無能力者のオービット・ゲーム 1 (オーバーラップ文庫)

無能力者のオービット・ゲーム 1巻の感想・レビュー(65)

3巻は!3巻はまだか!
★1 - コメント(0) - 2月5日

絵が好み!とはいうまでもなく キャラがカッコよく可愛いものが揃ってます!しかもこういう系では珍しくバイーンな妖艶キャラもいるという優しさw 本編も私的好み系の底辺キャラの逆転劇! いうまでもなくハーレムも含まれます。女の子もキャラが立っているせいかどの子も可愛くチーム戦がある為かキャラの協調もとれているかと 珍しく主人公の行動・考え方・趣味思考・言動がとても気に入った分!逆転劇の基点となる覚醒の仕方が個人的に!今一歩の感じがしますが次巻に期待。
- コメント(0) - 2015年9月30日

周りから見下されてる無能力の主人公が、俺TUEEEしてハーレム作っていくお話ですね!大好物っすよ!個人的にはアオちゃんが一番好み。しっかし後に俺TUEEEして見返すことが分かってると、最初に美少女たちが主人公に向ける蔑みの視線と台詞がたまらんな!・・と最近思えてきた。末期。
★2 - コメント(0) - 2015年9月6日

中の上。既存の評価方法では測れず、出来損ないの烙印を押された主人公が俺TUEEEEするであろう、宇宙が舞台の近未来SF学園モノ。いい軽さだな。ご都合主義、チョロイン、唐突すぎる展開…そんな無理のある設定があろうと、ある程度の面白さがある。年上がメインヒロインってのも珍しいな。ドMなメインヒロインも、お茶目なマスコットもいい味出してる。これは良作なんじゃないか?そのうち続きも読みたいね。
★11 - コメント(0) - 2015年7月4日

まさに「痛快」の一言。
- コメント(0) - 2015年5月10日

面白かった。よくある主人公最強物ではある。ある作品のお兄様のように体術最強+能力はないと言いつつも裏技的な最強能力を持っているというチートさ。遺能(超能力)を使った無重力下での戦闘ゲームを行う学園での成り上がりストーリーと思っていたが、遺産守護体なる正体不明の敵も登場。世界、主人公それぞれに謎も提示され、戦闘のテンポも良い。主人公最強を見せられ、またハーレムも形成されそう。個人的に好みの作品です。
★13 - コメント(0) - 2015年4月5日

無重力下で「遺能」による「オービット・ゲーム」が人気を博している世界。幼馴染との約束を果たすべく宇宙に上がった無能力の日向ソラが宇宙学校に入学し、これまでの常識を覆していく物語。解散の危機に瀕したチームに加入した主人公が癖のある仲間たちと覆すべく戦うというのはよくありそうな設定ですが、設定や登場人物たち、物語の背景といった部分をわりと丁寧に描いていて、メリハリの効いた展開や分かりやすいストーリーには好感が持てました。主人公やヒロインたちにもまだ謎がありそうで、その辺を今後どう展開していくかに期待ですね。
★28 - コメント(0) - 2015年1月19日

よくある設定ながらちゃんと話が出来ていました。特に宇宙での戦闘に上下感覚が必要なことは、宇宙SF大好き人間としては目からウロコでした。頑張れ幼馴染!
★3 - コメント(0) - 2015年1月15日

ありがちな話だがなぜかハマってしまった・・・最弱から努力してのし上がっていく主人公、厳しい世界で生きるために毒舌になってもその芯は変わってない姿は好感が持てた。全体的にキャラも世界観もキッチリしており科学的見地と宇宙服なコスチュームを除けばよく出来てるんじゃないでしょうか。
★5 - コメント(0) - 2015年1月11日

ジャイアントキリングな作品は大好きです^^主人公の設定がよくある物だって言われたら否定は出来ませんけど偶然に手に入った力では無く自分の努力の結果なんですからそこは良い内容だと思います。試合みたいな形式で進んで行くのかと思いきや人外の敵が現れて色々とビックリな展開に。それにキャラも良い子が多くて読んでいて楽しいし中でも幼馴染は色んな意味で強くてステキですwソラとヒロイン達との掛け合いも面白いし笑いだけじゃなくソラの内に秘めた熱い気持ちも読んでて気持ちが良いです。自己紹介にも書いたけどこんな主人公は好みです♪
★7 - コメント(0) - 2015年1月7日

宇宙に対するこだわりを感じた。オービットゲーム以外にも宇宙での暮らしとか、設定が結構作り込まれてる印象。実力こそがものを言う世界で、出来損ないの烙印を押された主人公がエリートをなぎ倒していく。よくあるパターンだけど好きなジャンルだし、後半の逆転劇は熱い展開。アオのデレがちょっと唐突だったけど僕は幼なじみが大好きなので全く問題ありません。アオ可愛い。
★15 - コメント(0) - 2014年12月25日

よく見かけるようになってしまった、才能がないと評価される主人公が評価外の特技と隠された異能で大逆転、というもの。 ありきたりと言えばそれまでだけど、ソラが0から今のところまで引き上げてきた描写もあるし、異能発現のシーンも最後の一線からの大逆転とどうしようもなく熱い展開だし、何よりそれでも仲間の力を必要としてというのがよかった。 そして、個人的にはアオの変貌っぷりがツボ。 その辺りの絡みやチームメイトの空き枠等を含めて、次巻には期待かな。
★3 - コメント(0) - 2014年12月8日

タイトル的にどうかなと思ったが作者買い。 宇宙を舞台に超能力バトル。果たしてどん底チームは世界の頂点を掴めるか。 キャラが良くって、特に主人公はイイ性格してる。チームの人数的にも空きがありそうだし新キャラも楽しみ。 敵の感じからしてまだまだ底まで見せてないようで次巻も期待。
★3 - コメント(0) - 2014年11月7日

主人公の「やられたらやり返す」な性格が痛快。
★3 - コメント(0) - 2014年10月23日

★★★☆☆ そこそこ楽しめるけどもはや手垢のつきまくった題材を捻りなく描いているので新鮮さが感じられないし、従来の作品にあったキャラの魅力もあまり感じられなかった。特に幼馴染との再会シーンはもう少しなんとかならなかったものか。やりたいことはわかるんだけど、それでもこれで後からデレられても、、、と思っていたら案の定ヘイトがクリアされない結末となりました。
★6 - コメント(0) - 2014年10月9日

遺能という超能力がある世界。遺能を使う人にはランクがある。レベルA〜Dがある、しかし主人公の日向ソラはそのさらに下のEランクと言うことで周囲から馬鹿にされてたが、ソフィーリアと模擬戦をやってEランクだが力を認められる。ランクEの無能力者がランク上の奴らを倒していく爽快なストーリー。結構好きな話だった。オススメできる本です。
★14 - コメント(0) - 2014年10月6日

遺能でスポーツバトル物と見せかけてまだ裏が一杯ありそうな第1巻。遺能が使えないソラですが努力で遺能を使える人達と戦っていく姿はかっこよかった。そして学園物としても楽しく読めました。ヒロイン達もお約束な感じですが好感が持てる面々なので続きが楽しみです。最後にはソラもシャーリーの力で主人公っぽいところを見せてくれたのでこれからのソラの成長と仲間たちの友情やソラ争奪戦にも期待したいです。ソラの態度がアレなのもあるけどソフィーもフレーナも先輩って感じがしなかったですね。折角なので年上っぽい魅力も欲しいですね。
★12 - コメント(0) - 2014年10月2日

超能力である遺能が普通に使われる時代、宇宙空間では遺能を使った競技オービット・ゲームが盛んに行われていた。その育成学校に遺能を使えない少年が入学してくる。遺能を使えない主人公ソラがその無重力空間での技術を武器に遺能使いたちをぎゃふんと言わせてく感じ。最後には覚醒しました。このタイプの話大好きだな。それにしてもこの作品はいちいち相手が主人公を必要以上にバカにして来て、まずそれを主人公のよく回る口で挑発し、それを見事に打ち破るという何とも気持ちのよい構成。最高です。ヒロインたちも可愛いし今後にも期待です。
★16 - コメント(3) - 2014年9月30日

人類が宇宙に進出した未来世界、「遺能」という名の超能力を駆使し無重力下で戦う競技「オービット・ゲーム」の選手として戦う少年少女達の姿を描く、近未来学園無重力バトルラブコメでした。「月花の~」作者のOVL参戦作という事で購入。HJ方の作品と併せてこの作者が幼馴染スキーなのは良く解った。「真打は遅れて登場する!」だコレw ヒロインズと主人公ソラとの掛け合いがいいね。「最近年上ヒロインが(略)」なのでソフィーリアさんやフレーナさんが年上で…ハッハー。ソラの発言に対し年上として反撃を試みるも返り討たれる所とか…w
★3 - コメント(0) - 2014年9月29日

超能力が当たり前になった宇宙進出時代で、無能力のハンデを背負った皮肉屋気取りの熱血主人公が、逆境をバネに飛翔する俺TUEEE系サイキックアクション。そして幼馴染はまた負けヒロインか・・・と思えばこれ普通に逆襲狙えるぞ、みたいな感じで。内容的には、基本に忠実というか、お約束な逆境にチュートリアルのかませ撃退で力を見せてから格上登場でピンチを演出しつつ謎の敵乱入から覚醒で逆転と、一通りそろった展開でわかりやすい。物語の規模としても大きなものを見せてくれそうですし、何よりキャラがいい感じなので、今後も楽しみです
★8 - コメント(0) - 2014年9月29日

524
☆7.5 【また乱入と覚醒か】宇宙へ進出した人類が異能で戦う学園バトル。「月花の歌姫と魔技の王(☆9.5)」の翅田さんに絵師が「オレと彼女の絶対領域(☆10+)」の伍長先生とあれば購入せざるを得ない。さて、中身のほうはよくある学園異能バトルで、バトルは派手なアクションが少なくうつり映えしないシーンが続く。キャラクターのほうは月花の~のようにどのキャラもいいのだが、主人公がサーヴァントであるシャーリーをいつも投げつけたり殴ったりとぞんざいな扱いをするのが若干むかつく。【お気に入りキャラ:シャーリー】
★7 - コメント(2) - 2014年9月29日

なんだろキャラとかそこそこ良かったんですが、展開とかがありきたりに感じて先の展開が読めてしまってなんか楽しめなかった。 自分には合わなかったなあ。
★4 - コメント(0) - 2014年9月28日

とっても面白かった。HJ文庫の方で新刊が出たばかりなのに、翅田先生まさかのオーバーラップ文庫降臨でテンション上がりました。キャラクター描写の上手さはさすがといったところで、女性キャラもそうですけどやっぱり主人公がいいですね。適度に肩の力が抜けつつ熱いところは熱いというまさにラノベの主人公といった趣きで、ぐいぐい物語を引っ張っていく様子は読んでいて気持ちが良かった。オチ直前のエピソードはやや強引というか能力のインフレ化が懸念されるところですが、そのあたりをどう次巻で引き継ぐのか、続きを読むのが楽しみです。
★8 - コメント(0) - 2014年9月26日

無重力下異能戦闘競技『オービット・ゲーム』で出来そこないの主人公がのし上がっていく物語。展開は王道、肌色率高め。作者にしては珍しく女の子らしいヒロインだが、この子も某銀髪キャラのようにたくましく育つのだろうか。次回から参戦の幼馴染み共々女の戦いが楽しみ。
★3 - コメント(0) - 2014年9月25日

無重力下で遺能を駆使し行われる競技『オービット・ゲーム』に無能力者の主人公が殴りこみをかけて仲間と共にのし上がって行く話。展開は王道で話は読みやすく分かりやすいが個人的には今一つ盛り上がりに欠けた印象がある。後半でちょいちょい謎が出てきたがどう展開していくのかな?
★20 - コメント(0) - 2014年9月25日

無重力化で超能力を使い行われる競技に、超能力を持たない主人公が仲間と共に殴り込みをかける物語。・・・展開が割と王道なおかつ作りこまれた設定であり一種のスペースロマンすら感じられる良作。 主人公が実は仲間想いで熱血系であるのが個人的にはポイントが高く、ヒロインも中々魅力的であった。 始まったばかりの物語、次巻も楽しみである。
★9 - コメント(0) - 2014年9月23日

終盤の覚醒等、展開は割りと王道ですが、設定等が非常に作りこまれていた為、楽しめました。困難に当たってきたから性格が捻くれているように見える主人公もジャイアントキリングに燃えたり、仲間を思ったりと根は熱い男なのも良かったです。唯、折角努力のみでここまで這い上がってきたのだから最後もう少し実力で戦えると良かったかも?と不満はありましたが。今回のヒロインはチョロイン系ですが相変わらず描写が良かったです。 まぁ無いでしょうが無重力での能力等を駆使したバトルは映像映えしそうだなとも思ったり。
★10 - コメント(0) - 2014年9月23日

今読んでいるみんな最新5件(1)

09/25:アウル

積読中のみんな最新5件(6)

09/16:SHIBA-yan
03/08:みお
12/19:yorito

読みたいと思ったみんな最新5件(18)

11/15:norstrilia
07/12:こべにん
04/08:ホの字
02/07:Kei
無能力者のオービット・ゲーム 1巻の 評価:83 感想・レビュー:27
ログイン新規登録(無料)