輪廻のラグランジェ2 (MF文庫J)

輪廻のラグランジェ2の感想・レビュー(43)

千葉県の鴨川にある架空の女子高を舞台としたアニメ準拠の小説。アニメの方は観ていないので分からないが、小説の方は結構好きな部類かもしれない(ロボットが出てきたりするのは苦手だったりするのだが…)。3人になったジャージ部の活動は文化祭に襲来対策にと引っ張りだこ。そんな中でふとしたことから3人のあいだに亀裂が生まれつつあって… 挿絵が結構エロかったwww
★1 - コメント(0) - 2012年11月27日

アニメ1期7話~最終話の内容。1巻目と同じく、内容を色々とカットしながらダイジェスト版という印象で何とも……。というか、1巻目のまどかVSキリウスでの、まどかの珍妙な戦い方が大幅にカットされていたため、今巻での「我々の常識は通用しない」というキリウスの言葉の説得力が弱ってしまっている。あと、地元民としては……さんが焼きの説明が大きく間違えているのが気になった。
★3 - コメント(1) - 2012年10月14日

アステリアちゃんの魅力を再確認できる本ではあるが、アニメを活字で再確認したい人向けといった内容でアニメをしっかりと観ている人にはあまり魅力はない。編集の意向なのか記号だけで勝負してる作家なのか、作家オリジナルな部分は感じない。自分はすごい勢いで流し見してたのでいろいろとそういうことだったのかって部分はあった。時間のない人はこちらで確認してから二期を見始めた方が早いかも。
- コメント(0) - 2012年7月20日

この作品におけるノベライズはあくまで「おまけ」程度の位置付けというのが何とも悲しい。アニメで行われた出来事の羅列があるだけなので、感情が揺さぶられることもない。ある媒体の作品を別媒体で発表する際の醍醐味の一つは「いかに自分流にアレンジするか」なんてこともあってもいいと思っているですが、そういう気概というのも感じられず、いま一つ楽しむポイントがないのですよね…。まぁ、Season2のいい復習になりました。
★1 - コメント(0) - 2012年7月1日

編集さんやる気無いだろこれ 誤字っていうか誤植が多すぎる まぁ二期が楽しみだ
- コメント(0) - 2012年5月15日

アニメを見た後だと、ストーリーをおさらいするファンブックみたいな感じ。アニメ以下の情報量なので著者がページ数もらってないのか。百合もやはり文章だとそっけない感じ。著者は3バカトリオの方が好きみたいだから仕方ないのか。補完する役目は、ユリカノと3バカの外伝コミックに完全に預けてしまったようだ。ユリカノに似ているまどか(となっているがようこの方が似ているような)の下に納まる3バカは、まどかに従うということなのか。あと、アレイはIQ200の瀟洒なメイドで男の娘と、一番かわいい設定に違いない。本人は不憫だろうが。
- コメント(0) - 2012年5月4日

ランちゃんかわいい。アステリアはアニメ版よりも毒気が薄い印象。ユリカノの登場も小説版のポイント。イラストも良かったです。
- コメント(0) - 2012年5月2日

映像を見返したくなりますね.映像ならではの演出がとても多かったことに気づきました.そういえば,まどかが「あの場所」で会った女性を正面から描いたのは初めて……なのか? もちろんユリカノなのですが.
- コメント(0) - 2012年5月2日

第一期終了まで。アニメ本編に忠実なノベライズ。三馬鹿はアニメ本編の方がより輝いていたよ。
- コメント(0) - 2012年4月23日

今読んでいるみんな最新5件(3)

01/06:276
06/28:おぬ

積読中のみんな最新5件(20)

09/08:ままる
02/17:かっこう
01/27:だらい

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

11/09:suicdio
05/02:紙飛行機
輪廻のラグランジェ2の 評価:47 感想・レビュー:10
ログイン新規登録(無料)