K氏の遠吠え 誰も言わへんから言うときます。 (コーヒーと一冊)

K氏の遠吠え 誰も言わへんから言うときます。の感想・レビュー(20)

1月22日:きみー
2016年12月25日:かりんとー
面白かった。戦争が始まることもずしんときた。
- コメント(0) - 2016年12月1日

誰も言わなくなってしまったことを。上手に破綻なく展開しているから、古くさそうに見えて、一回りして説得力がある。関西っぽいユーモアもふんだんにある。
★2 - コメント(0) - 2016年11月5日

K氏は著者の分身。「吠」という漢字を久しぶりに見たなぁ。年齢や時代、社会のせいだけなのか?地球規模で「ワクワク」の質量が減っている気がします。抜け出せない貧困や紛争はもちろんのこと、平和で裕福な暮らしができている国でも、なんとなく虚無感が漂っていて。私も含め。世界的にも、些細な揉め事や小競り合いをしなくなった分、一旦衝突すると前後の見境なく徹底的にぶちのめす若者?が多い気もします。「好きなことで儲けようとすると、コスパを考えるので絶対に手を抜くようになる」というのはなるほどなぁと思いました。
★48 - コメント(0) - 2016年7月8日

2016年6月25日:牟田都子
ええこと書いてあるなあと思うのだけれど、題名の通り「遠吠え」のように見えるのは大多数じゃないからか。なかでも「通」についての話と「一番儲かるジャンルと贈与、町内会、町的」の話はよかった。そこに書かれていることは、どんなジャンルの仕事にも通じるものがあると思う。でも、やっぱりどこへ行っても多数派じゃないんだな、これが。。
★3 - コメント(0) - 2016年3月18日

2016年3月18日:かがわいきこ
2016年2月27日:osakaspy
2016年2月16日:ヤマグチ
2016年2月3日:hayatama
「煙草よりも酒の方が有害だ」という意見が興味深かった。
★22 - コメント(0) - 2016年1月21日

2016年1月14日:フジタフジタ
2015年12月30日:ポタラ
2015年12月25日:秀次郎
んでもって、江さんがいろんなことを考えた本。このヒトは、ずーっと首尾一貫して「街場」的思考を繰り広げてるので、安心して読める。ミシマガジン連載中も愛読してて、あれこんな話あったかな、と思うものもあった(見落としてただけかもしれない。)「まち」をつくろうとして成功した事例を知らない、という言葉はホンマに卓見。録画しといたNHKも早く見なアカンな。
★2 - コメント(0) - 2015年12月13日

標準語で書いてあるのに、読むと自動的に大阪弁に脳内変換される。さすが江さん。
★2 - コメント(0) - 2015年12月12日

2015年12月10日:村上トモキ
2015年12月10日:ころすけ
2015年12月5日:ゴロウ

今読んでいるみんな最新5件(1)

12/11:hayatama

積読中のみんな最新5件(4)

12/31:どぅまち
12/11:hayatama

読みたいと思ったみんな最新5件(13)

02/25:i
02/21:めがね
02/03:mio
09/23:MICKE
06/03:まど
K氏の遠吠え 誰も言わへんから言うときます。の 評価:70 感想・レビュー:7
ログイン新規登録(無料)