• 沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉
632ページ
67登録

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉の感想・レビュー(41)

①検索ユーザーは文章ではなく、情報を求めている。情報に求められる要素は「専門性」「網羅性」「信頼性」 ②文章を読んでもらうには、「読み手にとって自分事になる感情や情報」「読み進めたくなる適度な興奮」「読み手の脳の負担を減らす」の3つが重要 ③脳のシステム1(見やすい・読みやすい)とシステム2(わかりやすい)に配慮した文章 ④タイトルは、「ユーティリティ要素」「ページから得られるベネフィット」「感情フレーズ」の3つを意識 ⑤人がコンテンツをシェアしたいのは、他社とコミュニケーションをとるため
- コメント(0) - 3月20日

クライアントさんからお仕事の参考書としていただいた本。「旅館の経営を立て直す」というストーリーを追いながらSEOについて学びます。タイトルは「ライティング」となっていますが、記事の書き方以外にも、コンテンツの作り方やアクセスを上げるためのキーワードの選び方、取材のポイントなど、Webページ作成のノウハウが一通りわかります。ライターだけでなく、商業サイトを運営している人には参考になる部分が多いかと思います。ただ……。(コメ欄に続く!→)
★4 - コメント(1) - 3月6日

KU
サクサクと読め、楽しくライティング技術の本質に触れられる。 SEO対策として最も重要なことは、小手先のテクニックではなく、良質なコンテンツの提供であるということを再認識した。 良質なコンテンツとは、読者への貢献、いかに役立つかを考え抜いて初めて作られるもの。
- コメント(0) - 2月3日

Webコンテンツのライティングだけでなく、全ての文章作成に使えそう。オリジナリティが大事だと論理的な視点を失う登場人物に、ヒットした作品は独りよがりの部分はないと論破されててホントそうだなーって思いました。再読したい。
★1 - コメント(0) - 1月29日

sao
新規ブログの立ち上げに伴って再読。これは何回読んでも新しい発見ができそう。
★1 - コメント(0) - 1月22日

読了。 ライティングは、文字のマーケティングである。 この本では、相手の共感をいかに浴びるか、そして、記事をいかに差別化していくかが大事であるかが気軽に学べる。
- コメント(0) - 1月3日

Webマーケティングを勉強するために購読。ストーリーがあってとても読みやすく、また内容がとても分かりやすかったです。まあ、結局のところ、コンテンツ作成には"設計"が大事という話になるわけですね。
- コメント(0) - 2016年12月30日

sao
ストーリーが面白かったので、肝心のライティング部分は再度熟読したいと思います。相変わらず面白かった・・・!
★2 - コメント(0) - 2016年12月28日

「沈黙のwebマーケティング」の続編とも呼べる一冊。初心者にもわかりやすくサクッと勉強できてしまう。SEOがなんなのかというところから、文章の書き方やメディアの運営まで事細かに解説されている点が嬉い。
★1 - コメント(0) - 2016年12月26日

この本は「ウェブで書く技術」の話のなかに、「いまどきの感情の乗せかた」という最新の要素を織り込んでまとめられています。 感情の発信者の明示の重要性を説いていたり(P237)、感情表現を入れすぎてしまうとアクが強い文章を生み出す原因となることに触れていたり(P255)、こういうことはすごく説明しずらい部分かと思うのですが、ストーリーとの掛け合わせでわかりやすい。 なかでもいいなと思ったのが「セルフディスカッションとセルフディベートを行う」(P264)というトピック。 おもしろく読みました。
★2 - コメント(0) - 2016年12月1日

これは、、、 なんと分かりやすくライティングについて書いてくれてるんだ。もちろんSEO視点で。これを片手にブログ書いてこう
- コメント(0) - 2016年11月20日

沈黙のWebマーケティングに続いて読了しました。 相変わらず、笑えて面白くてためになる内容です。 ただ、前作と内容が被っている箇所もあり、前作ほどのインパクトはありません。 実際のウェブサイトの例が掲載されているので参考になります。 ページ数は600ページ超ですが、さくっと読めますよ。
- コメント(0) - 2016年11月16日

(仮レビュー)質の高いコンテンツを作るための秘訣が書かれてある。
- コメント(0) - 2016年11月15日

SEO(検索エンジン最適化)とはユーザへの思いやりです。本書では、その思いやりのやり方について描かれています。 マンガ形式のため、映像として内容が頭に入ってきます。非常に分かり易くオススメの一冊です。 SEOという小難しい内容に、あえてマンガの手法を採用する。これも著者なりの”思いやり”なのかもしれません。
- コメント(0) - 2016年11月15日

これはすごい。seoライティングの本はこれ一択だと思います
- コメント(0) - 2016年11月13日

今読んでいるみんな最新5件(6)

01/25:こーたろ
01/03:hiroton
12/25:ten san
11/16:m1104m

積読中のみんな最新5件(6)

01/31:yohira0616
01/22:nomu0403
01/22:dai5

読みたいと思ったみんな最新5件(14)

03/21:silverdragon
03/05:Kidomi
02/01:yasuoogle
沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉の 評価:73 感想・レビュー:15
ログイン新規登録(無料)