異世界出戻り奮闘記 1 ~巫女だとバレずに帰ります!~ (アリアンローズ)

異世界出戻り奮闘記 1 ~巫女だとバレずに帰ります!~ (アリアンローズ)
319ページ
112登録

異世界出戻り奮闘記~巫女だとバレずに帰ります!~ 1巻はこんな本です

異世界出戻り奮闘記~巫女だとバレずに帰ります!~ 1巻はこんな本です

異世界出戻り奮闘記~巫女だとバレずに帰ります!~ 1巻の感想・レビュー(88)

まあまあ面白かった。役目も果たして帰ったのに、またトリップさせられて災難だったのかそうじゃ無いのかはこれからだね。
★3 - コメント(0) - 2016年12月22日

とっーても面白かった!ドキドキ★ノエル好きだー(о´∀`о)
★1 - コメント(0) - 2016年12月1日

道果ての雰囲気に似ていてそれは好きだったけど、展開が別作者さんの某作品を思わせてすこしもやっとしてしまった。食堂で働いて王宮に入るっていう部分とかさぁ…。でもそれ以外はひっかかることもなく、するするっと読めて、格別ヒドイひとが出てくるわけでもなく、すすんで面白かったかな。
★1 - コメント(0) - 2016年8月21日

一巻目。まだ話は続くようです。まだお話の序盤というカンジであまりトキメキは詰まっておりません。次巻に期待。
★2 - コメント(0) - 2016年6月27日

ヒロインの回想シーンでしかわからないけどノエル絶対ヒロインのこと好きだろ!!!的なジレジレと、出戻ったヒロインが足を地に着けた生活基盤を築くのがいいですね。芯の強い女性は好きです。
★4 - コメント(0) - 2016年3月7日

一度は振ったけど、本当はノエルはハルカのこと好きなんじゃないかと思わせるような場面がちょこちょこあり楽しめました。ただ、あんまり展開はなかったので次巻に期待します。
★32 - コメント(0) - 2016年2月28日

★★★★☆ヒーローとヒロインじれったい〜(>_<)ヒロインを心配するヒーローの行動に萌える〜(*´∇`*)立場があってヒロインを近くで守ることが出来ないヒーローの焦りにニマニマするっっ‼‼(>_<)
★15 - コメント(0) - 2016年2月8日

1巻。webからの書籍化作品。異世界トリップ物ですが、一旦"聖女"としての役目を終えて元の世界に帰ったのに出戻り…呼び戻され、しかも前に使えた能力は皆無の役立たずで、しかも右も左も解らない場所に放り出されて…てな設定が目新しくて面白いと思いマス(普通こういう物語では、異世界に馴染んで元の世界には帰らないしもんね)。
★5 - コメント(0) - 2016年1月17日

序盤は良かったけど。
★2 - コメント(0) - 2016年1月3日

作者さん買い♪。この作者さんの作品は「道果て向こうの光」を読んだけど、それがすごーい面白くて、この作品も読んでみることにした♪。「道果て向こうの光」よりは重たくはないけど、シリアスとほのぼのの中間な作品で面白かったよー♪。この作者さんのヒロインは性格いいから、読んでて、ストレス全く感じないね♪。2巻ももう買ってあるから、近いうちに読むぞー♪。
★14 - コメント(0) - 2015年12月16日

ヒロインは異世界に召喚されて巫女の役目を果たし、元の世界へ帰るのですが、またしても異世界へ逆戻り。けれど前回とは全然違う環境のようで......。というお話です。前回とは容姿も違うので巫女とは気づいてもらえず王宮では門前払い、お金もなく頼る人にも面会できず、行き倒れていたヒロインを助けるのが町の食堂のご夫妻。このご夫妻にお世話になったお陰で王宮にも先入出来て話は進んで行きます。話の導入部分の巻になるのでヒーローとのラブも進展が殆どないのですが(ヒロインが鈍いせいもありますが)次の巻に期待です。
★12 - コメント(0) - 2015年11月10日

前に巫女として召喚された世界に、今度は一般人のまま再召喚されたヒロイン。この世界には前に振られてしまった騎士様もいて・・という異世界もの。異世界ものって割と細かいことが気になりがち(何でヒロインはすぐ馴染むの?とか)なので、このお話は2度目という設定がうまいな~と思った。恋愛面とヒーローの印象は今のところ薄すぎて人情ものという感じだが、お話は面白く無理やり感もない。真面目な召喚ものって感じ。2巻が出てるみたいなので続きはまた読んでみようと思う。
★14 - コメント(0) - 2015年11月4日

意外と面白かった。2巻読む前にネットで先読みしてしまったわ。
★3 - コメント(0) - 2015年9月30日

再読。
- コメント(0) - 2015年8月22日

★★★☆☆
★2 - コメント(0) - 2015年5月31日

Web小説の書籍化だからか、一巻の中に見せ場がない。少なくともこれだけだと評価は低くならざるを得ない。
★5 - コメント(0) - 2015年5月27日

「道果ての〜」の秋月さんの小説♪気持ちを押し隠した堅物の騎士って凄く大好物なので、もっとやれ的な目線でみてます。堅物の騎士がもっと苦悩すればいいと思う。ヒロインは庶民的ですので、一度振られてるということもあり、その辺のすれ違いが続刊で楽しみ♪
★6 - コメント(0) - 2015年5月13日

★★★★★
★2 - コメント(0) - 2015年4月11日

捻りの効いた設定だけどなんだかな~ 異世界仕出し屋繁盛記になっちゃってるよ? 騎士様の気持ちは透けて見えてるんだけどヒロインには届かないし陰謀の影だけ見えてストーリも進まず・・・続きがきになるのでweb版覗いてこよう!
★7 - コメント(0) - 2015年3月6日

えええええ!!!ここで終わりって!?ジレジレすぎですよ。二巻は出てるのかな?
★5 - コメント(0) - 2015年2月12日

市立図書館
★5 - コメント(0) - 2015年2月4日

初読み作家さんでソフトカバーかーとずいぶん悩んだんですが、これは買って正解でした!おもしろーい!文章も落ちついてるし読みやすく、読み手の感情を惹きつけるキャラ達で一気に読みこんだ。ヒロインのハルカも好ましくて、彼女の言動や追いこまれた状況の展開を集中して追わずにはいられない。そして以前彼女の護衛騎士をしていたノエル。彼の言動もいいですね!あきらかにそれハルカ好きでしょう!とわかるのに二人のすれ違いっぷりに身悶えする。まだ謎を残したままの次巻へ。早く読みたい!
★6 - コメント(0) - 2015年1月11日

あぁ、この出戻り感は確かに気まずかろう(笑)お弁当販売の繁盛記になってきたあたりがすごく好きなのです。それにしても、夜間に窓から忍び込むのはNGです、騎士の方wなんか、ソティーニさんは初登場時の印象が良い意味でひっくり返りつつ。次の巻、いつでるんだろうなー。
★10 - コメント(0) - 2014年9月15日

いきなり召喚されて使命を与えられるのも嫌だけど、呼び出されて放置のが辛いかもと読んでて思う。周囲のオルディスに対する評価が笑える。やっぱりこういうタイプ好きだ。おお、面倒見いい人物好きなのでノエルのハルカに対する言動はいいな。 http://tukiyogarasu.blog80.fc2.com/blog-entry-434.html
★6 - コメント(0) - 2014年9月7日

web既読。巫女としての役目を終え、異世界から帰ったというのに、またもや召還。しかし、今度は力の無い普通の人として…というちょっと捻りのきいたストーリー。盛り上がりが少なく進展も遅いものの、地味だが謎も陰謀も恋もあってそれなりに面白い。
★9 - コメント(0) - 2014年8月26日

web未読。前作の続きも待っています。
★6 - コメント(0) - 2014年8月19日

出戻り異世界で結構冷静に自分の立場を自覚しようとしたり(自覚と周りの思惑は違うようですが)、定食屋での奮闘や現状への不安など地に足付いた異世界トリップ物だと思います。webでも連載中ですが、続きが非常に気になります。
★7 - コメント(0) - 2014年8月16日

Webで既読ですが、夢中で読んでしまった(*´ω`*)ノエルはどうやってハルカの部屋を見つけたんだ?←今回一番気になったところ(笑)
★7 - コメント(0) - 2014年8月16日

秋月さんの別作品のファンでこちらも読んでみました。定番パターンを少しひねった異世界トリップ、楽しめました。お話自体はわりと淡々としているんですが文章が丁寧で人物もすっと好感が持てて読みやすいのが素敵。ハルカの今の立場での生き方や恋に昔からの成長が見えてほろ苦くも頼もしい。ノエルとの完璧なすれ違いっぷりもなんだか微笑ましい(笑)。アルディナ様もいいひとだしな。怪しい人たちはとことん怪しいし、続きが気になります。
★11 - コメント(0) - 2014年8月14日

少し変わったシチュエーションで面白かった。しかし…いろいろ進まぬじれじれ感が~うぅ~ってなりました。次巻が気になって仕方ない…
★7 - コメント(0) - 2014年8月12日

図書館で借りました。面白かったです。
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(3)

11/07:うえはん

積読中のみんな最新5件(4)

08/29:はづき
11/10:にぼし
08/20:ミカエル

読みたいと思ったみんな最新5件(17)

05/10:吉野
02/21:鞍馬
12/21:備忘録
異世界出戻り奮闘記~巫女だとバレずに帰ります!~ 1巻の 評価:70 感想・レビュー:31
ログイン新規登録(無料)