松居直講演録 こども・えほん・おとな (「絵本で子育て」叢書)

松居直講演録 こども・えほん・おとなの感想・レビュー(15)

1月13日:ひとみ
2016年3月11日:まめた
2016年2月27日:ayumi
2015年11月15日:sun-child
2015年5月4日:peko
2014年5月24日:まゆみん
松居直さんの講演録。松井さんが言葉について、とても深く考えていらっしゃるということが伝わってきました。そして、作家さん方との出会いのエピソードも興味深かったです。 子供に絵本を読み語りすることの大切さを改めて感じました。
★3 - コメント(0) - 2014年3月20日

子どもは大人の使っている言葉を認識し、その世界を広げていく。そのため、周囲の人間が使用する言葉により同じ年令であっても語彙は大きく異る。語彙が多いというのは単に大人びたことが言えるというだけでなく、世界を自分にとってわかりやすい形で認識できるということでもある。
★4 - コメント(0) - 2014年1月18日

2013年11月18日:真剣かあちゃん
福音館書店の編集部長・社長・会長を歴任された松居さんの講演録です。絵本は自分で読む本じゃなく、人に読んでもらう本って言うのは超同意します。大人でも、読み聞かせきくと楽しいんですよね~。少し驚いたのは、日本って絵本先進国だったのね。面白い良い絵本を作るってことでフランスで講演できるレベルだったとは…。
★2 - コメント(0) - 2013年9月3日

以前に講演会を拝聴し、深く感銘しました。この方が居なかったら、日本の児童文学出版はどうなっていたんだろう。谷川俊太郎さん、長新太さん、田島征三さんとの出会いはあったのか...絵本は読むものではなく、読んでもらうもの。耳から聴くことによって、言葉の魂を聞き取れるから。幸せな時間を共有できるから。
★6 - コメント(0) - 2013年8月4日

絵本についての講演録。絵本は大人が子供に読んでやるもの。耳からの豊かな言葉体験と五感を使う体験が大切。言葉の力。絵の力。
★1 - コメント(0) - 2013年7月3日

絵本についての講演録。とても興味深く読めました。五感を使う体験、耳からの言葉体験など、現代社会では特に不足しがちのようです。子ども時代にこそ必要な体験なんですね。耳からの言葉体験の代表格は絵本の読み聞かせ!私も誰かに読みたくなりました。
★2 - コメント(0) - 2013年6月17日

絵本の大切さは大人になってからの方がわかると思います。
★3 - コメント(0) - 2013年6月3日

2013年6月2日:海月色

今読んでいるみんな最新5件(3)

07/26:こにゃ
06/03:sasa

積読中のみんな最新5件(2)

06/04:憩子
06/01:sasa
松居直講演録 こども・えほん・おとなの 評価:93 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)