司書はひそかに魔女になる

司書はひそかに魔女になる
153ページ
69登録

司書はひそかに魔女になるはこんな本です

司書はひそかに魔女になるを読んだ人はこんな本も読んでいます


司書はひそかに魔女になるはこんな本です

司書はひそかに魔女になるの感想・レビュー(36)

知らない言葉、本、映画がそちこちに出てきて、読みながら好奇心がむくむくと♪ 著者の他の本も読んでみたくなりました。
- コメント(0) - 1月10日

この本は、ちょうど東日本大震災後に出されただけあり、著者が東北でのコトを書かれていたのが印象的でした。今回もまた興味深いオススメ本のチョイスでどの本もベテラン司書ならではの視点での書評だから安心して読めそう。映画は、韓流ドラマ3作が入っていたのが著者らしい。「ソル薬局の息子たち」はすでに見た作品だけど、著者の手にかかるとまた見たくなる。そして映画のバクダッドカフェも!著者の司書シリーズを全て読んでしまっただけにいち早く新作を望んでしまう。たまに読めない漢字があり、勉強不足だと痛感しました。
★33 - コメント(0) - 2016年5月19日

kuu
現役をしりぞいてからも司書としてのアンテナがあり、選ぶ本にそれを見出すと嬉しい、とあとがきにあった。自分の楽しみだけ作品を選ぶ私はまだまだだ。映画やテレビ番組の紹介もあり楽しく読んだ。やはり、古典小説と韓流なんだなぁ。 何作品かピックアップ。 図書館/室は、ワクワクするところなのだ。
★4 - コメント(1) - 2016年4月18日

今回のも面白い。震災時、手書きで発行されたという「石巻日々新聞」。非常時に人びとを勇気づけたのは、他でもないアナログの"印刷物"だった、というエピソードに思わず胸が熱くなる。そういえば以前に読んだ「書店ガール3」で、すべてのライフラインが途絶えた当時、本が予想外に売れた…という箇所があったのを思い出す。書籍やジャーナル、なにもかも電子化が進む時代だけど、"印刷物"の可能性を痛感させられた。著者が遅読について、肯定的なのが嬉しい!
★23 - コメント(1) - 2016年3月25日

元司書の女性のエッセイ 彼女の所在地が東北であるので震災後の思いについて、書かれていた。 それだけでなく、彼女のおすすめ作品についても書かれている。 他にも彼女のエッセイがあるらしいので読んでみたいと思う。
★6 - コメント(0) - 2016年3月15日

仙台の図書館 日頃お世話になってます。震災のエピソードなども有り  又、佐川光晴「おれたちの故郷」を読んだばかりだったので手にして良かった本だした。
★6 - コメント(0) - 2015年1月26日

大島さんは同業者として尊敬できる方の一人です。私などは足元にも及びませんが、このシリーズを読むたびに身が引き締まる思いになります。そんな中、大島さんが紹介している本や映画を私も読んだり観たりしているのを知ると、とっても嬉しいです。私の場合は普段接している利用者が中学生ばかりなので、どうしても上から目線になりがち・・・。本書を読んで改めて「司書は2列目の職業」という言葉を思い出しました。レファレンスや資料提供は、上から目線にならないようにしなくちゃなあ・・・。でも、館内の秩序を乱す輩には厳しくします(笑)
★11 - コメント(0) - 2014年6月20日

図書館で借りて読む。3.11後にかかれたシリーズ4冊目の最新作。前作と同様に図書館・司書にまつわるエッセイと司書として書籍の紹介・映画の紹介の3部構成。いずれも、司書らしい商業ベースで派手に宣伝紹介されない秀逸は作品の紹介。
★3 - コメント(0) - 2013年10月18日

人生なかなか終わらないんだよね。
★1 - コメント(0) - 2013年8月28日

久々の司書魔女シリーズ。震災後に出た本ということで、震災やその後のことについても触れていました。ブックレビューは、図書館や本がキーワードになっている物語がたくさん紹介されていて、どれも面白そう。気になる映画も。司書の仕事についても考えさせられる一冊。
★4 - コメント(0) - 2013年7月9日

大島先生の本は出るたびに読んでいます。あまり自分で本の範囲を広げることができない私には良質なブックレビュー本です。おかげで読みたい本が増えて増えて大変ですがね。
★20 - コメント(0) - 2013年5月10日

大島さんの一本筋の通った、きりりとしたものの見方が気持ちよい。特にパートⅠ部分が本領発揮という感じでした。パートⅡの本の感想も、読みが深くて、自分も読んでたはずなのに気付かなかった点に驚かされたり、そうだったのか…と納得したり。大島さんはひょっとしてジェーン・オースティンの作品を評価してないのかなと意外に思える内容も。今回、大島さんが韓国ドラマに造詣が深いことも分かりましたが、どうしても興味が持てず、勿体ないながら飛ばし読み。
★5 - コメント(0) - 2013年5月7日

白河市立図書館の見学のとこが良かった。図書館で借りたけど、買って手元に置こうと思います。
★5 - コメント(0) - 2013年4月20日

元図書館員さんによるエッセイ。図書館のあり方から映画の批評まで。小さな情報からその人にとって必要としているものを見つけることのできる司書に・・・なりたいですね!
★4 - コメント(0) - 2013年4月4日

たまたま図書館で見つけた本。出会って良かった!品のある文章、深い知識、素敵な著者です。ほんとうは、もっと毒があるのが好きなんだけど、こういうのもいい。図書館のあり方についても考えさせられた。南相馬市の図書館はどうなったんだろう。。。
★5 - コメント(1) - 2013年3月17日

今読んでいるみんな最新5件(3)

05/19:AKIKO-WILL
09/23:酔狂花
09/16:yuka

積読中のみんな最新5件(7)

01/21:natsu
05/17:AKIKO-WILL
02/20:泰月朔
12/26:百太

読みたいと思ったみんな最新5件(23)

09/22:tatte
09/11:
06/18:まぐまぐ
05/20:花ゆず
02/06:AKIKO-WILL
司書はひそかに魔女になるの 評価:89 感想・レビュー:16
ログイン新規登録(無料)