• ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……? (MF文庫J)
あらすじ・内容
「なぁ、最後にゲームを楽しいって思ったの、いつだ?」
ゲームで全てが決まる世界【ディスボード】――人類種の王となった異世界出身の天才ゲーマー兄妹・空と白は、世界第三位の大国『東部連合』に、その大陸全領土と""人類種の全権利""を賭けて行う起死回生のゲームを仕掛けたが、直後。謎の言葉を残して空は消えてしまった――……引き離された二人で一人のゲーマー『  (くうはく)』消えた空の意図、残された白、人類種の運命は! そして獣耳王国(パラダイス)の行方は――!? 「言ったろ""チェックメイト""って。あんたらは……とっくに詰んでたのさ」対獣人種戦決着へ――薄氷を踏む謀略が収束する、大人気異世界ファンタジー第三弾!

あらすじ・内容をもっと見る
293ページ
1342登録

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?はこんな本です

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?はこんな本です

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?の感想・レビュー(1198)

濃い読みあいがある一方でバカ全開もある
★3 - コメント(0) - 3月14日

友人の本。 ゲームで全てが決まる世界“ディスボード”―人類種の王となった異世界出身の天才ゲーマー兄妹・空と白は、世界第三位の大国『東部連合』に、その大陸全領土と“人類種の全権利”を賭けて行う起死回生のゲームを仕掛けたが、直後。謎の言葉を残して空は消えてしまった―…引き離された二人で一人のゲーマー『』(くうはく)。消えた空の意図、残された白、人類種の運命は!そして獣耳王国の行方は―!?「言ったろ“チェックメイト”って。
★12 - コメント(0) - 2月19日

★★★☆☆ 有限をどれだけ無限に近づけられるかといった試みがやはり面白い。天文学的数字は限りなく無限に近けれど、有限であるが故に絶対に無限との差を埋めることはできない。が、無量大数の上には洛叉があり、洛叉の上には倶胝がある。これを更に突き詰めると不可説に行き着き、その最果てには不可説不可説転が存在する。しかし、この不可説不可説転をもってしても無限に遠く及ぶべくもない。といった真理を覆すために、不可説不可説転より位の高い値を追求し続け、神と人を断絶するパラドクスを覆そうと試みる空白の可能性に舌を巻かされる。
★7 - コメント(0) - 2016年12月28日

意外とアニメはあんまりやってないんだーと思った。次から知らない話だから楽しみ
★6 - コメント(0) - 2016年12月18日

この巻までがアニメ化したところだけど、アニメよりかなり内容は濃くなってる。クラミー戦の展開はアニメではわからなかった詳細がわかったし、東部連合戦はまさかもう一戦あったとは。ここから先はアニメでやってないところなので楽しみです。
★2 - コメント(0) - 2016年10月10日

ワクワク感が止まらない。
- コメント(0) - 2016年10月7日

久しぶりに本を読んだ感じでした最近読めなかって大変でしたよ、大分間が開きましたがようやく読む事が出来て良かったです。ここまでがアニメ化した所だったんですねて事は次巻からが完全に知らないんでとても楽しみです。
★17 - コメント(0) - 2016年9月12日

やっとアニメの内容が終わりましね、いよいよ次から未知の内容でワクワクです しかし改めて読むとギリギリすぎてTASさんでも匙を投げるんじゃないかと思える、だからこそどんな手が飛び出すのかワクワクして面白いです 最後の獣耳っ娘の街に繰り出してモフモフは羨ましいです さて次はどんなゲームが開幕するのか次巻に期待です
★20 - コメント(0) - 2016年7月4日

2016.06.24読了。
- コメント(0) - 2016年6月24日

アニメ化につき省略。 最後のコイントスは笑った。
- コメント(0) - 2016年5月3日

あ~そうだったね~~、思い出した。すごいゲームを致しますな…。そしてけもみみっこ!!!!いづなたん!!!!ステフ、ぐっじょぶ。
★3 - コメント(0) - 2016年3月20日

二巻の引きがやばかったが、中々本巻に手を出さなかった。読んでみれば面白かった。続きがある幸せ。
★3 - コメント(0) - 2016年2月27日

前回の引きからのオセロの緊迫感が凄い。ゲーム自体は単純で盤面の描写もされませんが、追加ルールと賭けの対象が悍ましすぎる。メインのvs東部連合は白の性能が最早「ラプラスの悪魔」レベルでチートすぎてイマイチ乗り切れなかった感。ただ衣服破壊に勤しむ空が楽しそうで何より。2巻の時点でチェックメイトだったと言うだけあって、ゲームそのものより盤外での駆け引きがメインでした。巫女さんが出てきてからの話で、世界統一の方法やエルキアの行く先が見えたような。獣人種とのゲームも終わり次巻は他の種族にちょっかい出す感じですかね?
★27 - コメント(0) - 2016年2月13日

FPSゲームでの白のチート並の射撃能力には驚いた。数学的にFPSゲームで勝とうとしているのも面白い。最後のコイントスゲームはまさか引き分けになるとは思わなかった。次巻も楽しみだ。
★8 - コメント(0) - 2016年1月8日

2巻の巻末で急に存在が消えてしまった空。白がそれを取り戻すゲームから始まる3巻。獣人族との戦いを含めて兄妹の絆、信頼関係が描写される巻です。お互いの手を読みあってゲームを攻略するところは読みごたえがあるものの、やっぱり漫画チック・・・もうちょっと文章重くても大丈夫なのだけれど。
★2 - コメント(0) - 2015年12月5日

読み返しているところです!感想…正直クラミー戦のほうがドキドキしました。あと、いづなたんが可愛かったです!
★3 - コメント(0) - 2015年11月25日

クラミー戦と東部連合戦の二本立て。ラノベ特有のくどい面もあるけどやっぱ面白かった。東部連合戦後、綺麗なハッピーエンドと言うか、それまでの謎解きを一気にしたあと、後腐れなく先に進んで行くポジティブな感じがいい。
★3 - コメント(0) - 2015年11月25日

あとがきのノリ、正直めちゃくちゃキツかったけど無事慣れた
★5 - コメント(0) - 2015年11月18日

めまぐるしい展開に状況把握が難しい。これも伏線?・・と何度も読み返し、なかなかページが進まなかったけど、頭脳戦を読む至福の時間を味わった。こんな狂気じみたゲームとストーリーどうやったら思いつくの・・?絶体絶命の状況すら計算に入れた勝負。くじけそうなときに読むと勇気がもらえそう。
★3 - コメント(0) - 2015年11月15日

アニメのラストまで。「俺たちの戦いはこれからだ」的な区切りの良さを感じますね。アニメ2期はまだかな?
★1 - コメント(0) - 2015年9月9日

ゲームの勝敗の本質をどう捕えるかという考え方になってきたなぁ。平和的解決を目指すならアリなのかなぁ。
★2 - コメント(0) - 2015年8月30日

前巻意味深な終わり方をした続きから。最初こそ訳がわからなかったが、終わってみれば「あぁなるほど。」と。この世界の仕組みが徐々に開示され、空の世界征服の道筋も見えてきました。空の戦略については、「そんな先までは無理だろう。」と思えるとこまで見通しているのがリアリティに欠ける。(当然か。)逆にピンチもピンチと思わず安心して読める。俺TUEEE物としては王道。
★11 - コメント(0) - 2015年7月27日

【備忘録】東部連合獣人種編
★2 - コメント(0) - 2015年7月22日

再読。いよいよ東部連合と…の直前に空が消えた⁉︎そんな幕開けの第三巻。ステフが要所で良い働きをする巻でもある。そしてお待ちかねの対東部連合戦。白が予想外に高スペックすぎてwチートに血壊にとどうやって勝つねんこんなんという状況の中、空白の二重三重の罠が決まるのか。そしてその後の展開も…空は何手先を読んで、いや、操ってるんだ…
★12 - コメント(0) - 2015年7月5日

☆1+ 空不在の状況から始まる不思議巻。衣服ショットとか神業すぎる。
★3 - コメント(0) - 2015年6月18日

未来視に匹敵するほどの推測能力と誘導能力には心地よさを感じます.
★3 - コメント(0) - 2015年6月7日

別にアレを倒してしまっても構わんのだろう・・・・・・
★2 - コメント(0) - 2015年5月28日

やりたいことはわかるけど細かすぎて伝わらない、FPSゲーム。どっちかといえクラミー戦と取り巻く環境のほうがおもしろかった。
★6 - コメント(0) - 2015年5月14日

今回も楽しめましたが、少し分かりにくかったです。誰がどういう行動をしたか、というのが読み取りにくかった気がします。それでも、ストーリーは先が読めず、これからの展開も期待できそうです。アニメの後がどうなっているのか、どういったゲームをするのか、楽しみです。
★17 - コメント(0) - 2015年4月30日

動きがあると相変わらずわかりづらい。 アニメで改変された方がわかりやすい。特にいずなが二段ジャンプするところと、その後。 NPCの移動場所に誘導するということと、いずなのチート能力を視覚的にわかりやすくするための演出であったけれど、文でも同じ効果をすればよかったように思える。 二段ジャンプされて、はい終わりは味気ない。絶望する間もない。 ゲームは一瞬の気の迷いでさえ死んだりするからありかもしれないがもったいない。アニメを見てなきゃ違ったかも?
★4 - コメント(0) - 2015年4月4日

クラミー戦、いづな戦、ともに息をするのも忘れるような熱い展開。映像で見るのはもちろん、小説でもとても楽しめるものだった。今回はドラちゃんナイスプレイ。いづなたんはゲームを面白い、と思えるようになれて本当良かった。いづなたんかわいい。モフりたい。
★6 - コメント(0) - 2015年2月27日

白天才すぎるっっ!!あと、いづなもすごいなー!
★9 - コメント(0) - 2015年2月5日

何回読んでも三巻が一番好きです。白の声だけは聞き間違えない自信がある空がなんかもう……愛ですね
★5 - コメント(0) - 2015年1月25日

基本アニメは原作以上に巧い描写だったんだけど、今巻の互いの存在を奪い合うゲームから巫女様との世界一物騒なコイントスの流れは原作に軍配を上げざるを得ない。特にクラミー戦、時系列逆転な空の心情描写は秀逸。これはアニメでは表現しづらいなぁ、と舌を巻く。そしてその後の知略謀略の限りを尽くし伏線に伏線を張り巡らせたいずなタンとのFPSのラストはステフ大活躍なカタルシスが半端ない。巫女さんがやはり巫女としてディスボードのゲームの勝利条件を知っていそうなのが意味深で、多分アニメラストに繋がるのかな?これは次も楽しみ。
★11 - コメント(0) - 2015年1月19日

アニメで展開を知っていてなお引き込まれた3巻。ただ、空白、特に空の力が描かれれば描かれるほど、『現実』は彼にとって本当に無理ゲーだったのか、というのが疑問なのだけれども。クラミーが見た空の過去がこの先描かれることを期待しよう。国盗りの準備が整ったみたいだし、これからも楽しみ。
★21 - コメント(0) - 2015年1月19日

再読。コイントスは失敗しても普通に拾って直立させた後で『困ったぞ〜⁈』とか棒読みで言いそう。
★9 - コメント(0) - 2015年1月13日

空がどこまでも先を読みまくっていろんな種族を手に入れようとする方法がすごい!コイントスはあれはもうチートだと思う。
★8 - コメント(0) - 2015年1月12日

【Dis注意】3巻読んだけど、残念ながらなじめなかった。バトルは迫力があって面白いし、最後に明かされる戦略もよく考えられてると思うが、どうも薄っぺらい。「なるほどすげぇな」と思う反面「なぜそうなるのかわからん」というのが正直な感想。結末に至るプロセスの底が浅い。主人公ふたりがスパーマン(ウーマン)だからしょうがないのかな。軽く読めるけど腑に落ちないので、本書はこれにて終了。ラノベの実力はこんなもん?少し間を置いて、もう1作品挑戦してみよう。
★3 - コメント(3) - 2014年12月20日

内容の濃さではこれまでのベスト。出てくるゲームは読んでいる間は単純に面白いしあとで見えてくる仕掛けには驚かされる。一見、頭脳戦に見えて実はコン・ゲームだなこれは。それをファンタジーとくっつける発想が凄い。この巻は区切りで今後のシリーズが向かう先が提示されたがやりきるにはかなりの巻数がいるのでは?面白い作品だから何巻でも付き合う気ではあるが。
★133 - コメント(0) - 2014年12月18日

ノーゲーム・ノーライフ3 ゲーマー兄妹の片割れが消えたようですが……?の 評価:36 感想・レビュー:335
ログイン新規登録(無料)