、お嬢様・オタク・トラブルメーカー・ツンデレといったテンプレートなキャラクター造形のどれとも違う、実に絶妙な可愛らしさで構成されているのがなんとも素敵。この可愛らしさをうまく言葉に出来ないのがもどかしい。
★1 - コメント(0) - 2012年4月28日

4コマ再び。前回よりもキレはないかも。無人島はちょっと飛び道具過ぎる。その分各キャラ(女の子)は掘り下げてる感じ。いっそ恋愛の話とかも進めてくれれば良かったのに。あと2軍の扱いがほんとによくわからん。こいつらは無人島行かないの?
★1 - コメント(0) - 2012年4月17日

jog
篠原さん2巻!2ページ1話な基本スタンスはそのままに、新キャラでソフト部のエースが登場したり無人島に遭難したり新人戦に出場したりと大き目なイベントがたくさんでした!しかし、篠原さんの周りにいる女の子たちの素直じゃないことないこと^^;この巻では深見さんにスポットライトが多く当たってましたが、ただのいたずら好きなオタクなわがままお嬢様のようで、実は野球部やら主人公のために色々頑張ってたりと普通にええ子だし!次の巻も楽しみです!
★1 - コメント(0) - 2012年4月8日

つまらなくはないが盛り上がりに欠ける。そんな感じの2巻でした。次買おうかちょっと躊躇いますが、自分は3巻で判断しようかなって。この本自体次で終わってしまうかもしれないけど・・・
★1 - コメント(0) - 2012年4月8日

m9>3<
- コメント(0) - 2012年4月5日

深見さんの素直になれなさがものすごく可愛い。あと「深見」「真琴」と続くと「深見真」が思い出されて微妙な気分になる。それにしても元々MFは誤字脱字多いけど、今回MF史上最もひどいのでは。ルビが本文にはみ出してくるとか初めて見たかもしれん。
- コメント(0) - 2012年3月27日

一巻が面白かったので、買ってみた。けど、あまり面白くなかった。3巻は買いたいと思う。
- コメント(0) - 2012年3月12日

う~ん、ちと勢いが感じられなかったなぁ(汗
- コメント(0) - 2012年3月9日

深見かわいいよ深見。さんざん言われてる誤字脱字は置いといて、特待生のソフトボール部員を加えての夏合宿! 深見さまは自由かわいい。
- コメント(0) - 2012年3月1日

c
凄え!物心つく前から本は好きだったが、同人以外でここまで誤植の多い本を読んだのは初めてだ。後書きを読むと、締め切り直前にキンクリを喰らうという椿事が起きたそうなので、校正を含めた全てのスケジュールがタイトになってしまったと憶測。まあ刊行ペースの速さはラノベのヒットの条件の一つだし、この経験が作中の無茶なクアドラブルヘッダーに生々しさを与えているのも幸い…なわけないか。心なしイラストも粗いというか、キャラの首がアンバランスに長すぎるのが気になる。表紙のポリゴン然とした線画だけのバックネットは好きなんだが。
- コメント(0) - 2012年2月23日

前巻からスパンが短かったせいもあるのか、大きく質が落ちたかなぁというのが読んでいての率直な感想。校正の粗がそれに拍車をかけてますね。新キャラクターの愛理に三大ヒロインに割って入るほどの勢いと魅力が感じられないのも大きいのかな。深見さんのさり気ない仕草やアピールがいちいちいじらしくて可愛いと思えたのが今巻の最大の収穫ですかね。うーん、それにしても、明学野球部が強いというのはどうしても違和感が拭えないw
★1 - コメント(0) - 2012年2月22日

相変わらず1エピソードが短くて読みやすい。篠原の天然さ、綾坂の可愛さ(特に胸)、深見の自由さが目立ってた。ソフト部の愛理もイイ感じに野球部の空気に染まっていったし次も出番があるといいな。
★2 - コメント(0) - 2012年2月17日

見開きラノベ、第二巻。数あるラノベの中でも珍しい見開き完結の話を基本にしている本作品。2ページに一区切りの話をまとめて、とりとめのない感で纏めているあたりが個人的に読みやすくて気に入っています。野球部の緩い日常が上手く表現出来ているのではないでしょうか。
★1 - コメント(0) - 2012年2月16日

1巻に比べて若干読み辛くなってる気がしないでも無いが、安定してサクサク読める点は相変わらずなので良し。自分の気持ちに多少なりとも自覚している綾坂さんが今後篠原さんに対してどうアプローチするのだろうか。あと今回、誤字脱字が相当目立つらしいがそこまで気になるもんかね
- コメント(0) - 2012年2月15日

内容は後にして、おい!校正仕事しろ!誤字脱字多すぎるだろ!空白とか初めて見たぞ!そして、内容も酷い!2ページで区切る事に拘りすぎて話が繋がって無さすぎる。2ページで話終わらせられないなら無理に終わらせる必要無いだろ。その場面に誰が居て、誰と誰が会話しているのか分かりづらい。そこを細かく書くと2ページでは収まらなくなるからわざと切ってんのか?長編を何年か書いてからこういったのを書くべき。
- コメント(0) - 2012年2月15日

誤字脱字行替え位置がとんでもなかった……一本2ページなんだから一行一行気合入れようよ!まあでもこの形式で、テンションを1巻から落とさずに乗り切れてたので全体としてはオッケー。
- コメント(0) - 2012年2月14日

プール行ったり練習試合を1日で4つも組んじゃったり南の島に合宿に行ったり、のんびりと毎日を送る野球部。そんな野球部に、ソフトボール部の特待生がやってくる。まったくといっていいほど野球してないのに、意外と強い野球部に驚いた。えっゲームばかりしてるじゃん、君達…。深見さまの内面が見えてきたり、真琴くんが可愛かったり、杏ちゃんが良い意味でうざかったり、今回もゆるい雰囲気で面白かった。うっかりしてると綾坂さん家の双子が入れ替わってるから混乱する…そういう話じゃないはずなのに
★4 - コメント(0) - 2012年2月13日

ここまで校正が仕事してないの久しぶりでございました。日程がキツかったのなら無理して急いで出すことなかったんじゃないかな。あとゲームの名称わざわざスパプロにしてるのに一カ所だけパワプロになっちゃってるから、そのミスはマズいでしょうと苦笑い。野球チームの話なのにキャラが少ないと感じていたので増えたのは良いが、確かにそうしないともう女キャラチーム内には出せないですよね。あとがきでキャラ設定補完てあんま好ましくないです、わざわざあとがきにそう書くならば繰り返しになってもキャラ紹介の話を書くべきだったのでは。
★1 - コメント(0) - 2012年2月13日

二巻目だけど、相変わらず、面白い形式だな。楽しんで読めました。しかし、真琴ちゃんは段々ストレートにアピールしてきてる感じですが、深見さんって気づいてなかったのか? 鋭い彼女なら当然気づいていそうなものだったけど。しかし、気がついてなかったのなら彼女の悠長な態度も納得なんだが。……明らかに意識してるんだよね、深見さんは? しかしこの形式で夏の大会とかどうなるのかな。ある意味一連の流れになるそこをどう表現するのか期待。
- コメント(0) - 2012年2月11日

正捕手の篠原さん 2巻の 評価:64 感想・レビュー:80
ログイン新規登録(無料)