トワイライトII 下 (ヴィレッジブックス)

トワイライトII 下の感想・レビュー(1371)

友達から借り本。ジェイコブとの距離がまた縮まる前半と、うってかわってスリリングなエドワードとの再会。エドワードと再会し、また心の底から互いを求めあう二人にほっとする一方、ベラを想い、エドワードのいない間のベラを救っていたのにエドワードが帰ってきた途端お役御免になるどころか敵にまでなってしまうなんてジェイコブが不憫すぎる。ベラの揺れ動く気持ちもわかるけどやきもきさせられる。チャーリーをはじめ、周囲の人の心労を察するともう…。
★10 - コメント(0) - 2月22日

再読だからこんなにイライラするのかな。初めて読んだときは次々に起こる問題が興味深くてベラの自分勝手さに気付かなかったのかも。まずはジェイコブ。ジェイコブは若者らしくて逞しくて優しくて大好き‼そんなジェイコブをもてあそぶベラ。悪のベラ。ベラが危険な目に自ら合う度にみんなが迷惑を被っている。そして、なにをここまできてからにエドワードの言葉を信じないのか。で、閃くってあんた。さんざんジェイコブに助けられてからに!ジェイコブが可哀想で見てられない。イライラするけど止まらない。いざ3へ。
★3 - コメント(0) - 2016年11月11日

MZH
王子様の帰還?いや、救出?ジェイコブは可哀想だけど、やっぱエドワードですね(笑)最後にはエドワードにヤラれました。
★3 - コメント(0) - 2016年11月5日

再読
- コメント(0) - 2016年8月19日

映画のDVDに収録されているインタビューで、作者が「エドワードは考えすぎる。考えすぎた挙句に、とっぴなことをしてしまう」と言っていましたが、この下巻はその集大成とも言えるでしょう。ロミジュリ的なスリリングなすれ違いにドキドキです。
★1 - コメント(0) - 2016年8月2日

本当に面白い。どんどん読める。ベラ、エドワードが戻って良かったね。プロポーズ、キュンときた。でもジェイコブが・・・
★1 - コメント(0) - 2016年6月3日

うーん、ベラ好きじゃない…。ウジウジしてるし、私なんてって自分を卑下しながら内心ではそう思ってない感じがする。ジェイコブの気持ちを知りつつ、エドワードの側にいて、その上友達でいたいなんて都合良すぎ。他のキャラクターは概ね魅力的なのに、ヒロインがイマイチなのは残念だけど、話は面白いので早速次にいこう。
★3 - コメント(0) - 2016年5月29日

吸血鬼エドワードか狼男ジェイコブか!!!もてもてのベラちゃん。私なら・・・エドワードがいいのだけれど・・・なー。かっこいいよね!
★9 - コメント(0) - 2016年3月21日

上が面白くなかったわけではないけど、下は一気読みしてしまった。いろんな問題が山積みだけどとりあえずベスよかったね。
- コメント(0) - 2016年1月24日

物語的には、人狼やイタリアの吸血鬼一族の登場で、敵味方入り乱れての問題山積で面白いと思ったけど、ベラのエドワードがいるときといないときのジェイコブに対する気持ちや態度が、手のひらを返したようになるのに嫌悪感が、、。まだ先があるので、楽しみではあるけど、ややテンション低目になってしまいました。
★19 - コメント(0) - 2015年11月4日

M
【満月イベ】
- コメント(0) - 2015年10月28日

個人的にシリーズ最初の巻以降は豪華なおまけの感覚が強いが、この巻での二人の再会からの場面は例外。映画版では無惨に改編されたが、まぎれもなくこの物語全般におけるハイライトのひとつ。
★1 - コメント(0) - 2015年10月26日

再会できて良かった 1世紀以上生きてやっと運命の人に出会えたエドワード やはり運命の人にはそう簡単には出会えないんだね 出会えたと思える人はラッキー
★1 - コメント(0) - 2015年9月21日

久々の再読です。何度読んでもエドワードの遠まわしながらも熱い情熱と、深い愛情がたまりません。ベラにはイライラさせられるけど、エドワードはそんなベラの優柔不断さも十二分に受け入れてくれるからたまりません。普通の人間なら、考えられないことですが、不死のヴァンパイアだからこそ持ち得る時間軸と、哲学に憧れてしまいます。他の男性に目を向けても一途に愛し続けてくれるんだから、ベラが多少横柄になるのも無理ないかもと、思い始めた今日この頃です…
★5 - コメント(0) - 2015年9月12日

エドワードが戻ってきた(*´▽`*) イタリアでの出来事はドキドキでした! ジェイコブとの関係がこじれて•••戻ってきたエドワードとジェイコブとベラの三角関係。 どうなるのか?きになるぞー! 笑”
★13 - コメント(0) - 2015年9月2日

なんか…ベラが好きになれない
★8 - コメント(2) - 2015年8月31日

カレン一家がヴィクトリアの追跡を継続していたことが分かってほっとした。ベラの事をほったらかしにして消えたと思ってたから・・。でも、なんかエドワード君の行動に吸血鬼らしいスマートさが足りない感じ・・。まだたった110歳だからかなぁ
★1 - コメント(0) - 2015年8月28日

エドワードとの再会。ベラがジェイコブに思わせぶりな態度をとる場面に何度もイラッとしたⅡ巻でした。
★1 - コメント(0) - 2015年8月11日

人狼のジェイコブと吸血鬼のエドワードによるベラの取り合い勃発ベラの願いを叶えることは掟を破ることに…なんかベラのはっきりしない部分が共感出来ない
★5 - コメント(0) - 2015年8月10日

トワイライトシリーズ2下。エドワードとの再開。やっと会えた。ジェイコブはいい奴だったのに人狼に覚醒してから嫌な感じになってきた。エドワードとの関わりがなければいい奴なんだろうけど。。。エドワードとジェイコブこれぞ犬猿の仲だね!!エピローグではベラの絡み合う問題にどうやって解決していくのか…楽しみ。
★7 - コメント(0) - 2015年7月29日

- コメント(0) - 2015年7月18日

ベラが死んだと思い込んでエドワードが”自殺”をしに行く。ジェイコブがオオカミに変身するようになったり、何ともめまぐるしい話だけれど、映画の後継で覚えてたのは真っ赤な布とヨーロッパの景色。アロとエドワード、ベラ、アリスが対面しているシーン。そのくらい。やぱりちょっとエドワード贔屓な私は、上巻でエドワードが出てこなかっただけに名前が出てくるようになってからは読むスピードが上がる上がる。ひたすらベラがずるい女だった話だけど、二人の男の子の良さが際立っててよかったんじゃないかなぁとは思う(笑)
★6 - コメント(0) - 2015年6月12日

やっと苦しいエドベラの氷河期を読み終えた。やっぱりⅡは何度も読みたいとは言えない…。すごく辛くて仲直りしてもやっぱりまだぎこちなかったり。それにしてもエドワードもベラも強情だなぁ!(笑)
★5 - コメント(0) - 2015年6月7日

目の前の現実が、言い伝えと先入観に拍車。不信ではなく、不安を言葉にできないもどかしさ。辿り着くベラの結論へのカレン一家の1人1人の表決。種族の差異等は無く、相手への想いだけ。故に唯々温かい。一方、エドワードの”決意表明”に秘めた想いや如何に・・・。印象的なのが、アリスとジェイコブが共にベラの”残り香”に嫌悪する件。「共通点」を省みないのが哀しい性。紛争、軋轢や摩擦の真の原因ってここなんだろうなぁ。それにしてもチャールズの心情。同じ子供を持つ親として、その切なさに共感。
★28 - コメント(0) - 2015年5月24日

前半のベラとジェイコブの関係が良かったんだけど、中盤辺りから又エドワードが出て来てぐちゃぐちゃになった。ヴォルトゥーリ一族との対話がいまいち良く判らなかった。ベラがエドワードに夢中なのは判るけど、ジェイコブとも友達でいたいって思うのは虫が良すぎると思う。八方美人は駄目だよ。後、美しいって表現を乱発し過ぎ。価値を下げるよ。
★20 - コメント(0) - 2015年5月21日

再読。new moonはジェイコブとアリスの出番が多いから好きなシリーズではあるんだけど、ベラの塞ぎ込みっぷりに気が滅入る。最初は痛ましくて可哀想だけど、だんだんと身勝手さに腹立ってくるし。でも相手がいないと本当の意味で生きていけないのがtwilightというかベラとエドワードだから、これで良いんだよなぁ。多分ベラがエドワード中心に物事考えなくなったらtwilightの世界観が変わる。それにしてもエドワードとベラって意外と夫婦漫才コンビみたいだと再読して初めて思った(笑)
★3 - コメント(0) - 2015年5月10日

エドワードがいいの?ジェイコブがいいの??ここで終わるのかー次も読まないとだよ。チャーリーが怒ってる途中ですよ。
★9 - コメント(4) - 2015年5月4日

アリスとの再開からのエドワードを助けに行く時のドキドキ感! あっという間に読んでしまった。
★2 - コメント(0) - 2015年4月30日

1巻より面白かった。それぞれのキャラもより魅力的になった感じがする。
★3 - コメント(0) - 2015年4月11日

エドワードはベラが崖を飛び下りたことから、自殺したと勘違いし、イタリアにあるヴァンパイアの大御所の元へ死を懇願しに行く。べラとアリスは、そんなエドワードの誤解を解くためイタリアへ行く。 久々のエドワード登場に興奮!笑 待ってましたーーーーー!って感じ。 エドワードのプロポーズにはもうどきっとしたわー
★4 - コメント(0) - 2015年3月31日

よかったよかった。ほっとした。ジェイコブはちょっとかわいそう。みんなが幸せになりますように。
★3 - コメント(0) - 2015年3月23日

椿
再読。やっとエドワードに再会できてホッとしたよ。読みながら、映画を思い出してた。どん底だったベラを支えてくれて有り難かったけど、やっぱりジェイコブが好きになれないわ〜。
★8 - コメント(0) - 2015年2月18日

M
エドワード❤❤ 太陽みたいなジェイコブにも惹かれるけど、やっぱり圧倒的にエドワードだ。
★7 - コメント(0) - 2015年2月8日

恋愛色強い
★2 - コメント(0) - 2015年2月6日

再読。切ないね、ジェイコブ。
★3 - コメント(0) - 2015年1月12日

再読。特にイタリアから脱出した辺りからオバチャンには甘すぎなんだけど、振り回されて青くなったり赤くなったりするチャーリーを読むのが密かに楽しみだったりする。
★7 - コメント(0) - 2015年1月9日

再読。映画→文庫だったので、何よりジェーンとアロのイメージ違いに苦しんだんです。映画ジェーンに少年ぽさは無いっしょ。映画アロはナヨくは無いっしょって。でもラストら辺は本のが好きです。
★2 - コメント(0) - 2014年10月7日

 なんというかもう、日本人的感覚から言ったらベラのジェイコブとするボディータッチは恋人同士の域だよね?と言いたくなる。悪女だよね~・・・。なんだかもう一途なエドワードとジェイコブがかわいそうになってきちゃった。今巻にてベラが恐怖の変身を遂げるかと思ったけれど、エドワードがせっせと駄々をこねてくれたおかげで先送りに。いつまでも若い恋人がいるなんて、ベラの焦る気持ちもわかるけど、その世界に引きずり込みたくないエドワードの気持ちもわかる。でもやっぱり、女の子にとって年の問題は大きいからなぁ。ベラを応援しよう☆
★50 - コメント(0) - 2014年10月7日

aki
【椎奈の蔵書】運命だとか愛してるとか、自分が言われたら絶対笑っちゃうのに、読みながらうっかりうっとりして心が潤いました。ジェイコブとの関係では、二番目にあなたが好きなのなんて言っちゃうベラはなんて悪い女だと思うけど、ジェイコブが良しならそれも妥当線なのかしらと思ったり。思わなかったり。その'友情'は報われなさばかりが募るけど、現実でも、どうしても譲れないモノが相反してしまうのなら、仕方のないことなんじゃないかと思う。正義は人それぞれだし、想いは結局、その人のものだもん。
★30 - コメント(13) - 2014年8月14日

再開後部屋でのシーンは泣けたわー…もうお願いだから離れないで!笑 この展開でベラの変身がどんどん楽しみになってきた!3にも期待!
★3 - コメント(0) - 2014年8月10日

トワイライトII 下の 評価:60 感想・レビュー:221
ログイン新規登録(無料)