最果てのアムリタ (マーブルコミックス)

最果てのアムリタの感想・レビュー(77)

短編3作。年の差幼馴染み(幼い子の受は罪悪感が;5年後逆希望!)、子どものカプが年上の従兄弟を誘い受3P(次は4Pで?!w)、写真家×島の子(誰も来ない砂浜でやりまくりHがロマン!開発するだけしといて結婚でサヨナラって;巻末の大人な訳が何ともなぁ…。切な過ぎてカバー裏のエロ写真家ver.が救い)。3Pカプの年上(従兄弟)受が見たいw
★8 - コメント(0) - 1月26日

せつねえー……
★2 - コメント(0) - 1月17日

表題作が妙にリアルで最終的にいい人に巡り合えて幸せになるか再会すればいいなと期待だけはしてみる
★2 - コメント(0) - 1月11日

e318,2017/01/02,s300
- コメント(0) - 2016年12月30日

ショタ受けエロエロでした♡最後のお話が表題作で、現実的で考えさせられました。借り本
★4 - コメント(0) - 2016年12月18日

作家さん買い。本気ショタなので苦手な方は注意!表題作+短編2つ。短編の年の離れた幼なじみものは愛があって良かった♪5年後のイラストにほっこり。次のセフレショタと年上従兄弟の3Pは、はっちゃけすぎ~無邪気すぎ~!どこまで増えるのかな?(笑)問題の表題作は…めっちゃ凹んだ、辛すぎる。離島で暮らす少年の合はあどけなさ残る笑顔がキラキラで純粋で健気、なのに相手の倉田は合の純情と純愛を踏みにじった最低な大人。少年を捨てたこと女性と結婚したこと、一生罪悪感を抱いて過ごせばいいわ!成長してもまだ面影を追ってる合が不憫。
★37 - コメント(0) - 2016年12月13日

2016/11/15 描き下ろしで、出会いからそういう関係になるまでを描いた『最果て~』は良かった。けど、同時収録の2作品はすることが目的過ぎて…。エロ不足の時はいいけどちょっと勿体無いな。けど、ショタ好きだし絵も好き。って事で、トータルで満足❤
★21 - コメント(0) - 2016年12月1日

この分野はちょっと、、、興味ないことが分かった。
★3 - コメント(0) - 2016年11月22日

ショタもの!エロいショタちゃんが詰まった1冊。3Pもの面白ろかった、4Pも読みたかったよ(笑)
★4 - コメント(0) - 2016年11月21日

★3.5 作家買い。描き下ろし以外、全部読んだ記憶あり。表題は、描き下ろしで攻の背景が載ってたので、同人誌で読んだときより、すっきり。でもヤるだけヤってあの別れ方はひどすぎる。再会したら是非に×を逆でお願いします(笑)
★22 - コメント(0) - 2016年11月19日

[辛口ご容赦] 表紙買いでしたがイメージ違い。合の眩しい笑顔が辛過ぎて再読できません。倉田の狡さに腹が立ちどんな言い訳も通らないと思うのは手厳しいでしょうか。他の2作品は明るいのだけどただそれだけのようでこちらも楽しめず残念でした。
★12 - コメント(0) - 2016年11月18日

後書きにもあったが、表題の攻はゲスだね。旅先で出会った田舎の純朴な男の子を手籠めにし、たまに会いに来ては淫行。そして入院中の母親を安心させる為だけに見合い結婚。その写真を送り付けるという無神経。そんな男を忘れられずに同じ写真家としての道を選んだ受が本当に憐れ。明るい未来が想像出来ない終わり方であった。
★14 - コメント(0) - 2016年11月13日

おにショタな1冊。表題作は島に住む元気な褐色ショタと仲良くなるも最後がとても切なかった。これとショタ2人に迫られる童貞の3Pの話が好き。変に可愛すぎず元気で健康でえっちなショタ受けたちに萌えた。これはいいおにショタ。 ★★★☆☆
★10 - コメント(0) - 2016年11月13日

男性の望むロマンスって、こういうものかな。女性作家の感性とは違う。アムリタとは不老不死の秘薬、サンスクリット語の語源は「不死、時間の範囲でないもの、それによって死が無くなるもの」…男性の恋愛感は衝動的…でもその一瞬を忘れないんですね。
★39 - コメント(0) - 2016年11月5日

ショタがショタらしくてすばらしい。そのまんま少年な彼らがえっちなことを覚えておねだりするってほんと可愛すぎて何にも言えねぇ…。表題はもんのすごく切なかったけど、ハピエン厨はこの後のことを都合よく妄想するので、絶対合くんのこと幸せにしてやるんで任せて!!!と心の底から。この島で芽生えて育まれた恋のお話は、2人だけの秘密なんだろうな。あ~切なくて震える…。窓から現れる幼馴染の年下の男の子かわええ…。揶揄ったつもりがという展開にきゅーんでした。このお兄ちゃんはええやつや。3Pしたがりの子たちもよかったです♡
★17 - コメント(0) - 2016年11月5日

とてもショタショタしい一冊。表題作はラストが切ないなあ…。
★8 - コメント(0) - 2016年11月3日

ほとんどKindleで読んでた。
★2 - コメント(0) - 2016年11月3日

表題作である「最果てのアムリタ」は少年の故郷である島で出会った主人公の話です。二人が如何に青臭くて幸福な時間を共有したのを体験して、切なくてどうしようもないエンディングに向かう、そこでなんとなく未来性を感じる。心のジェットコースターを乗った気分しでた。何度も読みたいと思います。 登場人物の心の声の描写が少ないのに、その表情が生々しくてすごく感じ取りました、失望や悲しい表情を見ると、自分の顔も思わず悲しい表情になりました。話が心に響いたのはきっとそれが原因ではないでしょうか。
★4 - コメント(0) - 2016年10月30日

倉田は、確かにひどい男だと思う。だけど、一方で、かわいそうな男だとも思うのは、私が狡い大人だからだろう。ただ、確かなことは、倉田は結婚しても、ずっと後悔し続けるだろうこと。数年で離婚する可能も低くはない。もし、離婚しても、合に会いに来るような恥知らずではないことを願う。親を安心させる(または、親から結婚をせかされ、親が納得するような、結婚したくない理由がない)ために結婚しても、上手くいかないよ。
★20 - コメント(0) - 2016年10月29日

少年期のはかない美しさに大人が惹かれるのはわかるけど、やっぱり表題作の攻倉田は人でなしだと思う。せめて結婚後ひどい目に遭っててくれればいいと思うけど、案外こういうズルい男って上手い事やってくものだからなあと想像の中でもギリギリしちゃいました。ショタでも従兄を巻き込んだ3p話とかだとあっけらかんと楽しめるのにな~。
★22 - コメント(0) - 2016年10月28日

あーもう!なんなの倉田!このやろう!とは思いましたがこの一瞬の儚さが少年性の美しさ……。しかも褐色。褐色の恋は永遠じゃないのさ、仕方ないね。3Pの話ははっちゃけてて楽しかった♪無邪気だねー。
★12 - コメント(0) - 2016年10月25日

つくも号先生の描く健康児な男の子が超ツボ。表題作は攻の大人としての狡さと葛藤をよく描いていて、最後はバッドエンドだが、受の子の前向きさがあってからか、読後感は爽やかです。1作目は幼馴染のお話、こちらもピュアさがあって、微笑ましい。中に挟まれた3Pのお話はエロ全開でこれはこれでまた面白楽しい。あまりタブー感がなく性に開放的な処がつくも号作品の良いところだと思う。ちなみに、全部薄い本で読済だが、一冊に纏めて読めるのが嬉しいし、お得ですね。
★30 - コメント(0) - 2016年10月24日

短編はコミカルで安定のショタエロ。3Pすごかった(笑)表題作は攻めの都合の良さがなんだかなあ~。受け子が前向きで終わって良かったけど、後味の残るしょっぱい終わり方で切ない~。
★10 - コメント(0) - 2016年10月24日

表題作…同人誌で2~3は既読。描き下ろしがあるとの事で購入。思えばこれが初つくも号先生。初読時、それまで少女漫画風なBLを読んでいたためか、描写に只々衝撃を受け、暫く正視できなかった…その頃の初心な自分が懐かしい(笑)描き下ろし…う~ん。少年に手を出した理由としては若干弱い気が…意外と合くんが真っ直ぐ育ったようなので丸く収まった感じかな^^;他、2話中1話は既読。もう1話のショタ3Pモノもつくも号先生らしいお品。商業誌なので明るめのラインナップで読み易い仕上がりの1冊に…しかし!群を抜いてエロ(^^)/
★62 - コメント(0) - 2016年10月24日

大人の男と少年のCPが、往年のJuneを思わせて未来のない儚さが少し心配になる。「君、恋し」は、大学生と幼馴染みの中学生(小学生かも知れんが、理性がその考えを否定しようとする)。階下の両親は気付かんのか心配。「エンドレス☆」は、セフレ関係にある中学生同士(小学生かも知れんが、理性がry)と従兄弟との3P。受の子達を女の子に替えたら成人誌でよくある感じ。表題シリーズは、訪れた男と島の中学生(出会いは小学生時と思われるが理性がry)。これ酷い大人です。しかし、どの受のコも成長すると攻臭くなるのはどういう事だ。
★25 - コメント(0) - 2016年10月23日

avi
3CP.おにショタ祭り☆ ◯リーマン:倉田✕島の少年:合。ほんとこーゆう世俗と離れた神聖な褐色少年にエロいことして汚してしまうみたいなのがすごいツボ!年に数回?会える倉田を健気に好きな合君が可愛かったからこそ、最後の仕打ちが酷すぎて思わず涙止まらないんだけど、描き下ろしの話含めたら倉田もこれが罰だったんだなぁって思うとまた更に涙がでる。島でだけ自分は開放されて恋してたっていうのが良かった。救われないけど、自分は好き… ◯お兄さん✕幼馴染少年 ◯従兄弟✕少年2人。 攻めの穴までしっかり書かれててほんと最高。
★33 - コメント(0) - 2016年10月23日

ボカしかたがいいです。つくも号さんのショタが好きで毎回買ってしまうのですが、今回のもまたいい。ラスト倉田さんの話がなんどいえないのですが、正直そこは。。と思ってしまった
★10 - コメント(0) - 2016年10月22日

タイトル作、リーマン×島の少年。いい話風にしてもリーマン、こいつはアカン!人でなしのクズだよ。
★19 - コメント(0) - 2016年10月20日

そう…全ては巻末の友人の感想の一言にある。結構惨い終わり方だったので、その後で何か挽回できるといいのになと思っちゃいました。いい話風に閉じたけどね。真ん中3Pはまさに夢のようなお話で。鼻血が出そうでしたが、攻を喰っちゃうお話も読みたいです(@^▽^@)
★8 - コメント(0) - 2016年10月19日

収録作は全て知っていましたが、商業単行本でどこまで許されるのか見たくて買ったら大正解でした。絵がものすごく上手いのがとにかく罪作りです。おまけ含めた書き下ろしは絶対読むべきなので同人誌持ってる方にも是非おすすめしたい。
★8 - コメント(0) - 2016年10月17日

前回のコミックスでは真っ白けっけの修正で、性描写ともどもつくも号さんの作品の魅力が削られまくっていたので、今回も心配していましたが……。ぜひ、今後はこちらのレーベルから出してほしい!修正されつつもきちんとつくも号さんの筆致が残っている!少年の健全ななまめかしさ!これですよ〜見たかったのは!(泣) 表題作は島で少年と恋に落ちるも結婚せざるを得ない攻めのお話。ひと夏の恋ならぬ、ひと夏の裏切りといったところかな。描き下ろしで攻めの事情がよくわかったのも良かった。「エンドレス☆エンダーズ」は楽しいエロで癒された♪
★15 - コメント(0) - 2016年10月16日

pixivで何年か前にちょろっと見てからずっと読みたいよ〜〜〜〜と思っていたので、表紙見てウォォォ!!と興奮しました(笑)人間生きてると良いことあるね、、(笑)そんで表題作ね、海で全裸ってエロいなオイ(笑)(笑)こないだのつくも号さんのコミックスは修正えげつなかったけど、今回はそれに比べたら全然いーですね、てか修正箇所多すぎて追いついてないよね?あ、穴がゲフンゲフン(笑)同時収録の二作も面白いのでBLにエロを求めてるひとにはオススメの一冊(笑)
★18 - コメント(0) - 2016年10月16日

表題作は、切なくジンとするお話でした。特に倉田さんの、大人ならではの葛藤や狡さは身にしみた…汗。合くんの真っ直ぐな気持ちと、倉田さんへの気持ちの向き合い方が清々しくて、切なく暖かくなりました。その他、リュウとタイガの幼馴染はほのぼのキュンとして、従兄弟との3Pはエロくて可愛かったです!
★6 - コメント(0) - 2016年10月16日

★★★☆☆。表題作と短編2本。表題作は旅行会社広報の仕事で島に来た倉田と島の子・合のお話。エロい‼で、めっちゃ切ない‼最悪な別れなのに読後感が良かったのは、数年後の合が真っ直ぐキラキラしてたからでしょう。他1CP目は年の離れたお隣さんもの。大学生×中学生?これもエロい‼恋人関係になったのかな。2CP目は中学生同士のセフレのような二人がエロい事やり尽くして年上の従兄弟を無理矢理交えてノリノリな3P。エロ過ぎっ‼
★39 - コメント(0) - 2016年10月15日

公式発売日過ぎたようですので。3CP。幼馴染、3P、表題の並び。表紙に釣られて購入だったもので初読み作家さんでした。ので実はショタ気あるのは…苦手でして。毛も生えてない時期からのあれこれとか、危うい時期のはなんだか背徳的。一昔前の耽美時代を彷彿とさせられる。表題は倉田がゲイであることを自覚しながらも結婚を選んで合を捨てていく訳で、バッドエンドにも思えるのがそう取れないのは合が前向きだったからかも。でももやもや残ります。結婚式の写真送ってくるとかそりゃないわ…。
★12 - コメント(0) - 2016年10月14日

今読んでいるみんな最新5件(2)

02/06:さつき
10/20:poco

積読中のみんな最新5件(7)

02/05:さつき
01/16:kirie
10/28:もこ
10/28:takuna jj

読みたいと思ったみんな最新5件(22)

12/07:
11/20:megunki
11/15:E
11/10:みつき
11/07:ジル
最果てのアムリタの 評価:91 感想・レビュー:35
ログイン新規登録(無料)