とらドラ〈3!〉 (電撃文庫)

とらドラ〈3!〉 (電撃文庫)
264ページ
3008登録

とらドラ〈3!〉の感想・レビュー(2721)

竜児は、あの私のだぁ事件の後、ちゃんとモヤモヤしてたんですねえ。それがわかってよかった。
- コメント(0) - 3月23日

うーん…やっぱ俺様、大河みたいな女子はとことん苦手だわ…何しろ理屈が全く通用しそうにないから。自分勝手でわがままで暴力的で、人を利用主義的にみなして恥じることのない傲慢さは、読んでて甚だ気に入らない。割と下僕根性の抜けない俺様ではあるのですが、仕える主は選びたいし、仕えるに足らぬ主は見限りたいからねえ。ちなみに、一番好きなのは実はやっちゃんだったりします。こんなかあいらしい母さんいないよなあ。しかも女手ひとつで息子を立派に育て上げてな。こういうお母さんだから竜児が立派にならざるを得なかったとも言うが…
★1 - コメント(0) - 2月14日

1、2巻に比べると、少し萌え重視感があったというか、場繋ぎ感があったかな、と思います。その中では母と息子の絡みが素敵で、だからもっと読みたかったのだけれど、本来の想定読者層を考えたら仕方がないのかも…
★9 - コメント(0) - 1月13日

ラノベと侮るなかれ、と言いたくなる繊細な描写。少しずつ心の距離が縮まっていく竜児と大河。次巻も期待
★1 - コメント(0) - 2016年12月12日

あみたんの嫌がらせっぷりが凄く嫌。こんな奴に負けるなよ大河!残念お乳なのは仕方ないがな
★7 - コメント(0) - 2016年10月16日

大河に私のものだって自分も言われたくなる一冊でした。
- コメント(0) - 2016年10月12日

少しずつお互いの気持ちに気付き始めた二人。読者としては、すごいもどかしい。サクサク読めて、楽しめる。面白かった。
★2 - コメント(0) - 2016年9月26日

ドタバタラブコメ第3巻。タイガーとチワワの対決が激化。ケンカのとことか良かったし、やっぱり母は偉大とも感じた
★4 - コメント(0) - 2016年9月5日

★★★★☆
- コメント(0) - 2016年8月11日

大河にあんなこと言われたい.
- コメント(0) - 2016年6月5日

★★★★☆ 最低だし、デリカシーに欠けるし、100%不快に思われる感想を書くけど、うちのねーちゃんもあの日を迎えると、本巻の大河みたいになる。たぶん、姉妹がいたり、彼女と同棲している男性なら、竜児の気持ちがわかるんじゃないかなぁ…。もう、なんていうの…。青い炎、ってか陽炎?…みたいなのが見えるのね。オノマトペで表すと「かりかりかりかり」みたいな…。なにそんな怒ってんの?…って思うけど、「怒ってないし」「怒ってないのに怒ってるって言われるのが腹立つだけ」って、どっからどうみても明らかに怒ってるんだよ…。
★3 - コメント(1) - 2016年5月6日

互いの意地と竜児の夏休みを賭け大河と亜美が水泳対決をする事になるプール回の第3巻。竜虎並び立つといった二人のアイコンタクトや息ばっちしな所、私のだぁぁぁーーっ!宣言とか全体的に面白かったですが大河は機嫌の悪さが深かったり竜児は苛ついて何回も亜美との事を蒸し返したり、二人のキレ方に布石があっても唐突にキレてるように見えるシーンがいくつか…仲が進展しつつあるのはいいですが沸点が低くなってるなぁ…お互いの言い分がわからなくもないのが救いですね…。亜美の真意は未だはっきりせず、とこまで本気なのか、次巻も期待です。
★5 - コメント(0) - 2016年2月9日

再読。これは、やっぱり。偽乳特選隊の巻。そして、タイガとバカチーが少しずつ仲良くなってるというか認め合ってるというか。みのりん。相変わらず、そして、独身(略)。黒マッスル。でも、再読すると色々思い出します。
★6 - コメント(0) - 2015年11月19日

再読。プールのシーンで、女子キャラが髪をまとめている描写が入るのが女性作者らしいなと思ったり。
★1 - コメント(1) - 2015年10月31日

まさに抱き合わんとしている(ように見える)ところを大河に目撃されてしまった竜児と亜美。みなが固唾を飲んで見守るなか、はたして手乗りタイガーはどうでるのか…?そして季節は6月、プール開きの季節。実乃梨の水着!亜美の水着!そして大河の水着!と浮かれる間もなく、竜児の身柄をめぐり大河と亜美がなぜか水泳で勝負をすることに。実は泳げない大河は竜児と特訓を開始するが―。イベント満載のプールシーンに要注目!どこかヘンな面々が織りなす人気急上昇中の超弩級ラブコメ第3弾。
- コメント(0) - 2015年10月30日

亜美と大河の水泳対決。景品は高須くん(笑)
★1 - コメント(0) - 2015年10月16日

竜児のオカンスキルが高すぎる回ww
★1 - コメント(0) - 2015年7月27日

やはり小説の方がアニメを詳細にした感じで面白いな( ´ ▽ ` )ノ
★3 - コメント(0) - 2015年7月16日

甘酸っぱい 大河はやっぱりかわいいなぁ やっちゃん良いキャラしてるよねー
★2 - コメント(0) - 2015年7月7日

大河、竜児ともに自分の気持ちにうすら気づき始めた感じですかね。次が楽しみ。あと、おい森懐かしい。
★1 - コメント(0) - 2015年5月23日

再読2回目。竜児と大河の「恋」物語として話を見るなら順調に「恋」として成就するための段階をクリアしたというところ。でもまだこの時点では互いに「同士」「同居人」としか気が付いていない模様。竜児に興味を持つ亜美、いまだ個人としての気持ちを表さない竜児の憧れの人実乃梨。次巻亜美の別荘に行くことになりこの関係がどうなるのか。じっくり読んでいきたいと思う。
★8 - コメント(3) - 2015年4月20日

大河の叫び、咆哮はこの物語におけるもっとも美しいシーンのひとつであり、これがあるおかげでただのふわっとしたラブコメ喧嘩回ではなくなっていると言っていい。
★3 - コメント(0) - 2015年3月15日

水泳で競った亜美ちゃん、これはげすい!!と思いましたが  だがそれがいいと思ってしまいますね みんないいキャラです
★3 - コメント(0) - 2015年2月20日

 今回は水着・プール一色でした。冒頭から中盤まではどこか引っ張った感があって一、二巻よりも入り込めなかった。でも後半は怒濤の展開で今まで以上に面白かったです。  てか竜児、手ぇ入れやがった! 猛者ですな……。
★3 - コメント(0) - 2015年2月18日

竜児くんの家庭的スキルの高さがまた一段と輝いて見えた気がする。お裁縫まで得意とは。彼ってホントにハイスペックだなー。
★4 - コメント(0) - 2015年2月18日

水泳バトル面白かった!
★2 - コメント(0) - 2015年1月16日

シリーズ第三弾。ひたすらプールやら水着やらが出てきました。挿絵もほぼ水着です。恋ヶ窪先生の挿絵が初めて出てきます。可愛い。みのりんも大河を水着姿がめちゃくちゃ可愛いです。大河のおだんご!そして偽乳特戦隊は面白いw後半、竜司と大河が喧嘩してしまうシーンではこっちもドキドキというかなんというか。そんな感じでした。竜司があげたおにぎりをちゃんと食べていた、という所でほっとしました。最後の大河がすごく良かった。周りが竜司を助けなかったから皆大嫌い!ってことなのかな…?大河さらに好きになります。
★10 - コメント(0) - 2014年11月28日

プール回。料理に掃除に裁縫まで完璧な竜児。女子力高すぎる(笑)後半は竜児をめぐって大河と亜美の女の闘い。竜児を助けたときの大河の心の叫びがよかった。大河ほんとかわいい。
★5 - コメント(0) - 2014年10月17日

この巻はプール回。大河の気持ちが少しづつ変化しているようなしていないような。偽乳特戦隊は面白かったです(笑)。いよいよ次は亜美の別荘回。
★5 - コメント(0) - 2014年10月15日

曇天の市民プール。川嶋は梶原一騎作品の匂いが(特に)する。
★5 - コメント(0) - 2014年10月13日

竜児の別荘行きをかけて大河と亜美が水泳対決する話。大河がキの字すぎてしんどい。竜児にここまで誠心誠意尽くされてよくあんな態度が取れるな。
- コメント(0) - 2014年9月9日

夏だ!プールだ!水着だ!から始まったが 竜児水着選びによくついて行けたな…大河の悩みに夜なべして縫い物はするわ…なんかも〜オバチャン入ってんな!ソレでいいのか?!高校男子(笑)
★8 - コメント(0) - 2014年9月6日

貧乳は正義。この巻で、大河の好意は徐々に変化しているのがよくわかった。取り敢えず、泰子はえぇ母親かもね。★★★☆☆
★11 - コメント(0) - 2014年9月3日

好意が段々移っているように感じる3巻目。対決ものに仕上がっています。個人的には勝負ものは少し安易な方向という印象があるのですが、それをしっかり読ませるように心の複雑な動きを添えて書かれているのは素晴らしいと思います。微妙な心境をうまく書き切ったことでなんとなく方向性は見えてきたように感じます。3巻でここまでされるとあとはどうなるのか楽しみです。(アニメを見たのは遠い昔なので細部は忘れてしまっているのです)
★7 - コメント(0) - 2014年8月26日

「亜美、この夏は楽しくなりそうだな」──終盤の北村の言葉がやたらと反芻される。初めて誰かと喧嘩をして、泰子の言葉に耳を傾けながらたまねぎを刻む竜児はやはり母の子であることを知る。すっぱい。目が痛い。いい経験をしたね、竜児。大河に泳ぎを教えようと、泰子と自転車の練習をしたときのエピソードが彼のなかで思い出されるのは、竜児にとって大河が子どもだからなのではなく大切な相手だからなんだなと思う。
★3 - コメント(0) - 2014年8月10日

今回はプール回。竜児と大河が喧嘩したけれどなんだかんだ言って最後に仲直りして良かった。大河と亜美の水泳対決でどちらが勝つかの賭けや、水着をパッドを夜なべして作った事や偽乳特戦隊やプールでのバトルが面白かった。キャラの掛け合いやテンポも良かったので読みやすかった。
★6 - コメント(0) - 2014年7月11日

とらドラ〈3!〉の 評価:48 感想・レビュー:299
ログイン新規登録(無料)