突飛なるものの歴史

突飛なるものの歴史の感想・レビュー(27)

3月18日:KOMORO
2月20日:
2016年12月12日:らら
人の持つ未知への好奇心と恐れ。時に微笑ましい神話や迷信、時に人の死も伴う偏見や差別となる。魔女狩りなど死を伴う場合はもちろんだが、感性豊かな芸術家の死後評価も悲しい現実。一方、トフツ女史の「17羽の兎」や「狼男ウーフル氏」など、どう考えても怪しい話が受け入れられる時勢も興味深い。人の無知ではなく、科学を超えた人の可能性・好奇心だと考えたいかな。時に滑稽も、数々の挿絵が描く中世のスピリチュアルな世界図鑑!?と考えましょう。それにしても、ドラゴンの息って臭いのかな?!(笑)
★52 - コメント(0) - 2016年10月26日

2016年6月29日:半殻肝
2016年3月18日:いふに
2015年9月29日:karako
★★★☆☆ 絵や写真が多くてとても楽しかった。内容的には少しベースがわかってるほうが面白いかな。
- コメント(0) - 2014年10月21日

2013年10月7日:Meroe
2013年5月5日:obr
2012年11月28日:inugami4649
2012年10月28日:烏松
変な本。でも面白い。
- コメント(0) - 2012年5月7日

2011年11月15日:梟木
見世物小屋をのぞいているような気分。図版が多くて豪華な本です。
- コメント(0) - 2011年9月3日

『英国へどうぞ、一万人の幽霊が皆さんをお待ちしています』
★1 - コメント(0) - 2011年7月24日

2011年5月23日:ちゃこ
2010年11月23日:横見鳥
桜庭一樹先生が今読んでる、とツイートしていたので釣られて読了。アンソリッドなものたちの変遷についての論考。最後の突飛な人にまつわる話が一番面白かった。
- コメント(0) - 2010年6月27日

2009年9月19日:虚無
2009年5月2日:balanco
2008年7月13日:hazy-moon
--/--:ikuko
--/--:cocoon
--/--:Ksaka

今読んでいるみんな最新5件(4)

08/19:karako
04/06:七生子
11/04:横見鳥
09/16:虚無

積読中のみんな最新5件(3)

11/11:傘緑
06/29:めるるこ
10/30:門前照二

読みたいと思ったみんな最新5件(16)

10/28:hamham
09/27:na
07/14:dabadaba
02/21:m.
10/13:Yusuke Oga
突飛なるものの歴史の 評価:44 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)