企業参謀(2014年新装版) (大前研一books ビジネス・ストラテジスト・シリーズ(NextPublishing))

企業参謀(2014年新装版) (大前研一books ビジネス・ストラテジスト・シリーズの感想・レビュー(17)

2016年12月17日:(┌┐・ω・)
新装版とはいえ、やはり彼の先見性・論理・説得性には舌を巻きます。考え方もとい、伝え方や管理の仕方まで全て含めて、参考になる部分が多いです。大人になって改めて読みたい。
★6 - コメント(0) - 2016年12月4日

2016年6月20日:鳴海
2016年3月17日:ぼっち
2016年2月6日:Iruka
内容としてはもちろん非常に勉強になる部分が多いのは間違いないが、この内容を筆者が自分と同じ30代前半の時に書いているという事実に驚愕した。この分量を気軽に読む人は少ないだろうが、書いてあることは非常に重要なのでこの内容がパワポ50ページ以内で纏まってくれているといいなぁと思った。そうすればもっと多くの社会人が内容を理解するだろう(ちょっと説明が難解だったりするので読みづらいのは確か)。
- コメント(0) - 2015年9月25日

2015年5月31日:Naoto Karibe
2015年5月20日:Shoichi Tomura
KFSを探し、それを追求し続ける事。戦略も日々の仕事を同じ。
- コメント(0) - 2015年4月2日

2015年2月18日:けんじ
この本を読むのは2回目だけど、これが1976年頃に書かれたという事実には、イロイロと思うことがある。その頃の大前さんっていったいどういう人だったんだという思い。40年経ったらずいぶん変わった部分もあるなぁという思い。そして、40年も経つのに相変わらず変わらないなぁ、という思い。40年以上も読み続ける価値がある一冊であることは間違いない。
- コメント(0) - 2015年1月28日

オーディオにて。難しくオーディオで聞くには無理があった…
- コメント(0) - 2015年1月23日

2014年11月25日:satorare41
いわゆるコンサルタントがどのような分析をしているのかということが分かる様な気がする。当事者では考え仕切れない部分まで冷静に一歩引き俯瞰して状況と今後の展望を見渡している事がよくわかる。ただ40年前に実例を挙げながら分析をしている内容をみると今となってはトンチンカンな議論だと思われる節もあるが、それだけに「視点」としては分かりやすい。
★2 - コメント(0) - 2014年10月26日

2014年10月23日:eifl(エイフル)
2014年8月11日:eifl(エイフル)
2014年7月26日:Ryohei Nomoto

今読んでいるみんな最新5件(7)

02/10:shinya-y
03/02:to
02/11:相沢ユウ
01/11:読書家
01/03:Kyoko Nakano

積読中のみんな最新5件(10)

01/01:irakoon
10/25:sugartiger6
06/25:PC88SR
06/19:usk

読みたいと思ったみんな最新5件(11)

01/15:しまたく
01/14:イノ
05/08:ruc
02/16:セグロ
企業参謀(2014年新装版) (大前研一books ビジネス・ストラテジスト・シリーズの 評価:71 感想・レビュー:6
ログイン新規登録(無料)