素敵な蔵書と本棚 (GAIA BOOKS)

素敵な蔵書と本棚はこんな本です

素敵な蔵書と本棚の感想・レビュー(110)

勉強になった。訳もいい。
★2 - コメント(0) - 1月6日

物を減らしてすっきりした暮らしがしたいと思うのに、この本を見たら手持ちの本をこうして飾りたいとか、このように置いたら素敵と真逆なことを考えてしまった。本の持つ魔力のせいかな。
★7 - コメント(0) - 2016年9月11日

こんなにときめく本はなかなかないです。
★42 - コメント(0) - 2016年9月6日

海外の読書家、蔵書家などの本棚を集めた写真集。重厚感ある本棚が多く、重量や耐震性が気になる。本棚に囲まれた本棚の扉は子供の頃からの夢です。家の至るところにさりげなく本を並べるインテリアを目指しているので、まずはこの本を買って本棚に面だしで飾るところから始めようかな?
★24 - コメント(0) - 2016年7月18日

リビング、ダイニング、キッチン、ベッドルーム、階段(!)バスルーム(!!)本にはそれぞれの居場所があると思う。適材適所に配置された家で本に囲まれて暮らせたら、これほど幸せなことはないだろう。工夫されオシャレにディスプレイされた本と部屋。どれもため息が出るほど憧れる。センスのかけらも無く、無駄に几帳面な私には無理な芸当だ。たとえつまらない書棚であっても、現在の仮住まいの家で段ボールとケースに詰められた本たちをキチンと収めた本棚を眺めて暮らす、そんな幸せな未来を夢想する。
★25 - コメント(0) - 2016年5月28日

どの蔵書も見ていてうっとりするのだけれど、翻って自分の書棚の貧弱さにしょんぼり。理想と現実の落差を認めつつ、自分なりに素敵な本棚を作れたらいいなぁ〜。
★1 - コメント(0) - 2016年5月18日

読書好きでインテリア好き…この写真集は自分にとって猫にマタタビを与えたようなもの。海外の方の本棚ばかりだけど、皆さんハードカバーで整然としたラインナップだった。整然とした本棚は美しい。
★1 - コメント(0) - 2016年1月5日

本をインテリアとして捉える。見ていて楽しい本。でも、自分の持っている本は、文庫本だったり、ペーパーバックだったり、なかなかカッコいいものが無いんだよなあ・・・。
★1 - コメント(0) - 2015年12月27日

本が本棚にただ収まっているだけじゃなく、インテリアの一部になっていて素敵でした!リビングだけじゃなく、キッチンやトイレに少しだったり、階段の段々に積み上げたりして、生活感がある感じのもまた良い!四隅をきっちり合わせて積み上げて彫像のようにしてるのも。その上にガラスの天板を置いたら、テーブルになるとか、本棚と本でストライプな部屋だからドットのラグがアクセントになるとか、全部の写真に解説があって読むのも楽しかった!大型本だったので図書館で読了。
★2 - コメント(0) - 2015年10月10日

タイトル、トキメキますね。この夏、引っ越しがあり、今後、蔵書をどうするのか、という我が家最大の難問浮上。物を所有することは不自由なこと?この本を手にして、少しホッとしました。『書物は家具としてつくられたわけではないが、住まいを美しくしつらえるのに書物以上のものはない』ここに出てくるのはすべてが洋書。並べるとそれだけでアートっぽいし、部屋は広い、地震のことも考えたら、取り入れるのは難しそう。けれど、本とともに生きるため、部屋のしつらえに合わせ、空間に本の生命力を与えるように。蔵書を考えるヒントは貰いました。
★78 - コメント(1) - 2015年8月13日

お気に入りさんの感想より読んでみました。やはりスケールが違うな~と思いました。とても優雅な上品な本棚のある部屋ばかり。本を無造作に並べてる感じを漂わせてお洒落に纏めていました。自分の本棚を見て比べてみると「小っちゃ!」って思ってしまいます。キチキチっと並べるよりも余裕をもたせてゆるりと並べる方が気持ちにゆとりの持てる本棚になりそうです。部屋も広くて羨ましいです♡本自体がとても厚く大きいので持ち運びには苦労しました。
★68 - コメント(12) - 2015年8月5日

「書物は家具としてつくられたわけではないが、住まいを美しくしつらえるのに書物以上のものはない」――本当にその通りですね(*^^*)。どのページをめくっても、整然とあるいは雑然と(でも素敵)本が並んだお部屋が。それもリビングや寝室だけでなく、お風呂や階段まで! 自分の蔵書って、人に見られると恥ずかしいので隠す収納にしていますが、本当はこんなお洒落にディスプレイしつつ収納させたいな~♪
★12 - コメント(0) - 2015年8月4日

書籍をこよなく愛する人達にピッタリな本です★蔵書を効果的にディスプレイしながらお洒落に素敵な空間を演出されています!洋書はただ重ねて置いてるだけでもお洒落なインテリアになるなぁと思ったり、デッドスペースに上手く本棚を作って活用されていたりして勉強になりました!こんな素敵な本棚のあるお部屋で毎日ゆっくり読書できたらいいなぁ(´▽`*)いかにも海外って感じのお部屋なのでなかなか真似したくてもできませんが、素敵な本棚や綺麗にインテリアとして並んでる蔵書を見て幸せな気持ちになりました♡とっても憧れちゃいます♪
★165 - コメント(12) - 2015年8月2日

機能性と装飾性を中心に、蔵書をいかに素敵にディスプレイして快適な住居を演出するか。洋書というだけでお洒落度が何割か増す気がする。廊下の壁一面が天井まで本棚になっていたり、階段の踏み板の間が収納スペースになっていたりと真似したいものから、「浮遊する書棚」など地震大国日本ではちょっと無理な感じのものまで様々。リフォームした地下室の読書スペースがいい感じ。でも地上に上がらなくなりそうだから実際に作っちゃダメなのかも。
★18 - コメント(2) - 2015年4月16日

人文主義者といった言葉が印象的でした。
★7 - コメント(0) - 2015年1月22日

図書館で借りました。すごく素敵な蔵書の飾り方が、惜しげもなく写真で紹介されています。値段が、2900円+税なので、買うのを迷っている人にもオススメ。私は「買い」だと思いました。
★8 - コメント(0) - 2015年1月3日

インテリアとしての質と、コレクションとしての量との両立。いわゆる「蔵書狂」の住まう家のビジュアル本。蔵書狂たることはとっくに諦めていて、美的な価値を殆ど求めていないのだなあ、ということが図らずも分かってしまった。でも、もし際限なく本を収集できるのなら? というファンタジークエスチョンとして面白く読みました。  ゲストルームにゲストと滞在日数に合わせたミニ本棚を作るという提案は最高だと思いました。  本棚で持ち主のひととなりが解るとは、今は見なしていないのも確認できました。旅したような一冊でした。
★25 - コメント(0) - 2014年11月8日

蔵書を中心とした部屋作りを紹介した写真集的な大型本。
- コメント(0) - 2014年10月15日

人の本棚見るのが好きだ。素敵な本棚なら尚更。やはり洋書は置いてあるだけでお洒落に見えてズルイ。日本語も母語としない人が見たらまた違う印象なんだろうけど。そもそも自分の本棚はほぼ文庫本と漫画なので、どうしても「自分の憧れる本棚(=大型本主体)」とはギャップが生じてしまうんだな~。
★1 - コメント(0) - 2014年10月4日

表題通り、素敵な本棚の写真集でうっとり。 リビング×本棚、寝室×本棚、バスルーム×本棚…等々、インテリアの1部として扱われている本棚はやはり素晴らしいのひと言! 「書物は家具としてつくられたわけではないが、住まいを美しくしつらえるのに書物以上のものはない」と牧師であるヘンリー・ウォード・ピーチャーさんが記されたとの事で、凄く納得。 只、それを活用出来ない住宅事情や己のセンスがネックだなと。
★6 - コメント(0) - 2014年7月19日

文書を読まなくてもただ本棚の写真を眺めているだけでも楽しめる本。本好きのための本と言ってもいい。インテリアの本としてもいける。
★13 - コメント(0) - 2014年7月2日

「1冊の良書に耽溺することは恋愛のようだ」とはハロルド・ブロドキーの言ですが、まさに他人の本棚を覗くということは、その人の恋愛遍歴を覗いているよう。そんな甘美な気持ちになります。欧米の知識人・アーティストたちの本棚は眼福です。
★5 - コメント(0) - 2014年1月5日

キレイでおしゃれ楽しそうで知的で・・・落ち着きそうなおうちばかり。 でも残念ながら、地震大国日本では真似できないわーってものが多かったな。 そもそも洋書っていうだけで、おしゃれに見えるの巻。
★7 - コメント(0) - 2013年11月19日

図書館本。新刊本コーナーで見つけて借りた一冊。海外の読書家・愛書家・蔵書家の本棚の写真集。本職がデザイナーさんの家が多いので、どの空間もとてもお洒落!部屋別に、本棚が主役となるような配置や見せ方のアドバイスがされているので、これから家を建てる予定の本好きさんには参考になるかも。でも地震の多い日本じゃ無理かな…(^_^;)「本のない家は窓のない部屋のようなもの」など、名言も多数。読書療法士(ビブリオセラピスト)という職業を初めて知った。
★32 - コメント(0) - 2013年11月16日

本棚がある部屋っていいな~とページをめくりながら楽しめた。外国の家のように 広いスペースがあると自由にレイアウトできて絵になる感じの部屋が作れる。 トイレとか湿気のあるところに本棚を置くのはちょっと心配・・。 P.68の黒いソファーとのレイアウトが素敵だな~と思った。全部を白くしてもいいし これなら家でもできるかもしれない。
★54 - コメント(0) - 2013年11月15日

 本が生活に溶け込んでいる情景に感動していた。敬いながらも離れない適度な距離感が見ていて嬉しかった。インテリアとして本を置いてみたい。
★6 - コメント(0) - 2013年11月2日

憧れの本棚ばかりです。ため息がでます。本好きの目の保養に最適な本ですが、この本を読んだ後で自分ちの本棚を見ると落ち込むかもしれません。
★3 - コメント(0) - 2013年10月27日

図書室並みの蔵書数やお洒落なディスプレイ方法に憧れる。
★4 - コメント(0) - 2013年10月3日

本というのはインテリアのメインになるんだと教えてもらいました。いつも本はどう効率よく収納するかばかり考えてしまいますが、ディスプレイの方法次第でこんなに部屋がステキになるなんて。どの写真も本に囲まれた部屋というだけで無条件で羨ましい限り。改めて自分の家の中の本をどうするか考えてみたいと思います。(背表紙が外国語だからインテリアになるのかも??)
★5 - コメント(0) - 2013年7月31日

「テレビってすごく勉強になるねえ。誰かがテレビをつけるたびに、私は別室に移って本を読むことになるのだから」このような読書に関する一言が面白かったです。枕のすぐ上にどっしりした本を並べてる寝室の写真が多くて心配になりました。ステキでも怖いわ。
★5 - コメント(0) - 2013年7月14日

「読者は書物の捕食者であり、書物は魂の糧である。」(p.76)
- コメント(0) - 2013年6月30日

本棚作りの参考に。また読みたいので記録。
- コメント(0) - 2013年6月25日

著者はイギリス人?美しくディスプレイされた本棚に憧れる。しおりがリボンでできていた。
★1 - コメント(0) - 2013年5月7日

本って、それぞれ個性があり、ぬくもりがあり、かけがえのない宝物だ。本に囲まれているとホッとしてくつろげる。この本で、自分の蔵書をインテリアとして、機能性、装飾性の役割を果たせるように探究してみた。著名な読書家さんの言葉やエピソードも面白いし、本の収納ディスプレイテクニックも参考になる、とってもエレガントなガイドブックだった。さてっとぉ♪〜
★30 - コメント(11) - 2013年4月16日

魅せる収納と言うか何と言うか、憧れが詰まった本ですね。本の見せ方とか勉強になりました。壁棚って可愛いけど賃貸住宅だと出来ないんだよね(´・ω・`)
★1 - コメント(0) - 2013年4月8日

蔵書と本棚のためのインテリア本。自分も本棚が欲しいので、参考になった。やはり、作りつけのものはかっこいいなあ。
★9 - コメント(0) - 2013年4月7日

自分のセンスの悪さに今日ほどショックを受けたことはない。この本の本棚の方がよっぽどラフなのに、統制がとれている。あまり地震のことよりインテリアの統制を気にするタイプなので(3.11では、ほとんど崩れなかったこともある)読んでてイライラすること然り。素敵な本棚を形成できていない自分に腹が立つ。本に申し訳ない気がした。とりあえず定期的な本の掃除はしようと言う気にはなった。
★3 - コメント(0) - 2013年4月6日

Ryo
図書館にてパラパラ読み。図鑑じゃないけどカタログっぽいので^^;壁いっぱいの本棚(はしご付き!)とか階段横の本棚とか壁にそなえつけられてる本棚とかアームチェア型書棚とか(最初すごい!欲しい!!と思ったけどよくよく見てると今読んでる本に集中できなそうな気もする^^;)色々あって面白かったー!私はいくらデザイン的によくても平置き、床置き、ななめ本棚は受け付けないのでそれらはふーん、、位な勢い。オシャレでしたけどね。強度がどうなのかわからないけどP49のブロックシェルフは結構好み。ロープじゃなくて普通に床に→
★5 - コメント(1) - 2013年3月27日

ステキすぎる~!もっと広い家があれば…妄想は膨らむけど…。
★7 - コメント(0) - 2013年3月19日

★★★★★
★1 - コメント(0) - 2013年3月14日

素敵な蔵書と本棚の 評価:100 感想・レビュー:56
ログイン新規登録(無料)