東大人気教授が教える 思考体力を鍛える

東大人気教授が教える 思考体力を鍛える
207ページ
177登録

東大人気教授が教える 思考体力を鍛えるはこんな本です

東大人気教授が教える 思考体力を鍛えるを読んだ人はこんな本も読んでいます


東大人気教授が教える 思考体力を鍛えるの感想・レビュー(119)

答えを1つ出すだけでなくさらに踏み込んで考えてみたり、先を読む力であったり、思考体力をつける上で必要な能力のことが詳しく書かれてあって、読んでてとても面白かった。さらに、その能力をつけるために何をしたらいいのか、身近にできることを挙げており、とても参考になった。章末の話も面白かった。
- コメント(0) - 2016年7月21日

類似書をいくつか読んでいるので、内容は真っ当で、自分には目新しくは感じなかったのだが、所々のエピソードを面白く読んだ。落書きに金を払って徐々にに減額し、目的をイタズラから金にすり替える話とか。著者のお友だちの、英語辞書を使わない論理派の文系君と、質問の返事が数日後に返ってくる熟慮君の話とか。
★5 - コメント(0) - 2016年2月14日

T型人間とは、まず深く1つのことを追求する能力からの挫折。そこから広くものを見、その時の無力感が、人に思いやりが持てるようになるのだと思う今日この頃。まずは一つ掘り下げること。それが忍耐力や突破力を培う。大人が大人になるというのは、とても時間のかかること。諦めずに精進。
★1 - コメント(0) - 2015年3月29日

難しいうんちく本はきらいだけど、これはわかりやすい。「渋滞学」を唱えて42歳の若さで東大教授になった著者が頭がよくなる方法を教えてくれる。これは絶対間違っています。という疑い力が自分には欠けているなぁ。うん、参考になった!
★31 - コメント(0) - 2015年1月9日

昔読んだけど何書いてあったか忘れたからもう一度読もう
- コメント(0) - 2015年1月8日

考えなが行動しろってことが良くわかりました。
- コメント(0) - 2014年4月25日

渋滞学という聞きなれないテーマを研究しているところからの興味。表紙に東大人気教授がって出してしまうところがアレだけど、中身はわかりやすい。総合的にはどれも必要なスキルだけど、それらをバラして解説することによって特別な印象を抱かせているような気がする。この手の本は時折、振り返るには良いのでは。
- コメント(0) - 2014年3月14日

今年は思考能力を鍛える
- コメント(0) - 2014年1月7日

疑い力と大局観、この二つがなかでも重要と感じた。現代社会は物凄い量の情報を瞬時に得られてしまうことがこれらの力を衰退させる原因ではないか。一定量得られたら、そこから先は遮断すべき。
★1 - コメント(0) - 2013年12月20日

考える事の大事さがよくわかる。これを読んだだけで書かれてある事全部実行出来ればすごい優秀な人だと思う。どうすれば子供に思考力をちけるかという教育書的な要素も大きいと感じた。
- コメント(0) - 2013年8月23日

考える力とか、そんなことすら考えたことがなかったのでおもしろかった。専門用語や難しい言葉はなく読みやすい。似たような本がたくさんあるようだけど、まずこれを何度も読んでから別の本も見てみようと思う
- コメント(0) - 2013年8月11日

考える力が衰えていると感じる人にはちょうどいい。
★1 - コメント(0) - 2013年8月2日

☆主張しないこと=協調性ではない。 ☆疑うべきことは周りの人ではなく「自分の思考」 ☆ひらめきは自然に降りてくるものではなく、その前の努力が必要。 ☆書類など提出前「これは絶対に間違っています」とわざと声に出して言って見直すと、ミスが一気に減る。(これはおっちょこちょいの自分がすぐに実践して効果があった!)
★1 - コメント(0) - 2013年7月21日

ただ単に読み進めるだけではなく、自分ならどう考えるか?この言葉を読んでギクッとした。自分は本書でいう「疑い力」に欠けている。基本的に相手の意見や本の内容などをまずは受け入れてしまう。本来は常に疑問を持つべきで、批判的に受け止めなければならないが、それを放棄してしまっている。まずは疑うことを習慣づけるために、1日1回のなぜを行っていきたい。 このこと自体、すでに受け入れてしまっているが…。
- コメント(0) - 2013年3月10日

事例とかビジネス書っぽすぎて本当に本人がすべて書いているのかな?と思ってしまった。書いていなくても書いていてもどうでも良いが。
- コメント(0) - 2012年12月26日

●「思考体力」とは、「考え続ける力」のこと。運動にも体力があるように、思考にも体力があるのです。「思考体力」があれば…どんな難問も解決できます!どんな逆境も乗り越えられます!42歳で東大教授になった渋滞学の権威が教える本当に頭がよくなるたったひとつの方法。☆考えるクセをつけたいと思った。
- コメント(0) - 2012年10月27日

流体力学→渋滞学→思考体力 中身は特に目新しいことはなかったです・・・努力が必要!仮説が必要、仮説は3つもいるのかな?なんて思いました。 これも思考体力やと思います・・・
- コメント(0) - 2012年10月22日

表紙がウサンくさいのが難点ですが、非常に分かりやすく、少なくとも向上心のある方ならピンとくる本です。それを著者なりに6つのタイプに類型化、再定義化した印象を受けました。
- コメント(0) - 2012年8月23日

物は有限だが思考は無限 先読み
- コメント(0) - 2012年7月21日

考え続ける力を思考体力としている 思考体力を6つの力に分けて説明をしている いくつか頷けるところがある。 トレーニングで思考体力を向上させるというのは面白い。 表現が理系の人には分かりやすいが、苦手な人はちょっととっつきにくいかも知れない。 1.自己駆動力  能動的に考えろ 2.多段思考力  もう一段考えろ 3.疑い力  自分の思考を疑え 4.大極力  俯瞰せよ 5.場合分け力  分類して漏れをなくせ 6.ジャンプ力  発想を飛躍させよ
- コメント(0) - 2012年6月14日

ちょっと「うーん」な本でした。6つの力を挙げますが、最初の自己駆動力は、まぁやる気だからあって当然。次の多段思考力は論理的に説明する場合は必要でしょう。でも芸術家など論理的に説明しないほうがいい時もあるしね。4番目の大局力は他分野、社会へアピールするときに必要な広告力。あとの3つは発想に関連する(2.疑い力、5.場合分け力、6.ジャンプ力)。うーん、だめだ、何も得るものがない。やっぱりこの西成先生は、渋滞学の話が面白いのであって、それでもってビジネス本的なハウツーを語られてもちょっとなぁ。
★1 - コメント(0) - 2012年5月6日

★★★著者独自の「思考力」強化法。「自己駆動力」:車のエンジン。間違ってもOK。やったもの勝ち。「多段思考力」:アクセル。粘り強く、根性でWhyと考え続ける力。「疑い力」:ブレーキ。自分の思考を疑う力。ケアレスミスを防ぐ。「大局観」:カーナビ。周辺視野(空間)とサキヨミ(時間)。ズームアウト力。「場合分け力」:ルート選択力。出来るだけ選択肢を増やす。各選択肢に予測を立てる。メリット・デメリットを書き出す。「ジャンプ力」:ピンチの時こそニヤリと笑う。脳の緊張を解くとひらめく。アイデア。連想。
★3 - コメント(0) - 2012年5月3日

☆☆☆
- コメント(0) - 2012年2月2日

なんだかすごく馬鹿にされた気分。流行に乗ってフラップでご説明くださればええんかい
- コメント(0) - 2012年1月31日

「これは絶対に間違っています」という呪文を自分の出した答えにぶつけることは、効果的だと思う。
- コメント(0) - 2012年1月19日

×。著者の方が出版社に乗せられた感。頭のいい人が当たり前にやってきたことを凡人にむけてHOWTO本にしようなんて、そりゃ無理だろうよ。
- コメント(0) - 2012年1月10日

残念本。もういい加減に、Logical thinkingを曖昧な表現でラッピングし直して、さもひとつの体系であるかの如く押し出すのは、やめた方がいいと思う。何より不正確だし、方々で似たような話に違うラベルを付けて学んできた人たちが集まると、まず言葉の定義を統一するところから始めなければならず、無駄な労力が多すぎると思う。
★2 - コメント(0) - 2011年12月26日

いつまでもどこまでもと考え抜く知の体力をみずから掴む。その困難なことがこの本を読むとできそうな気がして来る。
- コメント(0) - 2011年11月1日

思考力を構成する6つの力について学び思考力の鍛える方法を説明している。 「渋滞学」から学ぶ考え方は他にはない視点でとても面白く読めました。
★2 - コメント(0) - 2011年7月27日

仕事がうまくいっていないときって、こんな自己啓発系の本が読みたくなります。仰っていることができれば苦労はしないが。今、非常にキツイ状況。。。
- コメント(0) - 2011年7月9日

思考体力(①自己駆動力②多段思考力③疑い力④大局力⑤場合分け力⑥ジャンプ力)の高い人が今の社会に必要な人。一つの分野だけに突出した天才ではなくて、ある程度、幅広い知識もあって、深く考えることができるバランスのとれた人が必要とのこと。 図や表がところどころで活用されている為、理解しやすく面白い内容でした。合間のコラムも非常に面白く、良本です。
- コメント(0) - 2011年7月2日

過去に読んだ本。記録として。
- コメント(0) - --/--

思考体力とは考え続ける力のこと.大きく分けると,自己駆動力,多段思考力,疑い力,対局力,場合分け力,ジャンプ力の6つ.これらの力をうまく使っていくことで,どんな困難にも打ち勝つことができる.
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(12)

08/30:pcpopple
05/05:でいこ
03/14:cdttdc
12/15:なの

積読中のみんな最新5件(10)

09/26:ripen
08/31:東雲時雨

読みたいと思ったみんな最新5件(36)

10/21:ユキ
10/02:祥平
07/05:Pompoco
東大人気教授が教える 思考体力を鍛えるの 評価:62 感想・レビュー:36
ログイン新規登録(無料)