• 越後村上氏二代―村上周防守(義明と忠勝) 丹羽長秀に仕え、豊臣秀吉に見出され越後村上城主となった村上義清の子孫

越後村上氏二代―村上周防守(義明と忠勝) 丹羽長秀に仕え、豊臣秀吉に見出され越後村上城主となった村上義清の子孫

越後村上氏二代―村上周防守(義明と忠勝) 丹羽長秀に仕え、豊臣秀吉に見出され越後村上城主となった村上義清の子孫
191ページ
6登録

越後村上氏二代―村上周防守(義明と忠勝) 丹羽長秀に仕え、豊臣秀吉に見出され越後村上城主となった村上義清の子孫の感想・レビュー(4)

BIN
村上義清二代ではなく、義清の孫である義明とその孫二代。義明の父が川中島の戦いで戦死後に母親のつてを頼って織田家に赴き、丹羽長秀に仕えて文武の才を認められ重用される。長秀死後は堀秀政の与力大名として最終的には越後村上で12万石の大名となる。養生和歌を書いたり、公家の烏丸光広や本願寺教如とも親交がある。関ヶ原の際には直江兼続の扇動による上杉遺民一揆があったというのを初めて知りました。松平忠輝改易の余波で村上家も改易になったのは勿体無い限りです。長秀時代から一緒に大名してきた溝口家は江戸まで続いたというのに。
★6 - コメント(0) - 3月11日

2016年1月28日:ぴーすけ
2014年8月29日:もにぃ
2012年5月26日:フジっ子

今読んでいるみんな最新5件(1)

05/25:フジっ子

読みたいと思ったみんな最新5件(1)

06/06:ユイ

人気の本

越後村上氏二代―村上周防守(義明と忠勝) 丹羽長秀に仕え、豊臣秀吉に見出され越後村上城主となった村上義清の子孫を読んだ人はこんな本も読んでいます


越後村上氏二代―村上周防守(義明と忠勝) 丹羽長秀に仕え、豊臣秀吉に見出され越後村上城主となった村上義清の子孫の 評価:50 感想・レビュー:1
ログイン新規登録(無料)