天才外科医の憂鬱 (ダリア文庫)

天才外科医の憂鬱 (ダリア文庫)
274ページ
193登録

天才外科医の憂鬱はこんな本です

天才外科医の憂鬱の感想・レビュー(135)

★★★★ 医療のお仕事BLですねっ!なかなかリアルな仕事内容がとても面白かったです♪ モデルの様な長身とスタイルを持ちながら、中身はチワワの様なワンコ・・・そんな矢代に和みます。それでいて「リークゼロ」の異名を持つとは♪ 神の様なオペを一人でこなす「夜叉姫」こと香野は、手術室と普段とでは性格が違うのだが、矢代と2人きりだともっと甘えたなネコになるのがまたイイですね♡ 心臓の疾患や家族のことや海外で受けた心の傷が痛々しくて…これからは矢代に愛され護られ甘やかされて幸せになって欲しいです。
★29 - コメント(0) - 2015年8月5日

しっかりとしたお仕事小説で読み応えがあり、面白かったです。専門用語も多いですが本格的な医療現場の描写に引き込まれ一気読み。攻めの気弱な大型わんこぶりが大変可愛らしくツボ。大きな身体を縮めてちょこんと座る姿を挿し絵で見たかったー(笑)受けも掴めないクールビューティーかと思えば、攻めの前では甘えたにゃんこ化して可愛かったです。癖のある麻酔科医の久能さんは好きだけれど、そのお相手になるであろうウメがどうも好きになれないのでスピンがあっても悩むところ…。
★26 - コメント(0) - 2015年7月20日

初読みの作家さん。本格めな医療物でBLなのでなんとも不思議な読後感。分からない用語もあったけど、臨場感があって面白かったです。矢代先生がもう、でっかい気が弱めのワンコで可愛いですわ。香野先生の「夜叉姫」になった原因がせつなくて、涙目になってしまいました。他の作品も読んでみたいな。
★5 - コメント(0) - 2014年10月27日

おもしろかったけども、お仕事描写がしっかりしているぶん、恋愛面が少し曖昧になった印象。矢代くんは実はスゴイ技術の持ち主だったらしいけど、前半はひたすら香野先生すごいすごいでもおれがここにいる意味あるの?って感じだったので、いざオペをしてみても、え…スゴイ子だったの??という違和感。そもそもは憧れなわけだし、そこからどうやって恋愛に発展したのかよくわからない…。後半は、お仕事描写に恋愛描写が伴うことで説得力が出てきてよかった。香野先生の恋愛スキルは意外性ということで◎。矢代くん一応視界に入ってたのね(笑)
★3 - コメント(1) - 2014年10月11日

★★★★★。初作家さん。面白かったです〜!手術シーンの臨場感溢れる表現は勿論、主役カプのキャラがイイ。萌えを感じました。攻めのわんこぶりも良いけど受けの掴みどころのない、それでいて直球を投げてくる所がたまりません!素敵なバカップルでした。
★9 - コメント(0) - 2014年8月23日

☆春原さんの医者ものは好き。やさしい大型わんことクールかと思えば懐いちゃうと甘々にゃんこのカップルは良かった。久能先生も連城先生も良かった。梅はなんで解雇じゃないの?スピンがあっても梅が主役なら読みたくないかなあ。
- コメント(0) - 2014年7月17日

文章や描写が丁寧で綺麗。印象の良い作品。
- コメント(0) - 2014年7月5日

春原さんの医療もの。ダリアフェアのため購入。相変わらず医療現場のシーンは詳しいしわかりやすい。攻めの大型わんこが、天才的な縫合の技を持つ凄腕外科医だとは…楽しいギャップでした。そして夜叉姫の異名を持つ受けが、オフでは甘えた猫なところもお気に入り。しかし許せないのは受けのストーカー看護士。手術時に外科医を邪魔する看護士など懲戒モノだと思うのだけれど…あっさり許されているのが納得いかないな。脇キャラの麻酔医もいい性格で、この人のスピンなどあれば楽しいかも。
★4 - コメント(0) - 2014年5月3日

拝借本。初読み作家様。作家さんが医療従事者様とあって、オペシーンは読み応えあり。恋愛面は薄かったですが、面白かったです。過去のトラウマからオペになると人格が変わる「夜叉姫」こと香野と、そんな香野に憧れを抱いていた大型ワンコ矢代。香野は矢代という仕事でもプライベートでも最高のパートナーと言える存在に出会えて本当に良かったと思う。プライベートになると甘えた猫状態なる香野に萌えました☆脇キャラもすごく良かった。情報網が広い麻酔医久能と副院長の連城、トラブルメーカーの梅原。久能と梅原はスピンがあれば読んでみたい。
- コメント(2) - 2014年4月21日

初読みの作者さまでしたが、面白かったです!お仕事描写がすごく丁寧だったので、ラブよりお仕事の方がメインな印象もありましたが、作者さま自身が医療従事者だったというのを後書きで読んで納得。主人公の攻めも好感持てて良かったけれど、連城先生と香野の関係の方に萌えてしまった(笑)
★5 - コメント(0) - 2014年3月16日

病院が舞台で外科医同士。オペ室での割と細かな描写がお仕事BL好きの私には面白かった。解らないとこもあったけどそこは雰囲気で。受けの過去が辛い。矢代に出会えて幸せを感じるようになった香野は、いつかは夜叉姫にならず執刀出来る時がくるかも知れない、そうなって欲しい。攻めのワンコっぷりがいい感じ。梅原は……困ったコドモだ。
★4 - コメント(0) - 2014年2月7日

最初のリークゼロのフラグのところがよくわかんなくてうん……?って感じだったのがちょっと切ない。手術中に妨害はないわー
- コメント(0) - 2013年11月10日

お仕事描写が楽しくてあっという間に読んでしまったー。初読み作家様ですが、オペ室に入ってたとのことでお仕事描写がしっかり、でも分かりやすく書いてありました。同じ外科医同士、矢代が憧れの天才外科医香野へのワンコっぷりが良かったです。2013ダリア文庫フェア小冊子あり
★10 - コメント(0) - 2013年10月14日

医師×医師
- コメント(0) - 2013年6月29日

矢代も香野も表紙絵やあらすじから想像したのとはキャラが違っていた( まさか矢代がワンコキャラだとは思わなかった)けれど、おもしろかった。仕事シーンがたくさんあるのも仕事モノ好きには嬉しい。作者が医療従事者ということで、仕事の描写や病院についての描写が細かく判りやすかった。久能先生が良い味出してて気に入ったので、フェア終了後にもかかわらず付いてきた小冊子で話を読めたのは良かった。でもあまり俺様攻っぽく感じなかったのでこの人メインの話も読んでみたい。
- コメント(0) - 2013年6月27日

初読み作家様。医者×医者で、オペシーン等満載ですが、描写がやけに細かいと思ってたら、なるほど。。医療従事者様の描かれるBL本だったんですね。身体は大きいのに、引っ込み思案で気の小さい攻めの八代と、見た目は柔和なのに、手術の時には神憑り的な集中力で周りを寄せ付けない受けの香野。それぞれのギャップもよく、「夜叉姫」と呼ばれる孤高の天才医師・香野が、支えてくれる攻めに寄り添うようになり、甘える描写には萌えました。しかし、タイトルは攻めの事を指してるのか。。最後までなんだか気になってしまいました。
★1 - コメント(0) - 2013年6月16日

3.5 医療関係の描写がやけにリアルと思ったら、それ方面のお仕事されてたんですね。あっさりめだけどワンコ好きなので楽しかった。
- コメント(0) - 2013年4月30日

面白かったけど、何が憂鬱?充実の設備と理解ある上司、尽くしてくれて愛情いっぱいで高スペックな恋人。かなりのリア充じゃないか( ̄・・ ̄)
- コメント(0) - 2013年4月23日

医療ドラマみたいで面白かったです。ヘタレワンコだけど実はハイスペックな攻め、いいわー。ウメはちょっと好きになれなかったかな。
★1 - コメント(0) - 2013年4月19日

フェアにつられて購入。医療系がなんかすごかった。本編よりも小冊子その後の久能と梅原が気になる…。
- コメント(0) - 2013年4月18日

面白かった。恋愛以外のところもしっかり面白くてサクサク読めました。読んだ後も何度か読み直しました。ただのヘタレワンコでなくて仕事のできるいい男はポイント高いよなぁ。連城先生の設定には「ああ、上手」と思わず思えました。
★2 - コメント(0) - 2013年1月7日

春原先生の医師もの大好きです。年上天才外科医の香野と同じ外科医リークゼロと呼ばれる天才肌の矢代。年下ワンコと、ちょっとピーキーな所のある美人受け。あとがきにありましたが同じ専門の医師のカップルは初めてだそうです。常に横にいることができるから、より甘くて安定した雰囲気だったのではないかと思いました。脇の久能先生も春原キャラらしくいい味だしてました。
★1 - コメント(0) - 2013年1月7日

頂き本。春原さんの安定の医療もの。というより、どこかで読んだような気がしてしまうのは、突出した技術を持っているがどこか欠けた所がある医師という設定が、他の著作と被っているせいだと思う。とまれ、程よくリアルな手術シーンは読み応えがあったし、ヘタレワンコが意外にハイスペックだったのも好み。クセモノな久能先生とおこちゃま看護士のウメは、スピン狙いだろうか。そしてやがてはこのメディカルセンターも、別作家さんの医大同様に偏ったスタッフだらけに(笑)
★19 - コメント(0) - 2012年10月26日

★★★★☆
- コメント(0) - 2012年9月15日

再読。矢代くんのヘタレわんこぷりと香野さんの女王様ぷりが大好きで!!お互いに依存する訳でなく、一緒に立って生きていこうとする大人な二人がいいですね、凄く。別作品ともリンクしているので、もっと色々読みたい!!瀬川くんと多岐さん、矢代くんと香野さんの二組の下剋上カプの絡みを!
- コメント(0) - 2012年9月14日

“夜叉姫”に“リークゼロ”なんて、何だか海堂さんの小説みたいです。なまじお仕事描写がリアルなだけに、そこにこんなケレン味のあるイイ男ばっかうろうろしているという情景には、現実と虚構の二重写しでちょっとクラクラしました。ただ、手術中に術者を傷つけるような行為を看護師があからさまにするとは、いくら思考がガキだといってもちょっとありえないような。香野先生は魔性っぽい受けかと思ったら結構一途だし、攻めはもう徹頭徹尾先生ひとすじなので、恋愛に関してはストレスなくてよかったわ。
★4 - コメント(0) - 2012年9月4日

かなりツボでした!打ち捨てられた天才三人が集まる、いわゆる老人病院。そこにキラキラな手術室があって神業が発揮されるのが楽しくてワクワクしました。大型ワンコなのに昔は病弱で今も気が弱い矢代が可愛い。手術中になると夜叉に変貌する香野も美人でいいですね!続編希望です。
★13 - コメント(0) - 2012年9月2日

RIN
春原原さんの「逢えるかもしれない」のシリーズが好みで今回も医療のと期待して読んだ。天才外科医とワンコのコンビは想像通り。久能氏が良い味だしてくれて個人的にかなり好みのキャラで出番が多いことも、プラス最後の活躍も想像の範囲内で意外性はなかったけれどGOOD!
★3 - コメント(0) - 2012年8月11日

春原さんの医療ものは2冊目ですが、やっぱりすごく臨場感があって読み応え抜群! おもしろかった! だけど私は春原さんの書くBLとは相性悪いらしく、もうこれBLじゃなくていいよと思ってしまった(すみません……)。お話はすごくおもしろいので、続編があれば読みます! でもウメちゃん苦手……うーん。でも医療シーンがホント好きなので、悩むけどたぶん読む!
- コメント(0) - 2012年8月7日

借り物。飛ばして読んでしまったためか、いつのまにひっついたの?と少し思ってしまいましたが面白かったです。わんこと夜叉姫。是非続きが読みたいです。久能先生の話も含めて。お仕事シーンは専門用語が多くて?となるところもありましたが、リアル感は良かったです。
- コメント(0) - 2012年6月1日

才能あるってすごいなぁ。あまりにも突出していると周りの人がついていけません。が、矢代と香野はいいパートナーですね♪夜叉姫香野がだんだんと人間になっていく様子が楽しかったです。面白かったなー。
★1 - コメント(0) - 2012年5月29日

春原作品を読むようになったきっかけの本。医療と大まかに芸術系、職業もんが多いですな。登場人物の頑なさをもっているのはどちらも同じ切り口のことが多い。この作品はイラストのニュアンスと同じスマートさが感じられる。
- コメント(0) - 2012年5月24日

多岐さんのシリーズがどうも合わなくて、これもどうかな?と思ったのですが、面白かった。八代が駄目っ子じゃなくてよかった。そして、ウメの続編を期待してていいんですね?
- コメント(0) - 2012年5月22日

BLには数多くいる天才外科医。わけあり超絶天才受けはともかく、その受けのパートナーの座を得るワンコ攻めもまた吻合・縫合技術の天賦の才を持つのがマニアックで面白い。手術や大学病院の内情など、医療ものならではの緊迫感が味わえる。半ば忘れてたけど、LOVEも相思相愛で読後感は甘くて満足。
★13 - コメント(0) - 2012年5月14日

面白かったぁ!医局や学閥のアレコレが興味深い。医療モノということで専門的な単語が使われていても、専門的すぎない描写のおかげでなんとなく光景が浮かぶ〜という場面が多々。術中などワクワクしました。加えてキャラが立ってる。トラウマ持ちの孤独な天才・香野と香野に憧れ天才的な技術を得た矢代との、天才ミーツ天才な切り口が良い。『夜叉姫』『リークゼロ』といったふたつ名や香野が矢代の腕を認識した『君は誰だ』の辺りがすごく良かったデス〜♪
★15 - コメント(0) - 2012年5月11日

医療ものだけど専門的過ぎずいい匙加減で仕事内容が入っていて楽しめた。医局の面々の幼稚な嫌がらせには本気でむかついた。ウメとロックオンされた方とのスピンがあるってことで期待していいのよね???な終わり方で、そっちも楽しみ。
★5 - コメント(0) - 2012年5月1日

ray
春原さんの医療もの!毎度大好きなお話が多いのだけど、これも期待を裏切られることなく、春原ワールド全開ですっごくおもしろかった♪なんなんだ!あのへたれ大型ワンコの矢代のかわいさったら(笑)でもって、半端ない技術をもってるのに、あの謙虚さ!矢代の高感度うなぎのぼりだったよ(笑)そして、その矢代をいつも翻弄してる香野さん!彼のデレ方ももうたまらなくかわいいのですが執着度がこれまた半端なく、かなり萌え萌えしましたね(笑)ぜひぜひ、続編読みたいです!!そして久能さんと梅ちゃんのスピンオフもぜひお願いしたいです
★4 - コメント(0) - 2012年4月29日

ヘタレワンコ、それも大型犬かわいい^^ 医局の学閥争いの吹きだまり病院。ウメのドタバタよりももっと医局の争いをがっつり読んでみたかった。 BLなんでLを入れるとどうしても他を削るしかなくなるんだけども。おもしろいんだけど物足りなさを感じる。「きみは」シリーズがおもしろかっただけにちょっと残念。結局ウメの騒動もなんか中途半端だったかな~
★2 - コメント(0) - 2012年4月27日

天才外科医の憂鬱の 評価:76 感想・レビュー:50
ログイン新規登録(無料)