七田眞の人間学 いかに生きるか

七田眞の人間学 いかに生きるかの感想・レビュー(22)

志とは何か。夢とは何かを改めて考える本。昔の偉人の方々は、真理をついたことを言っている。現代語に訳すとぐさっときます。1,志を高く持ち、目標を高く掲げること。2,利他の発想3,プラス思考4,感謝の心5,直感力6,変革の精神を忘れずに生きたいです(^^)
- コメント(0) - 2015年11月19日

七田式、教育論。古典素読の推奨。 右脳と潜在能力の開発の軸が見える。 孟子、吉田松陰、最澄、黒住宗忠などの偉人の教えは身を引き締まる思いがする。 参考文献もさらに興味をそそる。良かった。
★19 - コメント(0) - 2014年8月27日

2014年7月3日:Ronny
2014年3月16日:Hong Kong
七田眞さんは波動の本で共鳴を受けていました。チャイルドアカデミーの方だとは知りませんでした。この本は必読です。参考文献がさらに面白く、次に読むべき本を教えてくれる、そんないい本です。要所に素晴らしい言葉がでてきます。大切な人に薦めたい本です。
- コメント(0) - 2014年1月9日

2013年7月12日:Kenya Kato
2013年5月18日:たなくり
2013年4月27日:hana
2013年1月27日:よったんたん
論語を中心とした古典についての沢山の記述があります。その解説があり、今の人間関係にも通ずるものばかりです。とても勉強になりました。新しいことを深く知るには、古いものを紐解いていくことの大事さを教えていただきました。「生き方」を考えるには絶好の本だと思います。人間の「成長」の仕方の一つにこの本の考え方を取り入れたいと思います。この本を読まれてから、七田先生の本を読むとより理解が深まる気がします。
★1 - コメント(0) - 2012年11月23日

2012年11月4日:くにひろ
2012年4月13日:テル
2012年2月11日:Kumiko Nakamura
古典を読みたくなりました。
★1 - コメント(0) - 2011年10月10日

2011年3月1日:yajimakin
2010年11月3日:haru
著者と同様に、他人への愛と思いやりとともに我が心にも身体にも愛と思いやりをつくしていこうと思った。
- コメント(0) - 2010年9月4日

2009年6月1日:たかし
2009年1月17日:Surf
--/--:エコメロ
--/--:shiggy
--/--:papanavi

今読んでいるみんな最新5件(3)

07/24:yuuchann
07/04:haru
05/08:たかし

積読中のみんな最新5件(2)

02/08:みな3
07/03:善六

読みたいと思ったみんな最新5件(11)

03/14:らたぁー
01/31:てっぺん
04/06:naritayurie
08/27:hundredpink
七田眞の人間学 いかに生きるかの 評価:55 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)