レッドベルベット・カップケーキが怯えている (お菓子探偵)

レッドベルベット・カップケーキが怯えているはこんな本です

レッドベルベット・カップケーキが怯えているの感想・レビュー(92)

(再読)前作の終わりで長かった?ノーマン・べヴ問題も終わり、トライアングルに戻ったハンナたち。と、思いきやべヴの再来。でもハンナシリーズで「嫌われ者カムバック」は死亡フラグ。さよならべヴ。 今回もミシェルが登場するけどあまり存在感なし。ドロレスの結婚宣言のために出てきたのかな? そのドロレスはいい仕事してます。ファニー・ファーマーズのチョコ、たべたくなっちゃう(笑) やっぱりハンナシリーズはスナックをおともに読みたいお話。次作も楽しみ(早く手に入れたい…!)
- コメント(0) - 2016年12月13日

満足度:★★★☆☆/相変わらず食べ物が美味しそう。嫌な人物はどんどん死んでいくな。
★1 - コメント(0) - 2016年9月8日

卑劣な女、べヴが再登場も束の間、退場。マイクには愛想が尽きた。顔だけの男なんて、結婚したら苦労するだけでしょ。いつかマイクも退場しそうな気がするのは私だけかな。
★11 - コメント(0) - 2016年9月5日

結局お金は人を狂わせる。
★3 - コメント(0) - 2016年8月17日

毎度おなじみお菓子探偵、今回も家族総出で事件に対峙する。犯人とか顛末は割と分かりやすいが、文章の流れが楽しいので飽きずに読了。ハンナさん、マイクじゃなくてノーマンで決まりでしょ?といらないお節介を焼きたくなる。
★21 - コメント(0) - 2016年8月11日

再登場・悪女ベヴ。彼女への辛口が連続して飛び出します。アンドリアからは「彼女はやけくそ」、リサからは「地球のくず」、ついでに私からは(笑)「スタインウェイを飾りで買うとかバカなのか!」と言ってやりたい。今巻では有能秘書のバーバラが何者かに襲われ大怪我を負い、更に第二の事件が起こり、しかもハンナが容疑者に!?相変わらず恋模様は進展ないですが、まさかのマイクの電話のタイミングにはうわぁ今なんだ…とげんなりしました。もうノーマンで…(略)ハンナが容疑者になっても誰もそれを全く信じない絆の深さにホッとします。
★22 - コメント(0) - 2016年6月30日

シリーズ第16巻! とにかく安心品質。私にとってコージーミステリと言えばこれ!と再確認致しました。家族のあれこれ、中でも今回はドロレスから(また)驚きの発表があったり、マイクがいつも通り間抜け(失礼)だったり。 更に再登場のべヴは本当に鬼畜。ミステリ部分の展開も本作ではかなり頁を割かれており、満足です。 主人公のハンナがぐるぐるしていて何だか心配ですが、新刊を心待ちにしたいと思います。
★4 - コメント(0) - 2016年5月13日

まさかのドクター・ベヴ再登場に揺れるレイク・エデン。アンドリアの売る超高級コンドミニアムのお披露目パーティで事件発生。前巻で亡くなったドライバーの死因を巡る謎も尾を引いていてハンナは落ち着かない。母ドロレスとドクの仲は順調に発展している模様。そして、、、。マイクとノーマンとハンナの着地点はどのあたりになるんでしょうね?
★8 - コメント(0) - 2016年4月30日

前作で、とうとうハンナとノーマンは!!という展開だったのに、しれっと三角関係に戻ってる~!!!二年以上もプロポーズを保留にして、二股かけてる女ってどうよ!?そろそろ決心してほしいな!いいかげんハンナに幻滅してしまいそう~~~。
★4 - コメント(0) - 2016年4月10日

お菓子よりおかず系のレシピのほうが美味しそう。アボカドとクリームチーズのディップ食べてみたい。そろそろノーマンに決めなよ…誠実とセクシー両天秤にかけるやり方、マイク狙いのカワイコちゃんから見たらべヴと変わらんやん。ここの決着がついたら読者が離れると思われてるのか?あり得るけど…そこをなんとか。
★7 - コメント(0) - 2016年3月28日

お菓子探偵シリーズ16弾。ベヴ再登場のち退場。前回までの騒動もあったし、今回もこれだけヤキモキしたなら、もうノーマンでいいじゃんかーーー!!と叫びたくなる。アンドレアがお菓子を作るようになったり、ドロレスが愛情深くなったり、色んな人が結ばれたり…と少しずつ変化していく周囲にもうちょっと影響されてみたらいいのに。あと、クッキー・ジャーがそのうちリサ一家とミシェルに乗っ取られそうとか思ってしまった(笑)
★10 - コメント(0) - 2016年3月20日

キャラクタ小説として読みやすく楽しい。 嫌なキャラクタはたいてい被害者か犯人。分かりやすい。
★8 - コメント(0) - 2016年3月14日

死んでからも人を追い詰める…何て悪女なんだべヴ!/コーヒーと一緒にカップケーキをもふもふ頂きたい( '﹃'⑉)
★27 - コメント(0) - 2016年3月9日

シリーズ第16弾。超高級マンションの落成パーティで警察署の秘書が屋上から転落、大けがを負う。Dr.ペヴが資産家の御曹司の婚約者としてカムバック。ハンナに宣戦布告直後に殺されてしまう。容疑者にされかけたハンナは捜査に乗り出す。前作で未解決だったバスの運転手の変死事件は今回で解決。今作でマイクにはほとほと愛想が尽きた(怒)。謎解きに一家が集結するのはパターン化した模様w。中盤あたりで犯人の目星はついたが、ラストの見せ場など前作よりは読みごたえがあった。ドクがファミリーに仲間入り下のはめでたい。
★7 - コメント(1) - 2016年2月9日

1年に1回の出版、ハンナの周りに変化があるのか、ハンナ自身にもあるのか、楽しみにしながら読んでます。 作りはしないけど、載ってるレシピにワクワク、ミステリーとしての意外性はないけど、とにかくレシピ見て想像するのが楽しいんです。 そろそろ、ハンナに変化がおとずれないかなぁ。
★7 - コメント(0) - 2016年1月26日

事件に意外性は皆無。いかにも殺されそうな人が殺されて、いかにもな人が犯人、そして終盤のピンチの場面で逃げ込む場所まで予想通り。しかし、ピンチからの脱出がだんだんざっくりしてきていないか。思わず「それでいいのか」とツッコミ。一番印象に残ったのは、料理の味見もせずに調味料をふりかけるマイク。だんだん結婚不適合者っぷりが顕著になってきてるぞ。あんな食生活でほっそりしているというアンドレアやドロリスに驚愕。そして、シニア達の元気さにも驚き。なんだかんだ言って、年に一回彼等に会うのをとても楽しみにしているのです。
★2 - コメント(0) - 2016年1月22日

ホントにこの家族に敵意持たれると消されるな。。。(笑)ドクターべヴ殺害の容疑者として取り調べられるハンナとその後の落ち込み方、それを支える周囲にはほっとした。ノーマンかっこよかったなぁ。
★5 - コメント(0) - 2015年12月30日

出てくるお菓子は美味しそうなんだけど、レシピはなんか面倒くさそう。いつも思うんだけど、ハンナがマイクと歯医者を両天秤にかけるさまは、なんかイラっとさせる。内容は…うーむ…
★2 - コメント(0) - 2015年12月27日

内容は置いといて。ドラマ化されたようですね。外見ばっちりなマイクはどんななんだろう?ちょっと見てみたいかな。毎回、美味しそうなレシピが載っていて、たまらない本ですが、だんだん聞いたことのない材料が増えていって、入手困難というか面倒になってくる気がします。そして食べたことないものは、作れないなあ。
★3 - コメント(0) - 2015年12月22日

★★★☆☆相変わらずテンポがよく読んでいて楽しい。作品ごとにたくさん出てくる新作カップケーキやクッキー、家族や友人たちと食べるご飯がおいしそう。パンケーキが食べた〜い!ベヴはあまり猛威を振るわなかった。ハンナのお尻に火がつくくらい期待したのになあ。地球のくずとは規模がデカイ。バーバラは気の毒だった。ママさんの恋は絶好調。シリーズの途中から読みはじめ、ぼちぼち1作目から読もうと考えてたらドラマになり手間が省けるとチラッと鑑賞。料理よりも事件がメインだった
★3 - コメント(0) - 2015年12月16日

UN
このシリーズは新しくUSで流行っているケーキを教えてくれるから好き(笑) レッドベルベットケーキ、日本でもポピュラーになりつつあるのですね。 内容はまぁいつも通り(笑)
★4 - コメント(0) - 2015年12月13日

マイクは相変わらず「うーん(´・ω・`; )」なんだけど、最後ドロレス良かったね!最初の頃「また殺人現場にいたんですってね!?もう母さんを困らせないでちょうだい!」→現在事件が起こったら「私は何をすればいいの?ディア?」の変化がかわいくて好き(笑)というかこの家族ほんと好き。事件ではバーバラの謎発言の解明が犯人特定よりも気になった。本国ではついに完結したっぽいから早く続き読みたい!この流れだとノーマンなのか?
★13 - コメント(0) - 2015年12月13日

毎度、お菓子を焼きたくなりますね! チョコレートの♪(´ε` ) 好みどストライクなイケメンには甘くなるものだけど、今回のマイクは最後通牒だなー。イケメンとは結婚しないよーに、って行政指導ですかねえ(笑)
★3 - コメント(0) - 2015年12月10日

毎回同じような展開なのに、なぜか飽きないシリーズ。とりあえずハンナに都合の悪い人ばかりが殺されていくわけですが、事件解決に一役買ってお祝いまでしてもらえる彼女は、良い人ってことなのでしょうね。次も楽しみです。
★24 - コメント(0) - 2015年12月9日

いつもの皆が、いつもの場所で、事件が発生。事件そのものよりも人間模様や町の生活が楽しい。なにやら、時々、無性に懐かしくなって読みたくなりますね。
★2 - コメント(0) - 2015年12月6日

相変わらず大好きなシリーズ。ベヴは戻ってきて悪役として引っ掻き回してくれるのかと思ったらあっさり退場。ノーマンとの仲が進展しないのはもどかしいところ。今回はドロレスの出番が多いなぁと思ったら最後まで持っていかれましたね。
★7 - コメント(0) - 2015年12月6日

ミステリーの部分は最初から期待してないけど、三角関係はもういいかげん、ハンナに答えを出してノーマンを選んでほしいんですけど! いつもハンナのことを考えてくれる優しくて猫好きなノーマンを何故、選ばないんだろう? 何を待っているの?とハンナは自問してたけど、トキメキ?あるいはキッカケ? マイクは夕食や夜食狙いでハンナの家にやって来るので、憎たらしくて登場するたびにイライラした! 猫のモシェの描写は猫好きにはたまらない♡ ノーマンの愛猫のカドルズとの追いかけっこや、夜の病院で活躍したりと楽しませてもらった♪
★21 - コメント(2) - 2015年11月29日

貪欲な悪女が再登場!その性格の悪さ故?永遠退場だけど、、ハンナはいくつに、なったんだろう?と思いながら、早く決めないハンナにイラっとしてきたかも〜〜!読んでたら、ドンドンお腹が空いてきて苦しくなっちゃったわ、、
★10 - コメント(0) - 2015年11月29日

年に一度のお楽しみ、ハンナシリーズの最新刊。 ベヴ、短い命だった…っていうか今回ベヴ家族(娘・親)に全く触れてないけど。ベヴ亡き今後はハンナたちの人生に関わってくるんだろうか。そして おばかマイク定期。結果はどうあれ相手を不安にさせるようなこと(しかも命懸け)は、恋人でもそうでなくても、ダメでしょ。もうノーマンでいいじゃん。ダイアナを引き取って楽しく暮らそう(提案) レッドベルベッドカップケーキは食べたことないけどおいしそう(*^^*)そしてワカモーレ!スイーツ以外のレシピが増えるのは嬉しいなあ。
★9 - コメント(0) - 2015年11月26日

とうとう彼女も年貢の納めどきか…。それにしても、ハンナのパートナー達の心の広さと来たら…。登場人物の年齢も上がってきたので、そろそろ何とかしていただけないものでしょうか(笑)
★8 - コメント(0) - 2015年11月22日

今回もマイク残念度合いが増してるけど、それに比べてノーマンの株が上がったわけでもないのがハンナの決めかねてるところかな。それにしても国民性の違いなのか、ラスト無断で一般市民を囮にしたり、いくら殺人犯とはいえ事故による死亡の後で「裁判費用が節約できた」的な発言が警官からされるのには違和感バリバリだった。
★18 - コメント(0) - 2015年11月21日

(購入)うーん・・・なんかどんどん残念な感じになっていく。ほかの人はサクサク話が進むのにハンナだけが停滞。そうさせているのは優柔不断なハンナなわけなんだけど、あまりにもその年でプラトニックで、マイクを責めるのはどうかと思うわ。健全な男性ならプラトニックでおさめられないでしょうよ。それにしても今回はマイク下げでしたな。まぁもともとマイクは好きなキャラではないのだけど・・・ノーマンもどうかと思うし。新しいキャラでも出してサクッとまとめたらいいのに。てゆうかハンナの嫌いな人間はどんどん消えていくな(笑)
★14 - コメント(4) - 2015年11月19日

あいかわらず、ヒロインの周囲はうまくまとまるのに、いつまでたっても当のハンナは……(苦笑) つーか、今回、マイクがけっこう残念な人に思えたけど、本当に残念なのはマイクによろめき、ノーマンに決められないハンナのような気がしてきた。飼い猫たちのことを考えても、ノーマンだろう、ここは(苦笑) だから、こずるいハンナは捨てて、もうノーマンとマイクでくっついちゃえばいいのに、とか思ったりもする(<をい)
★10 - コメント(2) - 2015年11月17日

好きなシリーズ。 ただ、回を重ねるごとにマイクの魅力が薄れていく…ような。 そしてどこまでもドクターベヴが酷くて、逆にノーマンの元婚約者というのが信じられないくらい。殺人事件もハンナが捜査というよりは、もう向こうからどんどんヒントが出てきてるような。 とはいえ、やはり魅力的なおやつとハンナファミリーのやり取りは、今回もほっこり出来ました。
★8 - コメント(1) - 2015年11月15日

相変わらずお菓子は美味しそうだし、周りの人たちも賑やかで楽しく読めた。しかしやっとノーマンの問題が解決したとたんに、またマイクとノーマンの間を行ったり来たりのハンナ。マイクは当たり前のようにハンナのところに御飯を食べに来るヒモ男になってきた。リサの独演会も以前より鼻につく。リサとハンナに反比例してハンナの妹達ふたりの株が急上昇だ。特にミッシェル、いい子だ〜♪
★39 - コメント(0) - 2015年11月15日

本国でドラマ化されたとの事、日本でも観れるといいなぁ。楽しみ。さて、今回はちょっとドキドキしました。さすがにノーマン、全部もう疲れた…なんてなっちゃうかと。どちらか選んでも、シリーズ続けられると思うけどな。もちろん選ぶのはノーマン!マイクは相変わらずご飯を食べに来る感じで絡み。次も楽しみです。
★10 - コメント(0) - 2015年11月13日

ハンナにとってノーマン(現実)マイク(理想)って感じかな ノーマンが優し過ぎるから物足りないなくて刺激部分をマイクに求めちゃってるんだろうな シリーズでは久しぶりに犯人対決の辺りはドキドキしました(ハンナに都合の悪い人物はどんどん死んでいくなあ 笑)レシピはアメリカ基準なのと向こうでしか手に入らなさそうなのが多いから作るのは相変わらず無理ですけどそれも含めて読むの楽しいですが三角関係にそろそろ決着して欲しいです、ちなみにノーマン派です。
★9 - コメント(0) - 2015年11月11日

最後、まぁ予想通りでしたがびっくり。ハンナも早くどちらかを選んでほしい。でも軽い気持ちで読めるこのシリーズを来年も楽しみに待ってます。
★4 - コメント(0) - 2015年11月9日

回を追うごとに、マイクが残念な人になっていく・・・。
★8 - コメント(0) - 2015年11月7日

主人公のお母さんの恋人が医者だったり、妹が不動産関係だったり、ボーイフレンドが警察官と歯医者だったりで、そこから情報を得て推理する「「お菓子探偵」。個人情報保護の観念がほぼない(p157のカルテの内容など)シリーズだが、それなりに楽しくつい読んでしまう。アメリカンなお菓子がおいしそう。
★7 - コメント(0) - 2015年11月5日

レッドベルベット・カップケーキが怯えているの 評価:96 感想・レビュー:44
ログイン新規登録(無料)