ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェ (作品とコンテクスト)

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェの感想・レビュー(8)

2016年5月6日:半殻肝
2016年1月19日:Onishi
2015年5月1日:
華やかで調和のとれた画面から依頼主の結婚を祝福する内容を持つと考えられてきた『プリマヴェーラ』だが、その図像を読み解いていくと実は、時の支配者ロレンツォ豪華公の打倒を意味する政治的な絵であった、という内容。この時期のフィレンツェの芸術家にとっては政治批判が一種の「詩才」であったらしいが、ボッティチェリにしろミケランジェロにしろ、その作品が単に政治的メッセージを伝える手段とはならずに、芸術としての普遍性も獲得しているのは見事である。
★2 - コメント(0) - 2014年8月31日

2014年2月16日:Shihoko Okada
ik
造形的、経済的観点からボッティチェッリの《春》の制作年代を再考し図像解釈を行う。非常に説得力があるように思えるのだが巷説は覆っていないようなので、最初についてしまった固定観念というのはなかなか取れないものなのだなと。
★2 - コメント(0) - 2013年5月21日

2012年9月4日:meg_u_miffy

今読んでいるみんな最新5件(2)

10/13:st
07/09:meg_u_miffy

積読中のみんな最新5件(1)

07/27:わかめ

読みたいと思ったみんな最新5件(2)

10/28:あずき
04/06:kbtysk

人気の本

ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェを読んだ人はこんな本も読んでいます


ボッティチェリ「プリマヴェーラ」―ヴィーナスの園としてのフィレンツェの 評価:50 感想・レビュー:2
ログイン新規登録(無料)