とらドラ〈2!〉 (電撃文庫)

とらドラ〈2!〉 (電撃文庫)
312ページ
3278登録

とらドラ〈2!〉の感想・レビュー(2972)

いろんなことの動機が明らかに。
- コメント(0) - 3月20日

うわあ…純粋な性悪女来たわー。でも亜美ちゃんみたいな側面は、多かれ少なかれ誰しも持ってるとは思うし…だから尚更、この過剰なまでに仮面を被り続ける美少女が、一方で腹立たしいけど、もう一方で心惹かれるものがあって。ただの「ツンデレ」より、こういう「性悪」を好きになってしまうのが、自分の一番ダメなとこなんだよな…しかもね。こういう相手に、無限に尽くしかねないわ俺様。空気を全く読まないベリースペシャル唯我独尊のみのりんにしといた方が、俺にとっちゃ幸せなんだろうと思うが…てか「俺にとっちゃ」が既に相当おかしいけど。
★1 - コメント(0) - 1月27日

予想通り安定の面白さ。新キャラは確実に嫌いなキャクターなのだけれど、読んでいて不快にならない筆力の絶妙なさじ加減に感心。みのりんが天然を軽く通り越して、突き抜けた感があるのが可愛すぎて素敵。そして、今回は涙腺緩められポイントがなかったなぁと思った矢先、番外編でうるっと。さりげなくいい話だった。
★7 - コメント(0) - 1月11日

女性作者ならではのシニカルな視点で描かれていた。萌えでテンプレ化されていなく、生々しさを感じさせるキャラクターが逆に感情移入をさせられる。個人的に亜美がダイエットなんてしていないよと嘘をついたときに凍り付く女友達たちがリアリティがあって良かった。
★1 - コメント(0) - 2016年12月3日

猫かぶりもここまでだと清々しいし、憎めないヤツ。でもやっぱり大河からしたら相当うざったいだろうな(笑) 個人的に生徒会長のキャラ好きです。
★21 - コメント(2) - 2016年11月27日

自分のことを天然と言う奴にまともな奴はいない。とってもいい性格の可愛い女の子亜美ちゃん登場。これ天然じゃなくてぶりっ娘だし、可愛いどころか鬱陶しいわと思うがまあ美少女ならしょうがないね。でも終盤の普通の女の子っぷりを見ると単なる強がりなのかな~と。 大河も亜美も互いに羨むというのは互いに認めてる証拠でもあるんだよな。もっと腹を割って話せば仲良くなれる気がする。 そして竜児はやっぱりいい奴だ。
★4 - コメント(0) - 2016年10月18日

亜美の性格の悪さが際立つ、が何故か垣間見える弱さというか本音があるせいで心から嫌いになれない不思議笑。
★1 - コメント(0) - 2016年10月11日

亜美なにこれー!むかつく!と思いながら読んでいたのに最終的にはまあ、いても良いかな位の心になったよ。この気持ちはなんなんだ…
★6 - コメント(0) - 2016年9月4日

新キャラ登場。この先どう関わってくるのか。竜児の女子力高すぎませんかね
★4 - コメント(0) - 2016年8月30日

再読。バカチーこと川嶋亜美登場回。
★1 - コメント(0) - 2016年8月22日

亜美性格悪っ!って叫びたくなるけど、なんか憎めないキャラだな。可愛いからか?いや、表の顔と裏の顔があるのは、僕だって、いや誰だって同じだからだ。北村に好きな人がいるという衝撃の事実も判明して、盛り上がりを見せてきた第二巻。次巻はどうなる!?
- コメント(0) - 2016年7月18日

★★★★☆
- コメント(0) - 2016年7月2日

これぞツンデレっすね!
- コメント(0) - 2016年6月2日

★★★★☆ あーみんが竜児に対して『天使』の仮面を被ったままでいるのは、自身とは対照的にありのままの自分を曝け出している大河と、常に自然体の大河に献身的な態度で接する竜児に対する当て付けゆえ…? あるいは、仕事がら取り繕った姿ばかりに注目を浴び、本心をさらけ出せないでいる、無意識下に抑圧された欲望の露呈を最低限の体で表出させた結果…? あと、この2巻を読んでいて、あーみんって誰かの境遇に似てると思ったら、周りから求められる像(枠組み)に自身を当てはめている点など、俺ガイルの『葉山隼人』に似てるんだ。
★6 - コメント(1) - 2016年5月5日

外面のいい性悪女、川嶋亜美の登場で荒れるラブコメ第2巻。亜美の切り替えはうざくも笑えていいキャラクターしてますね、不安定さもあってこの巻だけじゃ把握しきれませんが…、大河の変わらずままならない調子は安定して面白い。大河と亜美のお互いの持ってないものを持ってる対比は特に良かったですが竜児には料理清掃だけでなく色々頑張ってほしかったかなぁ…色ボケだし鈍感な一言もありますし…ストーカーの解決もあっさりしすぎで少し残念。北村には想い人がいるそうでメインキャラなのかどうなのか、関係が複雑になりそうで次巻も期待です。
★8 - コメント(0) - 2016年2月9日

性格に難有りの女の子達がパワーアップして登場した2巻。亜美のことを 、竜児は「恐ろしい外面」「素でいいのに」と表現するけど、数年前と違って、大河より亜美の方が好感が持てるようになったのは年のせいだろうか(笑)亜美も言っていたように、竜児が(いくらほっとけないとはいえ)あそこまで大河をフォローするのはなんで、とそこに疑問を感じずにはいられなくて。竹宮さんの、女の子の容姿の描写はさすがだな(でも、大河の薔薇の唇、の表現は何回も出過ぎ感が否めないけど)と感心し、3巻に期待。
★2 - コメント(0) - 2016年1月22日

並び立つ、並び立った後の話。この巻でスゴく覚えている。嫌われ!?発言のタイガにダイエット戦士のみのりん。そして、我等が兄貴。ストーカーに追われるあーみん。バカちーには、まだならない。先を知ってから読むと、皆さん素敵。そして、独身(仮)の最後の弾丸、魂の嘆き。
★10 - コメント(0) - 2015年11月18日

竜虎並び立つ!と思いきや馴れ合い関係に逆戻りしてしまった竜児と大河。そんな二人に活を入れるかのように一人の転校生がやってくる。その名は川嶋亜美。北村の幼なじみにしてファッションモデル。顔よしスタイルよし外面、よし。でもその本性は―?北村に片思い中の大河は心中穏やかでなく、そんな大河に翻弄される竜児になぜか亜美が接近してきて―?新たな女の子を加え、波乱含みの超弩級ラブコメ第2弾!巻末には不幸体質の一年生、富家幸太と“手乗りタイガー”との接近遭遇を描く番外編「幸福の手乗りタイガー伝説」も収録。 
★1 - コメント(0) - 2015年10月30日

再読。ストーカーを怖がっている亜美ちゃんは、普通の感覚を持つ女の子で、そこがとてもいい。
★1 - コメント(0) - 2015年10月19日

【登録前に読了済み】【寄付した本】ぶっちゃけ、1巻で切りたいと思ってたが、2巻まで買ったから一応読んでみたが、やっぱりこの作品は俺に向いていないと思う。キャラの魅力は1巻に続けて全く感じないうえに、亜美という新しいキャラもまたほかのキャラと同様に荒唐無稽で意味不明な行動をとる。まったく、なんでこの作品はこういう性格歪んだキャラばっかなの?それに挿絵はさらなる欠点。ないほうがいいね。ちょいとだけ評価が上がるかもしれない。ちょっとだけ。
★1 - コメント(0) - 2015年10月4日

新キャラ・川嶋亜美ちゃん。職業モデル。八頭身の抜群スタイル、そして麗しいご尊顔。当然中身もいい子のはず………………と、思いきや(笑) これぞ小悪魔、としか言い様のない見事な二面性。もちろん大河とは初対面から衝突。これからどうなることやら。退屈しない青春を送っている竜児がちょっとうらやましい。
★2 - コメント(0) - 2015年9月18日

亜美ちゃん回。 会長も出てきて、さあこれから。わくわくの3巻へ。 面白いんですが思ったよりテキスト多くて時間がかかるのが疑問。
- コメント(0) - 2015年8月26日

ラブコメとか萌えってなんぞや?と手にとったまま、ずっと積ん読だったもの。アニメは1話だけ試聴したかな。もうずいぶん前の作品なんだなーと奥付を確認してちょっとびっくり。古臭い感じがしない。ギャグは昭和寄りだと思うけども。亜美ちゃんキャラはリアルに見たことあるわwだけどそれはそれとして、川嶋亜美というキャラが可愛く思えてくるから不思議。
★3 - コメント(0) - 2015年7月20日

アニメより描写が細かくてより世界観が広がった✨
★1 - コメント(0) - 2015年7月11日

亜美ちゃんがキャラ崩壊させるところ、良い 実際こういう子いたら嫌だけど(笑)
★2 - コメント(0) - 2015年7月4日

微笑ましい。まさにラブコメ。亜美さんがぶりっこしなくなってとりあえず良かった、いらいらせずにすむ…。
★2 - コメント(0) - 2015年6月5日

【新たな女の子を加え、波乱含みの超弩級ラブコメ第2弾!巻末には不幸体質の一年生、富家幸太と“手乗りタイガー”との接近遭遇を描く番外編「幸福の手乗りタイガー伝説」も収録です。】 まさに美しい花には刺があるって感じ(笑) 全く萌えないラノベだが古き良き時代を象徴してる。最近、見られない愚直で真っ直ぐな展開が昔の青春時代を思い出してるようで面白い。 「とらドラ」の第2巻には強烈な新キャラクター、とことん性悪な本性を天真爛漫かつ無垢な美少女という外面で覆い隠す二重人格者、川
★4 - コメント(0) - 2015年5月11日

亜美さん来ました!こっからが本番だ!
★2 - コメント(0) - 2015年4月26日

再読2~3回目。物語のトリックスター的存在川嶋亜美登場の巻。この作品の見所は各人物とんでもない設定と、実際に有りそうな恋物語(?)を面白可笑しく見せる部分。登場人物のリアルな心情部分が好きでないという感想も見受けられるけど、自分としては恋愛物語は各人物の駆け引きが面白いと思う。「ゴールデンタイム」ではやや外れた感があったが、このとらドラについてはその部分が絶妙で何度読んでも楽しい。さて、次の巻ではどうなるか。
★9 - コメント(4) - 2015年4月15日

亜美ちゃん登場。大河への嫌がらせで竜児に迫る。一緒にストーカー捕まえた。亜美ちゃんとのキス未遂シーンを大河に目撃されてヒキ。
★3 - コメント(0) - 2015年4月4日

ひょうきん懺悔室は原作にもあったんか。
- コメント(0) - 2015年3月14日

序盤、亜美ちゃん関連のシーンは性格きつくて読むの辛かった...。話が進むにつれて、スラスラ読めるようにはなったけど。最初あんなに辛かったのに、読み終わったころにはスッキリで続き気になると思わせるところあたり、よくできた話だと思う。
★3 - コメント(0) - 2015年2月16日

 第一印象最悪の亜美。ここまでのキャラを楽しく見せる作者さんの筆力に感嘆しました。好きにはなれんけど、話としてはかなり面白くなってました。  合間に見えるみのりんネタも面白かった。何気に一番好きです。
★2 - コメント(0) - 2015年2月14日

電子書籍にて。あーみんの、あーみんによる、あーみんのための一冊。
★2 - コメント(0) - 2014年12月27日

シリーズ第二弾。新キャラ亜美ちゃん登場…。亜美ちゃんはどうしても好きになれないです。ちゃん付けしちゃってますがw裏表激しすぎて個人的に苦手です。ルックスより中身。うん。でも色々とボロが出るのは良かったです。最後の最後でストーカーを撃退するシーンは好きですが。本性を現した亜美ちゃんかっこよすぎ。そして生徒会長のすみれさんも登場。番外編も面白かったです。顔面方位男には笑ってしまったwすみれさん好きすぎます。すみれさんマジ兄貴
★9 - コメント(0) - 2014年11月24日

はいはいはい。印象最悪からの実は、、、パターンね。はいはいはい。おもしろかったです。
- コメント(0) - 2014年11月8日

とらドラ〈2!〉の 評価:54 感想・レビュー:365
ログイン新規登録(無料)