日本人が世界に誇れる33のこと

日本人が世界に誇れる33のことを読んだ人はこんな本も読んでいます

陸王
5572登録

日本人が世界に誇れる33のことの感想・レビュー(144)

外から見た日本は、当たり前すぎることが日本の良さだと知れて興味深い
★1 - コメント(0) - 1月2日

昔の上司に勧められ本。少し褒めすぎかなと思ったけど、これくらい言わないと日本人は認めない(自信をもたない)のかなと思いました。日本人の良さに気づかされると同時に、自分が日本人らしさを発揮出来ていないときがあることを反省することが出来ました。著者のルーシーさんはジョブキソでも大好きです。"たとえば、恋人と別れてつらいとき。日本では「仕事に集中すれば忘れられるよ」などと言います。"
- コメント(0) - 2016年11月27日

ビジネスにおける心遣い、相手の意図を察する気配りは日本ならではのものでありるが、ドライな欧米感覚が羨ましいときもあるもの。 彼女の日本人の気質を感じる姿勢は、我々も外国人と接するときには心がけたい。 日本語検定1級だけでなく、宅建も取得とは凄い。
★1 - コメント(0) - 2016年11月10日

この手の話…何か特別な事をしている訳ではないのだけれど、ちょっと日本人は違うらしいんだな…でもそれは胸の張れる事が多い。自分じゃ分からないけど… でも、もう少し、国際感覚が必要だと思うんだよな~。日本語で仕事が出来過ぎちゃう。
- コメント(0) - 2016年8月14日

ハワイ生まれのアメリカ人から見た日本人は、謙虚でチームワークを守りおもてなしの精神と、ベタ誉め。普段気にしないぶん、日本人の特性に気づきかされた本。
★2 - コメント(0) - 2016年4月8日

私たち日本人があたりまえに思っていることは外国の方から見たらそうではない。というお話。最近失われつつある日本の心を思い出させてくれる本です。
- コメント(0) - 2015年12月8日

ジョブキソのルーシーさん!
- コメント(0) - 2015年8月30日

日本人の良さを外国人である著者のお陰で認識できた。日本人はもっと自国の事に誇りを持たなきゃな。
★2 - コメント(0) - 2015年7月12日

タイトルの通り日本人の気質が書かれている本です。 レストランで食べ終わった後、なんとなく食器を重ねたりして店員さんから取りやすい位置に置くこと クラクションはあまり鳴らさない(周りに迷惑をかけることはしない)こと ダメもと、という免疫をもっていること 上記が本書を読んで確かに外国人に比べて、確かにそうかもと思ったところです 何にせよ、品のある人間を目指したいと思いました。 回転寿しに行った時に同じ値段の皿を10枚ずつに並べたりするのも日本人特有かもしれませんね。
- コメント(0) - 2015年6月16日

日本で働いていたアメリカ人の書いた日本論だが、日本を褒めすぎている気がする。 日本を褒めた方が売れると編集者に教えられたのだろう。
- コメント(0) - 2015年4月30日

日本に住む元アメリカ人女性から見た、日本人文化の素晴らしさを堂々と語った本。本書で語られている日本人の謙遜の美学や恥の文化、黙して語らずや空気を読むといった一種独特な文化に最初こそ面食らったものの、これこそが日本人の日本人たる素晴らしい文化であり、世界に誇るべきマナー・考え方だと力説されている。ここまで日本人という民族を持ち上げてくれるのは嬉しいが、肝心の日本という国の制度や行政、政府やマスコミの倫理観について一切語られていないところに、暗に含むところがありそうでアンニュイな気分になった。
★2 - コメント(2) - 2015年4月17日

べた褒め。
- コメント(0) - 2015年2月17日

「日本人が世界に誇れること」ということですが、実践していない、やろうと思っても出来ない、大人になってやらなくなった、などなど、これから頑張ってやり直します。  ・「自分はまだまだ」 ・「ありがとう」「おもいやり」 ・「褒められベタ」 大切ですね。
- コメント(0) - 2015年1月9日

アメリカから大学在学時に日本を訪ね,以来日本で就職活動している女性の書いた本で,日本人が気づかない着眼点など読んでいて勉強になる.また,筆者が紹介するエピソードがかなり感動的なこともあり,少し日本人の民族性を過大評価しているような気もするが,日本人としてはそうありたいとは考えさせられる.#70
★1 - コメント(0) - 2014年12月30日

グローバリゼーションや日本の国際化と言われ、日本は変わるべきだ、欧米に続け!と盛んに煽られている気がしてならない。それも、文化的には日本の伝統を残しつつ、経済的には伝統を打ち砕けと言うのである。なんとも難しい話だ。少なくとも日本での多くの経済活動は、日本の文化で育った人が集まって行われているのだから。この本を読んで、欧米思考の危うさと日本の非合理的に思われがちな文化の価値というものを考えさせられた。と同時に外国の方に、日本の良さを教えられるという一方でない喜びを感じた。
★1 - コメント(0) - 2014年8月13日

電子書籍にて読了。なんだかあったかい気持ちになれた本でした。
- コメント(0) - 2014年5月10日

Kindleでセールになっていたから読んだ。うーん、かなり主観的なところもあるので、鵜呑みにはできない感じ。
★4 - コメント(0) - 2014年4月12日

kindleで読破。ちょっと日本を褒めすぎじゃん?と思うものの、自分たち日本人は、自分たちを必要以上に低く見る傾向にあることがわかる。冷静に考えると、自分ちを「だめだ」「まだまだだ」という評価しかしていないことが寂しく感じる。自分自身をけなすことしかしていなくて、どうして未来を語れよう、夢を見ることができよう、と思う。もっと自由に批判したいし、褒めたい。読んだ後、こんなことを思った。
- コメント(0) - 2014年4月11日

読みながら笑ってしまいました。「ダメだ、ダメだ、もっと国際人になっていかないと…」なんて言われて育ちましたが、海外の姿勢を盲信して「このままの日本は崩壊する」なーんて言ってることが「良いこと」と思い込まされてました。「謙遜」もいきすぎると「滑稽」とならないようにしたいものだと思います。この著書を「いや~ちょっと褒めすぎじゃない」と最初に思い、周りに言ってしまうところがすでに日本人だな~。アメリカ人は「そうだろ!」と言うだろうな~とか考えながら読んで楽しかったです。
★3 - コメント(2) - 2014年4月9日

日本人を過剰評価。ガイジン(アメリカ人)に国民性を褒められて気持よくなっているようではいけない。あぶないあぶない、危うく乗せられるところだった・・・。
★3 - コメント(0) - 2014年4月2日

こうやってベースの違う文化を知った上でこれがいいと言ってくれる人はやっぱり嬉しいですね。海外では普通じゃ無いのかと思う点もやはり驚きです。 褒めすぎでは……と感じる部分もありますが、しかしそれこそ著者の感受性と学びの精神があったからこそなのだな、いい出会いをしたんだなと、こういう出会いがあることにやはり喜びを感じます。 誇りを持つと同時にそれら自ら体現できるよう精進を続ける所存。
★3 - コメント(0) - 2014年3月31日

もう少し、日本と日本人を肯定的に考えてもいいんじゃないかと思わせる本。何でも欧米化することがグローバル化なんじゃなくて、日本の良さを世界に広めていくことも大事だと思う。もっと自信持ってもいいんじゃないかな、日本人。
★1 - コメント(0) - 2014年3月23日

1時40分読了。区立図書館で借りた。2012年発行。
- コメント(0) - 2014年3月13日

海外から見た日本を説明するだけでなく、日本の中で日本を良く理解した上での説明は素晴らしい。日本人として再認識させられるところがある。
- コメント(0) - 2014年3月12日

ハワイ出身のルーシーが思う日本のいいところを列挙。 日本人は謙遜し、おもいやりがあり、性善説の上成り立ち、チームワークを重視する。 日本にいて、日本人としか接しないので、日本の良さが分からない私達にもっとそれを大切にすべきと教えてくれる一冊でした。
★5 - コメント(0) - 2014年3月10日

日本人の謙虚さや責任感は誇れるところでもあるが、目立つことや妬まれること、人と衝突することを過剰に恐れる事の裏返しに過ぎないとも言えよう。日本では空気を読めなきゃ村八分。率直に意見を言いづらい窮屈さがはびこっている事も言及すべきだろう。…褒められ下手というのは当たってますね。かくいう私もそんな日本が嫌いじゃないです。
★1 - コメント(0) - 2014年3月6日

ハワイから日本に移住してきた人が日本人をベタ褒めしてる本。そういう視点もあると考えるといいんだけど、それにしても極端すぎてついて行けなかった… 謙遜するのは、謙虚というよりは育つ過程で自信を奪われてるってのもある。それゆえ日本スタイルをつらぬけないわけだし。「お天道様は見ているよ」的な謎の縛りで行儀がいいって部分もあるし。ただ、日本人は日本人らしく、でいいのかもしれませんね。なんでも欧米式が良いという考えは良くない。日本人の良い所もたくさんあるんで、そこを見失わないようにしたいものです。
★1 - コメント(0) - 2014年3月6日

スルッと、二日で読めました。 普段気にしていないことが大切だったりして興味深かったです。 私は、英語的あるいは西欧的な感覚が結構ぴったりくる感じで、自己主張したり、合理的にものを考えて行動することが好きな方ですが、改めてこうして外国の方に日本人や日本語、日本社会の在り方を語ってもらうと、そうした土台の上での感覚なのだなということがよくわかります。 両方の感覚がバランスよく使いこなせたら、最高なのだと思います。
★1 - コメント(0) - 2014年3月5日

日本人としての美徳は大切にしていきたいな。
- コメント(0) - 2014年3月1日

Kindle日替わりセールで1066円引きの価格に釣られ読んでみました。こういう機会がないと滅多に読まない類の本ですが、十分に楽しめる内容。ものの見方には多面性があるし、一つの価値観を押し付けることは避けるべきですが、一方で自分たちの価値観に自信をもつことも大事です。褒められすぎで少し照れてしまいますが、自信を失いかけたときに読むと元気がでる本。
★1 - コメント(0) - 2014年2月28日

日本人で良かった。私たちの気質、習慣、環境は悪くなかった。自信が湧いてくる。日本でビジネスの第一線で活躍するアメリカ生まれの女性経営者が、すべての日本人に贈る応援メッセージ。当たり前のように暮らす生活の中に、日本人の良さが見えてくる。それを気付かせてくれた本。支え合う人間関係。。自分さえよければいい、という考えを嫌う。周りとの協調を大事にする。合理的でないかもしれない。しかし、思いやりやおもてなしの文化。それが良好な人間関係となり、心の安定が良心を育む。日本人の支え合う人間関係、それはチームワークだ。
★1 - コメント(0) - 2014年2月15日

著者はハワイ育ちのアメリカ人女性で、日本への留学経験から1988年に日本企業に就職され以来24年以上日本でビジネスを展開され、知日家にしてキャリアウーマンとして活躍中の方。その彼女が日本人の気質、習俗、ビジネスの進め方等について33点も褒めちぎっておられる。日本人にとってはごく当たり前のことが、異なる文化・環境で育った著者から見るともっと誇ってよいことだと。したがい耳触りは極めて良いのだがいささか尻こそばい。発信すべきものの見極めが大切なのでしょう。まずは日本の文化習俗について正しく理解することからかな。
★3 - コメント(0) - 2014年2月2日

今日本がアメリカ的考えに注目し、日本の本来の良さを、良さと捕らえられなくなったり、失われつつあるようなこと、また、日本人に当然として根付いている習慣・行動・考え方に、自信を持っていいんだな、大切にしていきたいな、と思いました。 同時に日本の考えや行動がすべて正しいと過信するのではなく、諸外国の方との違いであることも理解し、お互い理解し合うことも大切なのだな、と感じました。
★1 - コメント(0) - 2014年1月26日

なんか褒めすぎだよ。なんにでも良い所もあれば悪い所もあるからね。財布や鞄が必ずしも戻るとは限らないし…。
- コメント(0) - 2014年1月20日

うーん、ちょっと褒めすぎじゃない…?と思ったりしたけど、日本人が当たり前と思っていることが外国人からは素晴らしいこと、というのは素直に嬉しい。他国の目を気にしすぎずに日本の文化風習に自信を持っていきたいもの。折角の良いところも無くさずにいたいものです。
★3 - コメント(0) - 2013年10月4日

日本人の良いところをよく見ていてくれて嬉しいんだけれど、ちょっと褒めすぎでないかしら…って思ってしまいました。 そして、そのせっかく褒めてもらえた良さが、少しづつ無くなりつつある今の日本が心配です。
★1 - コメント(0) - 2013年8月27日

”外国人から見た日本人の良さ”をテーマにした本は何冊か読んだが、この本は日本企業に就職してという内容だったので新鮮さを感じた。ともすれば日本人の欠点や弱点とされる面を”誇れること”と認識してもらっているのは嬉しいが、それはご本人の感性と女性であること、そして日本人と結婚して長年日本に住んでいることが大きいのだと思う。短期間の付き合いではこういう理解をしてくれる人は少ないのではないか。でも、ビジネスの場において、対等に渡り合う場面は必要だと思われるが、日本式の良さを堂々と貫くことも必要なのかなと思った。
★2 - コメント(0) - 2013年8月21日

★★★☆☆ 知人なので読んでみた。
- コメント(0) - 2013年8月19日

少し誤解してる部分もあると思った。
- コメント(0) - 2013年7月5日

来週、講演会でお話を聞く予定なので購入し読んでみた。自分では当たり前だと思っていることが外国人から見ると、驚くことがこんなにたくさんあるとは些かビックリ。また、ここで自慢せず謙遜してしまうところが日本人の美徳。グローバル化という言葉に押し流されるかのように従来の日本スタイルが否定されたり失われつつあるようだが、これも日本人が日本人である所以だと思って貫き通す事が大切なのかも。
- コメント(0) - 2013年6月8日

日本人が世界に誇れる33のことの 評価:80 感想・レビュー:55
ログイン新規登録(無料)