転生したらスライムだった件 7 (GCノベルズ)

転生したらスライムだった件 7巻の感想・レビュー(164)

ヒナタとの決着です。/内容としては、ファルムスについて、ルミナス教との戦い、そしてヒナタとの因縁にケリをつけたというところです。ファルムスについてはギィが認めていた通りディアブロが原初の黒として力を見せつけた図になりました。個人的にはギィとディアブロの邂逅を見てみたいです。/魔王に忠誠を誓うヒナタは最初の印象とイメージが大分違いましたが、リムルを認めいいところに、落ち着いて良かったです。/またグランベルマリアベルといったキャラが増え話が複雑になっていってますね。続きが楽しみです。
★1 - コメント(0) - 2月5日

tty
今回の話は神聖法皇国編ってことで完!な西の強豪国がメインとなりましたがやはり転生者は強い!日向さんまじかっけえっす、巻末小漫画でアホな奴が一人飛性になりましたが些細な事よ、しかし転生者といえども日向と五巻で死んだ三人はもう雲泥の待遇ですね、あの三人が日向クラスだったらとんでもない強敵でしたがまあ狡いやつは仕方がないですね さて、次巻8巻は一体どうなるのか巻末の次回予告は読まない派なのでどうなるかわかりませんが楽しみにしたいと思います
- コメント(0) - 2016年10月24日

表紙のヒナタさん本当に目つき悪いですね。恐いです。餃子バトルのヒナタさんも迫力ありましたけど(笑)ヒナタさんとようやく和解に到った第7巻。ほっとしました。そしてまだまだ遊び足りないランガが本当に可愛かった。ところでガビルさんてけっこうスレンダーなのね。相変わらず空気の読めないヴェルドラさんが好きです(笑)
★6 - コメント(0) - 2016年9月24日

ユウキ黒幕じゃないのか。西方聖教会のルミナスが魔王なのは前巻ラフスケッチでルミナスメイド服って書いてあったのでネタバレではあったが、七曜とかなんなのその唐突な悪役出現。東方の商人とかロッソ一族とかだけで引っ掻き回せんもんだったのか。今後経済戦争するんだろうし。ラーメン食べるシーンあたりの発展具合を描画がハイライトかな。結界維持装置とかずっこい。ヴェルドラの魔素もリムルが食っちゃえばいいのでは。
★3 - コメント(0) - 2016年9月23日

この作品、基本的に出てくるメインキャラみんな人間臭いんですよね。 当初はリムルすら殺害できる性能を持つ魔物殺戮兵器 ヒナタですら日本食で懐柔するしw魔王は平然と漫画読んでだらけてるだけだし。 でも面白いですよ
★4 - コメント(0) - 2016年9月22日

fap
「毎回言ってますよね、それ」 まさに悪魔の所業。 経済力による世界統一。 誰かが夢を見、誰もが挫折する望みである。 それを良しとしない勢力の策謀を如何に躱すか。 躱すというか叩き潰すというかねじ伏せるというか何というかそんな感じ。 とりあえず、口は災いの元という格言を心に刻んでおこう。
★2 - コメント(0) - 2016年9月22日

ヒナタとリムルの戦いを経てルミナス教とは関係改善してよかったよかった.一方ではディアブロさんが頑張っているし.しっかし,ディアブロさんは何でリムルにこんなに心酔しているんでしょうね〜その辺も面白いです.
★2 - コメント(0) - 2016年9月22日

本当に面白い。相容れないと思われていたヒナタが、案外優しい一面を持っているとか、シオンの料理人スキルが世界の法則を捻じ曲げるようなぶっ壊れ性能だとか、懲悪物語を王道でやっているとかいろいろあるけれど、次の展開が気になって一気に読んでしまう面白さがある。いまだにキャラクターがたくさん出てくるのに、こいつだれだっけ?っていうキャラがいないのは凄いことだと思う。 7巻まで出ているのに、シリアス部分が無駄に増えておらず、1巻からほぼ調子が変わっていない。それが素晴らしい
★3 - コメント(0) - 2016年8月25日

中年サラリーマンが死んで転生したらスライムになってて無双するシリーズ第7弾。既刊最新刊まで追いついてしもうた。今回はヒナタさんが主役。まー別に良いんだけど、web版読んでた頃についたイメージと、挿絵の雰囲気が一致しない!特にヒナタとディアブロ。ディアブロなんてジョジョのデス13みたいなイメージだったんだが・・・違いすぎ(笑)新刊楽しみ!
★9 - コメント(0) - 2016年7月10日

ワルプルギスにてクレイマンを倒したリムルは、戦勝国であるテンペストから相手だったファルムス王国への賠償を支払わせ、ヨウムを新王にする計画も発動。その実行者はリムルの進化に伴って悪魔公に進化したディアブロ。しかし多方面から邪魔が入り、なかなか計画が進まない。そんな中、一度戦って完敗したヒナタに向けてメッセージを送ったリムルだったが、七曜の老師によりメッセージが改竄、更にヒナタ達をも妨害する老師達により、再びヒナタとの戦端が開かれる。眼福、羨ましや。
★5 - コメント(2) - 2016年6月19日

web版読んでた頃の話にだいぶ近づいたかな? ヒナタのかわいさが一気に出てきた巻だった。
★9 - コメント(0) - 2016年6月7日

割とWEB版の頃からがらりと変えてきた。ヒナタさんのキャラ性が180度変わった感があるのですがいいんだろうか?
★2 - コメント(0) - 2016年5月28日

購入:2016/05/17
- コメント(0) - 2016年5月22日

ディアブロさんのファルムス王国攻略と、リムルVSルミナス教。なんかいろいろバレて大変そうなルミナスさん。
★5 - コメント(0) - 2016年5月16日

ラーメンライスに餃子・・・
★2 - コメント(0) - 2016年5月13日

人類最強ヒナタとの邂逅、執事と秘書(シオンは色んな意味で)が頑張る回。以前の戦闘時は問答無用で堅物なイメージのヒナタの印象がガラリと変わった。リムルとの戦闘に弱気な感じが戦闘前に書かれていたから、戦闘の盛り上がりはいつもより無かったかなぁ…でも、ラファエルさんとリムル、シオンとディアブロの掛け合いは相変わらず面白く、仲間たちもそれぞれの役割を果たしつつ成長していく様も良かった!しかし、シオンの残念さは2ポイント回復したと思ったら3ポイント減みたいに中々…( ̄▽ ̄)
★5 - コメント(0) - 2016年5月11日

もうwebと別物ですねヒナタ達の戦いの内容やその後が違いすぎる!ルミナスの能力もすでにアレ使ってるしここから本当に戻るのか?戻る必要はないんだけどね。表紙の黒髪がディアブロさんイメチェンした?と思ったらこれヒナタかよwヤンキーすぎるやろでも本文で猫舌とかリムルとの会話とかがいい感じに変わっていて可愛いな!このギャップが信者を作り出す秘訣なのかな?wもう一つの萌えキャラディアブロさんねwebだと完璧キャラだったのにこっちだと少しミスをしたりして落ち込んだりして可愛いんだがwもしやメインヒロインはディアブロ?
★6 - コメント(1) - 2016年5月9日

相変わらずのリムルさん無双。いや、今回はディアブロさん無双かな。終幕が思いの外あっさりしていたのが少々残念。もうちょっとリムルとヒナタの絡みが見たかった。
★3 - コメント(0) - 2016年5月8日

スライム転生物語の7冊目。“八星魔王”となったリムルが戦後に生じた様々な問題に着手する中、神聖法皇国ルベリオスが魔王となったリムルに対処する為に動き出す話。内政にバトルと今回も内容盛りだくさんで満足。特にバトル面ではリムルvsヒナタだけじゃなく、シオンのお料理殺法やワンコじゃれつき殺法、ディアボロの真の実力と多くのキャラクターが大活躍してくれたので読み応えたっぷりでした。ヒナタも人間味が増した事で随分と柔らかい雰囲気のキャラになったし、今後も活躍して欲しいな。次巻も楽しみに待ってます。
★28 - コメント(0) - 2016年5月8日

★★★★☆
- コメント(0) - 2016年5月6日

小冊子付きをゲット出来て嬉しすぎる
★1 - コメント(0) - 2016年5月4日

飯テロー くれぐれも空腹時、深夜に読んではいけない!猫舌なヒナタさんは可愛らしくとも、ダメ絶対。原作の面影がすっかりなくなってて、飯テロ含めちょろちょろネタに爆笑と非常に面白かった。シオン無双に、黒無双。ワンワン大爆走とニンマリ。原作だと殆ど出番なかったキャラがしっかりとキャラ付けされてるのも良し。ただ、快楽攻めにあう聖騎士のシーンがなくなってるので、要注意w
★6 - コメント(0) - 2016年5月2日

WEB既読だけど、あとがきにもあるように、新しい要素がたくさん増えていて、とても楽しめた。ヒナタはもちろんだし、さらにディアブロやルミナスの出番が増えて嬉しい。8巻の動きも気になって仕方ない!最初から最後までペースが変わらないまま読めたのなんていつぶりだろう、本当に面白かった。
★5 - コメント(0) - 2016年5月2日

ネットにはなかった話とかあって良かったです。 ディアブロさんフゥゥゥッ↑↑ってなりました。
★1 - コメント(0) - 2016年5月1日

ヒナタとディアボロ回。 ヒナタはなに考えているか、最初の登場時分からなかったけど、今回で一応理解できました❗ 利権とか複雑に絡んで敵が沢山増えていますが、きっとリムルたちは無双してしまうんだろうなぁ✨ ランガがいつものゴブタ並みにお茶目で可愛かったです。
★4 - コメント(0) - 2016年4月28日

スライム覇道譚も、書籍化7冊目ですか。早いものです。今回は、聖騎士団団長ヒナタのお話。WEB版では、盲目的な信仰心と、融通の利かなさが目立つ面倒くさい女性でしたが、随分と良い意味での人間味が増したように思えます。その分、彼女とリムルが激突する過程が全く違うものになっています。確かに大筋は同じですが、大分異なる印象の物語に仕上がっていますね。次も楽しみです。
★12 - コメント(0) - 2016年4月28日

相対する敵相対する敵過小評価してきてかわいそうになるのう。
★3 - コメント(0) - 2016年4月28日

魔王達の宴が終わり、“八星魔王”となったリムルはジュラの盟主としてファルムスなどの戦後の問題に着手する。しかし魔王となった事で神聖法皇国ルベリオスは揺れていて、一度リムルと相対したヒナタが対話のためテンペストへ向かうも…。対ルベリオス,聖騎士団編、ヒナタ,ディアボロ回。今回も前半は内政回,後半がメイン。内政面では侵略してきたファルムスを肉塊となったエドリマス王を利用したりとディアボロ君、本当に悪魔がかってて,まさに掌の上状態だったね。そして聖騎士団長のヒナタの再登場。前回は話の聞かない,頑固で一方的に→
★20 - コメント(2) - 2016年4月27日

クレイマンを倒した後の物語 今回は西方聖協会に関する出来事が主な話であった。 背後に潜む暗躍者による様々な思惑に翻弄されるリムルとそして日向 両者は共に友誼を結ぶことが出来るのかそれても決別してしまうのか 
- コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(1)

積読中のみんな最新5件(9)

01/10:ユウ
01/06:mako23
07/18:kinkuro
06/07:ぼたん鍋

読みたいと思ったみんな最新5件(14)

02/02:ベリc
12/01:みい
06/28:トモコ
05/26:suicdio
転生したらスライムだった件 7巻の 評価:26 感想・レビュー:29
ログイン新規登録(無料)