転生したらスライムだった件 4 (GCノベルズ)

転生したらスライムだった件 4 (GCノベルズ)
345ページ
272登録

転生したらスライムだった件 4はこんな本です

転生したらスライムだった件 4はこんな本です

転生したらスライムだった件 4の感想・レビュー(244)

3、8/5ついに他の転生してきた人たちに会いに行くところまできましたね。マンガの続きで懐柔してるのとか面白かった。確かに効果的だ。ラストは大ピンチでしたね。さくさく進みすぎてもあれなのでほどよいタイミングなのかな。まぁ次の巻であっさり解決するのかもだけど。
★1 - コメント(0) - 3月25日

tak
【27】今回はサクサク読めなかった。多分前半が政治的なお話が続いていたからだと思われる。やはりこの物語は戦闘シーンが燃えるのですよねー。てことで、後半子供たちが登場し始めてからサクサクでした。
- コメント(0) - 3月21日

静江さんに頼まれた7人の行く末を見守るスライム。最後の1人がとんでもなくて、最大の危機で4巻が終わる。こういう時に限って、続き買ってないんだよね…
★1 - コメント(0) - 3月21日

再読。大好きなベレッタ登場でワクワクです。ヒナタ戦でラストなんだけど、5巻の頭がこの続きから始まらないんだよねー?続きすぐ読みて〜(笑)
★8 - コメント(0) - 2月11日

転生者達に焦点が当たった4巻でした。/内容としては、シズさんに関しての夢を見たリルムが他の国と交渉しつつ子どもたちを救おうとする話ですね。ユウキやヒナタ、子どもたちとシズさん関連は世界の闇を書いているので暗くなりますが、ところどころ挟まるギャグシーンで心温まります。子どもたちを救うために無理やり上位精霊を作り出していくムーヴには笑いました。クロエと融合した精霊の謎は気になります。明かされるのが楽しみ。/キャラとしては、ラミリスがめちゃくちゃ可愛いです。なにあのアホの娘具合。超絶好みです。
★1 - コメント(0) - 2月2日

外交と静さんを交えて転生や召喚の設定を広げた話がメイン、しかしラストにふおぉっ!となる4巻。今回の舞台は人間の国がほとんどだったためリルムの俺TUEEE!な場面が多く、国のドンと一般人との力量さを認識させられた読者は多いのでは。しかし表紙の人物は4巻で出番少なかったが5巻でも出番あるのかな。後ろの人の説明はかなり熱かったから是非それを活かした活躍の場が見たい。
★4 - コメント(0) - 2016年11月28日

tty
謎の夢を見て各国の締結も順調にしつつ冒険に出るというマジリムルすげーと思いますが、客観的に見るとそれをして国を回していってる部下もなんとはなしにすごいと思いますよ?あんだけ脳筋だった彼らがそこまで出来るようになるとはスライムさんも感無量だろうね さて、一巻から相当色々やってるリムルさんですがこんだけやってもまだ四巻目という一巻あたりの濃縮具合がフルポーション並ですがあと四巻で何処まで行くか楽しみですね、まれに見る危機的戦闘状態で終了となりましたが引き続き楽しんでいきたいと思います
★1 - コメント(0) - 2016年10月23日

まさか条約締結してすぐにテンペスト側が襲われるとは思わなかった。
★1 - コメント(0) - 2016年10月2日

乱読。最古の魔王第三位ラミリス登場。というか強さのインフレが起こっている&設定上弱まっているので彼女はただのトラブルメイカーです。 ただ、この巻の伏線。五人の子供に融合させた精霊は果たして何巻回収になるのだろうw
★2 - コメント(0) - 2016年9月21日

色々盛り沢山な4巻.同郷の異世界人も出てくるし,国造りもあるし… で,どうなるのこれ?という場面で続きは次巻.まぁ主人公が死ぬ訳ないので,どんな風に逃げるのかなぁ〜って考える程度ですが,なかなか面白い.
★1 - コメント(0) - 2016年9月20日

自分を食べて逃げる的な?それとも分裂体で変わり身の術したか。仮に逃げたとして、刺突のカウントはクリアされるんかな。順調なストーリーだったのに、最後に謎の精霊やら絶体絶命のピンチやら。続きを読みたくなるね。
★2 - コメント(0) - 2016年9月20日

獣王国からの使節団が来たりドワーフ王国を訪問したりブルムンド王国へ行ったり教師生活をしたり精霊の迷宮を探索したりと盛り沢山な第4巻。子どもたちは案外あっさり救えたような気がしたけど、このエピソードがまたいろいろな伏線になってるような。好きな場面はシオン嬢の「リルム様、コレ、どうしましょう?」でした。あとラミリスちゃんが可愛かった。ところでリルムのDT設定はもしや一角獣絡み?とか思ってたら全然そんなことなかったですね(笑)そしてこの4巻はこーいう場面で終わりますか!?5巻を早く読まなくちゃ!!
★4 - コメント(0) - 2016年9月17日

スライム無双
★1 - コメント(0) - 2016年8月19日

樹立した魔国連邦における今後の国家運営の為に獣王国との交易を実現させたり、ドワーフ王国間の友好を確固たるものとしながら周辺の武装国家である小国へ赴き条約を締結する他、自由組合総師の同郷者から耳にした、異世界に召喚された『勇者のなりそこない』と称される残り僅かな寿命だと言う五人の子供達との出会い。斯くして静江の心残りだった子達を救うべくリムルが奔走する過程の中で相対する、迷宮妖精の魔王ラミリス。かなり詰め込んでいるが、勢力圏を広げつつ各キャラクターの立ち回りを描いて次巻に繋ぐ、中継ぎ話。全く多事多難である。
★27 - コメント(0) - 2016年7月13日

中年サラリーマンが死んで転生したらスライムになって無双するシリーズ第4弾。バトル少な目でもヨウムのかっちょいいとことか、ベレッタ誕生とか好きっす。そして良い引きだな〜♪web版読んで大筋知ってるのに続き楽しみです!
★13 - コメント(0) - 2016年7月5日

リムルと同じ異世界人であるユウキ・カグラザカに会ったり、イングラシア王国でシズさんの忘れ形見である子供達に会ったり、最古の魔王の一柱であるラミリスに会ったりと、新キャラ続々。子供達は無理矢理召喚された為に魔素の暴走による身体の崩壊で、数年で死を迎えるはずだったが、リムルがラミリスの住む妖精の棲家で上位妖精をその身に宿らせる事に成功。子供達の魔素を安定化させる事に成功する。そしてイングラシア王国を後にしようと旅立つリムルの前に、人類最強の麗人ヒナタ・サカグチが立ちはだかる。
★2 - コメント(0) - 2016年6月12日

国造りから他の国への訪問、そして先生とリムル大忙しですね。魔王カリオンとの国交の為に使節団がやってきたり、ドワーフ王国へ訪問したり、シズさんの心残りを解決する為に子どもたちを救ったりする4巻。ゴブタを超えるうっかりゴブゾウの見せ場イラストが面白かったです。子どもたちもこれからとんでもなく強そうになりそうだなぁ。クロエの精霊が気になりましたね。伏線の香りがプンプンです。魔王ラミリスは友好的というかチョロいというか(笑)そしてヒナタのラスボス感。続きが気になります
★6 - コメント(0) - 2016年6月8日

スライム転生物語の4冊目。リムルが外交の為に人間の国を訪問し、色々とする話。5人の教え子たちが可愛い。今回は外交メインという事で、これまでと違った面白さがあって良かったです。戦闘では相変わらずのチートっぷりを発揮するリムルが外交手腕の方はまだまだってのが良いですね。慣れないながらも頑張る姿は好感が持てるし、後半では教え子を救う為に新たな魔王で奮闘したりとバトル少なめながら読み応えは十分でした。ラストでヒナタの手によりかつて無い問題に襲われる事になった訳ですが、リムルはどう解決するのか。次巻も楽しみです。
★30 - コメント(0) - 2016年5月7日

周りの国との国交が前半のメイン。リムルの外交手腕はまだまだらしい。まぁ、普通の大人が急に海千山千の国王とどうこうでかるはずがない。 後半は、シズさんの気にかけていた子どもたちを救うため、魔王ラミリスとお友だちに。ルンルンで帰ろうとしたところで、ヒナタ登場!
★2 - コメント(0) - 2016年3月13日

新たな出会いと、立ち込める暗雲。所々で、ラプラス達の暗躍が差し込まれるのは、前巻と変わらず。web版では、カなんとかさんと、ラプラス達は、この時点では接触を絶っていたはずでしたが、設定を変えているのですね。最後まで大筋は変えずに進むと思っていますが、もしかしたら、ラスボスが違う人になるようなルートが書かれたりしますかね?それはそれで楽しみなような、不安なような。
★3 - コメント(0) - 2016年2月6日

国家間の駆け引きがありつつも、メインは種蒔きの巻。今後、直近・遠未来それぞれに向けて、盛大な伏線が芽吹くことを期待。
★2 - コメント(0) - 2016年2月6日

小説を読もうHPより。わたしが読んでいた画面をチラ見した夫まで読み始める始末。このストーリーはやはり追いかけたくなるよねえ。
★1 - コメント(0) - 2016年1月19日

スライム転生伝第4弾!リムルが初めて訪れる人間国家。全編を通して重要人物となるユウキとヒナタとの出会いが描かれます。挿絵に5人の教え子たちのラフスケッチがあるのがgood! 表紙のラミリス&ベレッタもいいですね!ベレッタの容姿は全くイメージできなかったので、こうして絵で見れて嬉しいです。次回は、いよいよ序盤の山場ですね。
★7 - コメント(0) - 2016年1月16日

第4作目。チートなスキルですでに魔王級の力を手に入れたリムル。魔王カリオンやミリムと友好的な関係を築き、ドワーフの王国とも同盟を結び、盤石な国作りを。 落ち着いたところで、シズエの遺言である、異世界より転生してきた子供たちを救うべく、学校の先生になることに。 なんか、チート加減が加速。教え子たちも、後々にやばそう…
★3 - コメント(0) - 2015年12月29日

読了。今回はシズさんの想いを果たすために人間の生活圏へとリムルが向かう話。ちょっと、今回は息抜き回というか嵐の前の静けさというか、次巻への前フリみたいな部分もあるような感じがした。 不穏な終わり方をするくらいなので、存分に楽しませてくれると期待したい。
★5 - コメント(0) - 2015年12月11日

 相変わらずの国作りストーリー。 基本、主人公が極悪なほど強いので大きなドキドキハラハラは無く、あっさりと決着しちゃいます。 精霊の棲家へ子供を救いに行く話はもうちょっと深く長くても良かったんじゃないかな? web小説ベースだからなのか、あっさり終わり過ぎてちょっと拍子抜け。
★4 - コメント(0) - 2015年11月24日

日本人に会い異世界召喚の事を知り、心残りだった子ども達も救ったし、後は魔王を殴るだけかと思ったら・・・日本人に襲われてます!しかも今までにないほどダイピンチですね。テンペスト国が心配です。
★9 - コメント(0) - 2015年11月1日

静江さんの心残りのひとつを解決するため、魔王との取引をまとめた後に人間の国々を見て回るリムル。勇者も英雄も因果と呪いを受ける言霊の世界、国民性と文化の違いをみるに、人間社会の権力者の方が腐敗しやすそう。冒険者の装備に土木建築酒マンガという異世界文化侵略。風呂と美味しい食べ物は別にして、作家や主人公の性別でかくも違いが出るのが興味深い。『大丈夫、心配ない。この世界には魔王とか勇者とか中二病っぽい奴等は沢山いる。』ゴブタの荷車への興味と、偽調書の僕っ娘ネタ引っ張るのか~
★15 - コメント(1) - 2015年10月11日

獣王国ユーラザニアとも交易を開始したテンペストの盟主リムルはシズさんの思い残しである5人の子供たちの問題を解決しにイングラシア王国へ。そこに待っていた子供たちが抱えていた問題とは…。ハイポーションバブルでどんどん交易が発展していってるねwドワルゴンに続きブルムンド王国とも条約を結び人間国家に認められたのは二国目。さらに魔王カリオンの国とも良好な関係を築きと今の所挫折なし。そこで久々にリムル単体で旅路,召喚された余命幾ばくもない子供たちを救う旅へ。これがメインかと思ったら、教育パートも精霊着けパートも→
★18 - コメント(1) - 2015年9月28日

登録忘れてたわ(汗。うん、いつの間にやら相当描き直してていろいろとびっくりするシリーズですな。基本このなんとなく人のいいリムルさんがとんでもなく強いけどどっか抜けてるお友達を作ってく展開ということで。しかし、こんだけ書き加えてると結末までたどり着くんだろうか?と心配になってくる(汗。とりあえずお子様達のあれこれ回なのと日向さん登場回ってことでいいと思う(え
★29 - コメント(2) - 2015年8月14日

召還された子供たちが助けられる場面はもう少し長い展開が欲しかったな。最後の精霊はあとあとへの伏線?学校パートだけで1巻~2巻くらいあったほうが子どもたちにも感情移入しやすそう、と思うのは自分だけだろうか。珍しく次巻への引きがあったので、すぐにでも次の巻を読もうかな。こういうweb小説発のものにしては珍しく主人公が明らかなピンチだね。
★3 - コメント(0) - 2015年8月4日

fap
国交樹立。 主人公の国の発展ぶりに驚く人間と魔族。 そうそう、異世界内政ものはこうでなくちゃ。 順調すぎて緊張感がなくなりつつある中に現れる強敵。 能力対能力、チート対チート。 勝つのはどっちだ。 でも決着は次巻。
★3 - コメント(0) - 2015年7月21日

3巻が延々バトル展開だったので少しテンションが下がっていたが、4巻は多少唐突感はあるものの世界を広げる方向の展開で退屈しなかった。てかこれ相当伏線埋め込んだよね?
★5 - コメント(0) - 2015年7月21日

召喚とか好き。どうしても主人公の能力に陶酔する従順魔人をホモらせたいのは腐女の性か笑
★10 - コメント(0) - 2015年6月22日

まさかの学園編。ラストバトル前の語りからすると今後は平穏な時は少なそうな感じだなー。
★3 - コメント(0) - 2015年5月21日

大筋は変わらないんだけどほとんどが描き下ろしのような気がしなくもない、webで1行くらいで説明されていたのを詳しくしたところが多いのかな?読んだのが昔だから忘れてるか。日向の設定がかなり変わってるよねセクロス描写はNGなのだろうか?あとは性格がなんか違う感じ?この巻はwebと比較して何かが違うんだけどどう違うのかがわからん巻だったな。今外伝で活躍してるベレッタさん生まれた頃から紳士だったのね忘れてたわ。あのお祭りは5巻かな6巻かな速くディアブロ様とかが見たいんですけど!来月も楽しみ。
★6 - コメント(1) - 2015年5月17日

じっくり読んだ。リルムのぬらりくらり生活。(Web原作既読)次の5巻は5月後半発売らしいので、怒涛の展開を楽しみ。私が好きなあのシーンは6巻かなぁ??
★5 - コメント(0) - 2015年5月9日

表紙の新しい魔王との掛け合いはおもしろかったのだがそのあとが緊迫気味で思いっきり引いている。続きが気になるがあんまり鬱展開にならないといいな…
★3 - コメント(0) - 2015年5月7日

良かった、比較的買いやすい表紙で・・・。前半はWEBでサラッと流された部分を丁寧に描写して少しずつテンペストが力をつけていく様子を追加。それ以外にも細かい変更がなされていてなろう版と比較しつつ読むのも楽しい。後半は大体WEBと同じ展開だったが、連絡を取ってきた人物の変更でまたも展開が変わりそう。5巻が楽しみですね。
★3 - コメント(0) - 2015年5月3日

転生したらスライムだった件 4の 評価:36 感想・レビュー:45
ログイン新規登録(無料)