転生したらスライムだった件 5 (GCノベルズ)

転生したらスライムだった件 5 (GCノベルズ)
338ページ
263登録

転生したらスライムだった件 5はこんな本です

転生したらスライムだった件 5はこんな本です

転生したらスライムだった件 5の感想・レビュー(236)

再読。4巻の引き、からの続きをすぐ始めてくれない事にジリジリしつつも面白い!5巻はもう色々あって密度が濃くて凄い楽しい。6巻も楽しみ!
★5 - コメント(0) - 2月13日

対国の5巻でした。/内容としては、VSヒナタの引きからテンペストが侵攻されるというものです。これまでの人間に対する友好的な態度とはうってかわり、害なすものは徹底的に討ち滅ぼすの精神ですね。圧倒的な力で敵軍を虐殺するシーンは吹っ切れた感ありました。個人的に最もかっこよかったシーンはベニマルが四方の一角を落とすシーンです。/人物的な意味でも、魔王への進化とヴェルドラの復活、死者の蘇生と様々な意味でも盛り沢山でした。今後の対クレイマンや今回あったミリムの戦いの理由など今後もまだまだ楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2月2日

スライム魔王誕生!リルム不在のテンペストに起こる未曾有の危機、大切な仲間の死から魔王になることを決意し戦う5巻。いやぁ、色んなことが起きました。これまでにはなかった仲間の死というショックに、リルムの呆然自失っぷりに心配になりましたが、その後のみんなのTUEEE!!でスカッとしましたね。戦いと進化がひと段落してからは、いつものテンペストのわいわいなノリで安心しました。帰ってきてくれてよかったよ、本当に。新キャラディアブロのリルム好きっぷりと、リルムの親友ヴェルドラ様の活躍に期待
★8 - コメント(0) - 2016年12月8日

リルム外遊中のテンペストから始まり、敵事情説明、戦準備、そして魔王誕生の巻。序盤の敵さんの部分は読んでいて気分の悪い物で、4巻での衝撃のラストからの展開がなかなか始まらないのでもやもやしましたが、途中からは水戸黄門が如く悪鬼成敗とスカッとする展開で読んでいて気分爽快でありました。しかし6巻表紙がさり気にネタバレしてるのね。 今回も強力な新キャラが登場し、懐かしいあの人の登場でますます盛り上がるテンペスト国。能力も向上し、次巻の制裁も楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2016年12月2日

tty
壮絶なる急展開に覇道貫いた超展開、巻末のステータス紹介なんてもう幹部クラスも超スキルだらけという最初の頃とは比べ物にならないくらい超進化ですね、だがしかし、人間側も魔王側もなかなか一筋縄ではいかないような奴らばっかですな、リムルのように油断できないですね さて、本作品の執筆者の伏瀬さんの巻末レビューですが結構作品削ったり連続刊行したりしているらしいですね、作品を早く書いていただくのはありがたいですが体調には気をつけて頑張っていただきたいですね、未完で終わるのは寂しいですからね
★1 - コメント(0) - 2016年10月23日

最高!!震えが止まらないくらいに面白かった!!
★2 - コメント(0) - 2016年9月26日

リムルが魔王になる動機付けなんかも,筋が通っていて納得.新キャラのディアブロさんもいい感じですね〜読み始める前に思っていたよりかなり面白くてハマってます.今日中に既刊全部読んでしまいそう.
★1 - コメント(0) - 2016年9月22日

リムルさん魔王になる、の巻。なんかもうやたら濃い内容でハラハラドキドキの連続でした。特にシオンの○○とか。まあ、6巻の表紙は見ていたので大丈夫だろうとは思っていたけれど、巻をまたがずに復活してよかった~。新キャラのディアボラさんもなかなか濃いキャラでこれからが楽しそう。リムルの言葉にショックを受ける様子が可愛かったです。そしてヴェルドラさん復活おめでとう。ドラゴン形態でなくなったのは残念だけど、まあドラゴン形態のままだと町とか歩けないし、人間形態のヴェルドラさんも素敵だし。筋肉萌え♪
★6 - コメント(0) - 2016年9月21日

乱読。五巻目にしてちまちま(反則的に)レベルアップしてきたスライム。ここにきて魔王へのクラスチェンジです。とはいっても想像ではもう少しキレ気味かと思っていたんですが意外と淡々と冷酷にでしたね。表紙を改めてみてまさかの新キャラ二人とは思わんかったっす
★2 - コメント(0) - 2016年9月21日

表紙誰やねんと。新キャラでしたか。どうやってヒナタから逃げたかは予想にニアピンだったな。この時点でヴェルドラ復活は予想外だった。きじきじんたち何気に空間転移覚えてんのな。
★2 - コメント(0) - 2016年9月21日

中年サラリーマンが死んで転生したらスライムになって無双するシリーズ第5弾。今回はシリアス!最初から最後の方までけっこうずっと真面目!新たにディアブロも登場したし、遂にあの人も復活したしで実に楽しいです。あとがきでweb版との乖離についても仰っておられるので引き続き続刊も楽しみです!
★14 - コメント(0) - 2016年7月6日

リムルがヒナタと戦っている最中、テンペストでも最悪な事態が発生していた。魔物を弱体化させる結界が発動され、思うように体が動かない中で行われた異世界人の敵部隊による急襲。それによりテンペストの住民が百名程命を落とす。それを目の当たりにしたリムル。横たえられた遺体の中には、シオンもいた。茫然自失となるリムルだったが、三馬鹿冒険者の一人エレンが話す死者反魂のお伽噺。伝説よりも不確かなその情報と、己の出来る限りを尽くして死者を生き返らせようとするリムル。皆で笑って暮らす為、遂に彼は魔王になる。
★4 - コメント(0) - 2016年6月14日

スライム転生物語の5冊目。ヒナタの襲撃を辛くも逃れたリムルの前に、悲しき試練が立ちはだかる話。今回は全編シリアスムード満載なだけあって、非常に読み応えのあるお話になっていましたね。終始ドキドキハラハラさせられっぱなしだったので、読み終わった後はちょっと疲れちゃいました。これまでは甘ちゃんな考えを捨てる事が出来なかったリムルが、仲間を取り戻す為に魔王として生きる事を覚悟するシーンは胸が熱くなりすぎてヤバかったです。一気にギアが入った感じだけど、果たして今後どうなるのか。次巻もすごく楽しみです。
★31 - コメント(0) - 2016年5月7日

ヒナタとの戦いから、街に戻るリムル。待ち受けていたのは、親しい仲間たちの死体だった…。反魂の法を求めてたどり着いたのが、真の魔王となる道。一万を超える人の屍を捧げ、ついに魔王へと進化する。 適当に呼んだ悪魔が、原初の一柱だったり、スキルに過ぎない大賢者がラファエルに進化したり、おまけで色々ありすぎる。
★2 - コメント(0) - 2016年3月15日

今回は悪い人間の国との戦闘と仲間の死を描いたシリアス度アップ&魔王として覚醒編なんで悪どい…と思いつつも、最後はスカッとするリムル無双と仲間たちの活躍!5巻になっても中だるみする事なく面白い!!毎回どんなスキルが発動するか楽しみにしてるけど、今回は魔王になった事もあり半端ない事に!?
★2 - コメント(0) - 2016年2月11日

シリアス重視、かつクライマックスへ向けての準備巻。進化後の様子は、クレイマンさんにドヤ顔で「いくぞ英雄王。武器の貯蔵は充分か」って言いたいくらいの雰囲気。
★3 - コメント(2) - 2016年2月6日

シリーズ再読中です。リムルフリークとも言える忠臣、ディアブロが加わる本巻。元々は、単純に強くて冥界でも古参の悪魔で、上位魔将である、という設定でした。ラーゼンという追加キャラクターとの戦いによって、更に原初の存在である、といった肉付けがされたようです。悪魔達の昔話も、今後増えていくのでしょうか。期待大です。
★6 - コメント(0) - 2016年2月6日

小説を読もうHPより。あらすじをみて驚愕。書籍じゃまだこんなに進んでなかったなんて。何巻まで出るんだろう。
★2 - コメント(0) - 2016年1月19日

「何が『痛覚無効』だ。まるで役に立ちはしなかった」 今巻だけでなく、物語全編を通して、一番重かった言葉です。魔物の国テンペストを建国して以来、最も悲痛で、最も醜く、最もリムルを激怒させた、魔王誕生編です。WEB版よりも、負の面を強調した多くの追加キャラクターを出演させることで、人間の醜悪さを強調しています。甘さがなくなったリムルは、この先どのような道を歩いて行くのでしょうか。後書きで、WEB版と乖離していく可能性も言及されていますし、今後が楽しみです。
★11 - コメント(0) - 2016年1月16日

 ついにリムルが魔王に。 その為に人間一万人分の魂・・・ってあっさりやっちゃってるやん。。。 ミリム、クレイマントの決着は次号。
★3 - コメント(0) - 2015年12月31日

第5作目。前作で魔王クレイマンの策略により、聖騎士団長ヒナタに襲われるリムル。クレイマンは、ミリムを仲間としカリオンの国を落とす。更に人間の王国、ファルムスをけしかけ、リムル不在のテンペストを襲う。ついにい、テンペストとファルムス王国との戦争が開戦する。
★3 - コメント(0) - 2015年12月29日

前半は人間の汚さと国のピンチ後半は戦争いや、虐殺と魔王化って感じ。新キャラの表紙の人は悪魔のディアプロだったんだね。ヴェルドラが復活!ミリムは操られてるか、騙されてるのかな?しかし、スキルのインフレが半端無いな。
★11 - コメント(0) - 2015年12月17日

読了。展開的に実に王道なような気がするが、魅せ方が上手いと思う。 今回ではやられっぱなしだったが、最後にはスカッとする終わり方でとりあえず良かった。 魔王になったリムルだが、基本的な部分は以前と変わらずで安心したわ。 次巻でクレイマンとの決着がつくと思うので、どのようになるのか楽しみである。
★5 - コメント(0) - 2015年12月11日

今まで順調にいってたツケを一気に支払う。十二国記でもあったが、互いに同情しあうだけでは仲間にはなれない。甘えを許さない世界のシビアさに、生活保障のありがたみに体が震える。いわゆる換生者の存在に、長いミラージュの思い出が脳裏を駆けめぐった。人の魂を生贄(ヨウブン)として発芽する真なる魔王の行き着く先は神なのでは? リムルとヴェルドラの関係、カリオンの生死、マリオネットは自分の振付をしているかもしれない。
★18 - コメント(1) - 2015年10月22日

リムルが不在の中、テンペストに魔物の国としてファルムス王国が攻め込んでくる。それと同時期にミュウランという魔人もテンペストに紛れ込んでいた。攻め込まれた惨劇をみたリムルは魔王になる選択をする…。ついに国対国の大規模な戦争が勃発。リムルがヒナタとの戦闘でなかなか帰らない間に、人との融和を守っていたベニマル達が力を発揮できず敗北。シオンが亡き者に…。ドワルゴンやブルムンドなどと話のわかる奴ばかりじゃなく、強欲で傲慢な愚かな人間もやはりいるんだね…。そんな奴らにリムルが下したのは断罪,殲滅。神之怒は→
★21 - コメント(2) - 2015年9月29日

悪魔・ディアブロさんが登場期待が高まるw
★5 - コメント(0) - 2015年9月15日

うん、マジ切れですな。
★5 - コメント(0) - 2015年8月31日

fap
断罪。 かなり短慮な考えを持つ上層部のせいで窮地に陥る主人公たち。 でもふたを開けたら一蹴。 示威行動が功を奏するか。 知恵と勇気でパワーアップなのである。 加えて二面行動も実行できるほどの国力向上。 なお、表紙の執事然とした人は新キャラです。
★3 - コメント(0) - 2015年8月24日

魔王誕生編は転スラでも好きな話の一つだから待ってましたって感じです。ディアブロさんが想像以上に外見が執事だった、そしてWEB版より好感が持てる登場かも、リムル様に帰っていいって言われて焦るところとか。書籍版で大きく異なるところもあるから、WEB版を既読していても満足に楽しめます。六巻が楽しみだ!
★3 - コメント(0) - 2015年8月18日

リムル様真魔王様への進化回。というよりはあれだ、ディアブロさまご登場回とでもいいますか、まさかの料理人スキル回というか、俺様大復活回ということで(笑)。この体裁の本の形と分量でいい具合に落ち着く感じに書き直されてるあたりはなかなかなろうで読んでてこのあとの展開を知っているから安心というのもあるんだろうけど、まぁジャンプの漫画よろしく大インフレ大会が続くのも含めてこれはこれでありなんだよね。と、納得してしまうとこが恐ろしい(笑)
★27 - コメント(1) - 2015年8月14日

リムルが魔王になっちゃったよ。魔物が人間との融和を目指してて、人間が魔物を(魔物だからという理由で)排除しようとしている。現実でもそうだけれど、(鯨とかの問題とかでわかるように)人間ってホント身勝手だよな。リムルが(自分と仲間に害をなす)人間に対する冷酷な感情に至るまでを、もう少し掘り下げて欲しかったけれど、まぁあとがき読んだらこれが限界だったのかも。しれっとディアブロが仲間になったし、ヴェルドラ復活したし、テンペスト強すぎ。ミリムも友達に戻って欲しいな。
★4 - コメント(0) - 2015年8月4日

かつてヒトだったものが、悪逆なヒトにより殺された魔物たちを生き返らす為に必要となる贄を確保するため、ヒトへの虐殺へ踏み出す展開が激アツ!!  
★4 - コメント(0) - 2015年7月19日

表紙の執事は誰だ?と思っていたらこいつがディアブロさんかよwイメージはポケモンのサマヨールポイ感じだと思ってたけど全然違ったわwあとはヴェルドラさんの人間姿も全然違うんですよねこういうのが書籍のいいところ…ですよね?テンペストに攻めてきた異世界人って必要あったんかな?何もせずに死んでいくんだったらweb版のやつらの方がディアブロの召喚あたりは盛り上がりましたよ。覚醒していない魔王はゴミだと知っていたけどクレイマン弱体化したか?人間相手に手こずる魔王なぞ魔王の恥晒すすぎるわ!次のヒナタ戦が楽しみなんじゃ~
★8 - コメント(1) - 2015年6月25日

スライムから魔王へ出世すなぁ。女キャラと男キャラの割合がいい感じ。勇者とか教会が敵になる話って王道だけど好き
★10 - コメント(0) - 2015年6月22日

ヴェルドラ遂に復活かー。戦力凄まじいことになったのう。クレイマンがファルムスの戦力を侮っていなかったことから考えると並の魔王ならリムルとヴェルドラ抜きでも勝てるのでは。と思ったが、ゲルドですら魔王種なんだから愚問だったな……。
★4 - コメント(0) - 2015年6月21日

ice
ようやく魔王として覚醒したなという感じ。WEB版ではもっとサクサクと進んでいくので書籍もそうかと思っていたけど、加筆や変更が多々あるのでその分巻数が多くかかったかなと思う。 WEB版ではあまり活躍しないキャラも活躍するようになっていたり描写も丁寧になっていて、なろう系の書籍としては変更が多い方なのでWEB版を読んでいても楽しめる。 ストーリーとしてはディアブロ参入やヴェルドラ復活で盛り上がってきたところなので今後も期待したい。
★5 - コメント(0) - 2015年6月16日

ハクロウさんのイケメン度が上がっている件
★4 - コメント(0) - 2015年6月5日

これはね、なんかもうWEB版読まないといけなくなってきた流れかね?
★2 - コメント(0) - 2015年5月31日

や―、やっぱこのお話の悪魔は好きだなー、ということでディアブロくんも続けて登場。がっつり書き込まれていて、にまにまでした。でも、読んでいくにつれて、既読のウェブ版から乖離していくのですがー、と思っていたのですが後書読んで納得でした。このあとあたりから、ほぼ新しいお話として楽しませてもらえるようです。芯は同じだけれど、肉付きがまったく違う話になるのかな?
★6 - コメント(0) - 2015年5月31日

転生したらスライムだった件 5の 評価:28 感想・レビュー:44
ログイン新規登録(無料)