• 人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! -

人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! -

人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! -
239ページ
510登録

人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! -はこんな本です

人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! -を読んだ人はこんな本も読んでいます


人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! -の感想・レビュー(296)

敵をワクワクしながら倒した、確かに。ドラクエよりおもしろい人生を送る!
★6 - コメント(0) - 2月7日

仕事が、楽しくゲーム化でき、上手く進めていけそうな気がしてくる。
★1 - コメント(0) - 2月3日

2を読んでから1を読むという反則技をしました。 ゲームとは「目的・ルール・敵」の三要素から成り立つ。それをいかに人生に当てはめるかって話。 ゲームだとワクワクな冒険や敵との戦いが、リアルな社会では苦しいものになっていないか? 無理難題を言ってくる上司や先生、全てゲームの敵だと考えると攻略するのは楽しいことじゃないか? とても面白くぶっ飛んだ理論だけど、こういう生き方をすれば本当に人生は楽しいわw ちなみに俺はこの生き方に近いかな?ドラクエにはしてないけど、楽しいゲームのように人生を愉しんでいる♪
★2 - コメント(0) - 1月29日

つまらない人生を、ドラクエの冒険のようにワクワクするものに変えろ!そのためにどうすれば良いか?人生をゲームに置き換えてみる。”目的””目的を阻む敵””ルール”があれば人生もゲームに置き換えることができる。いろんな嫌なことがあっても、経験値を高めることができる機会、と割り切って楽しむことが人生を楽しく生きることかもしれない。
★7 - コメント(0) - 1月16日

人生のあらゆるものに「目的」「敵」「ルール」をぶちこんでゲーム化するってことが懇切丁寧に書かれている。なんか、世阿弥のいう「離見の見」を思い出した。
★4 - コメント(0) - 1月12日

【ゲームの三大要素】①目的を達成するための②ルールに則った③敵との楽しい闘い【万物ゲーム理論】「あるもの」に[目的、ルール、敵]を投入すれば、それはゲーム化する。➔あるものとは「人生、勉強、仕事、恋愛」なんでも代入可能【負けても増える経験値】ドラクエでは、敵との闘いに勝ったときだけ経験値が増える。人生では『敵との闘いに勝ったときだけではなく、負けても、途中で逃げても経験値が増える』➔バトルの数だけ経験値が増えるのだから、勝敗に関係なくとにかく闘う。最大のリスクは敵と闘わないでじっとしていること
★16 - コメント(0) - 1月11日

結構おもしろくよめるけど基本的にはよくある自己啓発本とおなじかなー。 成功例を出してトライしてよかったで閉めるという。 一家のお父さんとかがこれ読んで夢のために仕事やめるとか言い出したらどうすんだろう・・・
★2 - コメント(0) - 1月4日

人生の指南書の入門書的な本。ただ、初心者向けなのかやんわりしていて分かりにくいし、肝心のドラクエの要素があまり感じられなかった。こういった本が出回ってるなかであまりにも薄い内容だった。題名見て買ったけど半日で読めるくらいの内容。当たり前のことを当たり前に言って、無理やりドラクエ絡めた感が否めない。 多分Ⅱは買わないな(笑)
★2 - コメント(0) - 2016年12月9日

ゲーム脳。 著名な人は、人生をゲーム化しているから、成功できるんだぁ? ハハッ…( ゚Д゚)ハァ?
★1 - コメント(0) - 2016年12月5日

ドラクエ大好き!だから内容がとてもわかりやすい。私にとっては息子が勉強しないってことがモンスターだ。
★1 - コメント(0) - 2016年12月5日

要は気の持ちようってことだなと思った。モチベーションの保ち方、考え方の一つとして引き出しが一つ増えたかな。現状を見て戦うのか逃げるのか、逃げてもそのことに出会ったことが経験値になるのかそれとも逃げていては解決できないものなのか、そこらへんを見極めながら人生ってゲームをやっていきたいね〜
★3 - コメント(0) - 2016年12月4日

ドラクエ好きには面白くてたまらんね。人生をドラクエに例えるということ。うん、コンセプト最高ですね。ではでは、学んだこと3つのコーナーに参ります。1つ目は、この人生では敵と戦ったなら、勝手も負けても経験値が手に入る。なのに、戦いもしない人が多いみたい。うん、まさにそうですね。投資信託買うか。2つ目は、ゲームのルールの中に嘘のルールが多く存在していること。そのなかで、強いものは世間体や常識であること。3つ目は、ゲームを楽しむこと。ドラクエと同じ様にちょっと違う視点で、プレーヤーではなく一つ間を置いて見るのが良
★1 - コメント(0) - 2016年12月3日

負けることを恐れて全く闘おうとせず、結果、一向に経験値が増えずレベルも上がっていかない人が多い。敵と戦えば勝っても負けても逃げても経験値が増える。目標達成を邪魔する「見栄」「世間体」「体裁」は敵以外の何物でもない。コマンドはいくらでも増やせるので、選択肢は無限にある。自分の土俵で戦う。今、この瞬間の敵との闘いに意識を集中し、それを思いっきり楽しむ。ゲームの三大要素(目的・敵・ルール)を投入し人生をゲーム化する。
★2 - コメント(0) - 2016年11月8日

例えば目の前の面倒な仕事を敵ととらえ、それを乗り越えれば経験値アップ。そう考えたら悪役や敵役を買って出る人物や物事が愛おしい存在に見えてくるかも、その発想は面白いが筆者の過去など内容が少しくどかった。
★23 - コメント(0) - 2016年10月24日

本当に伝えたいエッセンスは数行にまとめられるけど、それをドラクエというわかりやすい例えに変換するところがこの本の魅力。そういえばドラクエだと敵との戦いは楽しいのに人生だと戦うのが億劫になってイヤイヤだったり逃げたりしてきたなと気付かされた。
★1 - コメント(0) - 2016年10月11日

タイトルに惹かれて読んでみました。 勝手に登場人物たちがドラクエのキャラクターに 見立てられた小説かエッセイくらいに考えていたんだけど 作者の考え方や概念を書いた啓発本でした。 その考え方をわかりやすくドラクエの設定に置き換えたり 著名人の言葉を記載したりして読みやすい内容ではあったけど 当初のイメージとは違ったので残念。 続編も出てるようで人気ある本のようでした。
★9 - コメント(0) - 2016年10月9日

この手の本はあまり読んだことがなかったので、自己啓発本とはこう言うものか、と納得しつつ読み進めた。当然ながら、本書におけるドラクエとはRPG全般を指すものであり、ぶっちゃけドラクエである必要はない。この辺りが少し勿体ないし、名前で負けている気もする。何より、ゲーム好きでなおかつエニックスに勤めていたはずの著者が、ゲームを悪い意味で売り物にしてしてしまっている印象が拭えず、残念でならない。書いてある内容自体は実践するに越したことはないようなものなので、一つの取っ掛かりとして読む分にはためになるはず。
★2 - コメント(0) - 2016年9月13日

夢が見つかったので、再読した。結果主義に陥っていたり、いつ死んでも後悔しない生き方というのもできていない。これから人生を楽しく生きていくゲームを始めよう!
★19 - コメント(0) - 2016年9月10日

内容的には他の自己啓発本にもあるようなことだが、それをドラクエ化という形にうまくまとめてあるのがユニークなところ。人生をいかにして面白がるかという、ひとつの考え方になると思う。とりあえず、読了後、ドラクエを1からまたしたくなった。
★1 - コメント(0) - 2016年9月7日

ルール 目標 敵 ってのは解りやすくて良いのではないでしょうか。
★3 - コメント(0) - 2016年9月5日

あらゆるものにゲームの三代要素目的・ルール・敵を投入すればゲーム化できる。コマンドは無限にある。
★1 - コメント(0) - 2016年8月29日

この本の全ては最初の3つの要素決めに凝縮される。あとはその事例と流れだけ。でも、読ませるテクってこれかもね。人生をゲーム化して楽しまなくちゃ損、アクションには逃げるもあるんだし。あ、でも、セーブポイントがないので、どこかからやり直すことはできない点にはご注意。
★9 - コメント(0) - 2016年8月29日

はい。おっしゃる通りです。それ以上はない一冊。
★1 - コメント(0) - 2016年8月22日

楽しく読める哲学書だった。
★1 - コメント(0) - 2016年8月20日

Kindle Unlimited。人生をゲーム化するという感覚非常に面白いです。ゲームと人生の大きな相違点は人生のコンテニュー無いという事です。だからこそ自分の人生を楽しまないと損。
★49 - コメント(0) - 2016年8月13日

自分が生徒だった頃、「人生はRPGだ!」ってエイメイの先生が言っていたのを思い出した( ̄▽ ̄)「人生のゲームルールにおいては、買っても負けても、途中で逃げても経験値があがる」「ゲームの楽しみは目的を達成した瞬間以上に、それを目指して遊んでいる最中にある」ドラクエも人生ゲームも、闘いを避けて逃げていても何も起きないし、レベルも上がらないってことだな!
★1 - コメント(0) - 2016年7月31日

「定価5500円のテレビゲームに、面白さで負ける人生を送ってどうする!」に惹かれた! 内容は読む前からなんとなく想像できたが、ドラクエ世代としては読まないわけにはいかない!  読んでみて「やっぱり」の内容で、自己啓発本によくある定番な感じだが、「人生ゲーム化」というテーマが面白かった。目的や障害、行動などをドラクエに落とし込むことで、不思議と腑に落ちる。 やってみよう、人生ドラクエ化!
★5 - コメント(0) - 2016年7月28日

人生をゲーム化できれば楽しいと思う。著名人の言葉、特にジョブズの意訳は参考になった。
★1 - コメント(0) - 2016年7月15日

87
改めて文字で起こされると面白い。 確かにゲームも人生も一緒。目的があって決められたルールの下敵と戦う。変な自尊心さえ邪魔しなければ、負けても増える経験値、コマンドは無数にあるので、戦いを楽しみながら全クリできそう。 あとは、周り(特に家族)との兼ね合いですな
★1 - コメント(0) - 2016年7月14日

RED
本当になんにでも使えるなと思った。これは自然と「引き寄せの法則」を使っているのかな。
★3 - コメント(0) - 2016年7月14日

オーディオにて。人生での目的や困難をゲームになぞらえる。敵がいて謎解きをして、レベルが上がって新たなステージに行けるからゲームは面白い。人生も同じ。
★4 - コメント(0) - 2016年7月10日

◯手にとりやすく、読みやすく、わかりやすい。
★3 - コメント(0) - 2016年7月4日

著名人の言葉を多々引用している割に内容が薄っぺらい。ただ、著者のゲームへの愛は伝わっってくる(笑)。さらにドラクエをはじめとするRPGをやったことの無い人には理解し難い内容になっている。 ねちっこい人→おおナメクジ、臭い上司→腐った死体、肥満人→キングスライム、等仕事上で嫌な人に出会ったら敵キャラにしてしまうという発想だけは面白かった。
★4 - コメント(0) - 2016年7月4日

人生に、ゲームの三大要素(目的、敵、ルール)を投入すれば、人生はゲーム化する。既存のゲームルールに加え、みずからマイルールを作りだし、ゲームをより楽しく、味わい深いものにできる。例えば、スティーブ・ジョブズは「美しいと感じるもの以外は一切、商品として販売しない」というマイルールに則り、独特のビジネスを展開した。なお、このような制約を含んだマイルールを「信念」と呼び替えてもよい。
★2 - コメント(0) - 2016年6月30日

Kindle版を読みした 個人的には文体が会わす読みにくかったです。 特定の人物の人生を提唱する考え方目線で解説するスタイルで、最初はよいのですが続くと辛くなってきます。 とはいえ考え方は共感が持てるので、シンプルな読み物にしてくれたほうがよあと思います。 漫画向けかな?
★1 - コメント(0) - 2016年6月30日

人生をというより仕事をゲーム化するって発想は前からあったけど、流石に本書のように徹底的にゲーム化までは考えてなかったです。個人的にツボだったのは、エジソンとかキリストとかをゲーマーに例えて名言を紹介するのは新しいと思いました。
★1 - コメント(0) - 2016年6月24日

目的を持ちながら人生を送る事が最も重要。それができれば、人生は良質なものになるはず。
★1 - コメント(0) - 2016年6月21日

バカらしいと思えないイケてる中身です。なんか結構くるわ、これ。そして、バルミューダの寺尾さんと糸井重里さんの対談読むべし。寺尾さんは、人生ドラクエ化を地で行ってることに驚く。
★1 - コメント(0) - 2016年6月20日

バカらしいと思えないイケてる中身です。なんか結構くるわ、これ。そして、バルミューダの寺尾さんと糸井重里さんの対談読むべし。寺尾さんは、人生ドラクエ化を地で行ってることに驚く。
★1 - コメント(0) - 2016年6月20日

まあまあかな。書いてある内容に斬新なことはないが、本の作り方がなかなか手が込んであって、愛を感じる。普段こうした自己啓発系の本を読まないけれど、ゲーム(とくにドラクエ)が好きな人なら、読んで新たな発見があるかもしれない。ただし、ドラクエなどRPGゲームをほとんどやらない人が読んでも楽しめないだろうし、アツさ前回の著者の文章に辟易とするかもしれないけど。そして著者のホームページを見たが、なかなか自身のブランディングがうまい。
★323 - コメント(0) - 2016年6月16日

人生ドラクエ化マニュアル - 覚醒せよ! 人生は命がけのドラゴンクエストだ! -の 評価:100 感想・レビュー:151
ログイン新規登録(無料)