俺が魔族軍で出世して、魔王の娘の心を射止める話

俺が魔族軍で出世して、魔王の娘の心を射止める話
349ページ
90登録

俺が魔族軍で出世して、魔王の娘の心を射止める話はこんな本です

俺が魔族軍で出世して、魔王の娘の心を射止める話はこんな本です

俺が魔族軍で出世して、魔王の娘の心を射止める話の感想・レビュー(71)

異世界召喚物。人たらしご都合主義の俺Tueeかと思ったら、戦闘も勇者と同じ能力を持っているらしい。その勇者とも早速接触しライバル関係に。 主人公の言葉遣いや世界設定に甘さが見られ、ストーリー的にも単純ではあるが、最初からデレ気味のヒロイン、マヤ様との進展が気になるので次も読みます。
★5 - コメント(0) - 1月6日

現代のどこにでもいそうなボッチが、異世界のしかも魔王軍なんてところに召喚されたら、真っ先に肉盾にさせられる。奴隷ですらなく盾、消耗品扱い、エクスペンダブルズ! この発想は新しかった。まさか、最底辺だと思っていた奴隷のさらに下が存在していたとは……。さすが魔王軍、インドのカースト制を超えた。
★9 - コメント(0) - 2016年11月30日

乱読。基本暇つぶしのお手軽読み物。ただし主人公のでたらめ補正とかが」今のところない分読みやすい
- コメント(0) - 2016年9月15日

好きなタイプの異世界召喚モノで面白かった!雰囲気は軽め。マヤ様可愛い。不器用ながらも気になる男子の気を引こうとするのが2828。他のヒロインズもなかなか魅力的。セクハラとかパワハラとか国の裏切りとかで不遇な扱い受けてたヒロインズが主人公のお人好し&無害っぷりを気に入る展開。初めはスパイだったけど国に裏切られたのを助けてもらって寝返ったツンデレや前のマスターにセクハラ受けて逃げてきた、嘘が見破れる戦闘用ヒューマノイドとか色々。そらの○としもの的な健気系ヒューマノイド好きな自分としてはミュウ推し。
★3 - コメント(0) - 2016年8月7日

題名通りの内容でひねりも全くないサクサク進行の物語。主人公もヒロインも悪くない。敵が小物なのはともかく偵察もろくにしないとか王族捕まえたのに扱いが適当すぎるとかさすがにこの魔王軍は頭脳レベル低すぎる。戦闘があっさりなのも残念。表紙イラスト最高。しかしもう射止めてるしチョロ過ぎない?
★11 - コメント(0) - 2016年7月28日

異世界に召喚された主人公が出世してヒロインの魔王の娘を助けるというストレートにテンプレな話でした。 そして、特に鬱な展開もなく普通に読める内容でした、まあ、特筆すべきは表紙の魔王の娘のイラストですね。
★3 - コメント(0) - 2015年11月17日

表紙とタイトル買いしました。内容は表題通りで、主人公の年齢的にも流れや設定が中二病全開なものになってます。伏線もあまりなくサクサク話しが進むので、可愛い魔王の娘の話しを軽く読みたい人向けかと。本編は主人公の一人称で統一されており文章の技巧がない訳でもないので評価が難しいですが、巻数が続くようならそのうち2巻以降読むかもしれません。
★3 - コメント(0) - 2015年10月3日

★☆☆☆☆ 出世ねぇ…。この本を読む前にアルデラミンを読んでいたことが今回の敗因。モノホンの戦記モノを題材としたラノベを読んだあとでは、厨房の妄想を具現化したような…、あー。言葉をどう濁せば良いものか…。とかく、魔王の娘の心を射止めることをコンセプトにした程度では、まったく響かない。ただ、挿絵の「イラスト」の質だけはずば抜けて高かったように感じた。失礼を承知でこんなことを綴るのだけれど、どうしてこのレベルのイラストレーターがこの作品に当てられたのかを単純に知りたい。それほどに両者の力量がかけ離れている。
★9 - コメント(0) - 2015年7月25日

☆☆☆☆
★1 - コメント(0) - 2015年4月11日

マヤ様が大変チョロ…もといかわいい。すごいいい人ばかり出てくるし、悪い設定の奴らがことごとく小物くさいし、脳筋ばっかりだし、大変ご都合感が強いが、割とあっさり人が死んだりもする。それでもまぁ、全体的にはご都合系作品と言っていいだろう。正直個人的には勇者イサギの類似劣化版という印象も強いが、パワーバランスは悪くなさそうだし、召喚元の世界が現代世界とは限らない設定とか今後光りそうな要素もあるので、期待して続きを読もうと思う。
★2 - コメント(0) - 2015年3月16日

出世する前から心を射止めてしまっているように思うのは私だけか? ナオヤ限定でチョロいマヤ様がたまりません。個人的にはミュウが一番。最下層から這い上がり色々な部下を得て活躍していくナオヤのこれからに乞うご期待ってとこでしょうか。魔王様から打ち明けられた秘密も気になりますので次も読もうかな。
★3 - コメント(0) - 2015年2月20日

主人公であるナオヤにヒロインのマヤに勇者のレイバーグ含め皆面白いキャラクターだった。敵であるレイバーグが仲間を思いその最期の言葉をナオヤに伝えられ感謝を述べる場面が好き。
★2 - コメント(0) - 2015年1月5日

ラノベのお約束な表紙ですが主人公にタイトルが被るという大概さも納得なヒロインの存在感ですね。サブヒロインも粒揃いですし豊臣秀吉みたいな立身出世ものなので楽しく読めました。姫様の謎とか勇者や敵王の目的とか気になります。
★4 - コメント(0) - 2015年1月2日

ヒロインみんな可愛いのう。ミュウはちゃんと手を出して欲しいと言えるんだろうか。
★3 - コメント(0) - 2014年12月30日

異世界に転移して魔王軍に入って立身出世する話。 お姫様に気に入れられて、配下の人も男女とも良さそうだな。 ミュウが健気で可愛いかった。 続編も出たらいいな。 主人公は何気に煩悩に弱く胸やお尻をチラ見したり、お姫様をマッサージして興奮してた。
★3 - コメント(0) - 2014年10月26日

Web版未読。思ったより出世が早くて、虐げられる雑兵からはすぐに脱却してくれたので、読む上でのストレスが小さい点は読み易さに繋がるからその点は悪くない。戦争がもっと激しくなると面白そうではある。
★5 - コメント(0) - 2014年9月23日

主人公が無双ってほど強くなくてそこそこ面白かった。いろいろ抜けているのも中学生らしくて逆にいい。まだ各キャラクターともに見せ場らしい見せ場がないので今後に期待
★4 - コメント(0) - 2014年9月15日

ある日突然、異世界に召喚された主人公ナオヤは、よりにもよって魔族軍の最下級兵士に配属されるも、魔王の娘マヤの直属の戦士となるべくのし上っていく、異世界転生系立身出世ファンタジーでした。マヤ様!マヤ様! こんなカッコ可愛い姫様ならそりゃ着いていくわ! 主人公ナオヤの一人称視点で進行する本編中は、ナオヤに対するマヤ様の好感度は窺い知れないのだが、番外編でやられたわー。マヤ様可愛いよマヤ様! メイド頭との会話に見えるこの箱入り感がもう…w 予知夢で散々ナオヤの姿を見てたなら、そら気になる存在になるだろうしなぁ。
★6 - コメント(0) - 2014年8月31日

今読んでいるみんな最新5件(3)

09/13:けび

積読中のみんな最新5件(3)

09/24:K@tyo
08/30:けび

読みたいと思ったみんな最新5件(13)

02/07:ユウ
12/22:dorimusi
09/18:椎名秋津
01/08:空箱零士
俺が魔族軍で出世して、魔王の娘の心を射止める話の 評価:51 感想・レビュー:18
ログイン新規登録(無料)