ちがうねん

ちがうねんはこんな本です

ちがうねんの感想・レビュー(788)

non
 17-64:絵本。立ち読みやっぱり二度読みするよね。この関西弁が妙味。これまたブラック。
★2 - コメント(0) - 3月11日

笑えた。
★2 - コメント(0) - 2月25日

小さな魚が勝手に帽子を大きな魚から取り逃走。途中カニで見られ。なんとかたどり着くも最後は・・・・。 勝手に人のものを取るって悪い。短い文章ですごく綺麗。ほかのジョンラッセンも見たいです。
★17 - コメント(0) - 2月22日

http://naym1.cocolog-nifty.com/tetsuya/2014/06/post-35e8.html
- コメント(0) - 2月19日

【図書館】読み聞かせ5年生
- コメント(0) - 2月18日

原題『THIS IS NOT MY HAT』。2作目の舞台は水の中。きみにぴったりだと私も思う。でも、「とったらあかん」なぁ。 カニはてっきり友達かと思っていたら違ったみたい。おっきなさかなは狸寝入りしてたのか地獄耳なのかってくらいの追跡ぶり。ちいさなさかなの根拠のない自信満々さが更にドキドキを誘う、「ジョーズ」のテーマが聞こえてきそうな話だった..・ヘ(。≧O≦)ノ ニゲロー!!
★44 - コメント(2) - 2月18日

5
なんでみんなそんな帽子好きなん…。
★2 - コメント(0) - 2月3日

シンプルな絵と話なのだけれど、ユーモアがあって、シニカルで美しい。ところで、全くの好みの問題だが、やっぱり関西弁の翻訳に自分はひっかかってしまう。なぜならその訳のせいでこの子魚の性別を特定してしまっているゆえ、せっかくの想像力で埋める余白の部分を読者から奪ってしまっているように感じるからだ。例えばこの子魚がアクビ娘みたいなおてんばな女の子という設定だったらどうだっただろうか。そうなるとビターのこの話の結末もまた違った、自分にとってはより怖い話に思えてくるのである。もったいない。
★7 - コメント(0) - 2月3日

どこいったん?と同じ系のこわい本。小さいお魚さんどこいったん?\(^o^)/
★26 - コメント(0) - 1月24日

5年生の読み聞かせに使用。帽子を盗んだ小魚に静かに迫り来る大きな魚…。ラストはちょっとざわっとしました。
★17 - コメント(0) - 1月24日

3冊目を先に読んでしまって、読メで1.2があることを教えてもらった。そしてまた2冊目の方を読んだ私。こちらもすごくいい!その目つきといい、関西弁といい、最後は…だけど傑作!
★28 - コメント(0) - 1月24日

4歳0か月。
★2 - コメント(0) - 1月23日

「どこいったん」の逆バージョン?関西弁がシュール。
★4 - コメント(0) - 1月20日

5年生に読み聞かせました少ない文章で想像力を使える内容ちょっとブラックな内容だけど関西弁で軽い感じなのが良いと思う
★3 - コメント(0) - 1月18日

【図書館】「まあ、だいじょうぶやろ。」そんな楽観的な小さい魚と、その予想をことごとく裏切る行動をする大きな魚のギャップににやにやしながら読みました。軽口を叩いていた小さい魚は憎めない子だったんだけど……。大きな魚のジト目が可愛い。
★6 - コメント(0) - 1月10日

『どこいったん』お魚ver.えっ、お魚さんも帽子かぶりはんの?いくら、おっきな魚に似合わんと、自分にピッタリやからって、他人(っていうか他の魚)のもの盗ったらアカンやんか?!「ここだけの話やけどな・・・」とかいう話は、大抵みんなに知れ渡ってんねんで、そうアンタが帽子盗ったこともな。見つかる前に謝っといたら、そんなことにならへんかったのに・・・!あぁ~・・・えらいこっちゃ・・・!ここだけの話な、実はな「ちがうねん」よりもこっちの方が言い慣れてるねんで、関西人は。「ちゃうねん」
★47 - コメント(0) - 2016年12月30日

これ、こわいねん。
★10 - コメント(0) - 2016年12月26日

'16 『みつけてん』が、ほのぼの ほっこりでよかったので、『どこいったん』とこちらの2冊も読んでみようと。先に読んだ『どこいったん』は、裏表紙の前の絵で、実はブラックではない❓と思わせてくれたので、こちらの本の裏表紙の前の絵に小さなさかなの姿を探してみたのだけど、残念ながら…図書館の本で、カバーで隠れてるところが見られないのが心残りだけど。
★31 - コメント(1) - 2016年12月23日

最後が気になる…返しただけなのか、食べられてしまったのか…
★4 - コメント(0) - 2016年12月14日

【○+】「どこいったん」を読んだ後の本書だと、どうしても結末の想像ができてしまうのだけれど、読後感はまた少し異なる。絵面は三人称なのに、物語は一人称で展開されるからだ。それゆえに、ラストページが完全な沈黙であることで、「ああ、そういうことなんだな」と気づかされてしまう、そういう怖さがある。とにかく、自分勝手というものには因果応報がつきまとう…、というより、追い掛けられる定めなのだな、というお話。
★4 - コメント(0) - 2016年12月5日

大阪弁なので一見ユーモラスな感じもしますが、実は・・・。ちょっと怖いですね。
★13 - コメント(0) - 2016年12月2日

 >゜))彡
★8 - コメント(0) - 2016年11月29日

同じ作者&訳者コンビの『どこいったん』が面白かったので こちらも読んでみました♪ ■ …え、 え? えーーー?!  そーなんだ。。前作よりも明示的に寓話的だけど、ぽつりぽつりと話す大阪弁の訳が効いて、寓話的になり過ぎないところがよかった。■水中の絵が美しくてすき。大きな魚が目を閉じている姿はアザラシっぽくてかわいいです(ღ′◡‵) (2012年、長谷川義史 訳)
★55 - コメント(0) - 2016年11月26日

「どこいったん」のパート2今度はお魚の青い帽子。敵も然る者なるほどね、きっちり取り返してん。
★11 - コメント(0) - 2016年11月25日

どこいったん、の衝撃には、足許及ばず。
★13 - コメント(0) - 2016年11月20日

「どこいったん」の結末を知ってると、このブラックさ想像はしていたが、大きな魚と告げ口する?蟹にどっかの国のマフィアにでも目をつけられたようなスリルを感じる。結末は闇の中で。
★10 - コメント(0) - 2016年11月20日

この読書メーターで「どこいったん」が人気のようなので読もうと思って図書館に行ったら、その本はなくて、同じ作者のこの本があったので借りました。絵の可愛さと関西弁の軽妙さと裏腹に何とも怖い結末。確かに人の物を盗んじゃいけないけどね。
★29 - コメント(0) - 2016年11月19日

「どこいったん」もシュールで面白かったけど「ちがうねん」は似た話しながら違うインパクトのあるお話でした。端的に言うならば「自業自得」「因果応報」。そしてその酬いがリアルでおぞましい。誰も知らないところで片が付く。これ以上に恐ろしいものがあるだろうか。。。
★36 - コメント(0) - 2016年11月19日

文京区立根津図書館で借りました。
★3 - コメント(0) - 2016年11月17日

ほらほら来てるよ来てるから、早く逃げないときっと大変なことが起こるよ。私好みの配色で美しいながらも大変心臓に悪い絵本でした。カニは密告者?真相は海藻のジャングルの中。そして沈黙。息子はさかなの大きさや帽子などを指差して楽しそうに教えてくれましたが、やはりこちらもブラックでした。
★20 - コメント(4) - 2016年11月15日

大きな魚から帽子盗んで逃げる小魚。気づかれないはず、見つからないはず…能天気な小魚の後ろから忍び寄る大きな魚。そこはかとない怖さが…。
★22 - コメント(0) - 2016年11月13日

「どこいったん」と合わせて読みたい本。動物か魚か、テイストは一緒なので児童には好みに合わせて紹介すればいいかなあと。読み聞かせは結局動物にしましたが。
★3 - コメント(0) - 2016年11月11日

『どこいったん』を読んだあとだったので、結末はなんとなく想像してたけど、やっぱりな感じ。 ちいさい魚さん、これはやっぱりアカンで! 海草の森の中での出来事を想像すると、ぞっとするわ・・・。
★7 - コメント(0) - 2016年11月5日

うちの姉妹は同著の『どこいったん』が大好きで、購入。続いて『ちがうねん』を図書館で借りたのに、コレは怖くてアカンかったらしく1回しか読まず。オチ同じやん?私は好きだけどなぁ。
★10 - コメント(0) - 2016年11月3日

ちがうねん、ぼくとったんちがうねん。さすがに「どこいったん」ほどの衝撃はないねんけどな。ちがうねん。
★25 - コメント(0) - 2016年11月3日

ジョン・クラッセン2作目は水中。大きいさかなの帽子を盗んでしまった小魚が逃げていくお話。前編大阪弁なので、一見面白そうに思いますが、真相は闇のなか。「空白」という存在の恐怖をいかに伝えるか、ドキドキでスリル溢れる一作でした。魚たちの表情が豊かで好き。
★10 - コメント(0) - 2016年11月2日

購入。
- コメント(0) - 2016年10月30日

3歳児には少し解説つきで読んでみたら、かなり気に入った様子でもう1回読まされた。。。このブラックさ、やっぱりいい。
★5 - コメント(0) - 2016年10月28日

大きな魚から帽子を取ってきちゃった小さな魚。大丈夫だろうといろんな理由をつけるも・・・。ラストは海藻のジャングルだけが知っている!?
★14 - コメント(0) - 2016年10月24日

ま、真っ黒やん…。でも大好き。子どもによってはイラストとテキストの文脈の違いを読み取るのは難しそうというか、そもそも子ども向けじゃなかった。笑
★4 - コメント(0) - 2016年10月9日

ちがうねんの 評価:100 感想・レビュー:469
ログイン新規登録(無料)