転生したらスライムだった件 3 (GCノベルズ)

転生したらスライムだった件 3 (GCノベルズ)
322ページ
303登録

転生したらスライムだった件 3巻はこんな本です

転生したらスライムだった件 3巻はこんな本です

転生したらスライムだった件 3巻の感想・レビュー(266)

2巻の裏で動いていた魔王たちがついに表舞台にといった3巻でした。/内容としては、他の国とリルムを筆頭としたジュラの森連合が他の国と同盟を結びつつ、ミリムを理由に色々起こるといった感じですね。最古の魔王の一人で実は思慮深く戦闘力も最高峰というぶっ壊れキャラな上に自由奔放で可愛いと盛りだくさんなキャラで可愛かったです。美味しいものに釣られてチョロいのも良い。/街づくりから国づくりに流れが変わりましたね。魔王達の動きもあって物語に深みが出てきました。4巻も気になります。
★3 - コメント(0) - 1月30日

再読。やっぱりオジサンが読むにはハードル高い表紙です。でも面白いから良し!
★8 - コメント(0) - 1月27日

 ミリムとリムルのコンビ、いいねぇ d(^∀^)
★1 - コメント(0) - 2016年12月14日

いよいよ国と認められ、複数の魔王や周辺国家の連中で新キャラも多数登場し、今後の魔国連邦とどうなっていくのか期待させる。一応ボス戦も用意されてはいたけれど、新キャラや他組織の説明も多いので2巻のような派手さがなく堅実な内容だった。メインである魔王ミリムも可愛いが、魔国連邦国民達間による会話や戦闘での連携、1・2巻では鼻持ちならなかったやつも可愛いキャラになったり、メインに埋もれてはいるけれど随所も光り輝いています。そしてそれらを率いるリルム。国を指揮しつつも将来への考え方は終盤へのフラグかな。
★2 - コメント(0) - 2016年11月18日

ぐんぐん読み進めちゃった。魔王ミリムの今後の活躍にも期待♪
★2 - コメント(0) - 2016年11月6日

tty
最初っからの魔王談議、あなどれないやつばっかのなか露出ロリこと魔王ミリム、破壊の暴君と言われてはいますが終盤ではもう皆の妹ポジションになっとるのが面白いですね、今後も暴走したり操られたりしないか心配ですがずっといてくれるといいですね 今回の話はオークロードに打って変わってカリュプディスという空飛ぶ一つ目エイ、飛行・魔力妨害・従者召喚・超速再生・範囲攻撃とか普通のRPGでも嫌われること待ったなしのボス、ミリムがいなければどうなっていたことかわからんですが瞬殺するミリムはぱないです ぅゎょぅι゛ょっょぃ
★1 - コメント(0) - 2016年10月20日

乱読、魔王ミリム登場。物語はだんだんと広がっていきます。とういうかそろそろミリムとかリルムとかややこしくなっ・・w
★1 - コメント(0) - 2016年9月21日

え〜こういう表紙だと書店ではまず買わないだろうなぁと思いますが,ま,Kindle版なので関係無し.内容はとても面白いし. 魔王ミリム登場.まだまだ魔王とは圧倒的な差があるとわかって,これからのリムルの成長が楽しみです.
★2 - コメント(0) - 2016年9月20日

表紙舐めてるの蜂蜜か。ゴスロリをビキニアーマーにとかなかなか思い切った修正だな。でもそれだからこそ着せ替えを楽しむシーンが成り立ったように思える。もういい加減魔王倒せるんじゃねーのと思っていたのに、まだまだ実力差があるということでびっくり。そんならフレイでもカリュブディス圧倒できたんちゃうのん。結局のところカリュブディス吸収含めリムルがどれっくらい強くなってってるのか読み取れんのがね。蜘蛛みたいに露骨なレベル表示もあれだけど、わかりやすさはあるよな。
★1 - コメント(0) - 2016年9月16日

ミリムちゃん襲来とかいろいろ見所の多い第3巻だけど、ヨウム一行&フューズ一行&ゴブタ隊のスパイダー戦の場面が一番好き。ゴブタはますます格好良くなってるなあ。あと個人的にベスター元大臣まさかの仲間入りが嬉しかった。リルムくんは相変わらず男前でこれも嬉しい。ファビオくんが無事でよかった。ワイルド系おっさん系大活躍の相変わらず私に優しいファンタジーでした。
★5 - コメント(0) - 2016年9月15日

中年サラリーマンが死んで転生してスライムになって無双するシリーズ第3弾。web版から相当に変わってこれはこれで楽しいです。最強最古の美少女魔王(笑)ミリム登場で、緊迫感ありそうな展開と見せてホンワカしとります。続刊も楽しみ!
★15 - コメント(0) - 2016年7月4日

リムルも結構強くて魔王と互角か少ししたぐらいに思ってたけど、現状だと魔王よりも結構格下なのね。 まあ、ミリムは規格外だから全くの存在と考えた方がいいかも。
★7 - コメント(0) - 2016年6月21日

オークディザスターの討伐に成功したリムル。だがその様子は4人の魔王たちに監視されていた。クレイマン、カリオン、フレイ、そしてミリム。それぞれの思惑を乗せて送られる視線に、リムルはまだ気付いていない。オークの部隊も街の仲間入りし、街道の整備も始まった。ドワーフ王との会談により国名も「テンペスト」に決まる。順風満帆と言える状況だったリムルたち。しかし突如として、デストロイの二つ名を持つ魔王ミリムが来訪する。リムル以下の幹部達が束になっても勝てぬ相手にリムルが取った方法とは。
★4 - コメント(1) - 2016年6月12日

俺ツエー系で殴り合いしたらどれが勝つのかを知りたい。
★2 - コメント(0) - 2016年6月6日

いいところでリムル登場!と思ったらすぐミリムに持ってかれた(笑)今回はドワーフ王国との同盟からの建国、魔王たちに動きがありお子様なのに最強な魔王ミリムが襲来して巻き起こる大騒動な3巻。面白かった!何気におじさん・おじいちゃんの活躍多いよね。ガゼル王とかハクロウとか。ミリムはチョロかったですね。まぁ、ちょっとでも怒らせたら瀕死という綱渡りのドキドキ感はありましたが、リムルが上手に手綱を引いていました。マブダチに照れて喜んでるミリムは可愛かったですね。
★7 - コメント(0) - 2016年5月28日

スライム転生物語の3冊目。最強最古の魔王の一人ロリっ娘ミリムが、退屈しのぎにリムルの元にやってきてお友達になる話。主人公のチートっぷりがヤバいと思っていたけど、それを遥かに超えるバランスブレイカーっぷりを発揮するミリムの我儘っぷりがすごい。ガゼル王との一騎打ちやカリュブディスとの死闘を始めとしてバトルシーンは沢山あったのに、ミリムが全てを持って行った印象。実力、存在感共にずば抜けとるわ。何気にゴブタがかなり強くなってるのも面白かったし、見所が沢山あって良かったです。次巻も期待してます。
★31 - コメント(0) - 2016年5月6日

「ミリム・ナーヴァだ。今日からここに住む事になった。宜しくな!」他者の都合等お構い無し。『破壊の暴君』魔王ミリムは退屈を紛らわす為だけにリムルの元へ突っ込んだ挙句、破天荒な振る舞いで事態は思わぬ方向へ転がる。「ズルいズルい!もう怒った。教えろ。そして私も仲間に入れるのだ!」中身が子供と見て汚い大人の手を使い最悪の展開は防ぐが、小さな暴君は遣りたい放題。貴重な甘味と美味な食事に釣られるチョロい魔王。果てには顔を真っ赤に爆弾発言する。「え、えっと……友達と言うより、親友だな!」ミリム一色の独壇場をご堪能あれ。
★26 - コメント(0) - 2016年4月10日

主人公はスキルを会得していけば誰にも負けないチート野郎になるんだろうなと思っていたら、いくらスキルを持っていてもどうにもなりそうにないバランスブレイカーが現れる。 バトルより町の発展、経済のほうを重視しているので特に問題はないけど。 次から魔王が攻め込んでくるはず。新たなスキルがよく効くであろうハーピィの魔王フレイがくるか、宝具で操られたミリムに負けてフレイに助けられるか、フレイと共闘してミリムと戦うか。 楽しみだ 登場人物の名前も似た名前が多いようで少ないのでありがたい。リムル、ミリム、リグル…
★2 - コメント(0) - 2016年4月5日

最強格の魔王を仲間に引き込んじゃうとかリムルさん策士すぎる。
- コメント(0) - 2016年3月23日

魔王ミリム登場。ものすごく強いのに、中身は子どものようで、老獪さも少し持ち合わせている、胸が残念な最古の魔王の一人らしい。ちょうどクレイマンの画策で蘇ったカリュブディスを倒してもらう。桁外れなパワーだ。
★1 - コメント(0) - 2016年3月9日

web版を見てから改めて読みなおすと、カリオンの大物っぷりに若干の違和感が。どことは言いませんが、闘技なんとかとか、訓練仲間との共闘とかを読んだ後に、書籍版の魔王ぶりを見ると、作中でどんどん強くなるはずなのに、今が全盛期ではないかと感じてしまう、謎の現象が。あゝ無情。
★4 - コメント(0) - 2016年2月6日

こういう作品がただで読めるっていい時代だよなと思う。この巻は国づくり要素は控えめ。
★1 - コメント(0) - 2016年1月31日

「美幼女キャラ投入って…少しステレオタイプ過ぎやしないか」と思いつつも、既巻同様に先が気になる展開で、一気に読了。次巻からは、国家間の駆け引き要素が更に濃くなるのかな。
★3 - コメント(0) - 2016年1月31日

小説を読もうHPより。この表紙じゃ、書店では手に取りにくいわねえ。改めてネットで読めることに感謝だわ。
★1 - コメント(0) - 2016年1月19日

スライムの成り上がりシリーズ第3弾です。オークロードを下した主人公ミリムは、各勢力の注目を浴びます。彼らに興味を持って接触してきた魔王ミリム・ナーヴァの来訪を軸に、物語が展開されます。原作になかったガゼル王との一騎打ち、オリジナルの怪物カリュブディスとの死闘、フューズとヨウムの共闘など、心躍る要素が盛り沢山でした。最高だったのは、ゼギオン、アピトとの出会いが追加されていることです。このやり取りと書いた2〜3ページだけで、この本を読んだかいがあったというものです。
★10 - コメント(0) - 2016年1月15日

第3作品目。前作で、魔王に昇華しようとするゴブリンロードを倒したリムル。オーガやドライアドまで仲間に引き入れ、魔物たちの国、テンペストを設立。一国の主に。 しかし、その活躍が、魔王たちの目につき、試されることに。
★3 - コメント(0) - 2015年12月29日

読了。今回は、魔王の一人であるミリムがメインの回。とは言いつつも、今までの巻が誰かに焦点を当てていたかと問われれば、そんなことないように思えるが…。 まぁ、とにかくだんだんと町が大きくなっていき、周りからの反応も大きくなって尚且つ、魔王達からも目を付けられこれから不穏な感じになりそうだが、同時に面白くなりそう。
★6 - コメント(0) - 2015年12月10日

 魔物の町が、魔王ミリムも加わりだんだんと大きくなり国レベルに。 ここまでは安定の展開でしたが、どこからか、一波乱も二波乱もありそうな感じになってきたところで引き。 しかし、この表紙はちょっと・・・今まではおとなしかったのに、なぜここで一気に・・・ 中身はまともなのに、おおっぴらに読みづらい、まぁ、興味を持たせるにはこういったモノも一つの方法ですが・・・(最近はWeb購入できるので表紙で興味持たせて、ネットで試読、購入という流れで、本屋さんで恥ずかしい思いしなくていいのですが。)
★5 - コメント(0) - 2015年10月17日

オークロード討伐を聞き、詳細を見極めるためにやって来たドワーフ王ガゼルと国交を結び、ジュラ・テンペスト国の盟主になったリムル。そこにオークロードを新たな魔王として生み出そうとした三人の一人である魔王ミリム・ナーヴァが来襲し…。魔王来襲編。もう魔王と対峙する段階に入ったかwシズさんとの宿敵レオンではなく最古参で気分屋のミリムが登場。実力は鬼人達が束になっても傷つかない程の最強レベルだったけど、食い物に簡単に釣られるほぼ幼児思考の魔王w興味や関心が本当に子供で可愛らしかったなwリムルともマブダチになれて→
★18 - コメント(2) - 2015年9月27日

電子書籍にて。最強の幼女じゃない魔王ミリム登場。その他の魔王や人間も出てきてキャラが多い。町づくりが国になってるよ。しかも人間の暮らしより豊かなんじゃない?
★9 - コメント(0) - 2015年9月10日

魔王、ちょろい?。(笑)
★2 - コメント(0) - 2015年8月29日

fap
魔王来襲。 力で敵わなくとも知恵と勇気で立ち向かえ。 そして意外な活躍を見せるガブタとガビル。 君達の犠牲は決して忘れない。 知略を駆使する魔王も現れ、新しい国造りの前途には暗雲が立ち込めている模様。 その分主人公もパワーアップしているので、なんとかなるかな。 なってほしいな。
★4 - コメント(0) - 2015年7月1日

ミリム、扱い方を間違わなかったらいいやつとゆーか憎めないキャラね
★11 - コメント(0) - 2015年6月22日

ミリムいいね!我侭な最強の魔王、でもお子チャマで単純ってどこかで見たことありそうなキャラクターだけれど。ゴブタといい、ミリムといい、このシリーズはキャラクターが好きだな。ヴェルドラも早く復活して欲しいけれど、まぁ彼の復活が最終局面なことは間違いないだろうから、我慢するとして。早速魔王が2人も味方についたのはやり過ぎな気もするな。
★5 - コメント(0) - 2015年6月19日

えらい、女の子魔王にフォーカスされてた巻。ちょっとキャラが類型過ぎるかなーとは思いつつも、楽しめた。 大賢者の性能?性質?に含みが持たされてるんやが、これは伏線回収されるん?(ずっと後で伏線回収された!)
★4 - コメント(0) - 2015年4月13日

よく動くロリ魔王の参加で一気に話が賑やかになった。暗躍してる方もサクッと片付けるのを期待。
★3 - コメント(0) - 2015年3月30日

3冊目にしてなろうからずいぶん書き直されてあらま、びっくりという(笑)。まーしかしこの表紙はハードル高いよね(笑)。色々と道化を前面に出してきたのが今後どうつながってくんだろーか?という感じでしょうか。このパターンだと次出すのも大変そうだけど、この手の編集にしちゃちゃんと仕事してるんじゃないの?という気がしなくもなく(どこと比較してるんだ)
★32 - コメント(0) - 2015年3月17日

今回は国づくり要素はやや控えめでバトル多め。女児魔王のキャラ立ちはすごいのでそっち方面は万全の構えではあるけど、なんか普通のよくあるラノベになってしまったなという感。ネット発の作品は既存のパタナイズされたラノベに飽きた時の口直しだと思っているので、そういう点ではやや肩透かしか。
★5 - コメント(0) - 2015年3月17日

1巻、2巻と読んできました。3巻が一番面白かったです。 1巻、2巻に比べて文章が読みやすく、各キャラクターの心情が1番しっかり描かれていたと思います(所々アッサリしてると感じる部分もありましたが) 特に、内政、キャラクター同士の会話がとても面白く、ミリムもいいキャラでした。非常に続きが気になる終わり方をしてるのも好印象です。 悪い点でいえば、やはり戦闘シーンが日常シーンに比べて動きがないなと思いました。戦闘シーンをもっと躍動感や緊迫感、臨場感を出してくれるとよりよい作品になるのではと感じました。
★4 - コメント(0) - 2015年1月18日

転生したらスライムだった件 3巻の 評価:36 感想・レビュー:53
ログイン新規登録(無料)