日本の神話

日本の神話はこんな本です

日本の神話はこんな本です

日本の神話の感想・レビュー(62)

古事記、日本書紀、出雲風土記からの神話。昔話風の語り口が楽しい。
★15 - コメント(1) - 2016年9月18日

個々のエピソードを断片的には知っていても、そういえばまとまった形としては、おそらく初めて日本神話を読みました。素朴で、大らかさな物語。整合性など考え出すと杜撰などというものではないのですが、なんとも表現し難い魅力に溢れています。元になった史実があるのか、などと空想するのも楽しいです。
- コメント(0) - 2016年3月15日

古事記読破しなきゃなとか思いながらなー。
★17 - コメント(0) - 2015年5月6日

読みながら、あ、この人鬼灯の冷徹に出てきたわぁ〜〜!って箇所がちらほらw
★11 - コメント(0) - 2015年4月29日

子供達の本棚にあったのを拝借。
★1 - コメント(0) - 2014年10月12日

とても読みやすく、神話を知るには良い本でした。
- コメント(0) - 2014年7月11日

神様が国を治めていたころのお話。お母さんに会いたいと泣いたり、酔っ払って暴れたり、意地悪したり、日本の神様は実に素朴だ。人間以上に人間味溢れる神々が繰り広げる物語は抱腹絶倒。重いものを持って歩き続けるのと、ウン○を我慢して歩き続けるのと、どっちが辛いかを真剣に競う、なんて、失礼ながらアホでしょ。小学生よ、これを読まないのはもったいないぞ。女神も男神もおおらかで、私たちも楽しくやろうぜ!と思う1冊。オススメ!
★5 - コメント(0) - 2014年7月4日

舟崎さんの絵本「いなばのしろうさぎ」は途中までの話だったのね。オオムナジは意地悪な兄神たちをふったヤガミヒメと結ばれるものだとばかり思っていたのに、彼女の片思いに終わるとは。スサノオの無邪気なやんちゃっぷりもすごい(笑)大阪の小学生が喜びそうな話もいっぱいだ。まさか神様がそんなことを!?と思わず笑ってしまう。切ない話もあるけれど、全体的におおらかでいいなぁ。松谷さんの巻末解説は必読。「神話と歴史を混同することなく」読む側もおおらかに楽しみたい。
★8 - コメント(0) - 2014年4月12日

子どもの時から、神話大好きだったなー。久しぶりに読んだ日本の神話。こんなに日本の神様ってダメダメでメチャクチャだったんんだ。人間味満載で面白すぎ。アホなことしでかしながら、深いことしてたりと、言葉や行いに深い意味が隠されていそうでもっと日本の神様のことを知りたくなりました。
★5 - コメント(0) - 2013年7月9日

鎌田東二さんの『超訳 古事記』から、懐かしくなって十年ぶりの再読。そうだ、わたし神話大好きな子だった。笑 大人になってから読むと、児童向けに表現がやわらかくなっていたり端折られていることが分かって面白いです。下腹、とか。三人の神々のところでは、『空色勾玉』を思い出します。本書のツクヨミに関する記述はごくわずか。そう考えると彼の地位は荻原さんによって向上?しましたね。それにしても、日本の場合は禁忌を破るのは男性なんですね。不思議!西洋は女性なのに。鶴の恩返しなど昔話でも男性。高野聖もその流れ?不思議です。
★3 - コメント(0) - 2013年4月22日

子ども向けだが、大人が読んでも面白い。自分が日本の神話を良く知らなかったことに気づかされる。やはり松谷みよ子は安心感がある。
★3 - コメント(0) - 2013年3月16日

児童書。神話を読むと神々ってかなりやりたい放題、わがままだなぁと思う。その子孫が古代の人間(日本人)ってことなのよね~不思議。
★3 - コメント(0) - 2012年8月31日

懐かしいなあ~。神話ってそこまでやらなくていいだろうと思うような酷すぎる話もありますが,それはそれで「生き生きとした神々の姿」ということでしょう。ギリシャと日本とどちらの神話を先に読んだのかは忘れてしまいましたが,どちらも大好きでした。似た話があってとっても不思議に思ったっけなあ・・・。この本,最初に発行されたのはなんと1968年!その昔,私が手に取ったのも松谷みよ子さんの本だったかもしれませんね?昔からずっと語り継がれてきたもの,やっぱりこれからも語り継いでいきたいものです。
★24 - コメント(0) - 2011年9月11日

ファンタジー好きの子どもたちに読んで欲しい。日本の神々は何と元気でオモシロイのだろう!
★4 - コメント(0) - 2011年7月11日

今の子供って、ヤマタノオロチやいなばのしろうさぎを知らないので、読んで欲しくて買っておいたのですが、結局自分で読んで、改めてなるほどねとうなずいています。
★6 - コメント(0) - 2010年10月24日

今の子供には言い回しが古いと思うが面白かった。ヤマトタケルまで書いて欲しかった。
★1 - コメント(0) - 2010年2月4日

児童書ですが今まで知りたかった古事記や日本書紀の内容がわかりやすく書いてあって、子供たちに読ませてもよい表現に工夫してあるなーと。
★3 - コメント(0) - --/--

今読んでいるみんな最新5件(3)

01/22:半殻肝
10/20:馬の背

積読中のみんな最新5件(4)

06/30:やこ
05/21:mRNA

読みたいと思ったみんな最新5件(16)

03/15:hana-chan
09/19:かとせん
08/21:かめ
日本の神話の 評価:58 感想・レビュー:18
ログイン新規登録(無料)