剣客商売 26 (SPコミックス)

剣客商売 26巻の感想・レビュー(11)

ある日、小兵衛は、とある女性と知り合う、その女性の気高さをこうも知ることになるとは・・・女性の愛と心情を儚くとらえた「余花」他3篇を収録。 類い稀なき後継者を得た柔術指南役、しかし、後継者は技の高みを望み、他流の強敵を次々と殺戮して行くのだった。 遂には、師範との対決が・・・ 勝っても負けても、遺恨が残る、どう生きれば良いのか、考えさせられる一篇でした。 徐々に大二郎に活躍の場が増えているが、これも時勢なのかも知れない。 大島氏の健筆を祈る。
★8 - コメント(0) - 1月21日

2016年11月30日:lebleb7
2016年11月21日:番茶
2016年11月15日:Sheol0x01
2016年11月9日:田舎っぺ狸
2016年11月2日:rebiatan044
殺陣が相変わらず迫力たっぷりだけど、その訳は情けない(まあ、それがテーマではあるのだが)。大女のお局様が、久しぶりに画で面白い。
★4 - コメント(0) - 2016年11月1日

益々円熟味を増す小兵衛。穏やかな日々に忍び寄る人間の性を、時には厳しくそして温かく見守るシリーズ第26巻。そろそろ間延び感が出てきたような…そんな気がしないわけでもない一冊。
★6 - コメント(0) - 2016年10月30日

2016年10月29日:ulula
2016年10月23日:タキ

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

10/27:番茶

人気の本

剣客商売 26巻の 評価:55 感想・レビュー:3
ログイン新規登録(無料)