佐々木マキ見本帖

佐々木マキ見本帖
112ページ
77登録

佐々木マキ見本帖の感想・レビュー(57)

佐々木マキさんって、どこか村上春樹さんの文章と似てる気がしました。どこかシニカルなんですよね。「いつも心にオオカミを」思っておられるからですかね。
★5 - コメント(0) - 2016年10月16日

「ムッシュ・ムニエルをごしょうかいします」「やっぱりおおかみ」「ぼくがとぶ」など、懐かしい絵本の挿絵がいっぱい。未読の絵本も読んでみたくなった。
- コメント(0) - 2016年4月24日

図書館本 先行して読んだ佐々木マキの本で見つけ図書館蔵書検索掛けた。絵が沢山。版が大きいので絵のサイズも大きい。ちょっと欲しくなる。ビックリしたのは「ルパンのうちあけ話」と「縄文時代の人びと」の絵がそれ以外の絵とは全然・全く・超違うってこと。そしてそういう絵はこの。二つだけ。「これは自分の描きたい絵じゃない」って思ったのかもしれない。ムッシュ・ムニエルはピアノのF森さんに似てると思うんだよなぁ。
★12 - コメント(0) - 2016年1月11日

まず、男性だったのですね。女性だとばかり、、、古い「こどものとも」で【ことばのかくれんぼ】が家にあります。もう少し普通(っていうといけないのかも)の子供で、ちょっとイメージが違う~~後の文章がよかったです。
★6 - コメント(0) - 2015年8月17日

ペラペラな雑誌感がいい。楽しいな佐々木マキ。それぞれについてのコメントもあります。
★11 - コメント(0) - 2015年8月15日

今まで佐々木さんの作品は絵本しか知らなかったのもあり、女性だとばかり思っていました…すみません!!この本は作品集としても見ごたえありますし、巻末に収められたインタビューや文章がとてもよかったです。絵本は「目のごちそう」だと語る佐々木さんの作品をもっといろいろ読みたくなりました。
★11 - コメント(0) - 2015年5月2日

佐々木マキの作品から濃厚な部分を抽出した本。イラスト、絵本、マンガ、そしてインタビューへと続く。いろんなキャラクターが作者にそっくりに思えてくるのが不思議。マキさんの作品はコマの隅々まで凝った演出がされているので、読む方も目力でアハハポイントを探してしまう。それが楽しいお得感。こんなにも魅力的なマキさんと愛おしいキャラクターたちに、これからもズブズブ没頭していくことでしょう!
★8 - コメント(0) - 2014年5月18日

まさに見本帖。ここから気になる作品を読むのに丁度良い。後方に載っている文章、インタビュー記事が興味深い。常々絵本は子供が最初に出会う娯楽であると思っていたので、その感じは正しかったのだと思った。そして、佐々木マキは圧倒的にセンスがいい漫画家である。
★4 - コメント(0) - 2014年2月22日

絵自体が独特でユーモラス。その上お話がニヤっとさせられるシュールさ。好き嫌いが分かれるだろうが、好きな人にはたまらなく魅力的なマキワールド。おとぼけぶりにも、最後のおちにも、なんだかホッとさせられる作品が多い気がする。それがまた安定して中毒性があるのだろう。巻末の文章インタビューがお気に入りな本ばかりで読めてよかった。「け」は侮蔑、拒否、あこがれ、さびしさ、まけおしみ・・・さまざまなオモイがこもっていると同時に、単なる「け」という音にすぎない。「け」奥深い。やっぱりおおかみだな。
- コメント(0) - 2014年2月9日

ムッシュムニエルの元となった作品を読みたくなった。ムッシュムニエルや羊男しかしらなかったが、この本を見るとやっぱ好みの絵だ。見本帖展も行きたいな〜
★3 - コメント(0) - 2013年11月3日

佐々木マキさんのキャラクターとストーリーの流れが何故かに好き。出会いは『ねむいねむいねずみ』。それから『やっぱりおおかみ』。そして『ムッシュ・ムニエル』シリーズ。魔女、ぶた、おばけ、おおかみ……。何がきても、詰まってしまわないユーモア、抜けているどこかゆるいキャラ。つい、笑ってしまう場面。ま、いっかぁと思わせてくれる佐々木マキさん。他にない特別さは変わることがないです。本の感想じゃなくなってますがそこは、ま、いっかー(笑)
★40 - コメント(0) - 2013年10月13日

ねむいねむいねずみ、ぶたのたね、魔女のかんづめ、ムッシュムニエル、羊男。佐々木さんの絵本の不思議な魅力は、どこにあるんだろう。野暮な言葉しか浮かんでこない…(笑)私は、佐々木さんの絵を見つけると手に取らずにはいられない。シュールでナンセンスでちょっとブラックで子供の絵本でも、こども向けに善良に書いていない…。そこが大好き♪(^◇^)いつか、稲垣足穂の作品にムッシュムニエルで絵本を書いて欲しいなあ!!(*´∇`*)
★43 - コメント(2) - 2013年10月5日

読メ友達おおにしさんのおすすめ本。勿論絵もいいけれど、後ろの文章・インタビューのこの言葉が最高!『絵本の作者とは「遊び場」の設計者であり、絵本の画家とは、「目のごちそう」の料理人だと私は思っている。』
★80 - コメント(0) - 2013年9月23日

【ブクログに転記済】
★58 - コメント(8) - 2013年9月1日

 村上春樹の小説のカバー絵でおなじみのマンガ家、イラストレーター、絵本作家の佐々木マキの作品の抜粋と文章。佐々木マキは京都市立美術大学中退なんだけど、ここで教員をしていた秋野不矩(日本画家、静岡県女子師範学校卒業、後の静岡大学教育学部。浜松市に秋野不矩美術館がある。)に福音館書店を紹介されて絵本「やっぱりおおかみ」が誕生する。
★9 - コメント(0) - 2013年8月23日

展覧会予習。2/3は絵本の原画や漫画、残りはインタビュー記事など。「絵本を通じて子どもたちに送りたいのは、教育でも、何でもなく、ゴラクなのだ。わかるかな、ザッツ・エンタテインメント。おもしろさの大盤振るまい。私は芸人で料理人なのだ。そして、私は絵描きだから、何よりも〈目のごちそう〉を。もし、そのためにもう少し絵がじょうずになる必要があるというなら、よろこんで練習にはげみましょう」今回の予習で、佐々木作品のおもしろさを改めて知ったけれど、この言葉で、ますますファンになった(^o^) 来週の鑑賞が楽しみ!
★24 - コメント(2) - 2013年8月21日

素敵な本。手元において何度でも広げたくなる作品集です。佐々木マキさんの作と知らず見たことのある作品もちらほら。いろんなところで活躍されているのですね。
★5 - コメント(0) - 2013年8月16日

佐々木マキさんは雑誌「宝島」や村上春樹初期作品のイラストの頃からのファンです。前から稲垣足穂のテイストを感じていたのですが、この本のコラムで稲垣足穂のことに触れられていました。曰く「ぼくが<自分なりの仕事>を既にやり始めたあとで、足穂に出会ったのは、やはり幸運だったと思わずにいられない」。確かに足穂の強烈な個性に先に出会ってしまっていたら、今の佐々木マキはなかったかもしれませんね。
★17 - コメント(2) - 2013年6月30日

佐々木マキさんて男性だったのかとびっくりした
★6 - コメント(0) - 2013年6月22日

AKa
最近の仕事は全然知らなかったので参考になる。自作を語るインタビューが面白い。この本は同名の展覧会の図録でもあります。ミュージアムショップで買われる場合はオマケ付きな場合があるかもしれません。現在開催中の吉祥寺美術館だと、「亞里馬々商会」の小さなステッカーが付いてました。ご参考までに。
★5 - コメント(1) - 2013年4月28日

ずっと女性だと思っていたので写真を見てびっくり! そして中身を見てさらにびっくり! あれもこれも佐々木さんの作品だったのかぁ~ととても驚きました。作風もいろいろあって、飽きずに楽しめます♪ 最後に“文章・インタビュー”が載っているのですが、どこで発表されたものかがわからないところが少々残念(>_<) 絵本の画家は「目のごちそう」の料理人。ん~、素敵ですね^^
★21 - コメント(5) - 2013年4月18日

佐々木マキ氏といえば,「ぶたのたね」と言える,くらいの認識.羊男も捨てがたい.
★5 - コメント(0) - 2013年3月28日

昔わたしが読んだ絵本を今はむすめも読んでいる。「山からきたぺんぎん」好きだったなぁ。佐々木マキさんがガロでマンガ描いてたとは初めて知りました。長新太さんもマンガ描いてたとは………
★5 - コメント(0) - 2013年3月19日

★3.5 表紙をめくって、著者近影に衝撃!! 佐々木マキさんって、男だったのっ!? しかも本業は漫画家で、ガロに描いてたのっ!? イメージがかなり覆りました(汗)。  作品も、私が知ってた『やっぱりおおかみ』『ぼくがとぶ』は一面でしかなく、様々な作風を使い分けている。村上春樹の表紙などで見たことがあったあの絵も、佐々木さんだったとは。絵本も漫画も、1〜2ページだけの掲載なので、ストーリーが気になる。 *「フクロウと仔猫ちゃん」は、最近読んだエドワード・リアの作品が元ネタみたい。不思議なリンク。
★10 - コメント(0) - 2013年3月13日

《書店》佐々木さんらしい楽しく面白い絵ばかり、ゆっくり見たかった。
★9 - コメント(0) - 2013年3月5日

最近読んだ「ムッシュ・ムニエル」や懐かしの「羊男」や村上春樹作品まで色々見られて楽しかったです。佐々木マキさんって、「ガロ」の漫画家さんだったんですね。しかも男性だったとは!作品には触れていてもご本人のことは全く知りませんでした。
★22 - コメント(0) - 2013年3月3日

今読んでいるみんな最新5件(4)

03/12:三毛子
11/09:bono

積読中のみんな最新5件(1)

03/10:arbor

読みたいと思ったみんな最新5件(15)

12/26:m
07/28:根岸
07/17:ssyy@
02/18:織町
佐々木マキ見本帖の 評価:98 感想・レビュー:28
ログイン新規登録(無料)