エトワール広場/夜のロンド

エトワール広場/夜のロンドの感想・レビュー(21)

2月5日:hksk
2016年12月30日:み〜や
しっかり読んでなくて申し訳ないのですが、文字が多い。余白が少ない。▼が気になる。もうちょっとゆったりした作りで2作に分けてもらえた方が読みやすいと個人的に思う。情報量はすごい。私の好きなような作品を描く前にこんなモディアノがあったということは驚きだった。1968年に発表されたという内容も。
- コメント(0) - 2016年12月13日

2016年8月5日:砂出し天然コンキリエ
2016年7月12日:なもないのばな
2016年6月10日:andend
2016年4月6日:soulsakuradai
2016年3月24日:Akiko Homma
2016年2月28日:彼方
2016年2月21日:kkh
2016年2月19日:すみれ
2016年2月9日:千一万華鏡
現在とは目に見える風景、人の息づく気配。過去とは、脳裏に浮かぶ、遠ざかる記憶の断片。起こった出来事も、曖昧な虚像も、全ては一つへと溶け合い、暗灰色の街と重なり合う。回転木馬のように、次々と現れては消え、皮肉な笑みを投げかけていく人々。それは、本当に実在したのであろうか。時間は入れ替わり、混沌が胸の内を支配する。何を信じるべきか、何処に真実があるのか、見極めようと目を凝らせど、流れていく文字の急流を読み取る事に戸惑う。筆者の作り上げる世界のイメージを読み取りきれない自分に、ただ立ち尽くすのみなのがもどかしい
★27 - コメント(0) - 2016年2月7日

畳み掛けるような言葉の羅列=時代の気運
★1 - コメント(0) - 2016年2月1日

習作。これがあって現在。▼邪魔くさい。
★1 - コメント(0) - 2016年1月31日

「難解」なのだが、やめられなかった
★1 - コメント(0) - 2016年1月28日

『夜のロンド』も一応読んだ。エトワール広場ほどではないが、こちらでも当時実在した人物たち(金銭目的で数十人の人間を殺害した医師・マルセル・ペティオなど)の名前が次々と象徴的に使われていて、やっぱり難しい~。ひょんなことからドイツの占領下のフランスゲシュタポの手先になった若者が、密告やスパイ行為で潜伏したレジスタンスでもスパイならざるを得なくなってしまい、次第に自分自身を見失い、追い詰められていく物語らしい(苦笑)モディアノ10冊めだが、執筆順にこの本を一番に読んでいたら、他の本に手を出さなかったかも…。
★77 - コメント(7) - 2016年1月27日

とりあえず『エトワール広場』のみ、読了ではなく目を通したっと言ったところ。これは難しい。一般向きではないのでは…。ナチス、ナチスに協力したフランス人やユダヤ人、ホロコーストの不幸を売り物にするヨーロッパのユダヤ人などに対する強烈な皮肉、揶揄、ギャグを込めたセンテンスの洪水に、まったくついていけず撃沈(涙)登場する実在の人物、それをもじった架空の人物、文学、歴史的出来事など、註釈読んでも面白さが理解出来なくて悲しい(T_T)これまでのモディアノとは別モノ。エロの無いウェルベックかシャルリエブドかと思った。
★92 - コメント(4) - 2016年1月26日

2016年1月25日:半殻肝
★★★★★『夜のロンド』、★★★★1/2『エトワール広場』 …やたら短い一文一文が堆積して夜景のようなきらめきを放つ『夜のロンド』が好み。…丁寧に訳注を付けてくださっているのはたいへんありがたいけれども、《教科書》ではなく《小説》なのだから、このやり方がベストとは思えない。
★1 - コメント(0) - 2016年1月24日

2015年12月29日:Yoshihiro Nitta

今読んでいるみんな最新5件(3)

12/28:さくまる
02/21:ぽ虫
01/06:7kichi

積読中のみんな最新5件(6)

12/20:さくまる
02/18:tk
12/31: ケイ

読みたいと思ったみんな最新5件(24)

02/19:azusa
08/22:ami
06/01:ヨシクド
05/15:ましろ
05/11:シロギス
エトワール広場/夜のロンドの 評価:76 感想・レビュー:8
ログイン新規登録(無料)