天剣王器―Dual lord,reversion (電撃文庫 (0571))

天剣王器―Dual lord,reversion (電撃文庫 (0571))
311ページ
65登録

天剣王器―Dual lord,reversion 0571巻はこんな本です

天剣王器―Dual lord,reversion 0571巻はこんな本です

天剣王器―Dual lord,reversion 0571巻の感想・レビュー(50)

隠れた名作。これは本当に面白いので、少しSFの入ったファンタジーが好きな人にはお薦めしたい。ゲームのゼノシリーズ好きな人もいいと思います。とにかく世界観が秀逸な作品で、一冊だけで終わってしまったのがめちゃくちゃ勿体ないです。私的には綺麗に終わってるから、若葉とあゆみの物語はここで終わってもいいかと思いますが、この世界観ならいくらでも繋げられたのにという気持ちもやっぱりあります。人物も先生二人を始め、本当に皆魅力的でした。先生二人の前日譚とか本当に書いて欲しい。時間経過を考えるとよくまとめたとも思いました。
★1 - コメント(0) - 2016年7月4日

設定は凄く凝ってるんだけど、登場人物たちにあんまり感情移入出来なかった。天剣と王器の説明とか、シェルやプラントが何なのか、が分かりにくかったからかな。読む人を選びそう。
★1 - コメント(0) - 2014年8月8日

すげえくっそやべえ。何が良いって物語の中での神話を元に現在の組織や儀礼が存在するんだけど「龍」や「神」は先住民や他民族を指すという解釈がされてたり、実際に天剣部隊を龍の血流れてる奴らを取るんだけど結局今は混血進んでみんなちょっとは龍の血流れてるから書類上で遡れるかの問題でしかないとかいう設定があったりで、完全にファンタジーしつつも世界の強度がめっちゃ高い
- コメント(2) - 2014年5月23日

文章に難ありと言われてて気になっていた作品をやっと読むことができた。天剣と王器に役職としての意味と装置としての意味があるところが特に難解にしていたと思う。シェルとプラントの設定がやけに難しい。内容も良くわかんないが戦争の熱さは伝わってきた。
- コメント(0) - 2014年1月30日

ファンタジーかと思いきやどちらかというとSFっぽい。ここ最近のラノベではあまり見られない類の省略術に時代を感じる。しかしこの省略術上手く機能してるように見えるあたりがすごいような?
- コメント(0) - 2013年6月18日

『トライガン』や『ウィザーズブレイン』を連想せざるを得ない。こういう大河か戦記かって中身をよくもまあ1巻に……。師匠ふたりが非常に良い人外である。
- コメント(0) - 2011年7月6日

ラノベじゃにような気がするけど、やはり骨格が垣間見えた
- コメント(0) - 2011年7月2日

シュタゲが良かったので、気になっていた所、中古で購入したデビュー作品。 正直、これはちょっとないなぁ(苦笑) 文章力は10年後の今を彷彿とさせる部分があるけれど、登場人物に全く魅力を感じない。ラノベは特にキャラ重視だろうから、これは致命的だったでしょう。特にヒロイン!出会いがドン引き。あれは何?ただの暴力でしょう。これ読んで、シュタゲは依頼しないだろうから、次に出てる作品はもう少し期待します。
- コメント(0) - 2011年6月30日

いい意味で凝縮、悪い意味で難解。面白かった。ブックオフで出会って、一気に読んだ。終わりもなかなか良い。
★4 - コメント(0) - 2011年6月23日

よく噛まないと味わいはわからない感じ
- コメント(0) - 2011年1月29日

独特の活力を宿した文体、圧倒的なキャラクターの魅力、読めば読む程面白くなる世界の奥深さ。個人的には傑作だと、今でも思っています。
- コメント(0) - 2010年2月25日

独特の世界観が意外と好きだと思った。用語等が難解に感じる時もあるが、それもまたこの作品の味だと思う。個人的には結構好きな部類です。
- コメント(0) - --/--

積読中のみんな最新5件(7)

09/11:輪廻
02/21:千木良
08/08:Reino
04/19:LJ_MAKKI

読みたいと思ったみんな最新5件(7)

08/18:suicdio
11/11:ナガネ
天剣王器―Dual lord,reversion 0571巻の 評価:48 感想・レビュー:12
ログイン新規登録(無料)