異世界迷宮の最深部を目指そう 6 (オーバーラップ文庫)

異世界迷宮の最深部を目指そう 6 (オーバーラップ文庫)
308ページ
162登録

異世界迷宮の最深部を目指そう 6巻はこんな本です

異世界迷宮の最深部を目指そう 6巻の感想・レビュー(125)

最初から最後までクライマックス。文で殴られたような気がした。そして次への舞台へと旅立つ所にほっこりしつつ、色々と危ないヒロインたちにびくびくした。
★1 - コメント(0) - 3月1日

オーウェン、リーパーとの戦いにはとても感動した。
- コメント(0) - 1月5日

ローウェンとの決勝戦が熱くて良かった.リーパーもいいキャラで,今後の活躍が楽しみです.
- コメント(0) - 2016年10月25日

★★★★☆ 朋友との約束を果たす為、最高の勝利へ向けての第6巻、迷宮探索なぞ犬に食わせてしまえばいい。スノウの正デレ化と見せかけた三下キャラへの転化から、リーパーのローウェンへの思い、そして圧巻の切なくも熱い決勝戦と盛り沢山の巻、というかもうローウェン回だよ。マリアちゃんの偽りの記憶を食わせて覚醒という件も上手いのに印象に残らないくらいに持ってかれた感。不器用な生き様に惚れ、厨二全開な魔法詠唱のステキさに惚れ、カナミとの決戦シーンに惚れ、その未練に惚れる、ローウェンイケメンかよ。
★2 - コメント(0) - 2016年10月22日

この表紙にしてこの戦闘描写。想像つかなかったけど素敵。何よりも全員が思いを吐き出してぶつけ合うのが痛快です。そして、ここが第二部の締めくくりなんですかね。
★7 - コメント(0) - 2016年10月20日

VSローウェン! 疑いようもなくベストバウト! 表紙に一目惚れしてずっと読みたかった巻。内容も大熱量で大変満足!決勝戦の冗長さと緊張感のなさを補って余りあるほど計算された“ローウェン・リーパーとの決着”。剣士として、探索者として、三十層への挑戦者として、親友として…段階的にローウェンの思いに応えていくカナミがこれ以上ないほど男前だった。/最後の大混乱も今までにない展開+カナミの今までが報われた瞬間で、読み手の感動も一潮です。一冊通してまるまる本作の良いところが凝縮されてる。
★9 - コメント(0) - 2016年9月26日

圧倒出来だった。時間を忘れるほど読むことに熱中していた。舞闘大会決勝戦での剣戟、3人の人間関係などとても面白かった。あと最後の挿絵はずるいです。
★6 - コメント(0) - 2016年9月19日

舞闘大会決勝戦でまるまる一巻。息詰まる決戦と、その後のわやくちゃな混乱ぶりが楽しい。表紙と最後の挿絵を見比べると、読後感がひとしお。★★★★☆。
★3 - コメント(0) - 2016年8月22日

表紙から素晴らしかった。ローウェンとの決勝戦は、読んでいて興奮と感動が続くばかりでした!ローウェンがどういう気持ちで、ローウェンの生きていた千年前からこの決勝戦を過ごしていたかを考えると感動してしまいます。最後の挿絵は不意打ちでしたね...。それにしても、かわいいスノウを見れてホッとしました。というかヤンデレ危ない子からアホな子になってない?パリンクロンの事が残ってるが、一応綺麗に終わってからの次巻。どう展開していくのか楽しみです!
★4 - コメント(0) - 2016年7月19日

Web版既読。やっぱこの辺は素晴らしいね。挿絵も申し分なし。個人的にはエピローグの賭場荒らしが気に入ってたので省略されたのがちょっとがっかりというか、セラさんサブヒロイン説が途絶えてしまう・・・っ! まあそれは置いといて、次巻も楽しみですねえ。いよいよ本格的に話が動き出す・・・! 評価 10
★5 - コメント(0) - 2016年7月16日

舞闘大会編終了と共に物語としても一段落した巻。表紙から何から素晴らしいの一言。完全にタイトル詐欺過ぎてあれですけどね、迷宮とはって感じです。戦闘も良く熱かった、次巻から新章になるわけですけどどーなるんだろうか、期待です。
★2 - コメント(0) - 2016年6月2日

表紙からもうドキが胸胸な6巻。ええ、ついに来ました決勝戦。観戦席の女性陣には笑いました。そして30階層の試練前のローウェンの口上には久しぶりにラノベを読んでいて熱いものを感じるほど興奮させられました。それであの決着よ!そしてそして挿絵のタイミングの完璧さよ!事後は穏便に済んで良かったのですが、これからどうなるのやら。個人的にはスノウさんでもっと遊んで欲しいですね^^
★10 - コメント(0) - 2016年5月27日

腕輪を破壊した事により本当の記憶を取り戻したカナミが決勝戦でローウェンと戦う舞闘大会決着編。剣と共に生き剣と共に散ったローウェンがひたすらにかっこよかったです。最後のイラストには不覚にも泣きそうになりました。決着がつき本当の意味で仲間と再開したカナミ達の今後の展開に目が離せません。次巻も非常に楽しみです。
★37 - コメント(0) - 2016年5月9日

『舞闘大会』編終了。BADエンドだった3巻と違ってきれいにまとまった巻だった。もしこの作品をアニメ化するなら2クール使ってここまでやって終わるのが一番いいまとめ方だろうなと思わせるほど(というか、他にいい区切りどころがないわけだけど)。しかし今回ローウェンとの対決のときにちょろっと出てきたあの謎の記憶が気になる。
★6 - コメント(0) - 2016年4月13日

息をする暇がないほど最後はとてもいい流れだった。web版既読のため個人的には次章からも期待。次巻もぜひ買いたい。
★1 - コメント(0) - 2016年3月24日

散り際の剣士ほど儚く、美しいものはない。
★7 - コメント(0) - 2016年3月24日

熱かった。クライマックスでもおかしくない感じ。ラストの挿絵は反則。不覚にもうるっときてしまった。とりあえずひと区切り。7人のハーレムパーティーで新たな船出。一度解除したとはいえ、それぞれが元地雷持ちのヒロインだから色々と化学反応が起きてやばそうwあと上目使いジト目のラスティアラの挿絵が可愛かった。
★5 - コメント(0) - 2016年3月13日

まさに熱血的な展開!弟子と師匠の決闘!守護者と冒険者の殺し合い!熱い!面白い!楽しい!戦闘ばかりじゃなくて政治家共の陰謀を精一杯潰すと避けるカナミ達!最初と最後の相棒ローウェンはまさにカナミの親友だな。ああ、まずい、また涙腺が…
★1 - コメント(0) - 2016年3月13日

紛うことなき傑作!!内容はパリンクロンにつけられた腕輪を破壊し、記憶を取り戻したカナミは、スノウを説得し、マリアの記憶をも取り戻すことに成功する。今度は間違えない。必死に抵抗するリーパーを退け、カナミは三十層の守護者のモンスターであり、『親友』であるローウェンとの『一ノ月連合国総合騎士団種舞踏会』決勝戦、そして『第三十の試練』に挑む…。P194「私の欲しいものは『英雄』や『最強』なんて称号でも、アレイス家の繁栄でもなかった!私に『栄光』なんて必要じゃなかった!もっと『ささやかな光』でよかったんだ‼︎」→
★33 - コメント(2) - 2016年2月26日

こんなタイトルなのに迷宮外の舞踏大会で盛り上がり過ぎでしょ。まだ70層あるのにラストバトルかってくらい熱い決勝戦だった。そして船入手。こんなタイトルなのに。
★6 - コメント(0) - 2016年2月26日

ローウェンとの決着は最高だった。六巻にしてようやく最終戦後の邪魔に負けないすっきりとした終わりを味わえた気がする。まだまだやることはあれど、仲間も味方してくれる人も増えて良い感じに。
★4 - コメント(0) - 2016年2月25日

舞踏大会編終了。ほとんど初めてといっていい綺麗なラストで一区切り。これからが本番になるようですが、恋愛模様も一層過激化しそうなメンバーに背筋が凍る。スノウともパートナーで落ち着きましたが、性格はそうそう変わるものではなく……。ラストの挿絵が良かった。
★14 - コメント(0) - 2016年2月18日

「いい、とても素晴らしい巻だった」正直この巻を読むためだけに今まで読んできたと言い切っても良いくらいにずっと楽しみにしていましたよ!web全部含めてこのローウェンの話が1番好き。ローウェンの「いい」ってセリフが最高たった一言なのに喜怒哀楽が凄く伝わってくるのです特にカナミが感応を使った時の喜びがいいよね、この巻のいいとことは段階的に盛り上がるバトルよ!華のある戦いとはこれのことね師弟として戦い友として勝ちリーパーと一緒に試練を超える!本当に面白かった文章だけでもいいのにそこに入る挿絵も最高だった!
★18 - コメント(2) - 2016年2月12日

やったーハッピーエンドだって思ったらここからが冒険の始まりだった。ローウェンがカッコよすぎて泣ける、これが漢か。最後にカナミ達がかつて相手してた奴らがカナミ達を助けるのは燃える展開。
★22 - コメント(0) - 2016年2月9日

本当のハッピーエンドでした。この物語では初めての清々しいラストではないでしょうか。涙脆い私は思わず泣きましたね。特にローウェンの独白的な夢のシーンは心にすごく来ました。今巻でも思惑が交差しまっくていましたが、それに負けず仲間を得たカナミに死角はありませんでしたね。そろそろカナミのご褒美巻があってもいいと思いますね。はい、欲望いっぱいです。次巻は久しぶりの迷宮攻略がありそうなので期待しつつ修羅場というかカナミさんご褒美巻が来ることを祈っています。
★14 - コメント(0) - 2016年2月7日

剣と共に生きるしかなかったローエンの本当の願いとは?熱い戦いの連続とローエンを本当に救いたがっているカミナとリーパーの願い等と凄く楽しめました。最後のローエンの魔法の呪文をカミナ達が変えて使う所と、突き刺さった剣の名前名称と演出面も良かったです。続きも楽しみですが、一段と迷宮から遠ざかっているような気がしなくも……。
★27 - コメント(1) - 2016年2月6日

素晴らしかった……。ローウェンという男の人生。。。ほんとよかった。挿絵も素晴らしい。最高だったぜ。
★13 - コメント(0) - 2016年2月3日

ラストの絵で涙腺持ってかれた。ローウェン格好良すぎかよ……。いや、カナミも負けず劣らずだが、ローウェン……お前、作品が別なら主人公やれるよ……どんだけイケメンなんだよ……俺の心がトキめいたぞ、乙女の様に……。
★5 - コメント(0) - 2016年2月1日

ああ、ローウェン……。いやぁ素晴らしい。この情けないスノウ好き。
★17 - コメント(0) - 2016年1月31日

舞踏会決着編。ローウェンと決勝戦で決着をつける、という王道な展開。口絵のローウェンのイラストがとても雰囲気が良かったです。
★10 - コメント(0) - 2016年1月31日

三十守護者との決着!武闘大会決勝戦!スノウとの和解。マリアの解放。リーパーの想い。ローウェンの望み。親友としてその、本当の望みに気付かせようと奮闘するカナミの姿が良い。二人の決着。守護者の覚醒。リーパーの覚悟。面白かった!終わりも希望が持てる。7人の冒険は何処へ向かうのか。楽しみ。
★23 - コメント(0) - 2016年1月30日

Web版既読、舞闘大会編終幕の第6巻。この章はシリーズの中でも特に好きで何度も読みましたが本で一気に読むとまた違った良さがありましたね…ローウェンの過去もより詳しく未練も綺麗に晴れて凄く清々しい気持ちになりました。表紙の構図や《親愛なる一閃》のイラストも素晴らしい、やっぱり守護者とのバトル、決着がこの作品の醍醐味だよなぁと思います、カナミの全てを出しきった戦いも良いものでしたし。カジノパートはカットでしたが面白いので未読の人はwebで読んでほしいところ、4章後半はあまり覚えてないですし次巻以降も期待です。
★23 - コメント(0) - 2016年1月29日

舞闘会の決勝戦へ向けて。記憶を取り戻したカナミは行動を起こす。まずは、エピックシーカーで共に過ごしたスノウを、一緒に仕事をしてきたパートナーとして説得。 そして、この作品の中でも特に気に入っている場面。 ローウェンとの決着をつける決勝戦が始まります。最初は剣の師弟として技を競い、何でもありの戦いへ盛り上げていく展開。持てるものすべてを出し切って、守護者の試練も突破して。……迷宮にこそ潜ってませんが、満足できる一冊でありました。
★10 - コメント(0) - 2016年1月29日

読了!前回のあとがきで作者が言っていた通り、素晴らしく熱い展開でした!作者のローウェン愛を強く感じましたね(笑)。最初から最後まで、おまけシナリオも含めて全力で描ききったであろう巻だったので、次の巻がどうなってしまうのかそこも含めて楽しみです!
★26 - コメント(0) - 2016年1月29日

これは面白い。前巻から続く、本当の願いを間違えないと決めた者たちがぶつかり合います。リーパーとの戦い、ローウェンとの決勝戦、そして試練……熱い展開がずっと続いてページをめくる手が止まりません。そしてついにヒロインズがみんな揃って、賑やかで楽しいです。次巻以降はパリンクロンを目指しての旅もろもろがメインでしょうか。みんながそれぞれ異なるヤンデレ成分を持っているので、旅をするのは怖そうだなあ……。楽しみです。
★20 - コメント(0) - 2016年1月28日

どうにか腕輪の呪縛から開放されたカナミ。ジークとカナミの記憶を持つ状態。ボロボロの体でスノウの家からの救出をする。スノウも本心を出して母親に話した。母親はイエスとは言わない。それでも大会の権利を使い、スノウの身柄を確保できたカナミ。次にマリア。彼女の意思は強いものでリーパーの精神攻撃にも逆らい、救出。ようやく休めるカナミ。ローウェンとの決勝試合では師弟対決となる。途中途中泣ける場面があった。ローウェンが魔物と判っても、応援する子供たち。最後の試練ではすごく切ない想いがあった。次も期待!
★18 - コメント(0) - 2016年1月28日

パリンクロンの腕輪から解放され、心と体が一致したカナミ。憂いを断ち切り迷いを断ち切って前に進みだす。そして未練を果たさんとするローウェンと剣の師弟として、親友としての決戦。己の威信をかけて相手に勝ちたいという構図が清々しかった。 表紙の渦波はアレイス家の宝剣を持っていて旅立つローウェンと座って残るカナミに、確かに受け取ったという空気を感じてちょっと悲しくなる 次巻も期待
★8 - コメント(0) - 2016年1月28日

評価:A 武闘大会編終了。失敗から多くを学んだカナミの成長が著しい。ローウェンとの師弟対決を始め、今回はバトルが濃厚ですごく楽しめた。新たな旅につながるラスト。次巻も期待大。
★10 - コメント(0) - 2016年1月26日

異世界迷宮の最深部を目指そう 6巻の 評価:82 感想・レビュー:53
ログイン新規登録(無料)