発達障害なんのその、それが僕の生きる道

発達障害なんのその、それが僕の生きる道の感想・レビュー(6)

「ぼくもクレヨンしんちゃん」「わらって話せる、今だから」の続編。内容は前二作にかぶる所も多かったけど、今回は息子君ご本人の手記が入ったのが読み所。医療系専門職を目指したものの、壁にぶつかり学校退学した息子君は職を転々とした後障害者のための就職フェアで造船関係の職につき、今に至ると。障害を認めてくれる場所で働くことは正直メリットデメリットあると思うけど、本人が幸せならそれが一番かな(結局、健常障害関係なく、この結論に尽きる)ずっとシリーズ追っているとまるで親戚のおばちゃんみたいな気分になる。康ちゃん頑張れ!
- コメント(0) - 1月25日

2014年9月30日:ゆた
本人、父、母それぞれの観点で書かれているのが良かったです。
- コメント(0) - 2014年4月30日

2013年6月24日:ヤッチン
心当たりのある状況が随所に書かれていて、やはりうちの子たちも発達障害に間違いないのだとしみじみ思いました。 困り感をどう克服していくか・・・考えさせられました。
- コメント(0) - 2012年12月14日

自閉をもつ本人さんの章がやはり印象的。お母さんが当時の気持ちをしっかりと書いていたのが良かった。
- コメント(0) - 2012年2月13日

読みたいと思ったみんな最新5件(3)

07/17:sonettch

人気の本

発達障害なんのその、それが僕の生きる道の 評価:100 感想・レビュー:4
ログイン新規登録(無料)